FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

終戦記念日に思う

田中康夫長野県知事失職による知事選が告示された。
再選を狙う田中氏を含む6人が立候補。
残暑の中、街頭演説が繰り広げられている。

謙遜を美徳とする日本人。
いくら褒められても、いやいやそんな…、ぜんぜんですよと後ずさる。
自画自賛などもってのほか。自信過剰の傲慢人間の烙印を押されかねない。
でも、こと選挙演説となると、この日本人気質は消えうせる。ライバルをこき下ろし、自慢のオンパレード、私以外の誰ができる?!的大弁論をぶち上げる。
はやり政治家先生という人たちは、その候補生含め違う種だってことか。公約と実践のギャップを思えば、票集め用の一人芝居にしか見えないのが悲しいけど。

戦時中、多くの若者が命を賭けた神風特攻隊。ひとりひとりのその最期は、ほとんどが明らかになっていないらしい。年配者が始めた戦争で、いつも若者たちが犠牲になる。どんなに生きたかっただろうかと、どんなに生きていて欲しかっただろうかと、戦争で命を、子を、愛する人を失った人たちの無念を思う。あのころの命の重さが、現代に繁栄されていれば、人はもっと死なずに済むんじゃなかろうか。

終戦記念日。
夜のニュースを眺めならが、そんなことを思った。
関連記事

| 未分類 | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/306-9b45bdbc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>