FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ワタシのカラダ

福岡で過ごした小学生時代。
5段階評価の通信簿には、ほぼいつも「2」から「5」までがラインアップされていた。皮肉なことに、時として「2」をもらっちゃっていたのは図画工作と音楽。いくらコピーワークがメインとはいえ、こうしてクリエイティブな仕事に携わり、カラオケにいっては遠慮なしに声を張り上げている私の「素」は、2の評価にしか値しないものだったのだ。
逆に入学から卒業まで、ずっと「5」の評価をもらい続けたのは、体育だった。6年間を通しての女子によるこの偉業は、職員室ではちょっとした話題になったりしていた。
3歳からはじめたクラシックバレエも、リズム感や柔軟性を養うに功を奏していたのかもしれないけれど、なにしろ飛んだり跳ねたり球技をしたりするのが、心底好きだった。体育の授業で新しい課題が始まるときは、いつも先生からいの一番にみんなの前に借り出され、先生の「サンプル」になっていたっけ。

あの才能を開花させなかった自分がもったいない…。
いくらか軽くなった筋肉痛の足をそれでも引きずりながら、20代半ばからまったく運動とのかかわりをやめてしまったことを、悔やむ。
今でも整体にいくと、
「運動に向いたからだをしてる」といわれる。
まだ遅くはないらしい。
どうする…。どうすれば…。
関連記事

| 未分類 | 10:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:ワタシのカラダ(7/17)

実は、自分も小学校から「知」に関するものは、苦手で
体育だけは良かった。小学、中学は、運動ができれば
それなりの扱いをうけることができた時代だ。
少年サッカーからはじまり、いろんな球技大会に選考してもらい、他の部に借り出されたりした。しかし、高校に入るとやっぱ「知」のほうが良くないとと悟った。
だけど、そんな自分はスポーツ業界で職をたてている。
なんだかなー。

| J.C14 | 2002/07/17 12:32 | URL | >> EDIT

Re:Re:ワタシのカラダ(7/17)

J.C14さん
-----
実は、俺も小学校から「知」に関するものは苦手で
「痴」に関するものだけに興味があった。小学、中学は、知ってるだけで
それなりのませた子供扱いをうけることができた時代だ。
平凡パンチからはじまり、いろんな本を漁ったり、他の生徒に借り出したり貸し出したりした。しかし、高校に入るとやっぱ「もっと凄いもの」を交換しあったりして、その隠し場所を屋上の物置の隙間にしてたのだが、なぜか“物”がどうしても取れなくなってしまった。たまりにたまった皆の思いは、校舎が改修されない限り、今でもそこにあるはずだ。青春の想いは手が届かないほど美しいと悟った。
だけど、そんな自分は今でも結婚できないでいる。
なんだかなー。

| aki | 2002/07/17 15:19 | URL | >> EDIT

Re:Re:ワタシのカラダ(7/17)

J.C14さん
>高校に入るとやっぱ「知」のほうが良くないとと悟った。
だけど、そんな自分はスポーツ業界で職をたてている。
なんだかなー。

人生いちいち裏腹なり

| なおニン | 2002/07/17 15:47 | URL | >> EDIT

Re:ワタシのカラダ(7/17)

akiさん
>だけど、そんな自分は今でも結婚できないでいる。
なんだかなー。

ノ(-_-;)ノ

| なおニン | 2002/07/17 15:48 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/278-c0a38446

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>