FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

17歳のカレとワタシ 「★つ・ぶ・や・き★(1280059)」

父の転勤について福岡から札幌へ転居して、
その後再びの異動で名古屋へ移ったのが高校3年になる
春だった。


札幌で私が通っていたのは
衆議院議員の杉浦大蔵や、『水曜どうでしょう』の大泉洋、
MONKEY MAJIKのDICKなんかを輩出した札幌市立藻岩高校。
真駒内スケート場にほど近く、広々とした環境に恵まれていた。

1ランク下の高校に下げた方が無難と担任に言われながらも、
出来て4年目の新設校の、ジャケットにネクタイを締める制服が
ひどくかっこよくて、しかも密かに思いを寄せていた男子が
目指していることを知って、一生のうちで一番勉強して
定員ギリギリで合格。

以降、バドミントンとお勉強と友情に彩られた私のフレッシュな
高校生活が幕を切って落とされる。

バドミントンには、サッカーのフォワードに匹敵する
体力が必要と豪語する、恐ろしくタフな女子部長は、
陸上部に入ればいいのにと陰口をたたかれるほどの
ランニングフリークな先輩。

部活の1/3はハードな陸トレ、
コートでは激しいフットワークトレーニングの毎日。
毎土曜は恒例7キロマラソン。
雨なら4階建て校舎の1階から4階をぐるり20周。

ヘトヘトで帰り着いて、その日4回目の食事をして
睡魔と闘いながら勉強する。

合間を見付けては、シェーキーズでピザをつつきながら
時を忘れてガールズトークに没頭したり。

密かに憧れた男子に、あの手この手でアプローチして、
嬉しかったり傷ついたり。
まだまだ恋愛の「れ」の字もわかっちゃいなかったころ。
それでもいつも誰かしらに恋してた。

やがて2年生の2月になるかならないかそんな頃。
家に帰ると両親が神妙な顔つきでちょっと話しが…、と。
聞けば3月の終わりに名古屋へ引っ越しだという。

後一年なんだから、住み込みでもなんでも、こっちにいさせてよっ!
無駄な抵抗も一応してみる。
いや、しないではいられないくらいに、私は札幌にどっぷりとハマり、
-事実、現在にも至るかけがえのない友人が男女数名いたりする-
多感な高校時代を謳歌していたのだから、
いくら親の命令とはいえ、このときばかりはこの世の終わりと思えるほど
辛く悲しい時期を送ったのだった。



大学受験を控えた3年生での転入だったことと、
札幌と名古屋でのカリキュラムの差異などから
公立高校での受け入れが難航し、
伝を頼って椙山女学園高校へ転入。

あの『前畑がんばれ!』の前畑選手を卒業生に持つ高校だ。

生まれて初めての女子高での日々は、想像を絶する毎日。
オトコの目がないことが、これほどまでに女性を怠惰に大胆に
お下品にしてしまうものなのねと、わずか17歳で知ることとなる。

淑徳、金城とともに、名古屋では三本の指に入るお嬢様学校ゆえ、
土曜ともなれば、校門前はお迎えのクルマの列がズラリ。
もちろんクルマを駆るのが執事や両親ではなく
ボーイフレンドってところが、“お嬢様”の質を物語ってるってもの。

それでも優れた順応性を持ち合わせている私は、
最初の半月ほどこそネコかぶりを決め込んだものの
あっとう間に華の女子高ライフに染まりに染まって
女の園で繰り広げられるあり得ない日常と、
やっぱり共学じゃなきゃつまらないな…的な1年を送ったのだった。


薄い肉が覆う締まった筋肉。
シミやシワの気配すらなくて、張りのある肌。
井上陽水とユーミンとレインボーが好きで、
親といっしょなら家でワインも飲んじゃってて、
将来は父よりステキな男性と20代で結婚して、
母より立派な母になることが
なんの苦もなく当たり前にできると思ってた
そんな高校時代。17歳。



顔面蒼白になるほどの緊張の中、
高速グリーンに、
そして世界屈指の強者に立ち向かっている
石川遼も17歳。

あの「ハニカミ王子」と呼ばれた頃とは
もはや同じ人物だとは思えない1億円プレーヤーだ。

17歳当時の自分と重ね合わそうにも、
一点たりとも符合しない彼の強運と非凡な才能と
強い精神力は、ただただ圧巻。そして奇跡的。

すばらしい経験をして帰ってきて。





関連記事

| 私って | 16:41 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

17歳!!

レインボー、僕も好きでしたよ♪
部活をサボって、友達と電車に乗って
赤木屋プレイガイドまでチケット買いに行ったりして‥。
まだ、チケットぴあとかなかったですからね~。
17歳の頃はバイクにはまったく興味もなく、
趣味のロックバンドに明け暮れてましたから。
そんな当時のバンド仲間が、今は僕のデスクの前に座ってるんですよ(笑)
ベース担当のKは僕の営業グループの部下、
ギター担当のOは別グループの長だし‥何の因果か!
今はもうハードロックをやってた面影もなく、
ただのオヤヂ軍団です(爆)

| hide | 2009/04/10 17:24 | URL | >> EDIT

Re:17歳!!(04/10)

hideさん
>レインボー、僕も好きでしたよ♪
おし!今度歌ってくださいよぉ。

>そんな当時のバンド仲間が、今は僕のデスクの前に座ってるんですよ(笑)
すごっ!偶然じゃあないよねぇ。
いいなぁ。
そこまで気心が知れてるとなんでもツーカーでいけちゃいますよね。
hideさんのアレを見て聞いちゃってますからねぇ。
今でも立派にロッカーですよ!o(^^)o

| なおニン | 2009/04/10 18:05 | URL | >> EDIT

Re:17歳のカレとワタシ(04/10)

いきなりどうしたのかと思いましたよ。
最後の締めに来て
ああ、石川遼くんの年齢17に
かけているんだとわかりました。

波瀾万丈の青春時代。
確か私と同じくらいだと思いますが
私は小中高と軟式テニスばかりで
色恋もなく
つまらない青春だったなあと
なおニンさんのブログを見て思ってしまいました。

| ryouma4940 | 2009/04/10 18:43 | URL | >> EDIT

Re[1]:17歳のカレとワタシ(04/10)

ryouma4940さん
>いきなりどうしたのかと思いましたよ。
思いますよね。
引っ張りすぎってやつです。

>波瀾万丈の青春時代。
えっ、そうなんですか。
ワタシは20代、30代のほう激しかったんですよ。
転校の影響はあったものの、中高時代は強烈なインパクトもないまま、
結構平凡に過ぎていったんですよ。

| なおニン | 2009/04/10 18:57 | URL | >> EDIT

17才

といって南沙織を思い出すのは、立派な叔父さんです

私の17才は実験室で顕微鏡眺めてましたね
運動部じゃなかったし
ゾウリムシだのラッパムシだの一夏眺めていたっけな
暗いねー
と 思われるでしょうけれど この頃の仲間は今でも悪友のまま
懐かしい思い出です

| ふらつく | 2009/04/10 23:27 | URL | >> EDIT

17歳の頃

僕は昼間は工場で働き、夜は定時制高校に通って更に夜中はバイクに乗って遊び呆けてましたね。

あともうすぐクルマの免許が取れるってウキウキ
してた頃、、勿論恋もしてましたよ!
毎日何も考えないで突っ走ってたな~(^^♪

そんな僕ですが息子が来年17歳ですよ・・(汗)

| Oza | 2009/04/10 23:35 | URL | >> EDIT

Re:17才(04/10)

ふらつくさん
>といって南沙織を思い出すのは、立派な叔父さんです
やっだぁ。
ワタシも思い出しちゃいましたよぉ。
オバちゃん…?
やですよぉ(笑)

>ゾウリムシだのラッパムシだの一夏眺めていたっけな
えぇぇぇー。
虫好きだったんですねぇ。
ワタシは子供の頃は標本作るくらい平気だったのに、
今はぜんぜんダメですね、虫は。

17歳のふらつくさん…、すごく見たいなぁー。

| なおニン | 2009/04/11 01:59 | URL | >> EDIT

Re:17歳の頃(04/10)

Ozaさん
>僕は昼間は工場で働き、夜は定時制高校に通って更に夜中はバイクに乗って遊び呆けてましたね。
ひゅーひゅー!カッコよ過ぎじゃないですか?
絵に描いたような若造ライダーですよ。

>そんな僕ですが息子が来年17歳ですよ・・(汗)
たまげますねぇ。
と、同時にやんなりますけど、まぁ、それはそれで。
いずれいっしょにツーリング行ったりするんでしょうねぇ。
頼もしいですねぇ、ホント。

| なおニン | 2009/04/11 02:02 | URL | >> EDIT

Re:17歳のカレとワタシ

17才のワシは…3無い運動真っ只中の市工に通いながら、新聞配達で買ったRZ250で走り回ってましたぁ! 自転車同好会でしたけど、皆さん発動機付きの二輪の方が力入ってましたね(笑)
生まれてから30年ちょっとは、ずっと名古屋市民でしたから、ピチピチ女子高生のなおニンさんと何処かでお会いしてるかも? でも椙山なんてすごいお嬢様学校は、ワシには近寄り難かったんで可能性低いですよね(;^_^A 何しろ、ぎゃあ~しゃ(外車)だないと相手にしてまえなんだでねぇ(笑)

| カルーチャ | 2009/04/11 22:24 | URL | >> EDIT

Re[1]:17歳のカレとワタシ(04/10)

カルーチャさん

おー、近からずも遠からず(?)なところに
いらっしゃっですねぇ。
椙山は国産カーもかなりいましたよ(笑)
ベスト3の中では、一番ランク下でしたからねぇ。
ずいぶん生きてきちゃいましたね。
やり直したいとは思わないけど、
あの楽しかった頃をもう一度生きてみたいとは思いますよ。

| なおニン | 2009/04/11 22:28 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/2757-d826200e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>