FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

生死を分けるもの 「今日も明日もバイクと共に(1303)」

今週火曜夜のこと。

40過ぎの会社のスタッフが
ものすごい勢いで会社を出ていったのは
気付いていた。

腰のキーホルダーに繋いだ鎖が揺れる音と、
ブーツの踵を思いっきり床にたたきつけて歩く足音に、
いつもただでさえ集中力を削がれるのに、
今日はまたなんだってわけ?と
アタマの片隅で思ってた。

でもそんなことは忙しさのせいで大した気にもならず、
やがて8時を回るころ、
K氏の奥さんが交通事故に遭って
病院に運び込まれていたことを知って、
K氏のあの慌ただしさは、
愛妻が一刻を争う状況下に置かれているからこその
ものだったのかと理解したのだった。

意識不明、脳内出血、植物人間…?
そんな単語が確かな根拠もないままに
残業中のスタッフに伝わっていく。

10時過ぎ、K氏から連絡。
危篤状態に変わりはなく、
なにも手を施すことができないままという。

以降何かあれば連絡を回すよう
周囲のスタッフと声を掛け合い、
心配なまま帰宅した。



自分の身内や大切な人に同じことが起こったら…。
そう思うと、仕事で疲れ果てているのに寝付けなかった。

最後に交わした会話、最後にみた表情、
見慣れた仕草や声やクセや、
そんな愛おしいものに二度と触れることが
できないかもしれないという恐怖。

どうか戻って欲しいという思いで、
自分を切り刻んでしまいたくなりそう。
そんな気さえした。


ERに入ったきり付き添うこともままならないK氏が
出社したのは昨日。

今度はランチから怒濤の勢いで戻ってきて、
「意識が戻った!」といい残すなり
ジャラジャラという音を残して病院へ飛んでいった。

決して余談を許す状況ではないけれど、
とりあえず意識は戻り、声掛けに反応するらしい。



看護婦である奥さんが事故にあったのは甲州街道。
125CCのスクーターで帰宅途中、
併走していた右車線のクルマが急な左折をしたため、
横っ腹に激突したのではないかとのこと。

フルフェイスを被っていたにもかかわらず、
頭部打撲による脳内出血の重傷。
ただ頭蓋骨の骨折はなく、
首から下も今のところ無傷らしい。

幼稚園にも上がらない幼い娘や、
愛する夫のために戻ってきた彼女。

125CCでフルフェイス。
なんでまた?と思う。
でもそのお陰で命を取り留めたのであれば、
学ぶべきものは大きい。

死にたくない思いと、死なないための装備が、
結局は土壇場で人を回生させるような気がする。


彼女がクルマではなくスクーターだったと知った途端、
総毛がよだったのはいうまでもない。
今はただ、順調に快復することを望むばかりだ。

バイクで死んじゃ、いけない。
関連記事

| バイク | 19:29 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

125cc

このサイズのバイクなら,間違いなく「気楽に乗れる良さ」を優先して,ヘルメットも楽なものを選んでしまう自分です。
しかし,事故っていうのは,本当にどういった形で降りかかってくるか分からないモノだということが改めて良く分かりました…。自分だけが「大丈夫だ」と思っていてはダメなのですね。
ただ,回復を祈るばかりですな…。

どうか,なおニンさんもラス・ツーは無事故で楽しんで来てください!

| Docro=mina | 2008/11/21 20:07 | URL | >> EDIT

Re:125cc(11/21)

Docro=minaさん

J-WAVEで流れる交通情報で、
「タクシーとバイクの事故のため…」と毎日のように
言ってますよね。
多いんですねぇ、バイク事故。
身近に起こると途端に恐くなりますけど、
いつでも起こる事として感じてなくちゃですよね。

個人的にはもっと走るつもりでいますが、
何せ12月は休みがまったくなくなりそうなので、
実質ホントに「ラス・ツー」になりそうです(泣)

| なおニン | 2008/11/21 20:30 | URL | >> EDIT

ヘルメット

僕の友人が二人ほど原付でまきこまれてます。
その二人がいっていることは半ヘルはだめ・・・
バイクに乗る以上は、なんであろう、後頭部と顔の横を守るジェット・・・できればチンガードのあるフルフェイスが・・・

ひとつの小さな選択が、命を救ったのは、考えなければなりませんね・・・・

| レクキオ | 2008/11/21 21:05 | URL | >> EDIT

Re:生死を分けるもの(11/21)

自らの過失で起こる事故だけとは限らないのが公道です。
無くなって、また無くなる直前に、その存在を強く意識するものは多いと思います。
今回のお知り合いは最悪の事態に至らなかったのは幸
一流ライダーでさえ公道で命を落とすこともあるんですから、公道は、やはり危険が潜んでいると言わざるを得ません。
ライダーライフを楽しむためには、単に"乗る"だけではなく、多く学ぶことがあるのだと思います。

| ABaoAQu | 2008/11/21 22:48 | URL | >> EDIT

うーん

併走していた右車線のクルマが急な左折をしたため、
横っ腹に激突したのではないかとのこと・・・
他人事とは思えないなぁ。。。

友人は、ジェットヘルでアゴを砕きました。
できれば、フルフェイスを。

| hiropon168 | 2008/11/22 08:07 | URL | >> EDIT

Re:生死を分けるもの

おはようございます。今足柄SAです。これから静岡方面に向かいます。行楽日和で大混雑。気をつけ走りたいと思います。

| horipa | 2008/11/22 08:48 | URL | >> EDIT

Re:生死を分けるもの(11/21)

バイクに乗ってる限り事故とは隣り合わせですから他人事じゃありませんね。
高速道路で走行画像なんか撮ってる場合じゃないですよ!
高速じゃ単独で転んでも恐ろしい事になりますから・・怖っ!来年から自爆します。  

ん?

あ、、間違えた(>_<)自粛します。m(__)m

| 怖いっす・・・ | 2008/11/22 10:25 | URL | >> EDIT

Re:ヘルメット(11/21)

レクキオさん

半ヘルがアタマを守ってくれないことくらい
普通の思考回路があれば誰だってわかるのに、
それがわからないオタンチンでも教習所は卒業
できてしまいますからねぇ。

何かあってから気付いても遅いってヤツですね。

| なおニン | 2008/11/22 14:18 | URL | >> EDIT

Re[1]:生死を分けるもの(11/21)

ABaoAQuさん

ごもっともです。
乗るたびに学ぶことはライテクだけではないですしね。
だから乗らなきゃいけないんだと思います。

“サンデードライバー”が危険だといわれますが、
ワタシも立派なサンデーライダーですからねぇ。
乗れるときは、乗るべきだと思います、ホント。

| なおニン | 2008/11/22 14:20 | URL | >> EDIT

Re:うーん(11/21)

hiropon168さん

>他人事とは思えないなぁ。。。
そういえば、そんな体験談を以前おうかがいしましたねぇ。

最近、昔ほどその手の事故談を聞かなくなった理由のひとつは、
ブログうどでそういう情報が広く伝わるようになったことも
あるのかもしれませんね。
典型的なバイク事故は、予測していれば防げるものが多いしね。

| なおニン | 2008/11/22 14:23 | URL | >> EDIT

Re[1]:生死を分けるもの(11/21)

horipaさん

鰻でも食べて、もう帰途についているころでしょうかー?
ステキなバイク日和ですねぇ。
通勤の総武快速から、今日も富士山がみえました。

楽しいツーリングを!

気をつけて~。

| なおニン | 2008/11/22 14:25 | URL | >> EDIT

Re[1]:生死を分けるもの(11/21)

怖いっす・・・さん

自信があると自分に限ってと思ってしまいますからね。
常に“自粛”のつもりで乗るくらいがちょうどよいのでは?




| なおニン | 2008/11/22 14:31 | URL | >> EDIT

自然界の掟

弱肉強食 些細なミスが命取り。
人は、些細なコトを、自分の都合良く解釈する。
なんか調子悪いが、まあいいか、とか、、、、

機械物は、与えられた、行動をする。
間違った入力をすれば、間違ったまま動く。

些細なミスやトラブルを、都合良く解釈すると
次が、待っている。 些細なことが、教えてくれる
情報を、見逃すと命取り。

自然界では、生き延びた、年齢分だけ経験値が、
蓄積されるし、蓄積出来なければ、明日は無い。

転んで痛いは、自分のせいだが、乗り物は、他人を
も、巻き込んでしまう。

乗らなきゃ良いのに、そんな言葉を乗らない人は、
よく 口にする。

| ジャンキィー | 2008/11/22 19:45 | URL | >> EDIT

Re:自然界の掟(11/21)

ジャンキィーさん 詩人ですねぇ。

バイクという趣味は、時に乗らない人の理解を得られないことがありますね。
暴走族のせいもあるんだろうけど、マナーの悪いバイク乗りが多過ぎるし。

粛々といきましょう。

| なおニン | 2008/11/23 00:18 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/2628-8579bd4f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>