FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

帰省ツー2日目:大阪南千里~島根県益田 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

朝5時前、ひとりでに目が覚める。
窓からの眺めに雨の跡や気配はない。

身支度をしながら、ウィダーインゼリーの朝食を終えて、
7時前に中国池田ICから中国道へ。

日曜日のせいか通行量はひどく少なく、
路肩にバイクを停めて写真を撮ることが
なんの躊躇もなくできてしまう。
南千里を出て一時間もしないうちに、
空と雲と周囲の緑と、テーパーをかけながら延びる
アスファルトの道しかない風景が続き始めた。
中国道1

写真を撮った以外はノンストップで上月PAまで走り、
ペコペコのお腹をおにぎりで満たしたのが午前9時。

やがて道は兵庫県から岡山県へと入り、
クルマの影はさらに減る。
中国道岡山
噂に違わぬ中国道の閑散振りは呆れるほどで、
通過しながら目をやるPAのほとんどには
バイクはもちろん、クルマの一台もいない。

文字通りのオンナバイク乗りのひとり旅。
ぶつからずに歩けないような人混みに揉まれる日常に
しかめっ面をしながら耐えていたのは、
たった2、3日前じゃなかったか。

見渡す限り人影がないこんなところを駆っ飛んでいるアタシも、
あの日と同じアタシなのに、どこの時点からか
いつものあのアタシではないアタシに変身してる気がして、
疲れなど、眠気など、そして一番苦手な寂しさなど
感じることさえ忘れてた。


中国道はやがて広島県に入る。
給油所がひとつもない浜田道へ入る手前の最後のSA、
七塚原で給油して、ひたすら長閑な安芸を抜け、
この日最後の高速道路、浜田自動車道へと入る。

すると、ポツ…、ポツと落ち始めた雨粒が、
あっという間に大きくなって、
路線バスの停留所へ避難。
初日の大黒ふ頭以来またレインウエアを着込む。
毎日ちょっとずつ降られてる。
でも、そんなにいやじゃない。
停まってエンジンを切って、サイドバックのレインウエアを着て、
違ったニュアンスで走るのもまた、いいかなと思える。

でも「着れば止む」ジンクスはここでも効いていて、
60kmほどの浜田道の終点浜田へ着いて、
道の駅ゆうひパーク浜田に着く頃には
また青空が覗いてた。

昨日は太平洋、そして今日は日本海。
日本を、満喫してる。
感無量。
浜田の日本海


バイクに乗るとお腹が空く。
すでに午後1時を回っておなかはペコペコ。
きっとおいしいお魚がいただけるだろう…と、
いそいそとレインウエアを脱いでたたみ、
メットを取り、サングラスをかけ、
シートの荷物に足をかけないよう上手にバイクを降り、
いざ!と建物手前にある3段ほどの階段を上ろうとして…
コケた。

躓いただけならまだしも、
地面に立派に手を突いて。


ただでさえオンナひとりのバイク乗りが目立っていることは
パーキングエリアにバイクを入れたときから気付いてたから、
そのコケの顛末を眺めていた人は、そこそこいたに違いない。

言い訳をするわけじゃあないけれど、
出発から5、6時間も走ってバイクを降りると、
時としてよろめくこともある。
足が一瞬がに股チックになって歩きにくいこともある。

たぶん、きっと、そんなことも一因の
立ちゴケならぬ、歩きゴケだったのだ。

何ごともなかったように立ち上がって建物内に入る。
手のひらに埋まってしまった胡麻粒ほどの砂利を
周囲を歯で噛みながら吸い出してため息ひとつ。
でもこれできっともうコケることはないわよと、
思いこもうとしていた。
昨日からの快走を思えば、むしろコケる気なんかしないわと
そう思ってた。
このときは…。


そんな勢いだからフードコートなんかには目もくれず、
景気づけに和食処へ入って漁師風御膳1,300円をいただく。
昨日の約半額とはいえ、非日常なランチが続いている。
ビールが飲めないのは不思議と平気だ。
飲めないときは飲みたくならない。
ひょっとしたら私はものすごく卓越した順応性の
持ち主なのかもしれない。
お野菜たっぷりのお刺身サラダ風が美味だった。
漁師風御膳1,300円なり

昨年世界遺産に登録された石見銀山のある島根。
お土産コーナーには、石見もののラインアップが目立つ。
県内とはいえ、行ってもいないところの土産を買うのは
粋じゃない。

特に心惹かれるものもなくWOOに跨る。

私は根がせっかちだ。
気の短い父の性分をまんま受け継いだらしい。

晴れ晴れとした日本海の美しい風景にのんびり浸るでもなく、
再び海沿いの9号線をひた走る。

なもんだから、チェックインに30分も早い午後2時半、
益田のホテルに着いてしまった。

昨日からの走行距離や燃費などをメモして時間を潰し、
3時にチェックイン。

すぐにホテル周辺を散策して、
コンビニでビールと明日の朝食を仕入れる。

シャワーを浴びたいところなんだけど、
雨に濡れて汚れたWOOを先に磨いてやらねばと、
ビニール袋に水を入れてパーキングまで行き、
持参したウエスで洗ってやった。

やることをやって落ち着いたところで
ゆっくりとシャワーを浴びてやっと寛ぐ。
グリーンモーリス益田
日焼け気味になることを予想してもってきておいた
Q10配合フェイスマスクで決して公開できない顔になりながら、
クーラーを利かせた部屋でビールをちょっと…で、
至福のうたた寝…。
Q10パック

夕食は、出前してくれる割子そばを狙っていたのに、
今日は出前サービスはお休みです…とのフロントの回答にがっかり。

ならばとふたたび周囲を歩いてみたものの、
ハデな電飾看板がチカチカ瞬く居酒屋や、
人っこひとり入っていない薄暗い回転寿司やや、
ライブ予告が掲示されているカレーのお店、
「営業中」の札が掛かっているのに引き戸が開かないそば屋など、
ことごとく気を殺がれる店ばかり。

ホテル内の高級和食やしかないんだろか…と戻る途中、
目に入ったのは「大阪王将」!
餃子&ビールでいーじゃない!と、指を鳴らす。
夕方なのに、閑散とした店内がどうも気に入らず、
6個入り210円をテイクアウト。
よく見るとほとんどのメニューがテイクアウト可能なので、
ついでに炒飯もオーダー。


かくして昨日の鱧から一転。
島根のひとときは、ビールと餃子で満たされながら
暮れていったのだ。


走行距離456km
関連記事

| 帰省ツー | 19:12 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れだったようで‥

コケた時に手をついた‥。
その時に手首や指を痛めなくて良かったですね~!
足も大事ですが、手や指はケガしたら
「運転OUT」になっちゃいますもんね。

hiroさんも以前に言ってましたが、
次回のツーの時は出発から解散まで
レインウェア着用をお願いします。

| hide | 2008/09/16 19:20 | URL | >> EDIT

なかなかどうして

立派なツアラーしてますね
もう十分
いやいや 十分で無いのは私のツーレポか

無計画なのは、「自由!」と
しゃれてみる
といいながらも 結構型にはまって
あまり自由ではないのは ご愛敬

腹八分目 到着予定は4時まで
なぜなら 暗くなってからは走りたくないから

とめどもないコメントは
珍しくも アルコホルのせいか?

| ぶらっく | 2008/09/16 20:00 | URL | >> EDIT

Re:お疲れだったようで‥(09/16)

hideさん

さすがーhideさん、ありがとです。
確かにそうですよね。
走ってたならまだしも、あるっててコケて乗れなくなっちゃあ
目も当てられません。

出発時からレインウエアってあーた…。
ははーん、てるてるぼーず替わりにしようって魂胆ね。。。(怒)

| なおニン | 2008/09/16 20:43 | URL | >> EDIT

Re:なかなかどうして(09/16)

ぶらっくさん

今夜のぶらっくさんはおもしろーい!

宿に暗くなる前に着くのはmustですよね。
夜は慣れた道でさえ恐いので、絶対走りたくないです。
でも軽く疲れて宿についてお湯あびて、
さっぱりしたところで一杯飲めば
ほんとにもぉこれ以上ない充足感に満ち満ちちゃって、
ひとりでニタついてましたよ、私。

| なおニン | 2008/09/16 20:47 | URL | >> EDIT

Re:帰省ツー2日目:大阪南千里~島根県益田(09/16)

誰もいない道路 人って変なもので毎日人ごみにいると誰もいない所へ行ってみたいとか思いますが、いざ一人になると無性に寂しくなります。

私は山へも登りますが私にとって山もバイクも同じような感覚があります。初めての山や場所へツーリングする時には、それなりの緊張があって行動し始めるとどこか安心て。

良い景色を見ていても神経は登ることや運転に神経が行っています。世界は自分一人で回りに見知らぬ人がいると少し安心で気分によって話をしたければこちらから声を掛ければ、その場しのぎの話にものってくれます。

長い時間の中でその事だけを考えている時間が過ごせます。普段そんなにストレスが貯まっている訳ではありませんが月に2~3度はそんな時間が欲しいですね。

やっぱりバイクは良いですね~そして可愛い。お腹もすきます。

| よりましょ塩尻 | 2008/09/17 08:19 | URL | >> EDIT

Re[1]:帰省ツー2日目:大阪南千里~島根県益田(09/16)

よりましょ塩尻さん

思いも寄らないひとりぼっちは、確かにちょっと心許なくなりますね。
高速道路なのに、路肩に停まると自分のエンジンの音しかしない。
これは初体験です。
でも、草木のざわめきや鳥の声、波の音がしっかりBGMを奏でているんですけどね。

楽しいですねぇ。
クルマでは決して味わえない楽しさがまたいいです。

| なおニン | 2008/09/17 12:02 | URL | >> EDIT

田舎

田舎ですまんの

| 益田人 | 2015/01/23 21:42 | URL | >> EDIT

Re: 田舎

益田人さん

ずいぶん古いエントリにコメントいただきまして
ありがとうございますー。

ドキドキしながら初めて走る道を旅した日が
蘇りました。

> 田舎ですまんの
この歳になると都会暮らしのストレスは日々の通勤をはじめ底知れなくて
できることなら“田舎”に引っ越したいと常々思っています。
すまんどころかうらやましい限りです。

| なおネィ | 2015/01/25 22:16 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/2563-eef2b5ab

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>