FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

福岡土産に悩む

クライアントや会社に気を遣った挙句だけど、やっぱり3日はあっという間。こんなに晴れるなら、海にも行きたかったし、なおニンのヒーリング御用達「阿蘇・久住」にも行きたかった。
母も地物のスイカだの、牛タンのマリネだの、手作りパンなどなど、更なる「うまいもの」が出せず仕舞いだったと嘆く。やれやれ。
後二日滞在する弟と両親に福岡空港まで見送ってもらう。

福岡は、海がこれだけ近いのに、土産になる海産物が少ない。
辛しめんたいに、その座を独占されている。
1、2年前不漁により辛しめんたいが値上がりしてからは、「めんたいいわし」初め、辛しめんたいをアレンジした商品がさらに増えはしたけれど、どれもあまりおいしくない。
フグの一夜干し…好きな人は好きだろうけど。
いかめんたい…だったら辛しめんたいこの方がありがたいし。

それではと、とんこつラーメンの類。
ただこれは数が嵩むとかなりの重さになる。辛し高菜までサービスしちゃった日にゃあ大変だ。宅配便を使わないといけないハメに。東京とは明らかに似て非なるとんこつを味わってもらいたいのは山々なんだが。

だから結局お菓子系になる。
子供の頃から変わらぬサクサク感がおいしい「チロリアン」。「長崎物語」と瓜二つの「博多の人」。鶴の卵を模した「鶴の子」。甘いにも程がある「鶏卵そうめん」。最近のヒット商品「博多とおりもん」。ひとくちサイズでいくつでも食べちゃう「松露饅頭」。東京にも進出した「ひよこ」…。
迷いに迷った挙句、相方には私も大好きな風月の「雪うさぎ」を買った。
うさぎの形をしたマシュマロの中に、白あんが入っている。赤い目があいらしい。
14個中、2個私が食べ、ひとつをのり平にあげた他を全部ひとりで食べてしまった相方。しかも1日で、だ。あんぐり。

夕暮れの東京はじっとりと湿っていた。熱いのか寒いのか微妙ではあるが、晴れ渡った福岡よりも不快指数を高く感じた。
関連記事

| 未分類 | 12:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/246-53a8f61e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>