FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

泣き虫な武士 「映画館で観た映画(44994)」

古くは『あすなろ白書』のころから、
キムタクの泣きの演技には大抵ウルウル来てた。

奥歯をぐっと噛んでハラリとこぼす涙に
ついつい感情移入しちゃうんだよね。

『ビューティフル・ライフ』で
常磐貴子に死に化粧してやってるときなんかは、
それこそティッシュひと箱使っちゃいそうだったっけ。

『SAYURI』以来映画館に足を運んでないことに
我ながらちょっと呆れちゃったってたってこともあったんだけど、
山田洋次が作る時代物への興味と、
やっぱりキムタクに泣かされたい気持ちに押されて観に行っちゃった。

『武士の一分』

現代ドラマの役と同じような間の取り方や、
いわゆる彼の「くせ」のような演技が気になっちゃったら仕方ないけど、
盲目の武士という難しい役をよくこなしたんじゃないかな。

脚本ももちろん秀逸で。
侍とはいえ、いつもかっつも鋼のようにピンと張り詰めた生活だったはずもなく、
生活のディティールが細かに表現されていたりするのもおもしろい。

でもなんつっても見どころはキムタクの立ち回りだな。
剣道やってたんだから剣さばきがうまいのはもっともなんだけど、
盲目役とはいえ、相手と切っ先を合わせるときはもちろん、
打ち合いのときも剣をみちゃいない。

見ていないのに、迫力のある殺陣ができてしまってる。

剣の師匠役である緒方拳との手合わせシーンはなかなか見物。

勘どころがすばらしい。



今回のキムタクはよく泣く。

途中の泣きはなんとか堪えたけど、
やっぱりラストは泣かされた。

映画館で観るべき映画とまでは言わないけど、
観といていいんじゃないかなー。



関連記事

| オススメ | 09:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:泣き虫な武士(12/09)

なおニンさん、今晩は。

「武士の一分」、話題になってますよね。
なかなかよかったみたいですね~。
見に行きたいなぁ~。

| 平井くん | 2006/12/09 23:05 | URL | >> EDIT

Re[1]:泣き虫な武士(12/09)

平井くんさん

こんばんわー。

比較的安全パイな作品しか見に行かないせいか、
観に行ってあまり後悔したことはないんですけどね。
それなりにいいとこ見付けて納得するタイプ(笑)。

国取り物語りのような大型時代劇に比べれば、とある武士夫婦に降り掛かった不幸とその処し方の顛末的な、小さい括りのストーリーではあるけれど、その分スクリーンの向こう側に入っちゃった気分は味わえますね。

| なおニン | 2006/12/09 23:13 | URL | >> EDIT

Re:泣き虫な武士

ぜひ観に行きたいと思ってましたが

今日も仕事でいつ行こうか~
なんて感じです(泣)

| あっちん | 2006/12/10 13:42 | URL | >> EDIT

Re[1]:泣き虫な武士(12/09)

あっちんさん

お正月休みにでもぜひ…?^^;

| なおニン | 2006/12/10 14:08 | URL | >> EDIT

Re:泣き虫な武士

今仕事帰りです~

正月休みに遊び?まくってやる~

引っ越ししてから未だに遊びに行けてない
僕です

正月は千葉に帰りたいです。

| あっちん | 2006/12/10 21:05 | URL | >> EDIT

Re[1]:泣き虫な武士(12/09)

あっちんさん

お疲れさまー。
寒いでしょう。
早くあったかお風呂に入ってね。

私は年賀状出力でひとりでてんやわんやです。--;

| なおニン | 2006/12/10 22:54 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1961-18710e42

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>