FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

四万の旅 一夜明けて

まだ暗いうちに、川の音で目が覚めた。
隣に寝ていたCちゃんが早くも朝風呂に行くらしい。前日相方の看病で早起きしたせいもあって、さすがにまだ起きられない。
8時ごろ、やっと起き出した男子組と連れ立ってバイキングの朝食へ向かう。
よくある和洋バイキングだけど、なにしろ和食のお惣菜の種類が豊富。それも、地のものであろうキノコや山菜を使った和え物や煮物が、それだけでも10種類近く並んでいる。お皿にすこしずつ盛っているうち、なんだか食欲が湧いて来た。「おんたま」もお約束的にいただいて、特産の刺身こんにゃくも忘れずに。毎日こんなナチュラル&ヘルシーな食事がいたければなー。田舎暮らしはいつになっても、ちょっと惹かれるちゃう。

部屋に戻って、チェックアウトまでの間、また最後のひとっ風呂。さすがに湯疲れしたのか、なんだかだるくて動きが鈍い。駅までのバスで、すでにうたた寝。
昼食は、幹事が事前に調べておいてくれた中之条駅近くの若い御主人が切り盛りする蕎麦屋へ。昔の蔵をかたどった店は人気があるのか、10人分の蕎麦はもうないとのこと。仕方なく、ざるうどん組などにわかれて、ほぼ店の蕎麦を食べ切ってしまった。わざわざそば粉を溶いて作っているという蕎麦湯は濃度があって絶品。ビールのつまにみには、揚げた蕎麦が出てくるし、大当たりのうまい蕎麦やだったのだ。
吾妻路

夕方17時。終着駅上野で飲んでいくという連中と別れて帰途に着く(相方の手前、さすがに行けないでしょ)。家では熱が35度代の平熱まで下がり、お風呂も入ってこざっぱりした相方が、きちんと片付けも済ませ待っていた。、四万でできずに心残りだったマッサージを楽しむため、イトーヨーカドー家電売り場にいつも置いてある26万のマッサージチェアに座りに行く。はー、いい気持ち。
2日間お粥やうどんだけだった相方のために、ステーキ肉を奮発。ミキサーしたたまねぎを煮詰めてポン酢を加えたソースがすごくマッチ!四万温泉で買って来たお漬け物もおいしい。いやー、よかったよかった。これで相方が虫の息だったりしたら、えらいことだった。
ただ、旅の着替えと、熱で大量の汗をかいた相方の着替えやシーツ。ものすごい量の洗濯ものを、見てみぬ振りしてしまった。明日遅番の相方がやってくれるよ、きっと。

上野で別れた飲んだ暮れ7ニンは、最終まで飲んだらしい。
17時から終電まで?すごい体力。
せっかく安く上がった旅だったのに、一番の出費だったのでは?
関連記事

| 未分類 | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/167-c3f99a32

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>