FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

不死鳥エキパイとBMランデブー 「☆★バイク★☆(29887)」

昨日、せっかくきれいにしたのにカリスマ整備士ナオさんところで再び汚してしまったエキパイ。
お店につくなり努力を自慢しようと説明しながら触ってしまった。

「もぉさ、気楽に乗ればいいんだよ。いずれ錆も出るんだし」と、
焼けやすいようにオイルを塗り塗り語るナオさん。
きっと呆れてんだ。
満には
「ばかとしかいいようがない」まで言われる始末。
でも、残念だけどまったくだよ。

だから今朝は雨そぼ降るなか再びエキパイと格闘。
昨日と同じ方法でみごと輝きカンバック。
どうやら焦げ付きは削り落とすのが一番いいみたい。もちろん多少の傷は覚悟の上で。昨日ナオさんのところでいろんなものを塗りたくって拭きまくっても落ちなかった焦げ付きと曇りが全部落ちた。
テクニックや知識より、最強のテクは愛なのかも…?


で、昨日はいっしょにつるみたかったR100RSのにいさんと落ち合ってほんの少しだけ初ランデブー。
この人のお陰で、自分にも中免取れるかも?って思えたようなもんだから、嬉しいのはもちろんなんだけど、なんだかリアリティーがなかった。一年前は考えもしない光景だったから。
しかしなんといってもあの落ち着いた風格はどうよ。大きく横にはり出したエンジンといい、ハンドルまですっぽり納まってしまうカウルといい、大容量のサイドケースといい、今まで目にしてきたバイク(そんなに見ちゃいないけど)とはいちいちが破格かつ大人っぽい。SRがてんでオモチャに見えた。というか、比べるほうが間違ってはいるのだけれど。

でも楽しいままで終わらなかったんだな、昨日は。
船取線と市場通りの交差点でエンスト。ウンともスンともかからなくなった。ここのところ1ないし2発で始動してたのに。エンスト後かかりにくい症状が久しぶりに出た。15分ほどの間、3、4回蹴ってはスイッチ切って休んでまた蹴って…をくり返しても埒あかず。幸い坂の上だったので、歩道を下っていわゆる押しがけでリカバリー。ひとりだったからずいぶんと躊躇して、モタモタしつつ。でもこうしてサバイバル方法が身に付いていくものなのね。しかし坂がなかったらどうなってたんだろ…(恐)。

関連記事

| バイク | 12:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1618-4a5934f0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>