FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ハードな納車 「☆★バイク★☆(29887)」

17日にお店に入るはずのSRが来ていないといわれた木曜日。金曜に来たとしても日曜納車ですねーってことだったから、今日は教習用に借りていたメットを返しにのり平宅へ。

12時過ぎ、Pastelのチーズプリン片手におじゃまして、いくらなんでも23日にはなんとかなるわよねー、なんて言ってたまさにその時にバイクやさんから電話が。
「お待たせしました。乗れるようになりました」
「えー?ホントですかぁ?」と思わず心踊る。
2時からヨガのレッスンにいくはずののり平。
たった5分程前に美容院の予約を入れたなおニン。
電話を切った瞬間からふたりしてチンチロ舞い。
どうする?
行くわよーぉーといってくれるのり平!その心意気、大好きだよ。
それよか満に電話しなくちゃ!!

かくしてのり平のグラストラッカーと満のCB750(…Fだっけか?)で船橋出発。3時ジャストに佐倉のバイクやさん着。店先には愛しのSRレッドが私を待ってくれていた。美しい…。ひとつの曇りもなく磨きあげられたボディー。初めてみたコクのあるレッド。やっぱりこれにしてよかったと思う。
書類の簡単な手続きの後お支払いを経てエンジンをかける。案の定、壊れてんのか?と思うくらいかからない。何度かくり返すうちに、右足の膝の内側がサイドカバーに強く当たって、都度ひどく痛む羽目に。満がやっても当たらないけど、のり平がやると同じように当たるという。女性特有の支障なんだろうか。内また気味すぎてる?でもまだこのころは緊張でそんなことを気にしておられず、ひたすらキックの鬼と化す。何度もやるうちに3回ほどやればかかるようになる。
近くをゆるっと走ってみようと方向転換だのやってるうちに第一回目の立ちゴケ。やっぱりコケやすいのは天性らしい。気を取り直してエンジンをかけて発進。タタタタタと軽い。教習所のCBとは比べ物にならない。エンジン音も静かだし、なんだかスクーターみたいだ。ものたりなくてマフラーを代える気持ちがよくわかる。
チョークボタンのことや、バッテリーが50CCバイク並みしかないことほかもろもろの説明を受けて帰途につく。印旗沼の夕暮れを左手に眺めながら概ね40~50キロくらいでトコトコ走る。顎から鼻のあたりが徐々に凍りそうに。風がメットの中でシュピーっと鳴る。
本当に私があやつってるんだね、このSR。
こんな日が来るとはねぇ。
前をいく満のテールランプに陶酔しそうになる。恍惚の域に入っていきそうなところで我に帰る。ニ-グリップしっかりしなきゃ。…が、エンスト後路肩に寄せようとしてあえなく2度目の立ちゴケ。バイクを守るように下敷きになった左膝は思いっきり打撲。教習所でいかにあのプロテクターが私を守ってくれていたのかを思い知る。タンクもろもろは無事だってけどクラッチレバー、曲がる。そのせいかギアが入りづらくなる。不安になって、カリスマバイク整備士なおさんのところによってもろもろチェックしてもらう。まがったクラッチレバーはバーナーであぶりながら形を直してもらって。クラッチペダルもややうちに入ってたようで。まったくえらいことだよ。キックもため息でちゃうくらいいとも簡単にかけちゃうし、神様みたいな人だ。
そんななおさんに見送られて、そこからはエンストもなくすんなりと船橋へ。でも安心しちゃったのか?うちの門扉の前で3度目の立ちゴケ。ブロック塀にメットと革ジャンとミラーを擦り付けた。直してもらったばかりのクラッチレバーは再び曲がり、ミラーも妙。が、タンクその他は外傷なし。家に帰って脱いだ革ジャンには、早くもかっこいい擦れた傷が左側ばかりについていた。やっぱりボトムスも膝パット入った革パン必須だな。公道でこんなにコケるとは思いもしなかったよ。走ってる分には危な気ないのに。
なおさんのところで、クラッチレバー2本発注。頼むところばなくなるからお守り替わりだねー、だって。そうだといいんだけど。

無我夢中だったせいで、船橋~佐倉往復飲まず喰わずの6時間。交通量が少なくて、大きな交差点のない道を選んでナビしてくれた満、私がエンストするたびハザードがわりになってくれたのり平、君らの存在なくして今日の無事な納車はなかったよ。本当に感謝。足向けて寝られないわ。

両膝の腫れでお湯にも浸れない悲惨な有り様だけど、実は夢が叶った記念すべき一日。キックの不安もろもろ課題は相変わらずあるけれど、なりたい自分にちょっと近づいた。
…あんまり実感ないんだけど。



click please!

人気blogランキング
関連記事

| バイク | 11:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:ハードな納車(11/19)

いやいや、立派に走ってましたよ。慣れればスタートだって鼻歌ですよ。とにかく慣れ、人生諸々のコトと同じです。そうすれば、ホントにカモメになれます。

| のり平 | 2005/11/20 20:06 | URL | >> EDIT

Re[1]:ハードな納車(11/19)

のり平さん 昨日はお疲れさんでした。
>いやいや、立派に走ってましたよ。

そうすかねー。確かに走ってるときはえらく気持ちよかったっすけど。

>慣れればスタートだって鼻歌ですよ。とにかく慣れ、人生諸々のコトと同じです。

たぶんね(爆死!)

>そうすれば、ホントにカモメになれます。

ねーさん、それはツバメの間違いっす。

今後はメンテナンスやりやしょーね、いっしょに。
-----

| なおニン | 2005/11/20 20:47 | URL | >> EDIT

Re:ハードな納車(11/19)

こんばんは。お久しぶりです。訪問ありがとうございました。

ついに,というか,もうバイクが来たのですね。ビックリしました。この間,免許を取ったばかりだと思っていたのに。

しかも,かなり気合の入った納車ですね…。頭が下がります。

僕も立ちゴケしてクラッチレバーが曲がってしまいました。なるほど,バーナーであぶりながら。自分も挑戦してみようかな。気にはなっていたんですよね。

寒いですが,そんなのに負けずに乗り続けてください。寒くて乗れない北海道からも応援していま~す!

| Docro | 2005/11/21 19:31 | URL | >> EDIT

Re[1]:ハードな納車(11/19)

Docroさん こんばんわ。

>ついに,というか,もうバイクが来たのですね。ビックリしました。この間,免許を取ったばかりだと思っていたのに。

間が空いてしまってせっかく身に付けたものを忘れちゃったら大変!と思って。急いで買いました。

>しかも,かなり気合の入った納車ですね…。頭が下がります。

いやー、なんですかねー。きっと端からみてたらかなり笑えたと思いますよ。どうも理想とはかけ離れていて…。

>僕も立ちゴケしてクラッチレバーが曲がってしまいました。なるほど,バーナーであぶりながら。自分も挑戦してみようかな。気にはなっていたんですよね。

カセットガスを装填するバーナーでごぉ~っとやっては板の上においてトンカチやってました。
「折れちゃったらごめんね」といわれつつ。

>寒いですが,そんなのに負けずに乗り続けてください。寒くて乗れない北海道からも応援していま~す!

切ないですね、雪の季節。でもその分、降らない間は理想的な環境ですよ。空気もきれいだし道は空いているし、なにしろナイスビューだし。
でも春までの間に十分なメンテナンスができるのも、考えようによってはいいことですね。私も自分でできることはやれるように勉強しようと思ってます。いろいろ教えてくださいね。

| なおニン | 2005/11/21 21:01 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1507-46201470

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>