FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

モーターショー雑感 「それってどうなの?(251)」

雨模様のモーターショー一般公開初日。思いのほか混んでる。はなから四輪は見る気ないので、いきなし二輪会場へ突入。手前にあったYAMAHAは敢えて後回しにしてHONDA、KAWASAKI、TRIUMPH、DUCATI、HARLEY、BMWと回る。流れで開催50周年の歴史を物語る展示会場にいってみると、80年代のブースにGPZ400が。若かりし頃、大好きだった彼氏が乗っていたバイク。後ろに乗せてもらって何度大桟橋まで悲しみを捨てに行ったことか(爆)。思い出に浸ることしばし…。
そうしてお待ちかねのYAMAHAへ。しかしながらここのブースだけは自由にまたがれるバイクが置かれていない。しかもどれも先進性を競う車種ばかり。SRなんか影も形も、パンフにすらその姿は乗っておらず、一気に疲労困憊。
ちなみにまたがっていい感じだったのはKAWASAKIの逆輸入車ER-6n。足付きがいいし、楽に乗れる感じでリアブレーキがとても踏みやすい。ただし650。400ではあまりピンとくるものはなくてちょっと脱力。DUCATIは前傾が甚だしくてとても先なんかみられない。
他にBMWのライディングブーツは履きやすそうでデザインもさすが。22,000円なら無理してでも買いたい感じ。吟味したかったメットがAraiしか出展してなかたのががっかりかな。

懸案のオネーチャン連中は相変わらずシャラシャラしてた。バイクなんか乗りそうもないカメラ小僧もたっくさん御来場。なんとかならんのか。
そうして不思議なのが、展示バイクにまたがる男ども。なぜかどう見ても乗ってそうに見えない連中ばかりが次々にまたがる。シャドウスラッシャーにまたがってる40代くらいの男性は足がやっと届いている感じだし、およそ押さえが効かんだろうと思われるようなちんちくりんな男性に限って1200クラスのバイクにまたがっている。ここぞとばかりってことか。
まぁ、御自由にって書いてあるし、乗るのは勝手なんだが。なにゆえ板についたいかにもライダー風なひとがいないのか、不思議で仕方がない。ナイスな男性はプロモ映像にしかご登場いただけない。パンツ見えそうなコスチュームでバイクにまたがるオネーチャンはいるけど、やっぱり草刈正雄風はいるはずもなく、甚だしい不公平を感じる。おかしいだろ。なんゆえここまでカメラ小僧の御機嫌をとらなくちゃならんのか。不思議感いっぱいなモーターショーだったと言わざるを得ない。




click please!

人気blogランキング
関連記事

| 未分類 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1477-e141f169

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>