FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

せっかちに生きる 「★つ・ぶ・や・き★(1280002)」

私のせっかち度は一般レベルよりもかなり高いと思う。
父が非常識なほどに気の短い人なので、遺伝かもしれないけど。
40年以上も生きていれば、
この気の短さがプラスになることがあれば、
マイナスになることもある。
自分なりにリカバリーできているところと、
やぱり未だにダメなところと、
それぞれあるんだけど。

例えば仕事。
コピーの仕事が入ると、すぐにやっつけてakiさんチェックを受けようとする。
彼曰く、コピーにだって熟成が必要なんだと詩人のようなことをいう。
やったものを一晩寝かせて翌日もう一度見てみるという作業をしろと。

夜中に熱くなって書いたラブレターを翌朝見ると
えらく恥ずかしいのとはちょっと違うけど、
でも一晩寝かせた自分の「仕事」は確かに妙なことが多い。
いくらか手を加えることでずいぶんと洗練されることもある。
企画書についても同様。
早いだけじゃ意味のない仕事もたんとあるってこと。


せっかちは待ち合わせにも厳しい。
例えば夕方7時の待ち合わせ。
私は10分から5分前には指定の場所にいることが多い。
でも大半の人は7時を目指してやってくる。
もちろん7時にそこに来てくれれば何の問題もないんだけれど、
私はその時点で5分ないし10分は待たされているわけだ。
勝手に早く来ておいて、「待たされた」はねーだろ!と、
今、私も思う。
でもその場にいるとやっぱり気分は「待った」ってことに。
だから私のウェイティングの限度は定刻の10分過ぎあたり。
10分過ぎたら電話をして「遅れるなら電話くらいせんかい!」とやる。

20代の頃。
喫茶店で1時間45分も、人を待ったことがあった。
あのバイタリティーはなんだったのか。
何度も帰ろうと思いつつ、ドアを開けて入ってくる彼を
幻が見えるほどに待ち続けたあのパワー。
「よくこんな時間になってるのに来たね」と私。
「絶対待ってると思ったから」と彼。
ケータイもないあのころだからこそあり得たふたりのパフォーマンスだ。

待つことが嫌いな私は、
じっくり考えることも苦手だ。
考えるより先に体が動く。
四の五の言ってないでとっととやってしまう、のだ。
何もやらないで案じるよりも、
やってしまって結果がNGってことのほうが納得がいく。

人生一度きり。

触手が動きそうなときは、
自分を信じてやってしまえ。
そんなノリで生きている。

それでも、
怪我もなく無事に生きている。

いくらせっかちでも
「生き急いだ」人生にだけはしたくないけど。

脳天気な私に今日もクリックを!

人気blogランキング
関連記事

| 未分類 | 13:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私もそうかも…

こんちは。
私も先日、「実はせっかちなのかも」と気づいた次第で。家のパソコンの電源を入れてからの時間がすごーく長く感じるこの頃。時間がたくさん出来たのにどうしたものかと思っています。

| かおるる | 2005/04/27 01:04 | URL | >> EDIT

Re:私もそうかも…(04/26)

かおるるさん
やぁ!(←こんな挨拶もたまには新鮮…?)

かおるるさんは間違いなも恐らくせっかち要素はあると思います。
あのたたみかけるような語り口が浮かんで笑えます(爆!)。
でものんびりしたところもいっぱいあるのよね。
そのバランス具合がいーよね。

| なおニン | 2005/04/27 09:52 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1278-ee2d664f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>