FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

池袋で上州豚を味わう 「たのしいお酒飲んでますか。(89949)」

昨日は池袋サンシャインで開催中のプレミアムショーへ。
出がけにバタついたお陰で受付カウンターに着いたのは閉館18時の10分前。
3フロアある会場のうち1フロアをかけずり回っただけで終わってしまった。
忙しい合間を縫ったのに、いったい何しにいったんだか。

不完全燃焼のパワーは速攻飲みに向ける。
akiさんと山田嬢の3人で不慣れな池袋を物色。
しかしハンズ裏手の路地を入ったあたりに、いきなりそそられる「豚」の看板が。
古民家風な趣のある木造の店構えのとんちゃらり
入り口の壁にはデビュー当時の和田アキ子のポスターが貼られている。
入ってみると店内のあしらいもレトロチック。
さっそく生ビールをオーダーしてメニューに見入る。
ウリは上州豚らしい。
肉のキメが細かくて獣臭もなく甘みがあり柔らかいという、いいとこ取りの豚さんだ。
さっそくレバーと角煮、ガツ刺、ればてきをオーダー。
まずはうす醤油がかけられたてんこ盛りのザク切りキャベツがお通し替わりにどんと登場。
めずらしいればてきは、新鮮なレバーをネギといっしょにごまだれで軽くソテーしたレアステーキ。香ばしい胡麻油の香りとレバーの風味と、ごまだれがよく絡まった小口切りのネギのアクセント…。絶品。
ジュウジュウと音を立てる煮汁に浸ったまま運ばれてきた角煮は、ホロリと簡単に箸でほぐれる柔らかさ。やや甘めの煮汁が肉本来の風味を上手に引き立てていて、口にするなり三人して唸る。
大根おろし入りの濃度のあるマヨネーズソースで野菜といっしょに和えられた鶏の唐揚げも後引くうまさ。ソースのアイデアには脱帽。
唯一黒豚焼売だけは肉の風味が今ひとつで、おまけに蒸籠に皮が張りついて破れてしまうのでおいしい肉汁がいただけない始末に。これはちょっと悲しい。

さらにこの店の特筆すべきサービスとして、焼酎の盛りのよさを挙げずにはいられない。
そこらへんの小洒落た店の2倍はあると思われる注ぎっぷりのよさはどうだ。
これでほとんどの銘柄が550円。黒霧島としま甘露をいただく。
ちなみに梅酒は6種類ほどのバリエーションがあって、焼酎仕込みのものなどさまざま。つまみの味を邪魔しない芳香と上品な甘さは、一升瓶で買って帰りたいほど。

夕暮れ時の池袋へいった折りにはぜひまた立ち寄りたいお店。
肝心の仕事は意味をなさなかったけど、偶然にいい店と出会えてちょっと幸せ。


おいしそう!と思ったらぜひクリックをば!

人気blogランキング
関連記事

| 未分類 | 12:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヽ(*゜∀゜)ノ

文章読んでるだけで、よだれ出てきそうです。
美味しそう・・・・
奥さんに頼んで、角煮作ってもらおうかな。

| たきパパレンジャー | 2005/04/15 12:23 | URL | >> EDIT

Re:ヽ(*゜∀゜)ノ(04/15)

たきパパレンジャーさん
どもっ!
>文章読んでるだけで、よだれ出てきそうです。
>美味しそう・・・・
>奥さんに頼んで、角煮作ってもらおうかな。

牛もいろいろだけど、豚さんもあちこちにすんごい連中がいるようですね。おいしかったですよ。
角煮はやっぱりおいしいですねー。でも熱々を出してくれるところって、案外少ない気がするんですね。
たきママ角煮、ぜひふぅふぅいいながらめしあがってみて!

| なおニン | 2005/04/15 13:00 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1266-d9909b9d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>