FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

杭州の旅3日目 「中国旅行(1820)」

杭州の旅、最終日。

みんなとの集合の前に、昨日ドラッグストアで教えてもらったスーパーに母とふたりで行ってみることに。
フロントで場所を教えてもらって向かったそこは、地元人御用達の庶民的スーパー。
入り口を入ると、どうみても警備員には見えない私服の男性が私のバッグを指さしてなにやら指示をする。言われる方に目をやると、コインロッカーのようなものが。
他の客のやりようをしばし観察すると、どうやら大きなバッグはそこへ預けなければいけない様子。ロッカー中央についたボタンを押すと空いているボックスのうちひとつのドアがパーンと空き、そこへ荷物を入れてドアを閉める。するとボタンの下からバーコード付きレシートはき出される。開ける時はそのバーコードを赤外線のような赤いライト部分にあてると、自分の荷物が入っているボックスのドアがパーンと開くという仕組みだ。
ずいぶんとセキュリティーが進んでるんだなと感心しつつバッグを押し込む。
もし万が一ドアが開かなかったら…と考えなかったわけではない。パスポートもろとも出てこないことになるわけだし。でもこういうのが旅先のくそ度胸ってやつなのかな。

MDはそれこそなんでもあり。
日本の商品パッケージにロゴと文字部分だけが中国語に替わっているものがたくさん並んでいるけど、得体の知れない商品もいろいろ。
生鮮エリアにはそれこそ直視できない肉のパーツやどうにかなっちゃってる鶏の加工品、活すっぽん、ウナギ?などが。蛇が何より恐い母は、絶叫しそうなのをこらえつつ私にしがみついてくる。
端から見れば妙な客だ。
おいしくいただけそうなものと、土産的に笑えそうなものをバンバンかごに投げ込んで、それでも全部で70元。
やっぱり中国は激安だ。

ホテルへ戻る道中、名産の西湖龍井茶の店に立ち寄る。
店先で嗅がせてもらった作りたてのお茶の香りに魅了されて、買うつもりもなかったのに4缶も買ってしまう。
50グラム50元を45元にここでもディスカウント。
中国ではどんどん図々しくなる。

それぞれに異様に重くなったバッグをひっさげて空港へ。
成田での混雑が嘘のようにあっという間に待合いロビーへ。
すかさず免税店を目指すも、へっ?といってしまったほど小規模。
中国の民芸品や食品ばかりで、いわゆるブランドものは一切なし。化粧品や香水の類もありゃしない。
今回はことごとく免税品に見放されているらしい。
やれやれだ。

家に帰り着いて土産の荷ほどきなどするうちにちょっと空いた小腹は、冷凍の香港餃子と杭州土産のスープかけご飯で埋める。
このスープ、クノールのもの。
今朝スーパーで見つけたのだ。
セブ島でもクノールのフィリピン風味スープの素を買ったことがあったので、今回は躊躇せず3種類を購入。ひとつ2元とちょっとというこれも激安。
鶏のスープに細かく切った椎茸が入っている。これにエノキとニラを加えて溶き卵で仕上げてご飯にかけて、ちょっと香酢をトッピング。
中国から帰った直後のメニューとしてはあり得ないかもしれないけど。
これも食事に恵まれなかった証拠か。

でも70年生き抜いてきた母に、生まれた国の地を踏ませてやれたのはちょっぴり親孝行だった気も。
道中、感慨深げな様子を何度か目にした。
えらくハードであっという間の旅だったけれど、心に残るものはなかなかどうして大きかった。
関連記事

| 未分類 | 17:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

親孝行

ちょっぴりじゃないでしょう。
やはり気兼ねなく旅行ができるのは娘でしょうね。

| 恵比寿婦人 | 2005/04/04 22:21 | URL | >> EDIT

Re:杭州の旅3日目(04/03)

立派に親孝行だね~。
Ito-yokadoが襲われたりして反日が盛り上がっているようだけど、大丈夫だった?。

| まさぴ。 | 2005/04/05 00:15 | URL | >> EDIT

Re:親孝行(04/03)

恵比寿婦人さん
>ちょっぴりじゃないでしょう。
>やはり気兼ねなく旅行ができるのは娘でしょうね。

そうでしょうね。何をするにも甘えられました。歳とったんだなってちょっと寂しくなりましたけど。

| なおニン | 2005/04/05 10:18 | URL | >> EDIT

Re[1]:杭州の旅3日目(04/03)

まさぴ。さん
>立派に親孝行だね~。
>Ito-yokadoが襲われたりして反日が盛り上がっているようだけど、大丈夫だった?。

帰国後周囲から心配されて知りました。
地元の人たちがどことなく冷たく感じたのは、実は立派な反日感情だったんじゃないかなって今ごろ感じてます。悲しいね。

| なおニン | 2005/04/05 10:19 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1254-d60757b2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>