FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ラーメンのち蕎麦の大晦日 「食べ物あれこれ(258072)」

あご出汁のお雑煮の味がおいしく決まって、元旦の朝の用意は万端。
こうなると大晦日ってなんにもすることがないものだ。
明日行く相方の実家に持っていくお年賀を買いに、夜勤明けの相方と待ち合わせて2日連続で出かけた東武の地下は、昨日を上回る人出。目当てのアンリシャルパンティエはひどい混み様で、しばらく待ったけど断念。比較的空いていたジーゲスクランツで栗入り抹茶風味のスポンジケーキ(豪華木箱入り)をゲット。
ケーキひとつ買うのにひどくエネルギーを使ってしまった。
ヨーカドーで生樽サーバー用ブラウマイスターを買って、ラーメン横丁の青葉へ。
ちばき屋、六角家と並ぶ船橋ラーメン横丁3店舗のひとつで、行列の長さではここがピカイチ。
食券を買って暖簾をくぐると香る魚だしは、煮干というよりは鯖節あたりのコクのあるにおい。やたらと奥行きのあるカウンターに座って特製ラーメンを待つことしばし、半熟卵とチャーシュー、しなちくがトッピングされたそれは、スープの表面にちらちらっと油が浮いたいでたち。
一口すすると思いのほか魚出汁の打ち出しは強くなく、豚骨といいバランスが取れている。
麺はというと私にはやややわらかすぎ。でもその分スープの絡みは抜群で、一気にいただけてしまう。決して厚くないんだけどホロホロとやわらかいチャーシューはいい感じ。
となりの「ちばき屋」が昔ながらのあっさり感とすれば、こちらは多少若い世代向きのしかし上品さの残るラーメンってところか。噂の六角家は背油バシバシ系らしいから、たぶん私はいかないだろうな。

以外にもラーメンで締めくくった2004。
おっとこれから年越し蕎麦食べなくちゃだ。
なんだかんだいって、おなかのすく暇がない年末年始であることに、今年も変わりなさそうだ
関連記事

| 未分類 | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1160-8ff6aa15

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>