FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

カンペール信仰 「★つ・ぶ・や・き★(1279999)」

毎日思うんだけど、ヒールの高いパンプスを履いている女性は相変わらず多い。
ブーツの季節になって、なおさら多いような気がする。
足は痛くないのかしらん…と、うらやましくさえある。
もちろんハイヒールを上手に履いている子は半分もいない。
yahoo!BBの上戸彩みたいに、膝を曲げないと高いヒールが履けない人がほとんどだ。あれでよく長く歩けるもんだと、感心してしまう。
トウもやたらと尖っていて、さぞ足は痛かろう。
そんな無理をして履いているのだ。かっこよく履けていれば、まだ努力も報われるというものだが。

私も20代の頃は毎日ヒールのはる靴を履いていた。
5センチや7センチは普通に通勤靴として愛用していたわけだ。
靴の横顔が気になる私は、土踏まずからかかとにかけてのなだらかな曲線が好きだっから、自然好みはハイヒールになってしまう。ピンヒールも何足かもっていて、でも雑なあまり溝や段差にひかっけては、ヒールの皮をめくってしまって悲しい思いをしたことも何度もあった。
でもパンツしかはかなくなったのと、外反母趾になる人が増えて足の健康管理の啓蒙が広まってからは、あまりヒールにこだわらなくなった。
その後ウォーキングの大切さが広まって、各シューズメーカーもローヒールシューズのデザインに気を使い出して、同時に海外からも履き心地とデザインにこだわった秀逸なものがどんどん入ってきた。
ローヒールといえば、ハシュパピーかリーガルか…なんて思ってた時代が懐かしい。

私が持っている靴たちの中で、一番出番が多いのは黒のカンペールのハイカット。
もう製造されていないジップアップタイプのもの。
5年ほど前に恵比寿アトレの靴やさんでめぐり合った。
以来旅行やキャンプや通勤や、いたるところに履いていっている。
厚いゴムのソールがやや減ってきてはいるけれど、密着性が高く包み込まれるような履き心地は抜群で、何時間歩いても痛くなる部分はどこにもない。
例によって気が向いたときにしかメンテナンスしない私だけど、皮が痛む様子もない。
耐久性と履き心地とデザイン性を考えれば、決して高い買い物じゃない。
このカンペールを履き潰すまでに、ジップアップが復刻してくれないかと、願うばかりだ。
関連記事

| 未分類 | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1121-08753a5a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。