FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ガス抜き金曜日 「たのしいお酒飲んでますか。(89949)」

ガス抜き
年末まで続くパンフレット制作の前半のカンプ出しが夕方やっと終了。朝から続いた校正を終えてデスクでまったりしていたら、15分ほど寝てしまった。疲労のピークだな。
でもここでまっすぐ帰らないのが酒飲みの性。いっしょに組んでやっているデザイナーのD君を誘って飲みに行くことに。徹夜明けというのに快諾するあたりはさすがだ。私の半分程度の歳だもんなぁ。は~、やんなるな。
飲むためだけに打ち合わせ先から戻ってくるというアキさんが陣取ってくれていた新橋の「快」にいくと、社長さんが迎えてくれ、私の名前を呼びつつ挨拶してくれるではないの。
かなり久しぶりなんだけど。一度名刺交換しただけなのに、突然行ってよく覚えていてくれているものだ。優秀なホテルマンの資質としてよくいわれる、「顔を名前を一度で覚える才能」ってやつを身につけているのか。3回逢っても名前を間違ってしまう私はひどく感動して、逆に信じがたい気持ちで生ビールをあおったのだった。
しかしまぁ、出てきたタコの刺身の旨かったことといったら…。レモンを絞ってチョンチョンっと塩を付けていただくのだけど、タコの甘さと柔らかな味わいがたまらん。カメラマン満っちが追っかけ参加したのを機に、お代わりしてしまったほどだ。疲れを意識して芋は一杯にとどめ、ウイスキー膳の梅Dハイを2杯いただいたところで2時間が過ぎ、場所を番屋にチェンジ。番屋と聞いて馬鹿にしちゃあいけない。新橋の番屋は個室に設えられていて、カラオケ付きつまみと飲み放題のセットで3,400円なのだ。最初からここに来ればよかったって気がしなくもなく、でも1軒目では声が伸び伸びでるほどの酔いに追っつかないわけで、結果オーライだったわけ。カラオケと聞いた途端に意気消沈していたアキさんは、周囲が歌い始めた途端に割り箸をスティックに仕立ててグラスといわず皿といわずチンチンバチバチと叩き回っておおはしゃぎ。ただの騒音にしかなってなかったんだけど、あまりの無邪気さにしばし呆れる。

今度憩えるのはいつだろうかー。
忘年会はできるのかなぁ。

関連記事

| 未分類 | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1111-1d9fda9d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>