FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

渋谷センター街を歩いてみれば… 「それってどうなの?(251)」

今週は休み明け火曜は薄手のジャンバー、水・木はジーンズ素材のトレンチ、そして今日は皮ジャンと、私の通勤着はすっかり秋冬モードにシフトしている。
渋谷で11時半まで人と会っていた昨夜の帰り道は、それでもやや薄ら寒いほどだったのだ。
なのに。
渋谷界隈に生息する女性らの感覚はどう見ても「ちょっと冷夏」な8月あたりの雰囲気なのだ。薄手のパンツにホルターネックの肩見せスタイルや、ミニスカートにナマ足はざら。そんなに冷やしてどうすんねん!と、コートの襟を立てたなおニンは思うのだ。露出が少ない中で肌を見せて人目を惹きたいのはわかるし、現に男どもは申し合わせたように露出の多い子に目を走らせる。この法則通りの男女の動きは、ある意味見ていておもしろかったりする。どうせターゲットから大きく逸脱しているのだ。せっかく久方ぶりにセンター街あたりを歩くのだから、いっそ楽しんでやるしかなかろうて。と思いつつ、スペイン坂を上りパルコパート3へと向かう。エントランスには西武優勝セールのテーマソングが響いている。ちょっと心躍る。んで、ワゴンセールでTシャツ2枚と相方のジャケット、締めて3,500円でゲット。セールだからこそ大物買いをすればいいものを、貧乏性はちまちまっとしたものしか買えない。でも定価で買えば合わせて15,000円を超える買い物だ!と、自分に言い訳したりして。久しぶりの渋谷パルコ。クリスマスイベントで駆けずり回ったのが懐かしい…。

懐かしいと言えば…。
実は昨日は渋谷で打合せがあり、それが終わってからakiさんとお茶したのだ。ビールでも!といったんだけど、気管支炎が治りかけていてまだ薬を服用しているakiさんにはアルコールは無理だったのだ。しかし渋谷駅周辺には意外とゆっくりできるカフェがない。そこで選んだのが「西村フルーツパーラー」だ。私が東京に来た20うん年前からスクランブル交差点の先にある店だ。ここでakiさんはチョコパ…といいたいのを我慢してメロンソーダを、私は白玉クリームあんみつをオーダー。濃いめキャラの客が多いのと、場末のキャバレーにいてもおかしくない雰囲気を持ち合わせたふたりのボーイにはちょっと驚いたけど、渋めに渋谷のお茶を満喫したのだった。akiさん、ごっつあんでした。
関連記事

| 未分類 | 11:20 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ゲゲ、

今日の私の日記、ちょっと逆なでよ。

センター街近くだと、随分前ですが、珈琲共和国が好きでした。

なおニンさん、コーヒーってあまり漢字に変換しないでしょ。
こうひいって入れたり、こおひいってやったりしちゃった。
こーひーで良かったのに。

| 工力 | 2004/10/15 13:09 | URL | >> EDIT

Re:ゲゲ、(10/15)

工力さん
こんち!
>今日の私の日記、ちょっと逆なでよ。

だはーっ。
あの露出ムスメは北海道育ちだったのかぁぁ~?
…じゃないと思います、はい。どう見ても単なる目立ちたがり屋でしたね。顔もケバかったですし。決して顔立ちがはっきりした北海道育ちの寒がらない人々を攻撃しているわけじゃありませんのであしからず。


>センター街近くだと、随分前ですが、珈琲共和国が好きでした。

こげ茶に白文字の看板じゃなかったっけ。んでコーヒー豆がイラストで描いてあったような…、んー、確かみたような。聞いたような。
そういえばセンター街の先の左側に「門」っていうバーがあったんだけど、あれはまだあるのかな。ずいぶん行かないうちに何年か前にリニューアルしてしまったところまでは知ってるんだが。


>なおニンさん、コーヒーってあまり漢字に変換しないでしょ。
>こうひいって入れたり、こおひいってやったりしちゃった。
>こーひーで良かったのに。
非常にわかりますな、その発想。まさか音引きが漢字になるとは思わないものね。
-----

| なおニン | 2004/10/15 13:43 | URL | >> EDIT

貴女、尻尾踏んじゃったわね!

>こげ茶に白文字の看板じゃなかったっけ。んでコーヒー豆がイラストで描いてあったような…、んー、確かみたような。聞いたような。

そう多分あってる。入り口の所にある店。

>そういえばセンター街の先の左側に「門」っていうバーがあったんだけど、あれはまだあるのかな。ずいぶん行かないうちに何年か前にリニューアルしてしまったところまでは知ってるんだが。

きました!
門は、私が好きだった甲斐バンドの甲斐さんが、無名時代から通っていた店で、古いカウンターには彼が残した落書きがあるという伝説も。
古い店時代は通っていたの。
高齢のご主人とその息子さん兄弟がやってたんです。
古くて、床が傾いたような感じだったけど、気取らない格式みたいなのがあって、いい店だった。
もっともカクテルなんて、一口で飲み干しちゃう方だったから、気取って飲むのに一苦労。
でもブルームーンとか、お気に入りのカクテルを見つけたのもこの店。
数年前彼氏を連れて行ったのね。新しくなってるって知らなかったから、こうこうこういう店なんだよって散々説明してやったのに、全く違う店になってしまってがっかり。
そこらのジガーバーよりカジュアルでした。

>非常にわかりますな、その発想。まさか音引きが漢字になるとは思わないものね。

こういう時よねー、自分が思っているより非常識なんだなって自覚するのは。
-----

| 工力 | 2004/10/15 13:59 | URL | >> EDIT

Re:貴女、尻尾踏んじゃったわね!(10/15)

訂正

さん兄弟→三兄弟
です。

| 工力 | 2004/10/15 14:00 | URL | >> EDIT

Re[1]:貴女、尻尾踏んじゃったわね!(10/15)

工力さん

そうですね。矍鑠としたマスターがいましたね。東京に引っ越してきたばっかりのときに、当時の彼氏に連れて行ってもらって、東京にもこんなに古くて安いバーがあるだなぁと思ったものです。昔の雰囲気を楽しみにいったんじゃ、あの変わり様にびっつりしちゃいますね。

| なおニン | 2004/10/15 17:28 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1083-288499c2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>