FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ステーションホテル雑感 「今日の出来事(972452)」

母のリクエストで、いつ振りかわからないくらい久しぶりに自由が丘へ。
かつて家族で大田区の南雪が谷で暮らしていた頃、自転車アクセス圏内だった自由が丘は、家族や友人との憩いのスポットだったのだ。今日は母が上京するたびに必ず足を運ぶ自由が丘デパート内の生地屋さんへ。ここは輸入ものの高級服地のお買い得品が多く、高級ブランドで使用している生地が手に入ることもある。自宅で洋裁を教えている母の昔からの御用達の店なのだ。
そうしてランチは、シャンソンの響きに誘われるように入った路地裏の状元樓。古き良き上海の邸宅をイメージしたという店内は実に広々と贅沢にテーブルがレイアウトされ、白壁にアンティーク家具が映えるアジアンシックなインテリア。暇をもてあました奥様方で大盛況なのが、入り口の傘の数で見て取れる。1,260円のランチは、母と弟の3人で麺飯類をとりわけ、とてもおいしくいただいた。五目あんかけの土鍋飯やら、ごまだれ風味の翡翠冷麺、チャーシュー入り辛みネギそばなど、いずれもお味は本格的。食欲旺盛な弟は別にして、‘おいしいものをちょっとずつ’が好きな母と私には大正解なランチだった。
それからこれも母の希望で、銀座松屋7階のデザインギャラリーと伊東屋へより、本日のお宿、東京ステーションホテルへ。3階建てにリノベーションが予定されているここは、恐らくはこれが泊まり納め。申し訳程度のロビーにはびっくりしたけど、赤絨毯や雰囲気のあるシャンデリアは100年近い歴史を彷彿とさせるし、シンプルなお部屋は窓際が高く吹き抜けていて長さのある臙脂色のカーテンがムーディーだったりする。

しかしいつまで降り続くのかなぁ、この雨は。まさに秋の長雨だ。
関連記事

| 未分類 | 11:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

私にはない家族の旧交です。

ステーションホテルは、随分前友人が結婚式をした宿で、スイートに一緒について行きましたが、結婚仕様になっていたのか、バスケットのフルーツとか素敵なおもてなしがありました。
高層を売りにできない分、歴史や格式で勝負なのでしょう。
いい所に泊まりましたね。

| 工力 | 2004/10/05 12:47 | URL | >> EDIT

Re:こんにちは(10/04)

工力さん
こんにちわー。
今朝東京駅からバスで箱根に向かうという母の予定の都合によるチョイスでしたが、泊まっておいてよかったですね。何万人という乗降客で賑わう東京駅の一角にひっそりと佇んでいるという感覚は、他では味わえないちょっと不思議な感じでしたよ。

| なおニン | 2004/10/05 13:42 | URL | >> EDIT

Re:ステーションホテル雑感(10/04)

「状元樓」はずっと気になってて、店の前をウロウロして、でもまだお邪魔してない店。天蓋のある部屋なんかがあるそう。ボクも行ってみまーーす。

| まさぴ。 | 2004/10/05 19:14 | URL | >> EDIT

Re[1]:ステーションホテル雑感(10/04)

まさぴ。さん
どもです。状元樓はマネージャーらしき気の利く男性店員の接客が気持ちよかったですね。若い女の子たちは急須のふたを裏向けておいても、ジャスミンティーのお代わり催促と気づかないバカちんでしたけど。お味はまぁまぁ、雰囲気上々って感じです。ぜひ女性同伴でね。

| なおニン | 2004/10/05 19:22 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1072-325b353c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>