FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

フルーツ村キャンプ場へ 「キャンプを楽しむ方法(14173)」

土日を使って千葉県君津のフルーツ村キャンプ場へ出かけた。キャンプを本格的に始めて約3年目。今年は仕事による忙殺が祟って、なんとこれが第1回だ。下手をすると今シーズンはこの1回っきりになるかもしれない。連休なんだから2泊すればいいものを、これがまたもろもろと参加者の都合があって結局慌しい1泊に。でもあちこち出かけたキャンプ場の中でも、ここは四方を深い緑に囲まれていてカヌーができる川もあるなど、手付かずの自然が残っている。毬栗がたくさん落ちている去年と同じサイトを予約して、船橋から3時間足らずで到着した。
実家から戻って二日を置いてのキャンプ、しかもなんだか精神的にも気だるいモードの私はやや低いテンションに終始。それでも大分で買ってきた麺を使った「だご汁」やら、今回初メニューに取り入れた山芋の炭火焼きやら、日が暮れる前から延々と飲んで食べての宴が続く。虫の声、フクロウの声、薪のはぜる音、そして早々と寝てしまったakiさんの不思議なリズムのいびき…、いろんな音をBGMにぼそぼそと続く会話に思わず転寝。やっぱりどこか疲れが溜まっている感が否めない。
それにしてもすごい暑さである。多少なりとも標高があるはずなのに、用意してきた長袖シャツを羽織ることもなかった。まだまだ快適なキャンプには早かったのかも。

ところでこのフルーツ村キャンプ場。トイレや炊事場などはお世辞にもきれいとはいえない。サイトや周囲の環境にもあまり手が加えられていない。つまりある程度キャンプ慣れしている人たちがやってくるキャンプ場といえるわけで、ほとんどの客が子供連れなのに非常にマナーがいい。大声で泣き叫ぶ子や、人の迷惑顧みず暴れる子などを見かけることもなく、それどころか設営も料理も家族みんなで協力しながらやっているサイトばかり。みなさんよくわかってらっしゃる。混んでいた割りにとても快適な夜が更けていった。
関連記事

| 未分類 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1056-8b1fcca2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>