FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

伝説も物語る過酷なマラソン 「☆アテネ五輪☆(4359)」

昨夜、普段ならぼちぼち床につく時刻から始まった女子マラソン。結果が見えてきたら寝ようと思っていたけれど、25キロあたりからスパートをかけた日本期待の野口は後半徐々に顎が上がり、2位のヌデレバにわずかずつながら差を詰められ、途中で眠りにつくわけにはいかない展開に。前半はうとうとしていたものの、アフリカ勢の底力でトラックで抜かれるんじゃないか?という最悪のシナリオが頭に浮かび始める終盤にはすっかり目が冴えて、野口のゴールシーンまで布団の上に起きあがってじっくりと見入ってしまったのだった。

まさにマラソン発祥の伝説通り、マラトンからアテネを目指したこのレース。「マラトンの戦い」での勝利をアテネ市民に伝えるべく走った伝令の使者は、その使命を果たして絶命し、それがマラソン競技の起源とされていることは有名な話。実はこの伝説の中でも、使者が走ったのは8月だったであろうとされている。アテネにたどりついた途端に命を落とすほどの過酷な道のりは、昨日のレース展開そのものではなかったか。
スタート時点で気温35度。平坦な道がほとんどなくアップダウンに揺さぶられるまさにデッドレース。終わってみれば世界最強と言われたラドクリフを含む十数名のリタイアがでる過酷を極めるレースだった。レースまでの野口を伝えるドキュメンタリーでは、中国の高地で想像を絶するトレーニングをこなす野口の様子が伝えられ、悲鳴のような荒い息をあげながら激走する彼女の姿があったけど、昨日の彼女の走りはそのトレーニングでの限界を思わせる渾身の走りとまさに重なって見えた。最後まで力を抜くことなく走り続けることが、どんなにすごいことだったかは、ゴール後に脱水症状で倒れてしまった様が物語っている。

そんなわけで今日は眠い週明け。
いつも文庫本に集中する通勤電車でも、途中から眠気に襲われうとうとしてしまった。嘘のように涼しい風にも拍子抜けだし、今日はなんだかちょっと調子が狂いそうだ。
関連記事

| 未分類 | 11:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

マラソン観戦、同じ状態でした。

アニマル浜口は、観客席にもマイクが入っていたので笑いました。

今回は、家族の話題が多いですよね。親子鷹復活。
女子レスリングで代表に漏れてしまった山本姉妹の妹聖子選手は、インタビューに「父をオリンピックに連れていけなくて、私って本当に親不孝です」と言ってました。敗戦直後にそんな事言う子がいる?って驚きましたよ。
家族崩壊などと言われますが、まだまだ健在ですね。

| 工力 | 2004/08/23 13:27 | URL | >> EDIT

Re:マラソン観戦、同じ状態でした。(08/23)

工力さん
>アニマル浜口は、観客席にもマイクが入っていたので笑いました。

「焦るなぁ~!焦るな~~~っ」っと、絶叫されておいででした。

>家族崩壊などと言われますが、まだまだ健在ですね。

スポーツに向かうひたむきさが家族をひとつにするんでしょうか。捨てたもんじゃありませんな。

| なおニン | 2004/08/23 14:01 | URL | >> EDIT

社員即死率

うちの会社はスポギアメーカーだけに、
社員の大半が睡魔と闘い即死状態です。
だから、逆に済トロン目をしてないと
業界における積極性が足りないともみなされます。

| シュルケン | 2004/08/25 12:14 | URL | >> EDIT

Re:社員即死率(08/23)

シュルケンさん
>うちの会社はスポギアメーカーだけに、
>社員の大半が睡魔と闘い即死状態です。
>だから、逆に済トロン目をしてないと
>業界における積極性が足りないともみなされます。

ものすごく直接的に関係があるわけじゃないけど、でも見ないわけにはいかない微妙なスタンスだと、見る方も大変ですね。でもそんな沙汰ももうじきおわりです。ちょっと寂しいですね。

| なおニン | 2004/08/25 12:18 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://naoneok.blog.fc2.com/tb.php/1030-933c88aa

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>