FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2011-12- | ARCHIVE-SELECT | 2012-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

元旦のお約束

あけましておめでとうございます。今年はいい一年でありますように。



さて。
年齢からすればもうウン十回迎えている暮れ正月です。
都度新たな気持ちになれるのは、親から教えらえたお正月ならではのしきたりをできる限り守って過ごしているからかもしれないと気づいたのは、最近のことです。

平凡なサラリーマン家庭だった我が家は、主に母がそのまた母から教えられたいくつかのしきたりを毎年お正月のたびに繰り返してきました。
その中からワタシが意識して引き継いでいるのは新しいものを使い始めること。

肌着、お箸、歯ブラシ。

この3つは、元旦におろして使い始めます。
たったそれだけのことですが、新たな気持ちになれてちょっといいですよ。


ちなみに、実家でお正月を過ごすときは元旦の食事に作法があります。
朝食、すなわちお節をいただく前に歳の若い順から杯を回してお屠蘇をいただきますが、飲み干した後におめでとうの挨拶をして抱負を述べてから次へと回します。
子供のころからお屠蘇はいただいてました。口をつけるだけでいいと言われましたが、杯にほんの少しだけ注がれたお屠蘇を飲み干すと父が苦笑いをして楽しそうな表情になることを知っていたし、さらにはその後父からお年玉がもらえるわけですから子供ながらにテンションの上がるひとときだったわけです。

こんなお正月ならではの過ごし方はどこの家庭にもあるのでしょうが、親から子へと受け継いで、いつまでも続いていって欲しいものです。
クリスマスやハロウィンには決してない日本ならではのいい風習は、背筋の伸びる清々しい気持ちになれます。


今年もどうぞよろしくお願いします。


スポンサーサイト



| 未分類 | 14:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

謹賀新年 「★つ・ぶ・や・き★(1280097)」

どうか穏やかな一年になりますようにと
祈らずにはいられない年明けの朝は
昨夜のお酒がいくらかたたって
やや遅めのスタートになった。




実家に帰省しない暮れからお正月は
いつも代わり映えなく過ぎていくのだけれど、
昨夜は生まれて初めて行く帝釈天へ詣でてきた。

6時にもならない頃だったので人もまばらで
のんびりと写真も撮れて。

初詣

名前でしか知らなかった帝釈天。
想像さえしなかったその山門や社殿は実に美しく
去年行った日光東照宮の造りを彷彿とさせる
荘厳さがあった。


途中に信号がある長い参道。
初詣
少し賑やかな日にまた来てみたい。



近年は晦日のそんなに遅くない時間帯に
初詣にいくことが多い。
年々人混みが苦手になっているからだろうか。

仕事始めには新橋の烏森神社へも参って、
宝くじの当選チェックはその後にしようかな。
もう少し、ワクワクを味わっておこ。




今年もまたどうぞごひいきに。

| 未分類 | 12:37 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |