FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2011-11- | ARCHIVE-SELECT | 2012-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

タイムスリップ

先日、松本の温泉へ行った折、宿のトイレの壁にこんなシールが貼ってあって、目が釘付けになりました。40才以上の方ならひょとすると見覚えがあるのではないでしょうか。



ワタシが中学2年で札幌へ引っ越すまでの数年を暮らした福岡の公団団地は、今思えばもう洋式トイレでした。
今の新橋のオフィスが、ワタシが入社した7年ほど前はまだ和式便器だったことを思うと画期的なことです。

福岡の当時は恐らく、洋式トイレが普及してまだ日が浅かったからでしょう、この手のシールがトイレに貼ってありました。どうやって使用するかがとっさにわからず、便座の上に後ろ向きでしゃがんだお年寄りがいたという話は今となってはお笑いネタにもなりませんが、当時はよく聞いた話です。

そんなこんなで、もはや赤ちゃんでも間違わない洋式トイレの使い方を啓蒙するこのシールは今となってはお宝です。日本のトイレの歴史を語る上で欠かせない小道具といってもいいでしょう。
あまりの懐かしさに、トイレに座ったまましばし見入って、ご丁寧に弟に写メしてしまいました。「懐かしくない?」って。

「大便及び女子小用」
この表現を捻り出すために、TOTOさんは相当悩んだんじゃあないでしょうか。そもそも「大」と「小」で区別した日本のトイレ文化を、まずはスゴいと言わざるを得ないのかもしれませんが。
だって、なんであっちが「大」でこっちが「小」なんでしょう?かかる時間?流す水の量?手間?
「固」と「液」とか、「前」と「後」なんかよりもシンプルだったからなんでしょうか。あるいはどうあっても「便」を使いたくはなかったのかもしれません。「便座」って書いちゃってるんだから別にいいんじゃないかと思いますが。

ちなみにお隣の国、中国では、トイレタイムはコミュニケーションタイムのひとつだったようで、今なお仕切りがない空間に、ずらっと便器だけが並んでいるトイレがあるようです。小じゃなく、大の便器がです。しかも腰掛け式ではなく、またいでしゃがむ式のがです。想像しただけで鼻が不快になりそいうですが、ほんの隣の国でそんなひとときを楽しむ文化が育っていたなんて、申し訳ないけれど笑うことすらできません。やぁ!調子はどうだい?とかいいながら出せるもんなんでしょうか。

話があらぬ方向へいきそうなので今日はこのあたりで。

「大便及び女子小用」だと、「女子」が「大」と一緒くたにされてるようでいつもどこか納得できない気持ちを心の底に抱えながらこのシールを眺めていた…、そんな小中学生時代の記憶が蘇った温泉旅行でした。

…って、無理くりな納め方で恐縮です。



スポンサーサイト



| 未分類 | 13:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

決心から今日まで 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

ふと振り返りたくなって、
中免取得の決心をカミングアウトした日のエントリへ飛んでみた。

なんのかんのと鬱陶しいほど自分を叱咤激励していて
正直恥ずかし。

オフィスでも広まっていたようで(記憶なし)
バイク通勤の連中が冷やかし半分声をかけてきて
跨がらせてくれたりタンデムで走ってくれたり


入学申込の日には、初めてなおさんの店に行っていて、
そこでその後何度か顔を合わせることになる
ダブロク乗りの先輩女性に遭遇してホレボレして、
「最終型が見えた」とか言っちゃってる。

結果的にダブロくが最終型ではなっくなったけれど、
免許を取る前からそんな想いを持ち続けてたなんて
意外とブレてないじゃないか、ワタシ。

しかしこの鼻息の荒さはスゴいとしか言いようがない。
松岡修造並みに熱い。

そうして残暑の中での壮絶に過ぎる教習

とうとうノイローゼかと、我ながら笑える時期も。

挙げ句に急制動お約束のパフォーマンスもやり遂げて。

しかし長く辛く痛かった日々もやがては終わる

どうしてあそこまでへっぽこだったんだろうか。
いつも振り返るたび、不思議に思う。




それに比べれば、相変わらず痛い思いはしつつ、
卒検の日は半べそになるくらい緊張したものの
当然ながら全体的に余裕があった大型教習。



実は11月、12月と、
ワタシの拙い大型免許取得レポを参考にされたという方々から
メッセージを立て続けにいただいて。

同じ教習所で、同じ夢を描いた方々のお役に
少しでも立てたことがうれしかった。


ちなみに中免は、あまりに悲惨すぎてレポートにしていない。



| バイク | 12:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |