FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2011-11- | ARCHIVE-SELECT | 2012-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

噂のハンドブック 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

Kのライダーズハンドブックを、寝る前にぼちぼちと読み始めた。
ハンドブック

英語版は中の画像こそモノクロだけれど、
インデックスの耳が型抜きされた扉ページやイラストは
ブランドカラーのブルーが使われていてしっかりと作られている。

一方の日本語版は、英語版をコピーしてお金をかけずに
作っときました的な作り。
画像も滅法見にくいので、英語版を照らし合わさないと
きちんと判読できない。
紙質もぜんぜん違う。
日本語版

仕方ないことなんだけど。


でもこのマニュアル、日本語訳が結構いい感じ。
例えば、
「コーナーを回っている途中でブレーキをかけなければならないとすれば、
あなたの判断がひどく狂っていたことになります」

こういう仮説に基づいた英語表現骨頂のオンパレード。


「多くの週末ドライバー達は道路のすぐ近くに車を駐車させ、
時には不注意な後退をします。ーすぐ後ろから高速の
モーターサークルが接近しているというのに。
だからいつでも疑いの目で彼らを見ることは非常に大切です」

この手の表現も訳文ならでは。
まぁ私も週末ライダーなんだけど。
でも“疑いの目”でみることは確かに大事。
信じらんない!と、私は走りながらよく叫んでるから。


「多くのモーターサイクルのオーナーは、
きらめくほどきれいに手入れしたモーターサイクルは、
ほんの2~3分間駐車しただけであらゆる年代の人々を
その回りに集め、感心させるものだということを
良く知っています」

ばっちい状態で乗るくらいなら乗らないほうがいいと思うし、
人目よりも自分が気持ちいいからキレイにするわけで。
ナンシーの質問に付き合うのも得意じゃないし。
でもこの“きらめくほどきれいに”ってところがツボ。
原文は単なる“clean motorcycle”なんだけど。
WOOさんに比べてクロムメッキ部分が劇的に減ったKだけど
磨きまっせ、これからも。



「小修理ー自分でできること。
たびたび必要になるわけではありませんが、
いつも持っているべきものがあります。
工具キットがそれです」

こういう表現はまず国産のマニュアルには出てくるまい。

アメックスとかiPhoneのCMを思わせるようなトンマナが
随所にでてきて。
オーナーは乗りこなす前から気持ちよくなってしまう。

今までまともに読んだことがなかった
バイクのマニュアルだけれども、
これは読んでておもしろい。

あまり手にしているとぼろぼろになりそうなのが
とても心配。


スポンサーサイト



| バイク | 11:52 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |