なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2011-11- | ARCHIVE-SELECT | 2012-01- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

必見バイク動画と岬リスタート 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

Youtubeは見ても、ニコ動を今までまともに見たことがなくて、
ワタシの中ではどこか怪しい動画サイトという印象で
位置づけられてたんだけれど。

ここのニュースソースとしては
ダントツに割合が高いmaniさんちで
ニコ動動画2011年度No.1にバイク動画が輝いたと知る。


とりあえずは、大掃除の手を止めて
この6分の大作をニコ動に行って見てきて欲しい。



出だしはよくあるツーリングシーン。
が、高速から市街地、そして山間へと入ったころから
バイクのいたるところに設置されたカメラからのカットに
次々と切り替わる。

そして圧巻はSLとの並走シーン。
これのアングルもひとつやふたつじゃない。
山口国体の折りに黄色にしたという
特有の黄色いガードレールも見える。

一日一往復のこのJR山口線の貴婦人「C57 1」に
タイミングを合わせて
用意周到で臨んだであろうこの作品は
SL登場シーンから流れ始めるあのBGMの効果もあってか
思いがけずもほのぼのとした感動が心に滲みていくのだ。

踏切のカンカン音がBGMのリズムと同じだったり、
SLとCBR1000RRの間にサギまで
ハタハタとフレームインするあたりも
しっかと味わってほしい。


いったい何台のカメラを持っているのか、
いったい何度ロケハンしたのか、
そんなことも気になるけれど、
心底バイクで走ることを楽しんでいる気持ちが
なにより心を打つのだ。



ギャラリーの書き込みが鬱陶しい方はYoutubeで。
でも何度も繰り返し見ているうちに、
「酔った」とか「バイクっていーなー」「免許欲しいな」なんてのもあり、
なかなかおもしろかったりもする。




それから。
ご報告し忘れていたことがひとつ。

今年の始めに焼失した金谷の「岬」が
先週正式に再オープン。
私が行ったときもすでに
あのおいしい珈琲は飲めたんだけれど、
工事中だったトイレ棟が出来上がったところで
本格的なリスタートとなったよう。

いろいろな方々にステッカーを購入いただいたカンパと、
またあそこでと願うみなさんの想いが
意外にも早いオープンに繋がったことはいうまでもなく。

想いがかたちになることのすばらしさを
また感じることができた岬再建プロジェクト。

中心になって活動した単二さんmaniさんの情熱に拍手。

スポンサーサイト

| バイク | 15:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

明日は納会

もういつ寝るとお正月…。あの歌は暮のいつ頃作られた歌なんでしょうね。楽しかったクリスマスが終わって、凧揚げや駒まわしに興じるお正月を指折り数えながら待ってる…、まさに今頃なんじゃないでしょうか…。




年賀状も出し終えて忘年会はあとひとつを残すころとなって、おせち料理の準備はいったいいつできるんだい?といった問題はありつつなんとか今年も無事に納まりそうです。

この時期になると、風邪を引いたりケガをしたりする仲間が毎年必ずひとりやふたりはいるので、今年はいったいだれがいつ?なんてことを考えなくもありませんが、自分でやっちゃわないように最後まで気を抜かずにいなくては。


今年は吉凶いろいろなことがあった一年でした。うれしい出来事のほうが圧倒的に少なかったけれど近年ますますその傾向が強くなっているような気もします。

何があっても折れない心とその心を支えてくれる仲間だけは、この先もずっと大切にしていかなくちゃと思います。

震災以降、未だ連絡が取れない仙台のナッちゃんさん。
どうか年賀状の返事が来ますようにと、祈るような気持ちで待ってみます。


| 未分類 | 14:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

BMWといえばRなのね

忘年会やら年末の挨拶やらで、友人や知り合いに
近況を聞かれることが続いている。

バイクのことが多少なりともわかる人には
乗り換えたことを伝えるんだけれど
その反応がいろいろでおもしろい。



単純に「乗り換えた」と最初はいうので
「おっきいのに?」
「なにに?」
「国産?」
「どんなの?」といろいろな反応。



「どんなの?」と尋ねられるのが
もっとも端的に答えを返すことができるんだけど、
「おっきいのに?」にまともに
「おっきくないよ750」なんて答えてしまうと
「ぜんぜんおっきいじゃん。足届くの?」などと続くので
やりとりが長くなってしまう。



BMWのバイクに対するイメージも、
彼らの反応からひとつの特長がみえてくる。
そんなのあったんだー的な。

「エンジンがヨコにでっぱってるやつでしょ?」
「ボクサーエンジンでしょ?」

K75だと言ってもみなイメージするのはR。
いかにK75の知名度が低いかがよくわかる。



でも。
86年製と言ってもオンボロだというイメージを持たれないのは
さすがかもしれない。

乗ってる本人が一番意外性を感じてるんだけど。




ところで。
先日在庫切れだったブリーザーホースは別の海外サイトでオーダー。
他の消耗品含め、受注確認メールが届いてひと安心なんだけど、
いついつ送りますよなんて連絡をするホスピタリティは彼らにはなくて、
発送がいつになるやらもう送ったのやらまったく不明。

箱を開けて取り付けてみるまで
なかなかにしてスリリングな日が続きそうだ。





| バイク | 14:14 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

欲しかったものは…

今日は、ダックテープなるものを買いに歩いて20分ほどのケイヨー○2へ。Kさんの次なるメンテに使うといいといわれたので、ウォーキングシューズをしっかり履いてテクテク行って参りました。


 暖かくて、事実何台ものバイクも見かけたけれど、ちょい乗りするほどまだKに馴染めてないのでいつも通りにつったかつったか早歩き。到着したケイヨー○2はすでに年末年始MDを求める客でごった返しておりました。

いきなり目に飛び込んだ鏡餅。あ、買わなきゃ。でも駅前でいいやとパス。次はレンジフードの汚れ防止カバー。探していたのでこれはカゴへ。窓に貼ると結露や防寒に効果があるとうたうどうみてもエアーキャップのアレンジ品もまんまとカゴへ。寝室が寒いんだもの。
こうして目につくものをどんどんカゴに入れてくパターンになっていくと、本来買う予定だったものを買い忘れるのがワタシの常。おしおしやっと自分がわかってきたわよ。しかしガムテのコーナー を3往復しても見つかりません、ダックテープ。うちにグレーしかなかったビニテの黒は今後も出番がありそうだからとりあえずカゴに入れて、あると便利だと聞いた自己融着テープもカゴへポン。マネキンのオネーサンに薦められてリビング用のLED電球もポン。毎年大晦日に取り替える歯ブラシも入れて。

お会計6,700円。


無駄なものは買ってませんがどこか無駄遣いしたような妙な気分。再びテクテクと家付近まで戻り、これもお正月に取り替えるお箸と玄関飾りを買いにLOFTヘ。ついでに食品も買いにいってしまえと駅ビルへ回って、結局出費は1万円越え。万歩計は7,500歩を示してました。

本来買いたかったものが買えなかったのにずいぶんな出費。年末年始はなんやかんやで諭吉さんに羽生えちゃいますが、そういうことは置いておいても今日はなんだか想定外のお買い物で散在した気分になってしまいました。財布のヒモを引き締めるモチベーション喚起になるので悪いことじゃあないけれど。

未だ正体すら垣間見えないダックテープ。手に入るのはいつのことやら。




| 未分類 | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

イブらしくないイブ

クリスマスイブってなんだっけ?と思うほど縁遠い一日。混むのがイヤなので買い物にもでかけず、台所の大掃除と窓磨きを終えて、後はケ・セラ・セラ。一週間後は大晦日だなんて信じらませんよね、毎年のことだけど。




最近、いらないものはなるべく捨ててしまえという精神が研ぎすまされてきているので、今日はかなり台所がすっきり。
レンジフードは手強いのでちょいと手抜きしたものの、その分流しとコンロを徹底的にきれいにして、古いフライパンやら破れかけたまま取っておいたざるやら塩がふいてしまった梅干しやら使い残したラー油やら、そんなものを流し台の下の開きから撤収して。冷蔵庫もちょっぴり残った塩蔵わかめにミニサイズの容器にこれもちょっぴり残ったマヨネーズ、開けたきりあまり使わずにいた焼き肉のタレにいつ使い残したかわからないドライトマト…、そんなものたちをえいやと捨てちゃいました。冷凍庫からは化石と化したシシャモとおそらくは夏に冷凍したと思われるセロリの葉が出土。セロリは炒め物にでもするとしてシシャモはさすがにパスですごめんなさい。
そこそこ開けっぱなしでもピーピー鳴かない冷蔵庫。掃除機を掛けるときに暖房を止めたきりだったので室温は8度でした。

ところでみなさんはどんな部屋着でオフを過ごしているのでしょう。今日のワタシはボトムは綿入りのシャリシャリパンツ、上はヒートテックにフリースジャケット。靴下ははかずすっぽりめのスリッパを履いています。暖房を付けずにいても、シャリパンのお陰かほぼ寒くありません。一昔前はよそ行きセーターのちょっとヤレたやつとか半纏とか着てましたけど、最近は機能的な衣料品が増えたお陰で薄着でも寒くなくなりました。ありがたい。

そういえば、寒くなると母が家で着物を着ていることがありました。このほうが暖かいのよなんて言って。学校から帰ってきて、朝とは違う割烹着姿の母にちょっとびっくりしたりしたけど、母もきっと私たちの反応を楽しんでいたに違いありません。だってワタシが母だったらきっと楽しむはずです、わらわらと忙しい年末のそんなプチサプライズを。

| 未分類 | 23:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ブリーザーホース修理

天皇誕生日。

崩御するまで代替わりができない天皇制度が、
近年切ない。

自分の両親と同い年であることを考えると、
公務のハードさは非常識にさえ思える。




さて。
先日からずっと気になっていたブリーザーホースの亀裂。
クランプに沿って、黒いゴムの部分にヒビのような亀裂がみえる。

ホースにヒビ

先輩方のアドバイスに従って応急処置することに。

難儀してホースを取り外してきれいにしてやってから
ヒビに接着剤を塗り込んでビニールテープで巻いてやる。

手を入れるのも大変なスペースゆえ、
外すのが大変なら、戻すのはもっと大変。
知恵とヒラメキで、しまいにはバターナイフまで使って
なんとかどうにか元へと戻す。
RIMG0343

もちろん人の手を借りずできたわけじゃなく。
でもまた少しKがかわいく思えてきた。


が。
応急処置を終えて、
BMのパーツが買えるイギリスの通販サイトに
ブリーザーホースをオーダーしたら
品切れのメールが30分も経たずに着信。

いつごろはいるの?と返信したけど、
お返事は“Ok!”。
通じなかったってこと?


日が暮れてふと外へでたら痛い寒さ。
クリスマス寒波に負けないように
みなさんもご自愛を。

| バイク | 21:29 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

宝くじ考

毎年裏切られ続けている年末ジャンボ宝くじ。去年はそれでも3000円が一枚当たったから、流れ的にはキテルかもなんだけど、それでももう買うもんかだまされるもんか酔った勢いでなんてとんでもない!と思ってここ数日を過ごしてきました。




今週は連日いろんな方にお声をかけていただいて結果連日雑魚という名の止まり木に腰掛けて仕事上がりのひとときを過ごしておりますが。幸いにも酔った勢いでラッキーセンターの列に並ぶ事態には陥っておりませんで。

今日さえクリアすればもう大丈夫!と思っていたのにどうしちゃったんでしょうか今日のワタシ。珍しく列ができていない窓口を目にした途端、まるで吸い寄せられるように2番窓口で買ってしまったのは今朝のこと。あーぁ、買ってしまった。



ところで宝くじを買ったあと、どんな心模様で過ごすのがよいのでしょうか。300円ぽっちの戻りにがっくしと肩を落とすことになったときのために、人は「どーせ当たりゃしない」と口にしがちです。当たるかもという大きな期待が裏切られた時の衝撃を和らげるかのように。でもシアワセってどちらかというと前向き、楽天的な人にやってくる傾向が強そうですから、であれば買ったからには当たることを夢見て、当たったらあれに使ってこう貯めてと考えながら抽選日を迎えた方がいいと思うんです。
いや、実はみな肚の中では当たる!と思っていて人前でだけ「本気で当たるとでも思ってるのかい?」と言っているんでしょうけど。

しかしです。
ワタシはもっと妙なことを考えてしまうんです。
当たるのはいいんだけど、1等はいやだな、と。そこで運を使い切っちゃうのはいやだなと思うんです。今まで何度も何かに守られ、運に導かれてここまで元気に行きてこられたはずで、その運を宝くじの1等に当たることで使い切っちゃったとしたらもう恐ろしくて二度とバイクになんて乗れません。
だから1000万以下のそこそこラッキーなくらいの当たり方でいいんじゃないかと思ってます。

そんなことだから3000円止まりなんでしょか。どうなんでしょか。

なんて、四の五の言ってもどーせ当たらない…ってほらね、やっぱり言っちゃうんですね、この台詞。

| 未分類 | 18:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

マイナス要因多め

ブログタイトルを変えたころからアクセス数が減少の一途。

オンナだてらにBMの旧車なんか乗っちゃ…買っちゃうと
いけ好かなく見えるのかしらんなんて思ってみたけど
今さら後戻りはできないのだから引き続きマイペースで進むのみ。



さてと。

ぼちぼちと年末モードで仕事も落ち着いてきたので
去年に引き続きカレンダーを作ってみた。

とりあえず縮小版でお試し出力。
自家製カレンダー

去年はA3を繋いだだけだったので、
今年は張り切って一発A2で出してみようか…、
クリプレ代わりに配っちゃおうかなんて思って
出力屋さんの料金表みてびっくり。

A2出力1枚1500円。

げーん。


欲しいと言ってくださってた方々、
今年もA3繋ぎ仕様でお許しくだされ。


景気のいい話、カモーン。

| どうなの? | 17:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

来年は休みが少ないらしい

某バイクお友達のエントリを読んで知ったんだけど、
来年は「二十数年に一度の『休日、祝祭日』の少ない年」だそう。

つまり休日や祝祭日が土日とバッティングしている確立が
高い年ということ。

年が明ける前からうんざりがっかり。
キャンプとかお泊まりツーには3連休が好適なのにな。

それに。
仕事に出掛ける日が多くなっちゃうと
その分有休取って休まなきゃバランス悪いしなんて
勝手な言い訳して休みたくなるだろうし、
そうすると有休をどかっと使わなきゃ行かれない北海道行きが
危うくなったりしなくもないわけでここは慎重にならねば。



でも。
まだお互いに腹の探り合いが続いているKさんと
再び海を越えられるんだろうかー。

10月には車検もあるのだぞぃ。

| バイク | 14:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ホントになおりん。

先週の土曜日は親友のり平を招いて久々の昼酒会を開催。解禁からひと月を過ぎちゃったノヴェーロと、朝から煮込んだ洋風煮込みなどつついて5時間ほど呑んだんですが、そのあと急激にカラダがだるなって参りました。ワタシ的には呑み過ぎレベルにはほど遠く、あれはいったいなんだったのかと今でも不思議なんですが…。




のり平が帰宅した7時くらいからソファで観るともなくテレビを観ていたのですが、肩やら腰やら脚やらがやけに痛だるくなりだして、ヨコにならないと辛い状態に。
それでもなんやかんやで23時頃まで起きていて、いつもと同じくらいの時間に就寝。翌朝気がついたら定位置から45度ほど回転して寝てました。カラダが痛くて何度も寝返りを打ったことは覚えているんですが、どんだけ寝苦しかったんだろうと思うと、自分のことなのにかわいそうになっちゃいました。

痛だるさは日曜も相変わらず。低周波治療器をほぼ一日中あちこちに貼付けて稼働させていたのですが変わりはなく、凝りなのかなんなのか得体の知れない症状にどんよりな土日を送り、月朝は枕ごと上にせり上がって敷き布団から落っこちた状態で目覚めました。そんな寝起きで仕事に行かなくちゃならないなんて、かわいそすぎですワタシ。

家をでてしばし、駅に着く前に肩が痛くて首をぐるぐる回さないではいられない状態。運良く前の席が空いて電車では座れたのですが、返って腰が痛くてじっとしていられません。Uターンしたい気分のまま、それでもやがて電車は新橋へと着いてしまい、ふと頭に浮かんだ薬を道すがらの薬局で買って出社。
1回1錠を1日3回のその薬をすぐ飲んで、ランチ時にもう一粒のんだらば…、15時からの打ち合わせはこの土日のだるさが夢だったんじゃないかと思えるほど復調してました。



大竹しのぶさんがCMやってたその薬。CMソングが耳についてて思い出しました。雑魚のマスターも以前「効いた」と言ってましたし。
「ナボリンでなおりん♪」
「なおりん」はすなわち「治りん」だとわざわざ言う必要もないですね。ちなみに小林製薬じゃありません、エーザイのもの。
揉んでもどうにもならない肩、腰の凝り、目の疲れにはいいようです。商品名は「ナボリンS」。


しかしまぁこんなもののお世話にならなきゃいけないなんて、ガッデムですワタシ。
思い返せば土曜の午前中に、ジョギングならぬハード目なウォーキングをしたんですが、それが原因だったんでしょうかっ。運動不足解消のためにやったのに裏目にでるなんてアホくさいったらありゃしません。
どうすりゃいいのさワタシと悩む日々であります。


| 未分類 | 13:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ドナドナ症候群

コンマリさんの影響だとは認めたくないんだけど。
3年トキメかなかったものは捨てるべし!とハッパをかけつつ
先週から家の中の片付けに余念がないワタシ。

先週は1つ。
昨日今日で合計4つのゴミ袋に収まる不要品をまとめて
それでもあまりモノが減ったふうじゃない我が家って
いったいどういうこと?と、大したさっぱり感も感じず…。

そんな中、今日は長年押し入れの奥で眠っていた
スキー用品を処分した。

無理だと思っていたスキーパンツが履けてちょっとゴキゲン。
ski
買ってからあまり着なかったはずのKillyのジャケットは
そうはいっても再利用のしようがないから潔く処分したけど、
スキーパンツはオーバーパンツの下に履いたら
暖かいんじゃない?ツーリングのとき…なんて思って捨てられず。

腕に付けるリフト券ホルダーからはリフト券が二枚…。
一緒に行った相手を思い出しつつ…感慨に浸る。
リフト券



午後は、先週うっちーが見つけてくれたブリーザーパイプの劣化を
どうしたもんかと眺める。
ホースにヒビ

外してみようにも、ネジを緩めてホースを引っ張るしか能がなく。
こういうのは、マイナスドライバーなんかを差し込んで
コジコジと外すのが常識らしい…。

前途多難が現実味を帯びてくる。
がんばれ、ワタシ。

| どうなの? | 18:57 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

渋滞情報もわかるGoogleMap 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

クラッチがキツいKさんになって
ますます渋滞はご免被りたいと思っていたら
maniさんちでナイスなニュース発見

交通情報がGoogleマップで見られるようになりました、と。

パソコンはもちろん、モバイルGoogleマップでも見られるので
走りながらは無理でも、ルート選択をするときにこれは便利。
眼前に広がる赤いテールランプの列にうんざりしながら
「あっちから行けばよかったーん」なんてことがなくなりそう。

さらにうれしいのは、
最新の道路状況を元にルートごとの所要時間まで表示してくれること。
どうアクセスすれば一番早く目的地へ行けるかがわかるなんて
ヘタなナビよりカシコイ。


上記Googleさんの記事の最後にはこんなことも書いてある。

「今年も残すところあと 3 週間、2012 年の足音が聞こえてきました。
今年お世話になった方々との忘年会にタクシーで駆けつけるとき、
年越しの準備のために郊外のスーパーへ出かけるとき、
年末年始に家族や友人と過ごすために帰省するときなど、
ぜひGoogle マップの交通状況をご活用下さい。」


事務的なリリースに留まらないこの親しみやすさが好き。
タクシーにも乗らないし買い物は徒歩だし帰省は電車と飛行機だから
ワタシが使うのはツーリングのときに限定されそうだけど、
来年はたんと使わせていただきますとも。



今年もお世話になりっぱなしのGoogle先生、ありがとでした。

| オススメ | 11:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

冬こそスベスベ

つり革の 潤い失せた手 懐へ。

オソマツ…。




ふととなりに並んだ若いお嬢さんの手と見比べて、小じわの多さにつり革から手を下ろしてポッケに入れたことがありますワタシ。もう抗いようのない中年ですからね、10歳鯖読めるとは言え。
特にこの季節は手間をひとつおろそかにするとてきめんに現れます、手やら顔やらカラダに乾燥のダメージが。

毎朝出社すると、いの一番に洗面所へ行ってうがい手洗いをしますが、このあと席に戻ってすぐにハンドクリームを塗るのが最近のおきまり。さもないと、すぐにカサカサとしてきます。

最近知ったんですが、ハンドクリームを塗る前に化粧水を塗るのがよいそうです…と、いかにも物知り顔で言ってはみましたが、顔に置き換えて考えてみれば簡単なはなし。洗顔後にいきなしクリームを塗る人なんかいませんからね。
ごくごく安いものでよいので、ぴしゃぴしゃっと手に塗って、それからクリームを塗るとびっくりするほどしっとりします。びっくりしっとり。韻も踏めていい感じ。

それを聞いた翌朝にデスクを探してみたら案の定ありました、2年ほど前に近場のドラッグストアのセールで買ったヘチマコロンが。これこれ!と封を切ってシューシューかけて、いつものハンドクリームを塗ってみると、しっとりのあとスッベスベに。見た目のちりめんじわは魔法じゃあるまいしそうそうすぐには取れませんが、これを励行すればいずれは少なくなるかもしれません。なにごとも継続は力なり。



あ、力をつけなきゃならないのはワタシの左手。新たにうちにやってきたバイクのクラッチがどう考えても女性向きには作られておらず、帰途は力が入らなくなりがち。
肌も筋力もまだまだラクさせるわけにはいかんっちゅうことなのです。

ちなみに肌の話だと思ってスルーしようとしている貴兄も多かろうが、男性だって同じこと。せめてお風呂上がりや洗顔後は、なにをおいても肌への潤いチャージを。毛穴の開きや乾燥、べたつきなどなどトラブルのほとんどは水分補給の手抜きから始まっていることをお忘れなきように。

| 未分類 | 13:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ありがとWOOさん 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

引き渡しを前に、今朝のWOOさん。
バイバイ


結構クルかな?と思った昨夜も、
切なくなったり感慨に浸ったりするわけでもなく
意外とドライな自分に、やっと年相応なオトナになれたと
満足しちゃうほどだったんだけど。

TWでお世話になっているというバイクやさんにタンデムして
ダブロクに跨がって手を振るマッチの姿を見送った途端、
まるで空気が抜けていくように気持ちがシナっとなった。



部屋に戻って珈琲を飲みがらソファでしばしぼんやり。

後悔はひとつもない。
むしろ願ったり叶ったりなカタチでのWOOさんとのお別れは
ありがたいばかり。

これからはKとがっぷり四つでいくしかなくなったことが
まだほんの少しだけ不安なだけ。


福岡の実家までの独り旅、そこからいつかはバイクでと願い続けた阿蘇へ、
そして念願の北海道へも一緒に旅したWOOさんとの想い出は、
SRから乗り換えて初めて走った日の感動といっしょに
いくら物忘れが激しくなっても、いつでも引っ張り出せそうな気がする。



まだまだ人生は続くのだ。
WOOさんも、ワタシも。

| バイク | 11:41 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

キニナルチャン

つり革につかまりながらぼんやりと視線を送ったその先に、今日もみてしまいましたこの顔を。






某マッコリのCMで初めてみたときは、かわいいなと思いました正直なはなし。ワタシもかつてはキムタクが気になった面食いですし。

でもその後いろんなメデイァで垣間みた(もちろん偶々)語りっぷりスカシっぷりが、むしろ最近は鼻に付きすぎて返って気になるようになっちゃいました。

挙げ句がこの、「チャン・グン息」。どうしても毎朝目がいくんです、この窓ヨコとかドア上の車内広告。そこそこインパクトのあるCMを立て続けに打ってきたACUOにしてはおとなしめな印象ですが、しかしコピーのいじり様は小林製薬と同系のクリエイティブセンスを感じてしまいます。「ソク」繋がりで抜擢したんでしょうか、それともキムチ臭さも消せまっせなイメージ?まさか。

韓流スターに黄色い声を上げて現地まで押し掛けるおばさま軍団が話題に上ってから、早4、5年?いや、もっと経つんでしょうか。最近は歌とダンスと、完全に日本人のレベルを超えてしまった脚線美で目くらましを図るお嬢さん連中も参入して、相も変わらず韓国に骨抜きされております、この国は。
食文化は中国以上に好みだし、魅力的な国だとは思うけど、がしかし国策とも言われる韓流タレントの日本流入と、それにまんまと絡めとられている一部の方々には、空恐ろしいものを感じてしまいます。

サムギョプサルがまた食べたいなぁとか思ってるワタシは本当にかわいいもんだわ。





| 未分類 | 16:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バイクが変わると… 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

エキパイからサイレンサー、前後フェンダー、ハンドル、グラブバー、
大型バンパーと、車体の相当な部分をクロムメッキが占めていたダブロク。

手入れに使うケミカルのうち、ネバダル、クロームポリッシュ、ピカールと
3種類はメッキ磨きで、タンクにはプレクサス。
フレームは埃を払ってマイクロファイバーの布で拭くくらいだったから
なにしろ手入れはメッキ磨きに終始していた。


そんなダブロクに代わってやってきた…というか連れてきたKはというと
メッキ部分はほとんどない。
マフラーはステンレスだし、カウルもフェンダーもカラー塗装。

当然新調が必要なケミカルを、わらわらと調べちう。
おすすめがあればぜひぜひ教えてたもれ。



「バイクが変わるということも変わるねぇ」
Kに乗ったその日にそう言われたけど、
ウエアも替えた方がいいなんて言われてる。

電熱ジャケットを下に着るとビバンダムもまっさおな様になるので
真冬は着れなくなった革ジャンと、
身内に酷評されているデグナーのナイロンジャケットが現状。

ショート丈よりも、長めのヨーロピアンがもともと好きなんだが。
K75にはいったいどんなタイプが合うんだい?






| バイク | 15:28 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Kで岬へ 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

今日はKの、ではなくワタシの“慣らし”に、
Kの兄貴と従兄弟と共に
行きなれた富津岬まで行ってきた。




水上から買って帰ってきて以来、まともに乗るのは2度目。

うちをでてからの道中をシミュレーションしながら
例によって前夜からドキドキで。

出掛けは足付きは相変わらずよくない…というか
よくなるはずがないんだけれど、
でも乗っているうちに不思議と慣れてくる。



今日のメンツは、Kさんの兄貴分、K100RSのうっちーさんと
Kさんの従兄弟分、R100RSのboxerさん。
1980年代、90年代生まれが3台揃うとなかなか壮観だったりする。

そもそもK75Sと引き合わせてくれたいわば仲人のうっちーさん、
新潟からはるばるやってきたKさんに乗ってみたくて仕方ない。

ので。
京葉道路の市原SAでバイクチェンジ。
うっちーさんがK75Sに、boxerさんがK100RSに、
そしてワタシがR100RSに乗り換えた。

以前はポジションやパワーの違いにおたおたしていたRだけど、
Kにたったあれだけ乗っただけで、コワくなくなってた。
こういう“慣れ”はウェルカム。



それにしても。
Kさんのトップギアからのパワフルな加速感には舌を巻くばかり。
ハンドルも軽し、もっと慣れれば意のままに動いてくれそう。

ただ、いいことかりじゃない。
なぜだか巡航中腕がだるてハンドルからおろしたくなる。
しかも左だけ。
不思議なことに、うっちーもまったく同様な症状を感じるらしく、
これはKの旧車に付いて回る宿命なの?

他に、ローダウンしている分だけ膝の曲げがキツいので
痛くなる。
どこまでも走れそうな快感を感じられるのは
すべてにもう少し慣れてからかな。



さて、取り替えっこしながら富津岬について。
たかはしでお約束のあさり飯をいただいて。

もう完全なる“再建”も間近なまで
足を延ばす。

久しぶりに節子さんのおいしい珈琲をいただいて
早々と傾きかけた太陽と、遠目にみえる富士山を愛でる。
IMG_0795


肝心なお店をちゃんと撮ってこなかった。
なにやってるんでしょ。


Kさんは、初めて右側の表情を押さえる。
IMG_0786


まだまだ写真をのんびり撮る余裕なし。



とりあえず無事な“慣らし”だった。



Kさんとの初ツー 202.5キロ

| ツーリング | 14:38 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新相棒お披露目 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

思ってもみなかったことが起きると
それがどんなにいいお話であったとしても
悩み竦み立ち止まり逡巡するワタシ。

once in a blue moon.
滅多に起きないこと、とても稀なことを意味するこのフレーズが
ここ何週間か頭の中を飛び交った。



今回のワタシのバイク乗り換えの話のきっかけは
K乗りのうっちーさんからのこんなメール。

小柄な方仕様のバイク譲ります情報。ネィさんどう?

うっちーさんがよく覗きにいっている
BBSに書き込まれたコメントには、
ホントにこんな値段でいいの?と思わせるような
魅力的な内容が書かれていた。


新潟に暮らすオーナーさんと直接やり取りをしながら
その特性や扱いのコツを学ぶ。

乗りこなせるか、維持できるか、
諦めては悩みを数日繰り返して
何しろ実車を見に行くことに。

雨で順延になった後、
オーナーさんのご好意で水上で落ち合うことになり
この週末を使って対面してきた。


ワタシよりも2センチ大きいオーナーさんの身長に合わせて
施されたローダウン、
やや上げてかつ手前にカスタムされたハンドル、
オーリンズのサスペンション、インテグラルケース、
特注革製サイドケース、純正タンクバッグ、
一体型ETCなどなどの装備は事前にうかがっていたけれど、
一目見て驚いたのは各パーツの美しさ。

80年代後半に製造され5万5千キロ走ったバイクだと
思えば思うど、
オーナーさんの愛情を感じないではいられない。

試乗しれみれば、200キロを優に超える車体が
WOOさんよりもともすると軽く感じるような
扱いのよさといい、安定感といいしなやかさといい、
さすがとしかいいようがない。

結果、お持ち帰り。
覆面にさえ気づかないほど無我夢中で
関越道を疾走してきた。

新しい相棒

彼の名前はBMW K75S。
SRがシングル、W650がバーチカルツイン、
決して図った訳ではないけれど、
Kはトリプル。水冷DOHC水平直列3気筒。


不人気車との声もあるけれど、
ワタシは端正な顔立ちは好みだし、
高速巡航の安定感は抜群。
滑らかで路面に吸い付くような走りは感動的だった
新しい相棒


エンジンの特性上、
メインスタンドで保管しなくてはならないので
水上の道の駅でオーナーさんのご指導の元
特訓を受けてすでに完璧にした。

WOOさんのセンスタはとうとう立てられず仕舞いなのに。
できなきゃ買えないんだもの、必死だった。

遠いクラッチや、左右に分かれたウインカーなど
諸処今後の慣れや調整が必要な部分はあるけれど、
なにしろ走るべし、ということで。


新潟のH様、うっちーさん、このご縁に感謝です。


ちなみにWOOさんは売り出し続行中


Kさんとの初ランデブー 243キロ

| バイク | 14:37 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

タイムスリップ

先日、松本の温泉へ行った折、宿のトイレの壁にこんなシールが貼ってあって、目が釘付けになりました。40才以上の方ならひょとすると見覚えがあるのではないでしょうか。



ワタシが中学2年で札幌へ引っ越すまでの数年を暮らした福岡の公団団地は、今思えばもう洋式トイレでした。
今の新橋のオフィスが、ワタシが入社した7年ほど前はまだ和式便器だったことを思うと画期的なことです。

福岡の当時は恐らく、洋式トイレが普及してまだ日が浅かったからでしょう、この手のシールがトイレに貼ってありました。どうやって使用するかがとっさにわからず、便座の上に後ろ向きでしゃがんだお年寄りがいたという話は今となってはお笑いネタにもなりませんが、当時はよく聞いた話です。

そんなこんなで、もはや赤ちゃんでも間違わない洋式トイレの使い方を啓蒙するこのシールは今となってはお宝です。日本のトイレの歴史を語る上で欠かせない小道具といってもいいでしょう。
あまりの懐かしさに、トイレに座ったまましばし見入って、ご丁寧に弟に写メしてしまいました。「懐かしくない?」って。

「大便及び女子小用」
この表現を捻り出すために、TOTOさんは相当悩んだんじゃあないでしょうか。そもそも「大」と「小」で区別した日本のトイレ文化を、まずはスゴいと言わざるを得ないのかもしれませんが。
だって、なんであっちが「大」でこっちが「小」なんでしょう?かかる時間?流す水の量?手間?
「固」と「液」とか、「前」と「後」なんかよりもシンプルだったからなんでしょうか。あるいはどうあっても「便」を使いたくはなかったのかもしれません。「便座」って書いちゃってるんだから別にいいんじゃないかと思いますが。

ちなみにお隣の国、中国では、トイレタイムはコミュニケーションタイムのひとつだったようで、今なお仕切りがない空間に、ずらっと便器だけが並んでいるトイレがあるようです。小じゃなく、大の便器がです。しかも腰掛け式ではなく、またいでしゃがむ式のがです。想像しただけで鼻が不快になりそいうですが、ほんの隣の国でそんなひとときを楽しむ文化が育っていたなんて、申し訳ないけれど笑うことすらできません。やぁ!調子はどうだい?とかいいながら出せるもんなんでしょうか。

話があらぬ方向へいきそうなので今日はこのあたりで。

「大便及び女子小用」だと、「女子」が「大」と一緒くたにされてるようでいつもどこか納得できない気持ちを心の底に抱えながらこのシールを眺めていた…、そんな小中学生時代の記憶が蘇った温泉旅行でした。

…って、無理くりな納め方で恐縮です。



| 未分類 | 13:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

決心から今日まで 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

ふと振り返りたくなって、
中免取得の決心をカミングアウトした日のエントリへ飛んでみた。

なんのかんのと鬱陶しいほど自分を叱咤激励していて
正直恥ずかし。

オフィスでも広まっていたようで(記憶なし)
バイク通勤の連中が冷やかし半分声をかけてきて
跨がらせてくれたりタンデムで走ってくれたり


入学申込の日には、初めてなおさんの店に行っていて、
そこでその後何度か顔を合わせることになる
ダブロク乗りの先輩女性に遭遇してホレボレして、
「最終型が見えた」とか言っちゃってる。

結果的にダブロくが最終型ではなっくなったけれど、
免許を取る前からそんな想いを持ち続けてたなんて
意外とブレてないじゃないか、ワタシ。

しかしこの鼻息の荒さはスゴいとしか言いようがない。
松岡修造並みに熱い。

そうして残暑の中での壮絶に過ぎる教習

とうとうノイローゼかと、我ながら笑える時期も。

挙げ句に急制動お約束のパフォーマンスもやり遂げて。

しかし長く辛く痛かった日々もやがては終わる

どうしてあそこまでへっぽこだったんだろうか。
いつも振り返るたび、不思議に思う。




それに比べれば、相変わらず痛い思いはしつつ、
卒検の日は半べそになるくらい緊張したものの
当然ながら全体的に余裕があった大型教習。



実は11月、12月と、
ワタシの拙い大型免許取得レポを参考にされたという方々から
メッセージを立て続けにいただいて。

同じ教習所で、同じ夢を描いた方々のお役に
少しでも立てたことがうれしかった。


ちなみに中免は、あまりに悲惨すぎてレポートにしていない。



| バイク | 12:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

WOOさんメデタシ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

ほぼ1ヶ月前から始めたWOOさんの次のオーナーさんを捜し。

なかなか引き合いがなく、
いよいよ赤髭のあのお店に持ち込もうと電話を入れたのが土曜朝イチバン。
午後にでも行ってくるかと思いながら、
でもでも念のためと、ダメもとのメールをとある人に入れたらば…、
思いっきり検討中とのお返事をいただいた。

跨がってみる?ちなみに日曜は?

そんなメールをやりとりして、昨日はツーリング前にある人来宅。
1時間ほどもろもろ説明、乗ったり降りたりして商談成立。

めでたく今週中のお引き渡しが決まった。



ある人とは、TW乗りのマッチ。
一走一宴の宴会にも参加経験がある愛らしい女性。
ご主人ともども大型免許は持っているけれどまだデビュー前。

一昨年の夏ごろ、お互いバイクでとあるところで落ち合ったときに
ダブロクをえらく気に入ってくれたらしく。
それがきかっけで大型を取りにいったといういきさつもあって
灯台下暗しとはまさにこのこと。
ご主人にも乗っていただけるそうでこれもまた願ったり叶ったり。



WOOさんの引き渡しにあたって、
Kのオーナーさんからいただいた書類一式を真似て
同じものを昨夜用意。
これですんなり名義変更もいけるはず。


そんなわけで、
オーナーさん探しにご協力いただいたみなさん、
心より感謝です。

そしてなにより、すでにWOOさんにワクワクなマッチ、
いろんな想い出やら相応なキズやら思い入れやら込み込みで
引き受けてくれて感謝感謝。

大ゴケしないよう、ときどきは立ちゴケして。
WOOさんも慣れてるはず。
よろしく頼みます。







| バイク | 18:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自賠責名義変更手続き 「BMWのある暮らし(731)」

先日の車両名義変更に続き、
今日は某保険会社へ行って
Kさんの自賠責保険の名義変更手続きを終えてきた。

持参したのは、ワタシの名義になったKの車検証と、
前オーナーからいただいた自賠責証明書、それとワタシの印鑑のみ。

腰が引けそうなくらい大きなビルのエレベータに乗ってとある階で降りて
意外とすんなりと某保険会社の窓口に辿り着いて、
ダレもいない受付から、ぽつねんと置かれた内線電話で指定された番号を押し、
「自賠責の名義変更をお願いしたいのですが」というと
声の雰囲気とはちょっとイメージが違う
いくぶんボリューミーな女性が1分ほどして現れた。

車検証と自賠責証明書をざっと確認して
承り票に住所氏名電話番号を記入するよう言いおいて
ボリューミーな彼女は奥に消えた。

3分ほどして現れた女性はその承り票を持ち、
「読み方はナオコサマでよろしいでしょうか」と確認後再び中へ。

新たな自賠責証明書と、コピーを取り終えた車検証を手に
大変お待たせしましたと現れたのは、
受付で内線を鳴らしてから15分も経たない頃だった。



あっさり終了。
なんだかすっきりした。



すっきりしたところで、
前オーナーさんに名義変更手続きが終了したことをメール報告。
あとは大事に安全に乗り続けることが、ワタシができる誠意と思う。


明日はたぶんWOOさんとの最後のお散歩。
赤い髭男爵のところへ行ってみる予定。

今ならまだ間に合います、うちのコ




| バイク | 16:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ワタシはB型

B型だからじゃない?
そういわれて片付けられることは昔から頻繁にありました。オッチョコチョイなところも猪突猛進なところもマイペースなところも。

でもひどく几帳面なB型も、やたらめったら時間にルーズなB型もいますから、それってやっぱりワタシの個性だと思うんですが、みなさんはどうですか?血液型を自分のダメキャラの言い訳にしたりしてません?




もうお分かりだと思いますが、ワタシの血液型はB型です。
KYだとかジコチューだとか言われて久しく、「苦手」と言われることの多い血液型です。

でもワタシは自分がB型であることがイヤではありません。むしろBでよかったかもとさえ思います。
だってBはOよりもAよりももちろんABよりも愛されやすい血液型だと思いませんか。諸処問題は多くても、それはたぶん「まったく仕方ないなぁ」と最後はいってもらえる程度の“問題”であって、そもそもの発想が宇宙人みたいで理解できないと言われがちなAB型や、杓子定規で融通がきかなくて予めすべてが決まっていないと落ち着かないA型や、いいねいいねって表面上は言ってても実はあまり気に入ってなかったりしてしかもそれをかなり時間が経ってからボソっというO型よりも、かわいげがあると思うんです。最も失笑を買いそうなことをするキャラとでもいうんでしょうか。


実は今日のワタシは厄日としか思えない一日を半分とちょっと送ってます。
まず朝のパンの焼き具合を失敗しました。冷凍庫から早くに出しすぎたため、トースターに入れる前にパンがすっかりしなんしなんになっていて、パリっと焼けたように見えて実はフンワリ感が失せていたんです。

そうして家を出て駅に着こうかという頃、Suicaを家に忘れてきたことに気付きました。多少遅刻しても普段は取りにいくんですが、今日そのガッツがなかったのはやはり気力体力が充実していなかったからに他なりません。バイオリズムがあかん日なんですな、きっと。

で、極めつけはオフィスで使っている自前の加湿器の水タンクを、水を満タンに入れた状態で取り落として割りました。プラスチックが飛び散り、席の周囲は水浸し。私が声を掛けちゃったからだ!?と、山形出身の経理のおばさまはひどく同情してくれましたが、同情するなら新しいのを買ってくれ!です。ちなみに安達祐実は私と誕生日が同じなんですが、子役で終わっておけば、お母さんを脱がせる必要もなかったのになぁ…。


さて。
今日の厄日な出来事と血液型になんの関係があるのかを危うく書き忘れるところでした。
実は今日、水タンクの後片付けを終えたあとに、同情してくれたおばさまと世間話をしていたのですが、Suicaを忘れてきたと話したら、彼女の部にも忘れ物が日常茶飯事の女子スタッフがいると言うではないですか。しかもその子がB型なんだ、と。私がB型だと知っているおばさまは大きく膝を打ち、「やっぱりB型だから仕方ないのよ、あははははー」と出勤直後にはあり得ない大笑いをかましてくれちゃうわけです。あぁ、まぁ、そうでしょうとも…と妙な相づちをうちながら、この物忘れの激しさもB型であれば加齢によるボケと受け取られずに済むんだわと、ちょっと得した気分になりました。


そんなわけで、気を取り直してこれから就寝までを恙無く送りたいものです。
Suicaを忘れたことで無駄に使ってしまった900円の交通費は、今日を休肝日にすることでチャラにするつもりです。それくらい悔しいです、Suica忘れって。


でもやはり厄日にドンぎまりですね。
いったい何がテーマだったのか、タイトルを付けるのに四苦八苦するくらい中身のないエントリになってしまったんですから。

とほほ。


| 未分類 | 15:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

意外と簡単なバイクの名義変更

先月の終わりに新しい相棒となったK75S。

SRもW650もディーラーで買ったので
店頭にいけばもうそこには自分名義のバイクが鎮座していたけれど、
今回のように前オーナーさんから買う場合はそうはいかない。

Kを譲っていただいた段階で自賠責も任意保険もついている状態だったので
水上から乗って帰ってこられたけれど、
もしも万が一保険が切れていたり、前オーナーさんが外している場合は
当たり前の話だけれど、自走は避けた方がいい。



バイクをすべて自分名義にするには、
まず所轄の陸運局で名義変更を行って、新しいナンバーを取得する。
その後、新らしい車検証を持って前オーナーさんが加入した
自賠責保険の会社へ行って、自賠責保険の名義も変更する。
次の車検まで自賠責は継続となっているはずなので、
名義を変えるだけで手続きは終わる。
これを変更しておかないと、万が一保険を適用するようなことになった場合、
面倒なことになるのは想像に難くない。

他には、ナンバーが変わったら手続きを!とされているETC車載器。
放置した場合にどんな支障が起きるのか想像できないんだけれど、
オンラインでできそうなのでこれもやっておいたほうがいいかも。

この3つの手続きが終われば、完璧に我がものになるわけだ。



現段階でワタシは車体の名義変更しか完了していない。
しかも陸運局での手続きを仲間に託したので
準備についてしか書けないけれどざっくりと。


陸運局に提出したのは以下の5点。
二輪は250cc以上はすべて同じ内容。
・車検証
・譲渡証明書
 前オーナーさんの住所氏名捺印(認め印でOK)が記載されたものに
 ワタシの住所氏名捺印をしたもの1通
・委任状
 前オーナーさんの住所氏名捺印(認め印でOK)が記載されたもの1通
・ワタシの住民票(3ヶ月以内に発行のもの)
・ナンバープレート

譲渡証明書と委任状のサンプルはこちら

陸運局ではこれ以外に、
・OCR1号シート
・手数料納付書
・軽自動車税申告書
以上をもらって必要事項を記入する。


提出した5点のうち住民票以外は
Kの受け渡しの日にすべて前オーナーさんから預かった。
完璧に準備していただいたお陰で手続きも一発で完了。
ありがたい限り。

以上、手続きにかかった費用は450円。
必要書類さえ整っていれば
意外とすんなり終わる手続きだ。
…自分で行ってないので言い切れないけど。


なお、車検が切れていたり、ナンバーが変わらない場合など、
ケースによって必要書類が変わるので、
手続きの際には管轄の陸運局に予めの確認をしたほうがいい。



そんなこんなで依然引き合いのないWOOさんの名義変更も
簡単にできてしまうこともわかったし…。

引き続き、かわいがってくださる方、募集中


| バイク | 11:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

冷え過ぎ冷やし過ぎ

寒くなって参りました。ちっとも秋らしくないじゃんなんて言っていたころからさして時間が経っているとは思えませんが、暑さ寒さはいきなし深まるものですね。
バイク仲間の北の巨人が暮らす旭川は、今日は一日氷点下の予報。北海道の住宅は暖房が整っているので家に入ればTシャツでOKなのですが、通勤通学はさぞツラいことと…。




今朝、オフィスの冷蔵庫から1リットルのお茶のペットボトルを取り出したら、上のほうが凍ってました。温度設定は5段階の1。つまり一番冷える状態になっていました。
冷蔵庫の温度設定、みなさん結構気にしてませんよね。ワタシも3.11まではほとんど調整することもなく、上段にいれたお豆腐が水もろとも凍りかけてたりしたものですが、節電を啓蒙されたころからちょくちょくイジるようになりました。

社員のデスクトップドリンクが入っている程度のオフィスの冷蔵庫。レベル5で充分だろうと、ダイヤルを回しておきました。

外出するときは雨戸やカーテンを閉めて、外気温で室温を下げないようにして出掛けると、帰ってから部屋を暖めるのもラクなようです。防犯にもなりますから、雨戸はワタシも閉めてでかけてます。

ただ、リビングが朝も暗いままだと起きる気力が失せるので、ここだけは家に帰ったら雨戸を開けて、朝出かける時はまた閉めるという、端から見れば意味不明なローテーションになってます。寝室から出て、リビングに差す朝日でなんとか薄目を開ける…。甚だ情けない寝起きの様ではありますが、ますます覚醒に時間がかかる冬場は、こうでもしないと毎日遅刻してしまいそうで。


ちなみに今日の暦は「大雪」。激しく雪が降り始めるころ、です。北海道の冷え込みも頷けます。

| 未分類 | 10:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「そ」から「ち」 「BMWのある暮らし(731)」

昨日のこと。

韋駄天な仲間が、Kの名義変更のため習志野の自動車検査場へ行って
新しいナンバーを取得してきてくれた。

都内に暮らす彼曰く、習志野の検査場は「ガラッガラ」で
「受付のオネーチャンたちも相当ヒマそう」だったらしく
申請者の列すらできていない窓口で
手取り足取りの説明を受けてあっさり終わったのだとか。

「あれなら車検もあっという間に終わるから、
ネーサン自分でやったほがいいよ」

自分でやれば恐らくディーラー預けよりも10万は安く済むだろうけど、
さーて、どうしようか。
また来年の春は悩みそう。



そんなわけで、
今までの「習志野 そ」から「習志野 ち」に変わった。
カチンと来たクルマに「ちっ」と自分でいわずとも、
ナンバーが言ってくれる。
ナンバーゲット

横浜みたいに「C」なんか付くとカッコいいのになぁ。
なんやかんや言っても、習志野はクルマが少ないってことか。
検査場へ行く成田街道は激混みなんだけどな。


| バイク | 10:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

くいしばり。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

スポーツ選手が歯を食いしばるときには
ものすごい力が歯にかかるとよくいうけれど、
どうやらワタシはリラックスしているはずの就寝中に
バリバリと力をかけてくいしばりをしているようだ。



奥歯が3カ所も欠けていることがわかったのは
先月初めの歯科定期検診でのこと。

一本あたり4千円ほどをかけて直したんだけれど、
ふと目覚めたときに感じていたくいしばりのせいではないかと
ドクターに相談。

保険で作れるナイトガードを作りましょうか。
そう言われた。

マウスピースのことだろうと思っていたナイトガードは
レジンという入れ歯にも使われることのあるやや固い樹脂製で
自分の歯の型を元に作るもの。

型を取って一週間、今日できあがってきた。
見場がいいものではないので画像は割愛。
無職透明で、上の歯にカチャッと装着する。

就寝時に装着して、朝は唾液などをブラシで洗い流して
水を入れたケースで保存する。

保険がきいても5,500円。
でも歯が欠けるたびに直すことを考えれば割安だ。




Macに向かっているときも、ふとくいしばりに気づくことがある。
寝るときでさえナイトガードは色っぽくないなぁと思っているくらいだから
日中使おうなどとはさらさら考えないけれど、
案外バイクに乗って無心でいるときも、くいしばったりするんだろか。

原因にはストレスも。
らしくないなあと思う。




| 私って | 21:03 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Kさんミラー付け替え 「BMWのある暮らし(731)」

明後日名義変更予定のKは現在ナンバープレートなし状態。

WOOさんのナンバー付ければ走れるよなんて
悪魔の囁きをする輩もいるけれど、
初っぱなからそんなルール違反はいけません。
エンジンをアイドリング程度かけてよしとする。

それよりも水上から買って帰ってきたときに
覗き込まなきゃ後ろがみえないミラーが気になっていて。
購入時

今日はオーナーさんが一緒につけてくださった
スクエアなナポレオンに付け替えた。
ミラー付け替え

もともと丸ミラーは好みじゃないので、
こちらのほうが自分ではしっくりくる。
すっきり




まだまだ駐車スペースでの出し入れもぎこちない。
家から表通りにでるのもきっと心臓バクバクしちゃうんだろな。
偉大なモーターサイクルを乗りこなす試練に
敢えて挑んじゃったってことを改めて実感。

他のことは大抵処せてるはずなんだけど、
バイクだけはいつまでたっても楽しさと隣合わせの
緊張感と恐怖感がつきまとう。

調子に乗りやすい質なので、
それくらいでちょうどいいと思ってるところはあるんだけど。


| バイク | 00:02 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ダムカレー

雨の土曜日です。盛大に部屋干している洗濯物のせいで、部屋の中は加湿十分。そのわりに洗濯物は遅々として乾きませんが。
ランチは残り物のカレーでダムカレーを作りました。
ダムカレー?なんだそれ?


先日水上にでかけたときのこと。ランチを食べた道の駅で発見したんです、ダムカレー
残念ながらワンプレートなカレーよりも、小鉢やらお漬け物がついた煮込み定食をチョイスしたので味のほどはわかりませんが、写真で見る限りはなかなかおいしそうではありました。

残り物のカレーに具材やらスパイスを足しながら実験クン気分煮込むうち、おもしろついでに、そうだ!ダムカレーにしちゃえ!と思ったわけです。

だいぶ違うんですけど。



ご飯が白くないのはジャーに放置した残りご飯だからじゃありません。久しぶりに炊いた玄米でいただきました。かみ応えのある玄米はカレーに合います。
らっきょうはかれこれ2年近く経つ自家製の年代物です。…らっきょうも年代物っていうんでしょうか?しかも2年やそこらで。

お店で食べるカレーは辛さやコクや深みがそこそこ一定レベルをクリアしているんだけれど、家庭のカレーは選ぶルーやらスパイスやら調味料やら具材で個性がでます。外で食べるカレーくらい上手にできちゃうと、カレー屋さんがつぶれちゃうからそうはいかないようにできてるんだろうなぁと思うんですが、もう少し本格的な味に似せて作れるカレールーが手に入らないものでしょうか。レトルトはかなりの域まで来てるんですけどね、ルーはどうもいまひとつ。

それにしても、日本人ってラーメンやらパンやらカレーやらって、ルーツが日本にないものばかり好きですね。不思議です。

| 未分類 | 13:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

噂のハンドブック 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

Kのライダーズハンドブックを、寝る前にぼちぼちと読み始めた。
ハンドブック

英語版は中の画像こそモノクロだけれど、
インデックスの耳が型抜きされた扉ページやイラストは
ブランドカラーのブルーが使われていてしっかりと作られている。

一方の日本語版は、英語版をコピーしてお金をかけずに
作っときました的な作り。
画像も滅法見にくいので、英語版を照らし合わさないと
きちんと判読できない。
紙質もぜんぜん違う。
日本語版

仕方ないことなんだけど。


でもこのマニュアル、日本語訳が結構いい感じ。
例えば、
「コーナーを回っている途中でブレーキをかけなければならないとすれば、
あなたの判断がひどく狂っていたことになります」

こういう仮説に基づいた英語表現骨頂のオンパレード。


「多くの週末ドライバー達は道路のすぐ近くに車を駐車させ、
時には不注意な後退をします。ーすぐ後ろから高速の
モーターサークルが接近しているというのに。
だからいつでも疑いの目で彼らを見ることは非常に大切です」

この手の表現も訳文ならでは。
まぁ私も週末ライダーなんだけど。
でも“疑いの目”でみることは確かに大事。
信じらんない!と、私は走りながらよく叫んでるから。


「多くのモーターサイクルのオーナーは、
きらめくほどきれいに手入れしたモーターサイクルは、
ほんの2~3分間駐車しただけであらゆる年代の人々を
その回りに集め、感心させるものだということを
良く知っています」

ばっちい状態で乗るくらいなら乗らないほうがいいと思うし、
人目よりも自分が気持ちいいからキレイにするわけで。
ナンシーの質問に付き合うのも得意じゃないし。
でもこの“きらめくほどきれいに”ってところがツボ。
原文は単なる“clean motorcycle”なんだけど。
WOOさんに比べてクロムメッキ部分が劇的に減ったKだけど
磨きまっせ、これからも。



「小修理ー自分でできること。
たびたび必要になるわけではありませんが、
いつも持っているべきものがあります。
工具キットがそれです」

こういう表現はまず国産のマニュアルには出てくるまい。

アメックスとかiPhoneのCMを思わせるようなトンマナが
随所にでてきて。
オーナーは乗りこなす前から気持ちよくなってしまう。

今までまともに読んだことがなかった
バイクのマニュアルだけれども、
これは読んでておもしろい。

あまり手にしているとぼろぼろになりそうなのが
とても心配。


| バイク | 11:52 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。