なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2011-10- | ARCHIVE-SELECT | 2011-12- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

もろもろ変更 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

K乗り換えにつき、便宜上ブログタイトルを変更。
横文字やらもっとあっさり目なものも考えたけど、
いくらかダブロク版を引きずった
このノリしかないのかなという気がして落ち着いた。

あっさりし過ぎな見目になったけど返っていいかも。



さてさて。
現在、Kは新潟ナンバーのまま。
名義変更をして自賠責の名義やETC車載器の登録変更も
しなくちゃならない。

個人売買はなかなか手間がかかる。

必要書類は先週末にオーナーさんからいただいて
ワタシの方も揃えたのであとはナンバープレートを添えて
習志野の登録事務所へいくのみ。


そんなわけで、
昨夜は帰宅後にKのカバーのお尻をめくってナンバー外し。
ヘッドランプをオデコに装着して、暗がりでカチャカチャ。
不審者だと思われやしないかと少々気にはなったけれど、
6角レンチ片手に格闘。
でも意外とあっさり外れたのだった。
ナンバープレート外し

それよりも、以前買ったまま使わずにいた工具の使い方がわからず
マニュアルを引っ張り出したりなんやかんやで
そちらのほうに手間取ってしまった。


今日はバイクカバーと長めのチェーンロックをネット買い。
出て行くものばかりで、ちょっと汗。




スポンサーサイト

| バイク | 15:06 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

田舎へ行こう

訳あって本宅が忙しく、こちらがすっかりお留守に。二足のわらじを履くのはやはりそうそう簡単じゃありませんね。
で。留守にしている間に群馬県の水上にバイクで行ってきました。ほぼほぼフル装備で行かなくちゃな時期ですがこの週末はとても暖かで、脱いだインナーは汗をかいてました。

地元千葉でも、館山道を流せば肥やしの香りに見舞われる箇所がひとつやふたつはありますが、群馬もなかなかキテました。
野菜もあちこちで作られていて。里山に広がる田畑やら、紅葉をバックにした清流やら、そんな穏やかな日本の原風景に浸ると、なんとはなしに安心してしまいます。

水上から猿ケ京へ向かうルートの途中のスーパーに立ち寄ったら、見慣れない商品に目がいきまして。

なんと、干した大根が一本丸ごと売られてるんです。しかも1本売りなんてケチなことはしません。8本ほどが一束になっていて、それでもって480円。
うちの近所じゃ大根は安くて1本100円です。干すという手間が乗っかって1本当たり60円程度ということは、生はいったいいくらで売るんでしょうか。恐らくは農家の方が干したものをそのまま売っているからこその激安ということなんでしょうが。

そばによると、干した大根特有の匂いがふわーんと香ります。これでお漬けものを漬けたらひと冬持ちそうなボリュームですが、さすがにバイクに乗せるのは憚られました。残念。


バイクで日本のいろいろなところへ出掛けるようになって、海外へめっきり行かなくなりました。知らずにいる日本各地の魅力がまだまだあることに気付いたからです。ひとたび都会を離れると、人はやさしく、郷土料理はおいしく、空は大きく、香しい風が吹いています。
全都道府県制覇などというお題目を立てる気はさらさらありませんし、観光地はむしろ行かないし、いつも行き先は思いつきなんですが、これからもどこか遠くに行きたいなと、そんなことを思ってしまいます。新しい相棒を手に入れてなおのこと。



| 未分類 | 17:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新しい彼の走りっぷり 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

Kのことしか考えられないので、今日もネタはそちら方向。
納車日の帰路で感じたフィーリングなど。



乗り始めるにあたっては、
まずメインスタンドを払う儀式が毎回必ずある。

ダブロクのように、跨がってから反動で降りる方法を取るには
Kは重過ぎるようで、
左ハンドルと、メインスタンド掛けに使うシート横の
レバーを掴んで前に押して、ズサンっと下ろす。

下ろしても、ほとんどふらつくことはなくいし、
跨がって、軽く左右に振っても実に軽い。
すべては重心が低いことからくるメリットだろう。


エンジンをかけると、やや高めのエンジン音が響く。
まるで今どきのバイクのよう。

湿式多板だったWOOさんのクラッチに対して、Kは乾式単板。
乾式クラッチと聞くと、Ducatiのチンチンジャラジャラ音を想像するけど
Kからそんな音は聞こえない。

クラッチミートはなんのストレスもなく、
ただクラッチレバーが遠いせいでエンストはしたけれど、
この違いの影響は今のところ感じない。


発進後の高いエンジン音に、喘いでいるのかと思ったけれど
それは彼の素のサウンドらしく。
ポンポンと繋いでいけば
5速で50キロから180キロまで走ってしまえそうな感じ。
フロントパネルのギアポジションインジケーターは
今4速だっけ?5速だっけと考える必要をなくしてくれた。

高速では5速からスロットルを開けても吸い付くような加速をする。
シュイーンという新しささえ感じるサウンドに痺れる。
スロットルを戻してもエンブレがWOOさんほど効かずドキドキする。


路面の凹凸は事前に目視して想像しているよりも
はるかにソフトに乗り越える。
身構えていると、いい意味で肩すかしを喰らう。


コーナーはひたすら気持ちがいい。
例えばインターチェンジの出入口のような高速コーナーは
ニーグリップをしっかりと閉めてバンクすると
得も言われぬ一体感を味わえる。

自分が操っているというも、乗せていただいているような感覚。
そうでも思っていないと
自分がうまくなったよう錯覚に陥ってしまう、危険な乗り味だ。


K75Sのタンク容量は21リッター。
そんなに大きくなくてもいいのになと思う。
前オーナーさんによれば、燃費は25まで行くこともあるというから
満タンで500キロも夢じゃない。

残り7リッターの時点で警告灯が付く。
燃料ギリギリで走らないでくださいということにしても、
少し早すぎやしないか。



| バイク | 16:37 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新しい彼の個性 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

さてと。

買って乗って帰ってきたK75S。

たかだか250キロ程度しか走っていないんだけど、
ダブロクがあまりに素直だったということもあってか
そのギャップにたじろいだ道中だった。



そもそもがカウル付きのバイクが初めてのワタシ。
先日Ninja250に試乗したときもそうだったんだけど、
ハンドルを切ってもフロントカウルは当然切れないので
ターンの感覚が滅法狂う。

フロントカウルが動くわけないだろ!とみなさん思うだろうし
そんなことはわかりきっていたんだけれど、
ハンドルから先は曲がって行く方向へ向くものという感覚が
染み付いた私には、なんとも違和感があるのだ。

視覚の問題だけなので、これは追々クリアできるだろうし、
そうすれば小回りもできていくのかと。
そう、今はまだ思ったところに停めるのも一苦労している状態。
なんだかな。


その他Kなりの個性は随所にあって、
これは慣れていけばなんとはないことになるし
なっていかなきゃならないんだけど。

まずはKの特徴的なウインカーには正直手こずっている。
左右独立式なので、左スイッチは左ハンドルに、
右スイッチは右ハンドルについていて、キャンセラーは右ハンドルにある。

高速での追い越しなど、左右ウインカーを手早く入り切りするときなどは
結構辛い。
女性としては大きめの私の手でも、
アクセルグリップをキープしたままウインカースイッチにリーチするの
はなかなか大仕事。
だたでさえクラッチレバーが遠いので、
半クラッチしながら左スイッチを出すのは今のところ不可能。

左右押すとハザードになるんだろうか。はて。


初めての給油ではタンクの給油口が開かなくて軽いパニックに陥った。
インテグラルケースのキーも兼ねるメインキーでタンクも開けるのだが
スルッと回る右へ回しても開かない。
最後の手段、元のオーナーさんへ電話して、やや固い左へ回すのだと言われ
かなり力を入れて回したらカチリと開いた。

給油後は今度は蓋が閉まらない。
閉めてキーを戻しても中のバネがパコっと蓋を持ち上げる。
何度やってもパコっ、パコっ。
蓋の構造をマジマジ眺めてもらちがあかない。

再びイヤな汗が出始めた頃、オーナーさんが言っていたことを思い出す。
「カチっというまで押してください」

あぁそうだった。
かなり強めに蓋を押さえつけると、なるほどパチリと収まった。

ダブロクでさえ、タンクの鍵穴はシブかったもの。
こんなことは序の口でしょうと腹をくくる。


そしてもうひとつ。
すでに克服できたけれど駐車のたびにひと手間かかるメインスタンド掛け。
Kシリーズの水平置きエンジンは左下にシリンダーヘッドがあるので、
サイドスタンドで左に傾けたまま長時間停めておくと、
シリンダーヘッドにオイルが溜まる。

結果、発進時には白煙もうもう。
すぐに収まる現象なんだけれど、ちょっと恥ずかしいわけで
ゆえに10分以上の駐車の場合はメインスタンドで!が
鉄則となっているというわけ。

女性がメインスタンドを掛けている図はあまりみたことないけど、
これもKと付き合う宿命。
有無を言わさんとばかりに、それ用のレバーまでついている。


そんなこんなで今日の私は
メインスタンド掛け特訓の証として右肩と右腰、
さらには個性的なウインカーせいで
両の肘から下の筋肉がわなないている。

レッグマジックの他に、アームマジック的なものが必要かも。


褒めちぎってばかりなのもいやらしいので、
今日はちょっと辛口インプレってことで。

| バイク | 12:33 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ゆめぴりかって食べました?

すいませーん、ゆめぴりかってなんですか?

このCM、ちょっと気になりませんか?お寿司屋さんの暖簾をくぐるなり薮から棒にそう尋ねる桐島かれんの演技は、その言い回し含めちょっと唖然。
でもワタシは知ってました、ゆめぴりか。


知っていたのはもちろんたまたま。初めてこのCMを観た日の少し前に生協さんのホームページで見かけたんです。新米を買わなくちゃと思っていたこともあって、アタラシモノ好きは迷うことなくポチっとやりました。

で、先週末炊いたんです、ゆめぴりか。最近は山形のつや姫の玄米をずっと食べていたので、久しぶりの白米は神々しささえ感じてしまいます。 いつもよりもさらに感謝の心を込めてパクリといけば、餅米かと思わんばかりのなんという弾力!もっちりしてます。そして驚くばかりの甘み。正直、お漬け物さえあればおかずはいらないおいしさです。

なんて書いておきながら、ワタシは納豆を乗せていただきました。卵黄と山椒風味のしらすを加えて48回混ぜた納豆です。なぜ48回なんでしょうね。誰だかもう思い出せませんが年長者から「48回混ぜるとおいしくなる」といわれて以来、周囲から妙な視線を浴びそうなシチュエーションじゃないときは48回混ぜてます。


で、美味でした。いや、納豆だけじゃなく、黄身としらすが加わった絶妙なるハーモニーがもっちりとしたゆめぴりかと口中で渾然一体となった日には、んーまーっとつぶやかないではおられませんでした。あ、Twitterでつぶやいたのではなく、ひとりごちただけです、念のため。

ところで。
ワタシは納豆には黄身しか入れない派です、断然。このテーマは本宅ブログで以前書いて、壊滅的な負けを喫したのでもう強く主張なんてしませんが、とぅるとぅるの白身なんかいて欲しくないんですよね、お茶碗の中に。白身はみそ汁の仕上げに入れてしっかりといただきます。
ちなみに、納豆には黄身だけしかいれないよ白身は捨てちゃうと言った輩がおりましたが、例え黄身のみ派であっても仲間だとは思いたくありません。白身を捨てるだなんて。たまごに対する冒涜だーっ。

いったいなんの話だったんだっけ。


| 未分類 | 21:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

次のオーナーさん募集。W650 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

愛しのWOOさんについて、今日はカルテ作り。

こまめに写真を撮って行くと
4年半の思い出があちこちに。

今思えば、
もうバンパーなしで走りたいなとか、
シート下げてみてもいいかなとか
そんなことも考えていたんだけれど、
結局やらずじまいのまま今日に至る。

買い取り業者に売るのは簡単なんだけど、
次にかわいがってくださる方に
直接キーを渡したい想いが膨らむ。

画像付きのカルテはこちらから。

コメントとかHOME右フレームのメッセージからとか
Twitterダイレクトメールとか
いろんな方法でコンタクトお待ちしています。


| バイク | 21:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

鼻ムズと格闘のオフ

風邪っぴきです。いや、ゾクゾクもしないしダルくもないのでアレルギーなんでしょか、ブタクサのシーズンはもうとっくに終わったはずなのに。鼻がムズムズ、喉がやや腫れています。今週末は水上まで行かなくちゃなのにちょっと困りました。


いかんいかん。ビタミンビタミンと昨日から呪文のように唱えつつビタミン剤やらを摂ってますが、食べ物から摂るのが一番とばかりに、今朝はほうれん草スープを作りました。
タマネギとほうれん草を軽く炒めてミキサーして、コンソメと豆乳を加えてできあがり。5分ちょいでできます。仕上げにパルメジャーノをふりふり。歯ごたえも残っていて食べるスープな感じ。玄米ご飯を入れてもおいしいかも。お試しあれ。
今朝使ったのは旬のちぢみほうれん草。とても甘みがあって美味です。普通のほうれん草のようなアクもほとんど感じないので、今日のようなシンプルなスープに向いてます。
カロテンをたっぷり含んでいて、これは体内でビタミンAに変わるので、風邪っぴきにはおあつらえ向きです。あとはビタミンCか。紅玉を皮ごと食べときますかな。


風邪を引いたときはアロマディフューザーがありがたいです。薬で乾きがちな喉鼻に蒸気とアロマが心地よくて家ではずっと稼動中。
 これは無印良品の商品。いい仕事してくれてます。まさに良品。でもリニューアルしたらカバーがセットしにくくなっててそこは不満。がんばれ、無印もワタシも。

| 未分類 | 11:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

決心

日曜に家に帰り着いた途端に鼻がぐすぐすいい始めて
昨日からはもうフガフガ。

去年の肺炎以来、ひどい風邪を引いていないのは
徹底するようになった日々のうがい手洗いと
涼しくなってからの毎日の生姜摂取だと思ってるんだけどな。


そんな中、今週末は次の相棒に逢いにいくことに。
半月ほど前に降って湧いた話なので
日々迷い悩み諦め思い直しの繰り返し。

メリットもデメリットも踏まえた上で
とりあえず逢いに行く。

ドコのドイツかは想像にお任せ。


試着されてみますか?
そういわれて洋服を試着すると
90%の確率で買ってしまう質なので
きっと今回も乗って帰ってくるはず。

となると、WOOさんとお別れしなくちゃならない。

たぶん来週あたりからは
2007年式、40500キロほど走った超ノーマルなうちのWOOを
かわいがってくれる方を大募集。

整備の完璧さはここへおいでの方ならご存知のあんばいで
調子はすこぶる快調。
この私が日帰り1200キロを走破できたのだから
その乗り心地のよさは想像に難くないかと。

九州へも、北海道へも共に出掛けた愛し過ぎるヤツだけに
本当に別れられるのかまだなんの実感もわかないのだけれど。

変えたばかりのフロントタイヤがリアとちぐはぐなのと
タコメーターが5000以上回らないのが問題点。

詳細は来週にでも。
ダブロクに一度乗ってみたい方、
コメントかメッセージでコンタクトお待ちしています。

夏の猪苗代

| バイク | 14:22 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

女神の要塞の今

お台場ってところは今いったい何が起きてるんでしょうかっ?ここは日本?なんてついつい鼻息荒くなっちゃうような心理状態に陥りました、久方ぶりのヴィーナスフォートでのひととき。




もともとの予定が諸事情ですっ飛んだところへ、バイクイベントの情報が入ってきたのでめまぐるしく予定が変わった暖かな秋のオフ日。

イベントのほうは軽く流したんだけど、問題だったのは減り過ぎて胃が痛くなりそうな空腹感。トイレも行きたくなってるわで、劇的に思考能力が低下したまま飛び込んだのがヴィーナスフォートだったんです。

エレベーターホールには1階から3階までのレストランインフォが写真付きで出ているのですが、どれもやや低めのターゲットを意識したものが多め。が、お値段は高め。しかも昼時を少し過ぎたころだったので、どこも店前には行列が。

店内の造りも落ち着く風情は感じられず、お隣と肘があたりそうなぎゅうぎゅう詰めな席レイアウトです。さんざん物色した結果、選んだのはマクドナルド。とりあえず胃袋を満たすことに専念してしまいました。年に何回かは情緒をかなぐり捨てたこういう食事でお茶を濁すこともあったりします。
テイクアウトにしてもらってデッキに上がります。マクドナルドの真ん前では、ジャニーズ風な男性タレント3人組がイベントを行っていて、外からの大行列の目的がそれだったことがやっとわかりました。100人、200人じゃあありません。あれはもう1000人単位の大行列。恐らくは入れ替え制なのでしょうが、ホントにまったくものすごいエネルギー。何時間も並んでキーキーキャーキャー、手がちぎれんばかりに振りまくり、写メと撮りまくり、この日のためにオシャレして…、ご苦労様としかいいようがありません。

そんな大群を横目に3階のデッキへ上がり、静かなベンチでやっと“いただきます”。マクドナルドでハンバーガーをいただくのは今年初。アタラシモノ好きなので、KBQとやらをダブルでいってみます。劇的に空腹だったので。朝は紅玉ひとつキリ…。
なんて言い訳はおいといて、辛くないコチュジャン?風ソースと、相変わらずのペなんとしたパテに、レタスはしゃっきり美味でバンズもパサ付くでもなくまぁよしとしておきます。暑かったのでとチョイスしたコークはやっぱりちょっと甘すぎました。マクドナルドやケンタをいただくときにときどきとっても飲みたくなるんですが、間違いなく毎回後悔します。こうしたところも、ワタシの“懲りない”ところです。


さて。
前置きが長ったらしくなってしまいましたが。
マクドナルドへ至る前も、この後もそうだったのですが、ヴィーナスフォートではやたらめったら背伸びしまくって本当にオリーブのように縦長なカラダになっちゃったような細くてスラっとした小学生が目に付き、しかも彼女らはヒョウ柄やらショッピンやらまるで関西のオネーチャンがチョイスしそうなお洋服を身にまとっているんです。厚底やらニーハイブーツやらを履きこなすコもいて、もーあんぐり。
今流行の「JS」ってやつでしょうか。単なる「女子小学生」の略ですが、やたらめったら洒落っ気づいた一部のコたちをそう呼んでいるようで、メディアにも続々登場しています。読者モデルに応募して掲載されることにお門違いな情熱を傾けているようです。世も末です。

そしてもひとつ驚いたのは、犬が店内を闊歩していること。さすがにリードには繋がれていましたが、飼い主といっしょにあっちの店、こっちの店と一人前にショッピングしているふう。最初に入ろうと思ったカレースタンドが、よくよく見ると“わんちゃんと一緒に”と書いてあってやめた次第です。知らない間にペット同伴OKになってしまったんですね、ヴィーナスフォート。
ワンズカフェならぜんぜん違和感はないのですが、出口が非常に少なく閉塞感のあるショッピングモールの中に犬に入ってこられるのは非常に抵抗があります。犬はむしろ大好きですが、TPOってありますよ、いくらなんでも。混んでますから犬の足は踏みそうになるわ、ちんたら歩く犬連れ客をリードが邪魔で追い越せないわイライラMAX。犬たちはうれしいんでしょうか、果たして。

生き残りを掛けてこうなったのねとは思いますが、子供と犬に縁がない人たちを完全に敵に回してます、ヴィーナスフォート。もともとは“女性のためのテーマパーク”なんて銘打ったはずで、名称だってそこから来たはずなんですけどね。ずいぶん枠を広げたものです。

あまりにも希望が見えないないこの国の未来像とのギャップが大きすぎるこのショッピングモールで、異国へワープしたような気さえしてしまったのでありました。

| 未分類 | 12:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

アカネハマ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

ワタシが10年ほど前から暮らす船橋は、
その地名が物語るように海が近い。
“想定外”の津波が来たら逃げる自信がない。

船橋の自宅から20分も走れば
東京方面をこんなふうに望む海っぺりに出る。
お天気がいい日は富士山も見える。
茜浜

ここはバイクに乗る前から、
地元の仲間とよく遊びにいったところ。
堤防が続いているだけなのに、「茜浜」とみながいう。
かつては浜だったのかもしれない。

今までもなんどもここはアップしてきたけれど、
たまにふと行ってみたくなるところ。

お正月とか大型の卒検に受かった日とか事故ったあととか。
心を落ち着かせたいとき、ひとりで考えたいとき、
行くあてもなくエンジンをかけちゃったとき、
そんなときにふらりと行ってみる場所だ。

きっとバイク乗りなら、そんなスポットのひとつやふたつは
ひそかにあったりするはず。


ちょうど2年前に亡くなったトクさんも、
ここへ誘ってお弁当を食べた。


幕張方面へ目を向けると、
雲間から差した陽が幕張メッセを照らしている。
茜浜



もううちのWOOは40000万キロ超えちゃったよ、トクさん。
そろそろいいかなぁ。

| ココロのヒダ | 11:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

アスタリフトとオバQの絡み

前々から気になってたんです富士フィルムの化粧品、アスタリフト。CMタレントがワタシと同年代の松田聖子ですからターゲット年齢的にドンズバに違いない訳ですし、それに化粧品とは縁もゆかりもなさそうな富士フィルムが出すってことは、今までとは全く違う商品コンセプトであることは想像に難くありません。新商品が出てもどれもこれも似たり寄ったりであまり興味が湧かない基礎化粧品市場でありましたが、先日ふとしたはずみでアスタリフトの試供品セットをオーダーしてみました。


使いはじめから3日目あたりから、肌の感触が変わってきました。
朝、洗顔をして水で洗い流すときに、いつもよりもすべっとしていてひと皮剥けたように感じるんです。自分で言うのもおこがましいですが、いわゆる陶器のような肌ってやつです。もともとトラブルのない肌なので何を使っても大差なかったワタシの肌が、こんなに短期間に変わったのは感動ものです。10数年前に初めてシミができたときに使ったSK-Ⅱ以来、こんなに変化をもたらしてくれた化粧品は久しぶりです。

ただ、お値段も当然いいわけです。いままで愛用していた無印良品シリーズの3倍かそれ以上しますから、 ラインアップすべてを今すぐ全取っ替えするのは大冒険です。陶器のような肌はキープしたいけれど、それよりもシャープなボディーラインのほうがなんぼか先なので、当分見送りです。散々持ち上げたくせして腰抜けも甚だしいオチですな。

ところでです。松田聖子サンはすばらしい美肌の持ち主らしく、だからこそCMにも起用されているんでしょうが、オバQに似てると思いませんか。ワタシの中では山田優もかなりオバQ度が高いんですが聖子サンには勝てません。聖子ちゃんカットのころは気づかなかったんですが、年を取ってオデコを出すようになってからあからさまにオバQに酷似しちゃいました。脚が細いところもそっくり。

ちなみにワタシは忍者ハットリ君とか、ピンポンパンのカータンとか、およそ自分で醸し出したいイメージとは対局のキャラに似ているといわれます。妖怪人間に似てると言われるよりぜんぜんマシですが、アッコちゃんとかハイジ(無理)とかお世辞でも言ってくれればいいのに。…引用が古過ぎですかね。






| 未分類 | 11:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ユニクロな朝

目が覚めたら7時44分。

何も予定がないけれども起きだして、
朝の恒例レッグマジックを1分と少しこなして
雨が落ちそうな空模様の中、
これも最近のオフ日の恒例、朝のお散歩へ。

歩きながらFacebookをチェックしたら
ユニクロが創業祭で今日からセールだとか。

クーポンが当たる可能性もあるらしく
開店の10時まで歩いたり写真撮ったりお茶したりしながら
船橋店のあるヨーカドーの行列に並んで入店。

Facebookでチェックインしたら1000円クーポンがアタリ。

30分ほど物色して、7点をカゴにポポポンと入れる。
1

父に贈るウルトラライトダウンジャケットとか
電熱の下に着る少し厚手のヒートテックとか
メイサ嬢のCMにヤラれて同じ色のリバーシブルフリースとか
ツーリングではきたいヒートテックのインナー短パンとかとか。

ウルトラライトダウンのCMを観ていると
どうしても両親に贈りたくなるけど…、ワタシだけ?


| つぶやき | 11:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自販機珍百景 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

普段は自販機で飲み物を買うことはあまりないんだけれど、
ツーリング先ではよくお世話になるし
むしろなかったら困るものだったりする。

先日行った美鈴湖のほとりの自販機で
不思議な光景を観た。


mail-2

左側がいろはすであることはよくわかるのだけれど、
ナニコレ珍百景も真っ青な
右のくしゃくしゃに潰されたボトルはいったい…?


確かに150円と値段がついていて、ボタンも通電中。
押せばちゃんと水が入ったいろはすが出てくるんだろうし、
そうじゃなきゃ問題なんだけど
ここまで潰せるんだぜぃ、潰して捨ててくれよな
というアピールにしては
ずいぶんと大胆な策にでたもんだ。

この自販機を管理している方に
ぜひともその訳を聞いてみたくなる珍百景だった。


ちなみにこれは今朝買ってみた缶コーヒー。
mail-3

缶コーヒーは年に2本か3本くらいしか呑まないけれど、
たまたまお茶を買ったドラッグストアで目に留まって。

抹茶…?どこに?がインプレッション。
さすがにベタ甘くはないけれど、
抹茶の有り難みは薄い。というか、感じられない。

缶のテクスチャーはマットというかフロストというか
サラサラした質感。
斬新な色味とデザインも相まって
物珍しさについつい手に取ってしまうヒトは多いはず。

ワタシもまんまとハマったヒトってことで。

| つぶやき | 17:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

粉々ファンデ復活

昨日の朝のこと。パウダーファンデーションをケースごとうっかり取り落としてしまいました。女性のかたなら想像がつくと思いますがその通り。ファンデーションは木っ端みじん。やだーっ、まだ使えたのにーっ。

ん…?でも確かこれを復活させる方法、どこかで見たような気がする…。


恐らくは、いきつけの隠れ家で餃子をつつきながら、店内のテレビで観たはず。伊東家の食卓だったかしらん…。と、そこまでは思い出せたんですが、肝心の復活方法がとんと思い出せません。じれったいやら悔しいやら、いったいどこまで中途半端な記憶力なんでしょう。

朝の慌ただしい時間帯だけにそれ以上の時間を費やすことができず、とりあえず小さい容器に拾えるだけの欠片を拾って一時保管。

ワタシのスゴいところは、その時点で必要ないことはすぐ忘れちゃうこと。家を出たらまるっきり忘れてました。そうして帰宅後に洗面所へ手を洗いにいって、おーっそうだったーとなったわけです。

わからないことはとりあえずググってみます。キーワードは「割れたファンデーションを復活」。するとほーらあった、大ビンゴです。やはりあの伊東家がやってくれてました。普段は呑んだ席のことはほとんど覚えていないんですが、今回は我ながら天晴です。まだ酔う前だったのだとしか思えません。

さて、方法がわかったところでさっそく取りかかります。何かの液体を足すんじゃなかったっけ…?とぼんやりと思っていたんですが、まったくのハズレ。ただただ細かく潰してケースに戻して、今度はひたすら押し付けて固めればいいだけです。なんのこっちゃない。

呆れるくらい簡単な作業ですが、せっかくなので画像付きでご紹介。

まず砕けたファンでにラップを乗せてスプーンなどで粉状にします。細かくすればするほどきれいに仕上がります。手のひらにラップを敷いてファンデを乗せてもんで砕いても構わないし、なにしろ粉々にする!ここが肝心なようです。

パウダー状にしたらファンデーションのケースにハラハラと戻します。多少ラップに残ったりしますが、これにこだわっていると二次災害を起こす可能性が高いので細かいことには目をつぶります。これだけ戻っただけでも御の字だと思うことがポイントだと思われます。
戻したら今度はグリグリぺたぺたとケースに押し付けるようにして固めます。

粉々にしたものがなんのツナギもなしで再び固まるのはなんとも不思議です。不思議ですがしかし、もとは粉末だったものをケースに強い力で押し付けて作るのがファンデーションなので、これは至極当たり前のことなんですけど。

さて、そんなこんなで作業時間はほぼ5分ほど。スプーンで押してますから仕上がりはこんなあんばい。


ほぼ同形の型なんかで均等に圧力をかければ、5分前までの惨状など想像できないくらいにきれいに仕上がるんじゃあないでしょうか。母親あるいは、カミサンのファンデを落として粉々にしちゃったとき以外は、そこまで現状復帰する必要もないと思いますし、例えそれを狙おうとしても使用中のファンでは中央から緩やかに減っていくものですから完全なる復帰は不可能です。何ごともなかったかのような戻し方を求めてここへおいでいただいた方には甚だ申し訳ない気持ちでいっぱい。

さてこれで、この週末に慌ててファンデーションを買いに行く必要はなくなりました。大いなるセーフです。秋も深まり乾燥をひしっと感じる季節になってきたので、そろそろリキッドファンでにシフトしてもいいころですが、せっかく復活させたパウダリーですから、これがなくなるまで使っちゃって春はオヌー(おにゅーと書くと死語な気がして)でスタートする腹づもりです。

以上、男性にはまったくもって意味のないエントリでした。


| 未分類 | 13:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

早々完成

去年は未だかつてないほどに製作がギリギリになった年賀状。
しかもお粗末な仕上がりにがっくりしながら
やっぱり突貫作業はあかんとひとりごちたんだった。

今年はその教訓を生かして今月初旬にはデータ入稿。
売り切れてて買えない年もあった年賀切手も
しっかり揃えて準備万端。


さっさと作れたのには訳がある。

今年の最大イベントといえば言うまでもなく念願だった
北海道ツーリングなわけで、
年賀状に使う画像はそのときに撮ったものしか考えられなかったのだ。




でも、一見完璧に思える今年の年賀状だけど、
この時期ツー先でいい写真が撮れたりすると、むむ…っとなる。

あれもこれもと欲張ってはいかんと思うんだけど。



それにしても。
民営化されてもどうにもあか抜けないのよ、年賀切手って。
干支をフィーチャーし続けるのはもうやめたらどうだ。
100歩譲るにしても、もう少しタッチを変えてみるとか、
だめなのかね、こーゆーふうじゃなきゃ?
DSC_0020-1

| どうなの? | 14:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大が小を兼ねない場合

オンラインショッピングなどで買った商品を宅配便で受け取ることは日常当たり前になってきていますが、包装の仕方だったり荷姿なんかで、そのお店の印象が左右されること、ありませんか?



今日オーダーしたら明日来るというコンセプトを社名にした某企業の個人向けショッピングサイトで買い物をすると、たまげるくらい大きな箱で商品が届きます。くしゃくしゃにした紙が緩衝材として入っていますが、それでもかなりスカスカ。トイレットペーパー12ロールを頼んだ時の箱は引っ越し用のMサイズくらいはあったでしょうか。宅配便のお兄さんが掲げた箱のサイズを見た瞬間、オーダーを間違えたかと思ったほどでした。

また、倉庫の中でお買い物をしているような感覚が楽しめる会員制ショッピングセンターのサイトでお買い物をすると、まな板だろうと缶詰だろうと消臭剤だろうと、ひとまとめにがさーっと詰め込まれ、よくぞご無事で…と関心すらしてしまうような状態で届きます。

一度はダウニーの香りの消臭剤2本組みのうちの一本が、他の商品から押されてスプレー付きのキャップが弛み、箱を開けた途端ふわーっとダウニーの香りが漂っていたことがあります。香りが漂うところだけ上げればロマンチックでいいのですが、通販でもっとも気になる梱包がそれではお話になりません。もちろん即刻クレームして対応してもらいました。配送会社に荷詰めも任せてしまっているとこういう事態が起こります。


さて、今日会社に届いた商品。
最近いろんなところにバナー広告を貼っている、“BRANDS for FRIENDS”という通販サイトで買ったものです。
箱がやけに大振りだなと思ったのですが開けてびっくり。商品はどこ…?

ネットで見てイメージしていた商品の大きさが予想よりも遥かに小さかったこともあるのですが、プチプチの下からでてきたのはこの小箱。

そりゃないでしょ。そう思いませんか。ブツは化粧品です。夢も希望もない感じに見えませんか。
ビン入りの化粧品ですが、箱入りなのでもちろん無事でしたし「ちゃんと届いた」という評価の部類に入るのでしょうが、この商品をこれほど大きな箱に入れて送ってよこすアンバランスさをなんとも思わないセンスはいかがなものかと思わざるをえません。 
仮にもブランドものを扱う、どちらかといえばハイセンスなイメージのショップなんだからこのあたりはなんとかしてもらいたいものです。サンキューカード付ける前に梱包に気を配らんかい!と思う訳です。

相手が見えないときにこそ、心を込めるもんですよね。届いた商品以上に、受け取った客が何を気するかをもっと学んで欲しいと思うわけです。

| 未分類 | 12:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

AraiとKomineインプレ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

先週末にロングツーリングデビューしたバイクギアは
昨日のひだまり以外にもあって。

ひとつは以前アップしたArai MZ
やや脱着がしにくいので今までのSからMにしたこともあって、
帽体がやや大きい分手に持つと少し重さも感じる。

ただ、被ってそれを感じさせることはまったくなく。
頭部全体と両頬のホールド感が心地いい。
シールドの上げ下げはSZ-Fよりもスムーズな気さえする。

耳の周りに余裕があるのか、耳がぺたりと折れたままになったり
するようなことは一切なくて快適。
ぴーぴーという高温の風切り音はまったく聞こえず、
どちらかといえば低温のゴーッという音だけ。
静かだ。

ベンチレーションは恐ろしくいい。
ダクトのon offを間違えて、閉めたつもりが行きは全開で走っていたので
頭頂部で風が踊りまくる感覚があって寒くてしかたなかった。

意外な問題点としては口の中の肉を噛んでしまう傾向があること。
両頬を外から押されているせいで、奥歯の間に内頬の肉が挟まりやすく、
メットを被ったままガムなどを噛む時は注意が必要。
恐らくフルフェイスでも同じことがあるんだろうけど。

最後に女子的には気になる見目の問題だけど、
これは好きずきというかなんというか間違っても洗練された感じにはならず、
どうあれオサルさんちっくになるのは否めない。

が。
被っている姿は自分では見られないので
ここはひとつ機能面を優先して走りに集中するってことで
オススメということにしておきたい。


次に。
すでに片手では収まりきれないほどの防寒グローブを毎年買い続けてきて、
100数十キロでの巡航時に指が痛くならないものはないと
そう結論づけたはずなんだけど、
今年こそはすばらしい防寒性を備えたものが出たんじゃないかと
結局また買ってしまった。

懲りずに買ったのはコミネ ガードイン W グローブ α ショート
コミネのグローブは、中型教習時に使ったもの以来。
プロテクター付きが欲しかったのでこうなった。
防寒グローブの割には比較的薄めで操作性抜群。
先週末のツーリング中、道路沿いの温度計でみた最低気温9℃の中では
ぬくぬくの状態だった。
5℃を切ったくらいでどうなるかはまだわからないけれど。

DSC_0017

もうこの冬のバイクギアショッピングはこれでおしまい。
はい、もうおしまい。
切りがない。


| バイクギヤ | 13:37 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

スマホのオトモ

先週末ツーリングにでかけたこともあって、本宅の更新ばかりしてました。しかも仕事が少しばかりあわわなモードに陥ったりしてまして気持ちにも余裕がなく。二足のわらじはなかなか難しいです。

さて。
先週買ったExperia。W61CAでブックマークしていたサイトをようやくお気に入りに登録できたり、写真貼付できないアンドロイド版Twitterの代りにTwiccaというサイトを教えていただいてダウンロードできたり、すこーしずつ使えるものになりつつあります。しかしなんといっても心許ないのはバッテリーで…。

使い慣れていないこともあって、日中かなりの時間を割いてにらめっこなどしていると、帰宅する頃にはステータスランプが赤く灯って充電を催促します。ウルトラマンのカラータイマーのように。

ツーリングに出掛けた時はメールチェックとデジカメを何回か程度にしか使わなかったのに、夕方にはバッテリー残量は半分ほどになっていて。だから、お布団を並べて一夜を共にしたmaniさんが使っていた充電器がとてもうらやましく、すぐさま真似っこ購入。一番お手頃なリチウムイオンバッテリー を昨日ネットでポチしたら今朝にはもう届きました。


付属品はUSB-miniB型のプラグとマイクロUSBアタッチメント、充電器にはUSB-A型を同時に2本差せます。例えばスマホとiPodを同時に充電なんてこともできるわけです。
本体の充電はACプラグからでもパソコンなどのUSBからでもOK。やたらとケーブルが太くて嵩張る純正のチャージャーをバッグに押し込んで通勤する必要もなくなりました。

カバーケースやら盗み見防止シートやらバッテリーやら、スマホは買った後もなんやかんやと必要になります。パソコンやデジカメもそうですし、バイクだってそうです。
快適さってお金でしか買えないものなんだっけ?と、ちょっと考えちゃいました。

| 未分類 | 12:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

最強ネックウォーマー 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

今回のツーリングはあまりにも気温が高かったので
端から電熱ジャケットは使わずデビューは持ち越しと
なったんだけど。

それでも気温13℃程度の中を時速100キロ超えで巡航すれば
思った以上にカラダは冷えてくるわけで、
船橋から湾岸線経由で足柄を目指す途中、
フリースをインナーダウンに替えるため、
海老名ICに立ち寄らなきゃならなかった。


そうして首もとには初めて使う「ひだまりネックウォーマー」を着用。

これ、トップページのリコメンドにアップしているネックウォーマー。
生々しい外人モデルのせいかそこだけ甚だ不本意なムードが漂っているけれど
実にすばらしいパフォーマンスを発揮してくれた。

主力商品のアンダーウエアは、極寒のエベレストを征した!を謳いつつ
そこそこ歴史のある商品だったりする。

ゴアウインドストッパーを使用していないのに風をまったく通さない。
それどころかぽかぽかとまさに「ひだまり」の温かさがずっと続く。

顎先が冷たく感じてきたときも、「ひだまり」を引き上げると
ぬくぬくと温かい。

我が家には計3種類のネックウォーマーがあるけれど、
温かさはダントツ。
半端なバイク用ネックウォーマよりも高機能で低価格。

タイツも欲しくなっちゃった。


この冬一押しのオススメ。



肝心のMZのインプレはまた今度。



| バイクギヤ | 14:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

浅間温泉2日目 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

長湯があまり得意ではないので、
温泉へ行ってもそうそう何度も湯殿へ脚を運ばないんだけれど、
寝足りない頭とカラダをしゃっきりさせるべく、
翌朝はタイミングよく空いていた貸し切り風呂へ。

外から丸見えなのも厭わず見惚れた窓の外の眺め。
IMG_0648
前日同様、この日も朝の空に月。


やけに空きっ腹で迎えた朝ご飯は滋味豊かなお粥さん。
のんびりと9時ごろチェクアウトを済ませて蓼科方面へ。
雲海の絶景と絶品アイスクリームに浸った牛乳専科もうもう
IMG_0652

IMG_0655

昨日とは打って変わった走りやすいルートで
久しぶりの信州を満喫。
秋雲が縦横無尽にアートをみせてくれてるようで
空ばかり眺めて走った八ヶ岳エコーラインの先、
中央農業実践大学というなんともお固いネーミングの牧場で
またまたまったりとして。

戻る道すがら、決定権を与えられながら
ランチ場所が決められず情けなさ過ぎたけど
こんなにおいしいチキンにありつけた。
IMG_0659

この時期の八ヶ岳で、外でランチできるのは明らかに異常だけど
そのお陰でひどく幸せなひととき。
風もなく、時折さえずる鳥の声とはらりと舞う落ち葉のせいか
かなり待たされたのも許せる心持ちだったのだ。

食後は1時半ごろ早めの解散。
諏訪南ICでYASHさんと左手バイバイ。
またそう遠くないいつか、どこかで。

単二さん、maniさんとは中央道八王子でお別れ。
眠気と戦いながらところどころすり抜けつつ4時前帰宅。

前日、フェンダー裏にびっしりと張り付いていたから松の葉は、
帰りの中央道走行ですべて落ちていた。
めでたしめでたし。


maniさん、画像拝借多謝。

総走行距離725キロ
燃費25.6キロ

| ツーリング | 00:18 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

浅間温泉ツー1日目 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

浅間温泉と聞いて、それが松本にあるとわかっている人が
いったい何割ほどいるかは定かじゃないけれど、
一週間ほど前までは私はもちろん勘違いしてた。
浅間山にあるもんだと。



先週末の浅間温泉ツー。
企画はYASHさん
乗っかった単二さんmaniさんといっしょに行ってきた。

横浜と春日井と船橋と。
ばらんばらんに離れた3台なのに最終的な集合は
10分と違わないのがなんだかステキに思えたみどり湖PAから、
まずは初めてお邪魔するharryさんのお店へ。

ため息が止まらない新旧BMラインアップを拝見して
オススメのお蕎麦屋さんでランチ。
IMG_0627
新そばとつるっとした舌触りのキノコたちを
4人でうんうん唸りながら堪能。

宿のある浅間温泉をやり過ごして向かったのは美鈴湖。
IMG_0631

だけどここへたどり着くまでのワインディングがすごかった。
雨が乾ききらないウェットな路面にから松の落葉がてんこ盛り。
DSC02734_org
ここはまだマシ。
もっと濡れててもっと荒れてるあたりでは
重力に負けて倒れそうなくらいののろのろコーナー走行。

まさかここを下って戻るんじゃないよね…?

そんなわがままを言う無礼もこの際おかまいなし。
あれを下っていたら今頃どこかに包帯を巻いてたに違いない。

しかしその後もこんな道はいくらでも出現するわけで、
カラダが逃げっ放しな有様を背後のカメラにしっかりと
押さえられたのだった。
DSC02705_org



それでもその後はこんな眺めにうっとりなスカイラインもあり。
IMG_0637


飴と鞭の後には、飴オンリーな夕食。
何の因果かまたまた馬刺と縁があった。
IMG_0644

お部屋に戻って9時前には就寝。
いや…、眠れたのは真夜中だった気がするけど。


続く。

| ツーリング | 22:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ぬくぬくの秋走り

11月とは思えない暖かな週末に信州、浅間温泉へ。

ウェットかつから松の落ち葉にスリップを繰り返した
半べそのワインディングやら
表情豊かな秋の雲やら
外から丸見えだけどこちらからも絶景が満喫できた温泉やら
お腹も走りも笑いもてんこ盛り。

詳細はまた追って。

IMG_0641

| ツーリング | 00:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ダウンな日

立冬から冬景色にしてみました、ここの背景。
手持ちの画像を全面に配置するやり方がわからず、ここのリストにあるものしか使えないへっぽこなんですが、相変わらず。

それにしてもやっと冷えてきましたね。もう夜はヒーターがないとちょっと辛い。

10月からこっち、ときどき冷える日がありましたね。そういうとき、ユニークなクロージングを作ってる会社のウルトラに軽いダウンベストはかなり便利でした。

しなやかでやらわかで軽くってくしゅっと小さくなります。ダウンジャケットについているコンプレッションバッグ的なものがベストにはないんですが、私は裏ポケットにくしゅくしゅと詰め込んで巨大な芋虫のようなものにして、暑い時はバッグに入れ、涼しくなったらくしゃらくしゃらと元に戻して着ていました。
今日はさすがに脱げる陽気じゃありません。ジャケットの下に着てしっかり首までフルジップです。


ダウンって、昭和50年頃はスキーウエア以外ではみられないものでした。たまたま父の転勤で札幌に引っ越して、学校でスキー授業があるから多少は練習しなくっちゃということで母を省く家族3人分のスキー一式を揃えに行ったお店にで初めてみたような気がします。ボリュームがあって暖かそうで、こんなカッコいいものを着られるなんてスキーってステキ!なんて浮かれましたが、結局私が買ってもらえたのはアノラックという化繊のジャケット。ダウンの代りに綿が入ってるやつです。最初のうちはこれでいいの!と一喝され、すごすごと帰ったのでした。

でも初めて着るスキーウエアはまるで地球防衛軍的なシャッキリ感があって、着るだけでとっても上手に見えるスタイリッシュさが大好きでした。
もうかれこれ十数年やってません、スキー。いまどきはどんなウエアが旬なんでしょうね。スノボが増え出してひどく鬱陶しく思いつつ行かなくなったような気がしますが、今も多いんでしょうかスノボ族。スキーヤーのほうが少数派でしょうか。
今でも時々行きたいなと思うことはありまして。滑れなくなってるという気はしませんが、しかし寒さには弱くなっているかもしれません。バイクで鍛えられているかもだけど、吹雪の中リフトに乗ってずっと座っているうちに眠くなっていくあの感覚…。今なら寝ちゃってますもん間違いなく。

話が逸れましたが。
そんなこんなですっかり猫シャクシとなったダウン。暖かくて軽くて安いんだからありがたい話です。被災地の方々もこれで救われていればいいな。

週末はちょっと暖かくなりそうですが、週明けからなお一層の冷え込みだとか。オフィスにはマスクなコがゾロっとおりますし、みなさん風邪引かないようにうがい手洗いはバカにしないでやりましょうね。

| 未分類 | 13:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

スマホデビューでクタクタ

うだらうだらと迷っていたヘルメットを新調して1週間。
とうとうバッテリーがふっくらと膨らんできたW61CAを買い替えた。

htc evoにするつもりでお財布握っていったのは新橋駅前のヤマダくん。
そこで、htcにはワンセグが付いていないという衝撃の真実を知り…。

滅多にみないくせに、ないと不安なワンセグ。
万が一の避難生活なんか送るハメになったらいるだろし。

そんなこんなで結局Experia acroをチョイス。
ソニエリはこれまでの長い携帯生活の中で初めて。


40分ほど待たされた後、オレンジの袋をふりふり帰社したけれど、
これからが大変だった。

電源を入れてタップしても画面がかわらない。
しばらく格闘してから、ロックが勝手にかかることを知る。

次に、簡単にできると口頭で説明されたソフトウエアダウンロードが
どこから入るのかわからない。
電話帳を赤外線で送れると聞いたけど、これもどこに隠れているのか
わからない。

20分ほど冷や汗をかきながら
半べそで虎ノ門のショップへ、まさに駆け込んだ。

最初からショップで買うべきだったと大いに反省させられたサービス。
でも、やっぱりソフトダウンロードは進まず、
問い合わせの結果、ソフト配給会社のサーバーが混んでて繋がりにくいという
あり得ない顛末。

やっと繋がったのはいいけれど、
今日配信のソフトも一緒にダウロードになるので、
予定の時間の倍かかるといわれ、お預けしてきた次第。



そもそもが立ち上がるなり
FacebookやTwitterのアカウントを設定するかを
聞いてくるってどうなの、これ。
まずはezwebでしょうに。ぷんぷん。

当分カスタマイズに没頭しそうだけど、
それにしてもタッチパネル、やりにくい。
キーボードの打ち間違い率甚だしく、ブログ投稿なんてもってのほか。

ツーリングにも欠かせないはずのスマホ。
直近のツーではほぼ使いこなせそうにないな。


メットにスマホにと買い替え完了。
さて次はあれか、これか。


| どうなの? | 17:20 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

引き続き、岬 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

9月にお知らせした千葉金谷の喫茶店、岬再建のおはなし。

もとの場所に新たに立てられたプレハブは
懐かしい岬ブルーに変身していて、
あのおいしいコーヒーが味わえるのももうじきとか。

現在、新橋雑魚さんネヂ餃子食堂さんにもご協力いただいて
岬オリジナルステッカーをお店で販売中。
お買い上げの方にはお店からステキなサービスも。

まだまだ販売は続くので、新橋で一杯ひっかける折には
ぜひご協力を。



さてと。

今現在お部屋の温度は16℃。
ヒーターを付けてやっと。

週末はまた暖かいんだとか。
冬がちゃんとくるのかと
不安にすらなる妙な陽気だ。

オフィスではマスクな人やら咳コンコンが続出。
みなさんもご自愛を。


| バイク | 23:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

アナログマン 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

うちのWOOさんもぼちぼち40000キロ。
納車から2年目くらいまではよーく走ったなー。

ラウンドアバウトで一日1,200キロ走ったし、
まだスクリーンを付ける前だったのによくぞあのスピードで
巡航したものだと、今さらながらアッパレ!ワタシ。

2週連続でヴィーナスラインに行ったこともあったっけ。

“枯れた”というにはあまりに未熟なんだけど、
最近はロング以外あまり行きたくなくなってきてるのは確かで。

北海道ツー後症候群なんだろか。


RIMG0323
これはWOOさんのメンテナンスノート。
なおさんのところで整備するたびに書いてもらっているやつ。
ワタシがメモを書き込んだりもしている。

先月オイル交換した時点で
油脂液類・消耗品の交換記録のページに
書き込む欄がなくなってしまって
先日のタイヤ交換のときは仕方なく別カテゴリーのページに
記録せざるを得なかった。

どうしよっか…となおさん。
2冊目を使うのはいいんだけれど、過去の記録を遡ることが多いので
常に2冊持ち歩かなくちゃならないし、それって面倒ねってことで
ワタシが記入欄を作ってノートに貼り付けることになった。

こういうの作るの、すんごい得意でしょ?ね?

まぁ得意不得意ってことじゃなく、ダレでもできるよこんなもの。

ITには滅法疎くて未だにケータイメールもできないなおさん。
その割に、バイクの逆輸入オーダーをネットでしちゃうんだから
どうなっちゃってるんだか、このヒトは。


自分の整備記録がネットでみられるメーカーも
あるっていうけど、
そんな最先端と比べるとなおさんはどこまでもアナログ。
頼んだことのプラスαを、
バイク談義をしながらあれこれとやってくれて
あれこれ気付いてくれてノートに書付けてくれる。

だからこそ今までなにひとつトラブルもなく来てるんだと思うと
なおさんにはいつまでもアナログのままでいて欲しい。
いや、間違いなくいると思うけど。

| バイク | 18:24 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

イタリアの新酒ワイン到着

あと10日でボージョレーが解禁になりますね。ワイン好きの方々は毎年この時期はキリンになってしまうんでしょうねぇ。ワタシ?もちろん予約してますよ。でもイタリアの新酒もおいしいって知ってます?

フランスの“ボージョレー・ヌーヴォー”と同様、イタリアにも“ヴィーノ・ノヴェッロ”と呼ばれる新酒ワインがこの時期解禁されます。

“ボージョレー・ヌーヴォー”とは、ボージョレー地区で生産された新酒を意味しますが、“ヴィーノ・ノヴェッロ”は直訳すると「生まれたてのワイン」。
ボージョレー地区の決まった葡萄でしか作られない“ボージョレー・ヌーヴォー”と違って、ノヴェッロは産地も品種もなんでも使ってええでという縛りのない新酒なんです。もやっとした空気感が印象的なフランスで、伝統的な厳しい規格を経て生まれたボージョレーと、降り注ぐ太陽の下で育った葡萄を選り取り選んで作られたノヴェッロ。自ずとその味わいに違いが出るのは明らかですね。果実感が強く、マイルドでアルコール度数も11%とちょっと低め。オープンテラスでいただくブランチの絵が浮かんできちゃいますね。うちにはそんな環境はないので言ってみただけですけど。

日本人っていつからこんなにワイン好きになったんでしょうか。かつては成田空港に入荷したてのボージョレーをテレビ中継したり、カウントダウンパーティー会場からレポートをしていたことなんかがありましたね。まさにバブル絶頂の頃だったでしょうか。あの頃からじゃないでしょうか、11月になるとボージョレー飲まなきゃなムードが生まれたのは。今やコンビニでも予約できちゃうんですからびっくりです。クリスマスケーキにお節と、コンビニは今月あたりから大わらわですよね。
まぁコンビニ云々は余談ですが。であればこそです。それほどボージョレーで騒ぐんだったらなにゆえノヴェッロに食いつかないんでしょうね。

日本人って、フレンチよりもイタリアンのほうが好きでしょ?飲食店の数的にも、フレンチビストロよりもリストランテやタベルナやトラットリアのほうが圧倒的に多いし、そもそもここ新橋にフレンチなんかありませんし似合いませんしハマりそうな客はおりません。メディアがもっと取り上げればきっとボージョレーを上回る人気が出ると思うんですけどね。

ちなみに今年のノヴェッロの解禁日は11月6日でした。
まさに昨日届きたてのノヴェッロはこちら。


一昨年以来毎年買っている“ファルネーゼ ヴィーノ・ノヴェッロ”です。フルーティーでとても美味です。グビグビ飲めちゃうのがちょっと困りもんですが、しかししっかりと飲み応えもあります。だから飲み過ぎちゃうとマズいんです、ノヴェッロだけ(?)は、あればあるだけ飲んでしまうので。よって今年は2本しか買ってません。去年は「10」でしたボトルの金文字。

他に10数年前に有楽町のトラットリアで友人8人と飲んで、あまりのおいしさに1ダース空けちゃった“フェウド・モナチ プリミティーヴォ・ノヴェッロ”も久しぶりに買いました。きっと今年もおいしく出来上がってることかと。

まだ若干の残りはあると思うので、上記商品名でググってみてください、余計なお世話ですけど。ボージョレーと比べてあまりのお安さにたぶんその気になってポチっとやってしまうことでしょう。


| 未分類 | 14:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

果物にはわがまま

果物ってよく買いますか?
私はあまり買わないんですよねぇ。決して嫌いなわけじゃないですけど。


買わないということに気づいたのは結構最近のことで。実家に帰省すると、朝はバナナやリンゴ、おやつや夕食後に旬の果物を母が出してくれます。それは昔から変わらない我が家の習慣で。
でもその割に今の私は買って食べることをあまりしないなと、あるときふと思って母に言いました。
「私はあまり果物を買って食べないなー」と。
「あらどうして?果物は食べなきゃ」と母。
そうだよね、どうして買わないんだろうと考えてみました。

みかんやオレンジは一袋買っても、食べ切る前に鮮度が落ちて食べたくなくなります。しかもみかんって朝食には似合いません。あれは夕食後にいただくべき雰囲気を醸してます。だから夕食を家で取るのが週に2、3回という私には食べる機会があまりないわけです。リンゴは朝向きですが一個を一度に食べるには多いので、半分を冷蔵庫に入れておくんですけど、その残りの半分を食べるのがどうも“残り物”感があってうれしくない。スイカなんかはもっと顕著で、やがていつまでも冷蔵庫に入ってるのが鬱陶しくなるから無理して食べちゃってもうしばらくいいやってことになります。
その点、バナナは食べきりサイズだし朝食向き。日々熟していくので義務のように食べます。桃は大好物なのでどうあれ毎日食べても飽きません。旬が短いのがひたすら残念。

なんかめんどくさいですか、私の果物考。

で、現在旬の柿。
お隣さんの玄関先にたわわ。このお宅では毎年これで干し柿を作ってます。いいなー。
なぜか今年は柿をよく買ってます。今日は一度に大きめのヤツをまるまるひとつ食べました。 梨はあまり食べなかったのに、ホント不思議。
カラダを冷やすんですよね?柿って。そういう意味では冬向きじゃないんですけど。

そういえば、最近干し野菜が密かにブームらしいです。干すことで甘みが増すんですと。
乾燥する今の時期は朝から一日干すだけでかなりいい感じになるようで。ざるじゃあ虫やら鳥の餌食になりますから、手頃な網かご的なものを物色しようと思ってます。

| 未分類 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

やっとメット代替わり 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

うだらうだらと迷い続けて早1年以上。
とうに使用期限を過ぎたSZ-Fからの乗り換えが
ようやく完了。

お猿さん顔になることで有名なMZにしてみた。

新旧を並べて上から見ると、ダクトやディフューザーの
違いしかわからないけれど、
IMG_0590

裏返すと如実。
IMG_0597

MZの特徴となっている突出したチークパットやら
後部のパットの厚さやら、
そしてなにより、なんで青なの?と不満だったインナーが
グレーに変わってる。

パットのメンテもラクになっている。
ファンデーションや皮脂汚れで
頻繁に洗濯することになるであろうチークパットは
黒い爪の部分を本体の♀に抜き差しすることで
ラクに脱着できるようになっていて。
IMG_0595

さらにカバーをスルっと外せる。
IMG_0594

クッションごと洗わなくちゃだったSZ-Fと違って、
MZはガワだけ洗えばいいということ。
乾きも早いしこれはうれしい。



MZ購入に伴い、初代のAGVとはお別れ。
ばいばいさんきゅー

今被ると、よくもこんなメットで走ってたもんだと
びっくりするほどゆるんゆるんで心もとないんだけど、
SRのタンクに合わせてカスタムしただけに名残惜しい…。

オブジェにしちゃおかな。

| バイクギヤ | 19:47 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

中身バリ

かつてはお笑いのネタにまでなったもみじまんじゅう(古っ)
昨日広島出張帰りの知り合いに、どれがいいですか?とすすめられて一瞬たじろいでしまいました。





どれがいいって、普通のあん以外になにかあったっけ…と思ってみてみると、あらあらびっくりその数5種類。こしあん、つぶあん、抹茶あん、カスタードクリームにチョコレート。そんなに増えたの?いや、ひょっとして昔から?

和のものにカスタードやチョコを入れるようになったのはいつ頃からでしょうか。大判焼きも普通にありますね、カスタードクリーム。鯛焼きもみたことあるような。
逆に洋風お菓子には抹茶とか柚子とか、和のものが使われだしたりして、枠が取っ払われてよりおいしくなるのはいいけれど、さすがにカスタードやチョコのおまんじゅうは敢えて食べたくはないのであります。

これも歳ってことな?
やだやだ。

| 未分類 | 17:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。