なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2011-09- | ARCHIVE-SELECT | 2011-11- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ジーパンかジーンズかデニムか

値段もスタイルもピンキリなら、呼び方にも流行廃れがあって、深いですよね、ジーパンとかジーンズとかデニムとかって呼ばれているコヤツは。
どう呼ぶのが無難で普通で当たり障りがないのかといえば、「ジーンズ」でしょうねやはり。
最近買ったジーンズをご紹介かたがた、うんちくを語ってみます。



最近の「デニム」って呼び方はどうもしっくりこないんですよね。だって「デニム」っていうのはあの生地の名前ですから、デニム生地で作ったパンツを特定できる言葉じゃありません。一般的な呼び方をちょっと変えてみちゃったりすると、耳慣れない違和感が逆にCOOLなニュアンスに取って代わることがありますが、「デニム」もある種のそれなんでしょう。なんで今更そう呼ぶのが旬なのかちっともわかりませんけど。
かつてGIが履いていたパンツを見た日本人が付けた「ジーパン」という呼び名は、当然のごとく古い印象があるけれど、こちらのほうがよほど市民権を得た呼び方じゃあないでしょうか。


ならば「ジーンズ」はというと、デニム生地用の綿布の原産地・イタリア北部の町ジェノバ(ジェノア)を意味するGeneが語源という説が有力だそうです。「ジーンズ」の「ズ」は2本の脚を表します。そう、複数を表す「s」なんです。

そもそも過酷な金鉱堀りの作業服として幌馬車の幌で作った初代のジーンズはブルーじゃなかったんですよね、これは有名な話ですけど。作業員たちが毒虫やガラガラ蛇から噛まれることが多かったので、虫除け効果のある藍、つまりインディゴで染めたのが今のデニムの元祖であって、その青いデニム地を「ブルージーン」と呼んだわけです。そう、だから「jeans」の「s」は複数を表す「s」、いわゆるデニムパンツを表す言葉こそが「ジーンズ」なんですっ。ぜーぜー。

ジージャンだって腕が2本あるから「ジーンズ」でいいんじゃね?なんて言わないでくださいよね。実はワタシもその疑問がないわけじゃないんですから。


そんなこんなでワタシが最近買ったお気に入りの「ジーンズ」の画像にやっと至ります。ミディアムスキニーですが、バイクに乗るときはブレスサーモやらゴアウインドストッパーを履き込むのでちょい大きめサイズにしました。


これがまたえらいバリカタです。脱ぐと抜け殻のようになります。洗いをかけていないジーンズだからです。バリバリカシカシしてます。膝を曲げるのもなかなか厄介。バイクに跨がるのも結構難儀します。でも外で履かないときは部屋の中とかなにしろ毎日ちょっとずつ革でいうなら「なめす」ような気分で履いてます。楽しいですね、ジーンズに自分だけのアタリを出していくのって。
で、これ。「当分の間」洗わないほうがいいそうです。当分の間を経て洗うときも水のみがbetterと。間違っても蛍光剤入り洗剤なんかは使わないでとお店の方にやや強く言われました。全体にのっぺりと色落ちしてしまって、かっこいい落ち感が出にくいようです。「当分の間」を同じモノを買った雑魚のマスターは「オレは半年とか一年とか」と言ってます。
真夏に買わなくて正解でした。

ラベルは手作り感たっぷり。



裾を折って履きたくなるセルビッチです。
 岡山で別注したデニムをロスで縫製してまた日本に戻ってきたmade in USA、「JEANSHOP」のもの。ワタシもこの歳ですし、ひょっとしたら一生モンになるかもです。興味のある方には、すてきなショップのおねーさんをご紹介します。
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ポリポリパリパリ

お漬け物をあまり買わなくなりましたワタシ。浅漬鉢という、お漬けもの作りの秘密兵器を買ってからは特に。



ご飯を食べ過ぎてしまうのがいやで避けているというのもありますが、食べ残してしまうことが多々あるので、好きなんですがあまり買わなかったんです、お漬けものって。
ならば食べ切れる程度の量をマメに作ろうと、ぬか床をもっていたこともあったのですが、毎日家で食事をするわけでもないので、ついつい手入れを怠ってダメにしてしまったことも何度も。


母から、浅漬鉢がいいんじゃない?と勧められたのは今年の春くらいだったでしょうか。
ちょっと前までは、バネ付きのフタで圧力をかけるお漬け物漬け器を使ってましたが、あれは圧が強すぎて野菜がぺたんこになってしまうのが難点で。
でも、ガラス製のこの浅漬鉢はフタの重みも適度なので、にんじんなんかポリポリっと歯ごたえよく漬かるんです。にんじんのお漬け物なんてほとんどテーブルに上がることなんかなかったのに、最近は軽く塩をして少し置いてから、白だしと少量のみりんで浅漬鉢で漬けていただいてます。生のにんじんって野菜を食べてる感にどっぷり浸れて結構快感です。
しかもこの浅漬鉢、このまま冷蔵庫に入れてますし、見目がいいので食卓してもみすぼらしくないのがいいんです。

今日は大根と大根葉に、またまたにんじんを加えて粉末の浅漬けの素を振りかけて小一時間。

おいしゅうございます。
「キャベツのうまたれ」という福岡産のノンオイルドレッシングがありますが、セロリをあれで漬けるといくらでもいただけますワタシ。セロリは基本的に苦手な部類だったんですけど。

ピクルスとか、お正月のなますもこれで漬けると早いかもです。
使えます、これ。

| 未分類 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

心変わり 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

タイヤを変えてみた。
タイヤ交換

ダンロップからほんの少し高いBSへ。
スッとしたシンプルな表情が新鮮。

いずれもメーカー推奨なので安心なんだけれど、
ダンロップから比べると横溝がほどんどない。

当然ニュアンスが違ってくるはずなんだけど、
例によってあまり変化は体感できず。


かっこ悪い赤いライン。
早く消さなきゃ。

| バイクメモ | 18:37 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

哀惜

うっかり見つけて見入ってしまった。

また涙腺が緩む。




青山1丁目のホンダ・ウェルカムプラザ青山では
30日まで献花台が設置されているとのこと。



最終戦、みんなしっかり走ってね。

| バイク | 11:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

乗っても食べても

牛も豚も鶏も、ヒトは何の抵抗もなく毎日食べているのに、
なぜ馬は食べないの?

それはそもそもの市場に出回っている量が少ないからとか
牛豚は食べ慣れてるけど馬は慣れてないからどうもねとか
牛や豚には乗らないけど馬は人が乗るから食べないよとか
人それぞれに理由はあるんだと思うけど、
ワタシはといえば、やっぱり食べる機会が少なかったよ。

そんな馬肉が、だ。
こともあろうにオフィスから歩いて5分もかからないところで
すんごいおいしくいただけると知ったのはかれこれひと月くらい前?

今日はとうとう食べてきましたとも、馬肉をね。

店内は背を向けて座っていたからあまり観察できなかったけれど
こんな看板がかかっててなにしろ全編昭和なノリ。
馬いただきます

仕事のイライラ最高潮なノリだったこともあり
駆けつけ生2杯。
馬喰町じゃありません、ココは新橋。
ジョッキもオリジナル

さてさて怒濤の馬責めの一端をば。
まずはあり得ない鮮度の馬刺5種盛り。
柔らかくて甘くて滑らかで思わず唸るウマさ。
馬刺っ

普段メンチは油ギッシュで敬遠なんだけど。
脂分のすくない馬はサッパリ。
薄めの衣はサクっサクっと軽くて、お肉うますぎ!
添えられているのはスウィートチリソース。
馬メンチ

なにげにノーマルなポテサラも、トッピングはもちろん馬。
定番ポテサラ

店の雰囲気にそぐわないイタリアンメキシカンな一品。
バジルを効かせたアボカドと馬のハーモニーはナイス。
イタリアアレンジ

馬ってこんなにおいしかったんだねと笑っちゃうラインアップ。
馬並みのパワーをちょうだいできそうな予感。

お店のオペレーションも悪くない。
チャーハンを頼んだら黙ってても出てきた緑茶はまともだったし。


馬肉ってとってもカラダによいのよね、実は。
これくらいのお値段でいただけるならアリでしょう、これは。

馬肉問屋 馬喰ろう 新橋店

馬並みパワーはこちらでどーぞ。

| そとめし | 12:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ラーメンも缶入りのアキバ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

昨日は珍しく御茶ノ水から神田界隈をぶらりぶらりと食べ歩き
日曜のガラガラに空いた外堀通りを流すバイクは結構目について。
そんなことをしたことがないワタシには、ちょっと新鮮だった。

日曜の都内バイク散歩、ルートによっては悪くないかも。



さて。

そんなぶらぶら歩きで立ち寄った秋葉原。
壊れたMacを持って駆け込むときくらいしか縁のない街だけに
なにしろほとんどのモノやらコトやら人種やら
街が醸し出すオーラってやつがいちいち肌に合わない。

駅前にアトレを見つけて
“普通のお店”もあることにちょっと安心。

そんな秋葉原で見つけちゃったのが、この自販機。
不思議なラインアップ

アキバにおでん缶というのは聞いた気がするけど、
下段にあるのは間違いなくラーメンなわけで。
とんこつと担々麺…。いやはや。

これ、どうやって食べるの?
缶はカパっと全部開くのでしょうか。
まさか穴からすするわけじゃあないでしょうし。
小腹が空いたときにグビだかズルだか立ったままやるんでしょか。
しかしもうこうなってくると
食べ物を五感で味わうなどという情緒もなにもありゃしない。
食事というよりもお腹を満たすだけのもの。

端からそんなことを望む人種はアキバへは来ないわけだし、
むしろ理にかなっているといえるのかも。

おしることコーンスープあたりが限度かな、ワタシは。

| どうなの? | 14:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

神田食べ歩き

珍しく、夕方から淡路町での用事が入った昨日の日曜日。他に予定もなかったので早めに家を出て、御茶ノ水周辺ををぶらりとしてきました。古い家並や下町風情にひどくココロ惹かれる昨今。歳のせいなのかしらん…。




スタートは御茶ノ水駅。船橋から黄色いラインの総武線各駅停車に乗って、30分ほどで到着。聖橋の年季やら、下を流れる神田川の流れをまったり眺めてから淡路坂を下ります。下った先の神田郵便局の裏側にビルに囲まれて佇むのが、神田やぶそば。ここでお昼ご飯をいただきました。

着いたのは12時半を少し回った頃。日曜でも行列と聞いていたのに空いてるじゃない?やはり日頃の行いがモノを言うのですね、こういうときって。

と有頂天になったのも束の間、よくみると入り口右手の土間にずらっと先客10人ほどが列をつくっていました。それでも思いのほか回転も店員さんのさばきもよくて、10分ほどで店内へ。
広いんです、これがまた意外に。80席もあるのだそう。さっそくせいろ1枚をオーダーすると、勘定場からは名物の謳うようなオーダーが聞こえてきます。

周囲のテーブルには昼間っからエビスの瓶ビールが立ち並んでおり、みなさん天たねと呼ばれるかき揚げや穴子焼きをつまみに、豪勢なランチを楽しんでおられます。ヘタをするとひとり5000円使う勢いでしょうか。でもいいんです、私たちは。昼のビールはだるくかつ眠くなることを知っている酒飲みですから。

さて、待つこと15分ほど。均一に薄く盛られたせいろが登場。

ツルっとさらっと喉越しよくあっというまにいただいてしまいました。
おつゆも甘からず辛からず、そば湯を注ぐとこれがまた品のいいお吸い物のよう。3杯飲んでしまいました。
ありがとうぞんじました…という品のいい声に送られて店を後にします。

すぐそばの竹むらは日曜定休。残念。


でも、実はデザートは予め決まっていて。
昌平橋を渡って向かったのは神田明神。狙いの天野屋さんがお休みだったので、参道脇の三河屋さんで甘酒をいただきます。

三河屋さんのほうがやさしい甘さとのことですが、なるほどかなり甘さ控えめ。くずもちも美味!でもこの後にいただいた噴かしたての酒まんじゅうのおいしかったことといったら…。ふわふわの生地とあんのバランスが絶妙で、写真を撮るのも忘れて完食です。


肝心の神田明神三門。いや、甘酒がメインだから、こちらは正直サブだったのですが。結婚式の集合写真撮影やら、七五三の参拝客やらでそこそこ賑わっていました。



この後は秋葉原に移動。
歩いていくらもかからないのに、空気感の変化にはびっくりです。神田あたりとはまるで別の国のよう。スマホをちょっといじくっただけで人酔いしそうでうんざり。まだ時間はたっぷりあったのですが、淡路町目指して移動してしまいました。

たまには都内のお散歩もよいですね。
バイクで走るのとはまた違った風情に触れられて、なにより軽く汗をかきながら歩くのは楽しいもの。カウンターによれば、昨日はトータルで10キロほど歩いてました。
10月後半とは思えない暑い日曜日でした。

| 未分類 | 12:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

for Marco

ヘルメットよりも大きなボンバーヘッドのせいだけじゃなく
大きな成りの割にオチャメでヤンチャなキャラクターが
どこか憎めなくて。

ストーナーよりもロッシよりも、
いつだって気にかけて観ていたのに。

あまりにもあっけない幕引きだった
マルコ・シモンチェリ




今日は多くは書けそにない。


儚く散った若い命に。
合唱。

弔い酒



Marco Simoncelli

| バイク | 23:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

乾きはじめ

毎朝オフィスに着くと欠かさずやります、うがい&手洗い。
心なしか、それを徹底しだした3年ほど前から風邪を引きにくくなったような気がします。やはり世の中に啓蒙され続けるだけのことはありますね。



夏の間はまったく感じることがないのですが、最近気になることがあります。
2週間ほど前からでしょうか。手を洗って席についてキーボードを打っているうちに、手指がやけに乾いた感じになるんです。
空気が乾燥してきてるんですね。

さっそく引き出しに常備しているハンドクリームを塗ります。Q10を含んでいるヤツです。

そろそろデスクに置く加湿器も買わなくてはと物色しているんですけど、なかなか決め手がなくてまだ購入に至っていません。
実は2年前に○イリスオオヤマの一品を買って、冬の間はデスクにおいて使っていたのですが、 中のフィルターにカルキがびっしりとついてしまいまして。替えがあるんじゃないかと思って、この会社のホームページを覗いてカスタマーサービスにメールを入れたのですが、うんでもなければすんでもありません。客からの問い合わせを無視する企業体質はまったく理解できません。もうここの商品は二度と買うことはないでしょう。

そんな企業のことはもうどうでもよいのですが、お肌にも健康にもトラブルをもたらす乾燥とは、上手に付き合っていきたいですね、これから春まで。


ちなみに無印良品のアロマディフューザーはオススメです。
会社用にもひとつ買うにはちょっとお高めなのが残念ですが。

| 未分類 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

あぁ勘違い

あっちのバイクブログがメインでココは別宅扱いのはずで、ゆえにときどき書くつもりでタイトル決めてスタートしたはずのココなんだけど、考えてみればプロライダーでもない限り、生活の大半をバイクマターが占めているなんてことはあるはずがないんです。自分が乗ることだけがバイクネタじゃないんだから探しなさいよって話なんだけど、そうなるとこれまでとはちょっとあっちのノリが違ってきちゃわないかなとか思ったりして。

そうこうしてる間に、あっちに書くよりこっちに書きたいネタのほうが実は圧倒的に多いことに気付いてさあ大変。あっちはメインこっちがサブってスタイルを、こっちメインであっちサブに変えるのはまだ時期尚早のような気もして。どうしますかねこれは。自らパラドックスな状態を招いてしまったワタシはどうオトシマエをつけたらよいのやら…。




なんだか書き心地がよいのです、ココは。書く気にしてくれます、うまく言え…、いやうまく書けませんが。

ろころで。
ブログ継続に必要なのは根性だと書いた某ベストセラー作家がいますが、今時の売れてる作家先生が使って恥ずかしくないくらい復活の兆しでもあるんでしょか、「根性」って言葉。「ガッツジュン」とか「飛び出せ青春」で始まって、「タッチ」あたりを最後に滅んだ感のあるスポ根モノとともに死語になったと思ってました。

でも、その先生曰く、ネタを探して書き続ける根性もさることながら、まったく反応がない…、つまりコメントももらえずPVも上がらない状態が続いても、その寂しさや悔しさにめげずに書き続ける根性?これが必要だというんです。

「根性」は却下ですが、その心理には頷けます。
ブログは日記だから本来は人に読ませるものじゃないので、ダレにも読まれなくたって平気という意見を、以前どこかで読んだことがありますが、これは切ないくらいに大きな勘違いだと言うしかありません。
だってそもそもブログは日記じゃありません。ブログってのはエントリにあるテーマや事件やワードやこっそり仕組まれていたりするネタを読み手が掬って、コメントで返したり刺したりしながらイジって、それをいわゆる読み逃げしている方々を含むビジターさんたちがふんとかへぇとかスゴいとか感じたり、感じるだけじゃなく行動に移したり、さらにもっとたくさんの人たちに広めたりするものであるわけですね。

ゆえに世界中のひとたちの目に留まるインターネットというステージ上で書いているわけであって、ですよ。そもそもが人に読んでもらわなくたって平気なものならば、Wordとかステッキーズとかmiあたりに書いて自分のPCに保存しておけばそれでいいんじゃないでしょか。
ダレにも読まれなくたって平気なら、なぜネット上にアップしたいわけ?
それがワタシにはわかりません。思うにそれってつまりはやせ我慢。書いた以上はコメントなり足跡なりが欲しくないはずがありません。


ワタシは、そんな想いで書いてます。
その割にツマランと?
このトーン&マナーにまだ慣れないということにしておいていただいて。
まぁ、ここはひとつ、長い目でひとつ。

| 未分類 | 18:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

充電式マフラー誕生 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

無印がうれしいガンバリ。

充電式マフラーを今日発売したらしい。
連続使用時間5時間ってところがちょっと心許ないし、
お値段的にもう一声安くてもよくない?って気もするけど。

この勢いでもっとアイテム増やしてくれないかしらん?
充電式あったかいウエア。

バイク仲間某U氏からもうじき電熱ジャケットをいただくので
ワタシ的には、無印遅かりし!なんだけど。



ちなみにその電熱ジャケットはU氏お手製。
それだけに、「感電するかもしれないスリル」が
もれなく付いてくる。

今年の冬は、寒さよりもそんなドキハラで震えそう。






| バイクギヤ | 14:23 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

そろそろ年賀状

こちらはバイク、あちらはそれ以外と決めた途端に、
こちらでのネタに事欠くようになってしまった。

バイクブログを気取っても
これだけ乗ってなきゃネタもなくなるわよ。

そろそろ年賀状の素案でも…とツー画像を漁っても
使えそうなのは北海道ツーのものばっか。
自慢じゃないけど走ってない。

念願かなったツーだから、それで上等なんだけど。



ところでその年賀状。
うちのcanonがオブジェと化して以来何年も
出力サービスにオンライン入稿して作ってる。
毎年秋口になるとプリンタを買い直そうかと
一応は思いつつ踏ん切りが付かないまま11月に入って
結局は6、7000円ほどを払って外注してるわけ。

例に寄って今年も一応価格ドットコムなんかをチラ見して
そしてお約束通り悩んでる。

プリンタが家で使えるようになれば写真の出力もできちゃうし
それなりに使えるんだろうけど
各社比較検討しているうちにめんどくさくなって
また頓挫しそうな予感がモリモリ。

どうしてこうもアレルギー反応がでてしまうんでしょOA機器。
ちゃっちゃと整えてくれる嫁が欲しい。


| 私って | 17:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

捨てられない

久しぶりにお買い物をしたお店で、以前作ったポイントカードが探し出せなくてレジで焦ったこと、ありませんか?
絶対持ってきてる自信があるときはなおのこと、現金よりもカードの類いが圧倒的に多いお財布をひっくり返さんばかりに探すんですが、こういうときに限ってこれが出てこない。

忘れてきた(はずはないんだけど)みたいだからいいですというと、お店の方はすかさずレシートに捺印をして、次回このレシートをお持ちいただければ加算しますので大丈夫ですよなんて、極上の微笑みを返してくれるのですが、未だかつてレシートを出して前回分のスタンプを押してもらえたためしがありません。
どういうわけか失せてしまうんですよね、レシートって。




これ、今日のワタシのお財布に入っているショップカードの類い、17枚です。

バイクででかけるアウトレットやバイクショップのポイントカードはバイク用のお財布に入れてあるので、すべて合わせるといったい何枚になるんでしょう。

しつこいようですが、お札よりも圧倒的にお財布の中身の嵩を増やしているこのカードたち、結構厄介な存在です。一枚ずつ判別できるようにお財布に入れるには量が多すぎるし、かといって忘れ物が多い質なので、カード入れを別に持つことも、返ってコトが面倒になる気がして触手が伸びません。しかも最近は無期限にポイントを溜められるお店がほどんどで、ますますカードを廃棄することがなくなってきました。頻繁にいきそうもないお店ではカードを作らないようにするべきだし、1年以上行っていないお店のものは捨てていいんじゃあないのかねと自分自答しながらも、でもまた行くかもと捨てずにいるわけです。


その点、GapのようにケータイのQRコードで管理してくれるところは助かります。支払い時に、読み取り機にケータイをかざすだけでポイント加算。実にスマートです。お年寄りにまでスマホユーザーが広がりつつある今の時代、ペーパーレスの次は是非ポイントカードレスで!と期待してしまいます。



そういえば、ユニクロにはポイントカードがありませんね。
そんなことをしなくとも客のハートをがっちりつかんでいるという自負の表れでしょうか。長く続いた残暑の影響で減収とも聞きますが、しかしワタシも以前ほど行かなくなりました、ユニクロ。

2、3シーズンも着れば元が取れる価格だし、ユニクロの商品コンセプト自体もそのあたりを基本としているようで、中には3年ほどで表面が劣化しますと堂々書いてある商品もあります。が、個性が薄くそこら中の人が着ているであろうモノには愛着も育たないもの。着るつもりで買ったはずなのに、その存在を忘れしまっていることが多々あります。

幸いユニクロはリサイクルをやっていますので、着なくなったものを店頭に持ち込めば、服を必要としている世界中の方々の元へ届けられます。これも、ボランティアのひとつと思えば、罪悪感も減りますけどね、あまり着てあげられなかったお洋服たちに。


そんなこんなで今日は捨てられない話ってことで落ち着きました。

| 未分類 | 16:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

WOOでDECO 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

十数年来、中には四半世紀以上の付き合いになる仲間たちが
ひと月遅れの誕生会を開いてくれた昨夜。

年齢も職業もバラバラで、キャンプや花見やBBQや飲み会を
ことあるごとに続けてきた気の置けない面々。

不思議なことに、ほとんどがひとりもの。
だからこそ今まで付き合いが続いているのかもだけど。



記念すべき今年の誕生日はプレゼントもスペシャル。
デコってもらいました

オリジナル画像で作れるチロルチョコ、その名もDECOチョコ。
どこから画像を探してきたのか、
3パターンの画像を使ったチロルチョコが1545個。

完成品のサイズを考えずに某A氏が原稿を作ったらしく
すでに老眼が進むメンバーの誰もが
吹き出しの台詞を読めなかったという爆笑オチ付き。

バイクに乗ってなかったら、ここにどんな画像が使われていたのか。
考えるとちょっとコワい。



満喫した中華のラインアップはこちら

| そとめし | 16:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ごちそうさまでした

昨夜は上野で、もう勘弁!というくらいおいしい中華をいただいてきました。
気の置けないアウトドア仲間たちが、ひと月遅れの誕生会を開いてくれたんです。



御徒町から歩いて5分とかからない中国東北料理のお店ハルピンは、メニュー全制覇したくなるようなとってもおいしい中華がいただけるお店。お料理同様、お店の方も気取りがなくフレンドリーで、楽しいひとときが過ごせました。








 定番からオリジナルまで、これでもほんの一部。おもしろ半分でオーダーした激辛チャーハンも、辛さに負けないおいしさでついつい食べすすんでしまって、しばらく口中が痛いままでした。
飲み食べ放題男性3,500円、女性3,000円では、申し訳なくなるうまさです。


ハルピンさんに、そしてみんなに。
温かなひとときをありがとでした。

| 未分類 | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

献血のススメ

恥を晒すためにここを増設したつもりはないのですがー。
今日もまた恥を晒すネタとなります。はい。ワタクシ生まれてこのかた一度も献血をせずに生きてきました。

バイクに乗っていることだけをとっても、ひと一倍キケンと隣り合わせにいることが多いはずなのに。万が一のときの輸血を気兼ねなく受けるためにもここはひとつ受けておかねばと…、そんなことを時おり思わないでもなかったのですが、なかなか機会がないまま月日が流れていました。


そんなワタシが、たまたまオフィス近くに来ていた献血車を見つけて、吸い寄せられるように人生初めての献血をしたのは一昨日のこと。もともと頭で考えるよりもカラダや口に指令が飛んでくるシステムが組み込まれているワタシですが、このときも献血後のことなどまったく考えず献血車に乗り込みました。30、40分かかると言われて一瞬仕事のことが頭をよぎりましたが、すでに気分は“まな鯉”です。

個人情報の記載や直近の渡航先、プラセンタ注射の有無などのアンケート記載のほか、医師の問診、献血に見合う血液かどうかのチェックなどを経て、やっと採血へと至るのですが、問診時に断られていた方もちらほらと。健康だからこそできるボランティアなんですね、献血って。

無事、採血終了後、献血カードと正体不明なマスコットをいただきました。
赤十字のサイトに行ってみたら、「けんけつちゃん」という「愛の妖精のリーダー」的存在を担った立派なゆるキャラでした。いただいたものはマイクロファイバーのにょろにょろが生えたホコリ取り。しばらく使ってあげられそうです。


さて。
ワタシも今まで知らずにいたのですが、献血には意外なメリットがいろいろありまして。

お菓子やジュースが飲み食べ放題で、有楽町の交通会館の献血センターでは、有名メーカーのアイスクリームも食べられるとか、よく聞く話は置いておいて。一番ありがたいのは申込用紙にチェックを入れておけば無料で血液検査結果が送られてくる点。一般的な健康診断で行う血液検査項目の結果はひと通りいただけるようで、許容範囲を越えた結果には要チェクの旨も記載されているので、成人病や、もしかするとガン発見のきっかけにならないとも限りません。定期的な献血が健康維持にひと役かうといわれるのはそういうことなんですね。

一度やったくらいでいきなし上から目線になるようでナンですが、機会があればぜひに。血液を必要としている方々にはもちろんのこと、自身にとってもメリットがあるのですから。





| 未分類 | 12:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

進むローガン 「★つ・ぶ・や・き★(1280097)」

今回の免許更新ではまったく問題なくクリアできた視力検査。
念のためメガネを持って行っていたんだけど、
引き続き裸眼でいけそう。


が、しかし。
実はこのところ、近くの小さい文字が
以前にも増してひどく読みにくい。
電車の中で文庫本を読んでいると目が非常に疲れるし、
右目と左目の焦点が合わない。


若い頃から右目は近視と乱視。
左目は遠視。

遠くは左目でみて、近くは右目でみるシステムが出来上がっているので、
老眼になるまではほとんど支障を感じなかった。

用心するよう眼科医に言われた、モノに躓いたり落としたりというトラブルも
おっちょこちょいゆえを差し引けばそうそう多くはなかったし。


最近は、ナビ搭載バイクに付いて行くことがほとんどになったため、
ツーリングマップルは見ない。いや、文字が小さすぎてとっくに読めない。

仕事をするにも本を読むにもあまりに不都合なので、昨日メガネやさんへ。


1年あまりで右目は2段階、左目は4段階も進んでた。
メガネが用をなさないはず。

気持ちよく見えるところまで
レンズの度をググっと上げてもらって喜んだのも束の間、
立ち上がって遠くをみると、グワンと歪む。

次は遠近両用ですね。
末永くよろしくお願いします。

そんな会話で店を出た。





それでもワタシの老眼の程度、
歳の割にはまだいい方だと言われた。

45歳あたりを境に急激に進むので、
ここの常連のみなさんの中には該当する方が多いかと。

手元が徐々に見えなくなる悲しさは、結構ハートに堪えます…。

| 私って | 16:19 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

別宅解禁

ココが10年過ぎたので閉じようと思っているんだけど
オンナのくせに意気地なしの潔ワル。

たまに更新するつもりで別宅を用意した。
でもタイトルに反してそこそこ更新しちゃってて、
屋号替えようかと思案中…。かっこ悪。


バイクはこっち、それ以外はあっちもアリなんだけど、
同じテーマを違う切り口で書いてみたりもしてる。

頻度としてはこっち7、あっち3くらいの感じ、かな。




レギュラー仕事が隣国に喰われ始めて戦々恐々な昨今。
売り上げなくなっちゃうよねぇとはつい先日の社長の談。

そんな折に、年金支給開始70歳案も出ているようで
気分が上向く要素なし。

どうなる?未来のアタシ。







| 未分類 | 13:06 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ヒロシです

自分でもキャラに合ってないと思いつつ、ケータイにはキャラものストラップを付けてしまいます。
現在は、8月の北海道ツーリングで買った、じゃがポックル。まだまだ元気に揺れてます。
じゃあ先代は?というと、実家のある福岡で買った明太子キティ。

しかしこのキティ、なにげに根性ありました。かれこれ2年以上がんばってくれたんですから。



いかが?この年季。
お腹に書かれた「博多」はもはや「博」だけ。それすらうっすらと儚げでですが、周囲には「ヒロシ」と呼ばれてました。顔にはまるで図ったかのような目、目、口を思わせる3カ所のハゲができてて、よくみなければキティだと認識できない面構えです。でもこれ、頭の輪っかがぽきりと折れて代替わりしても、捨てられません。

お若い方々には馴染みはないと思われる「ロボコン」を彷彿とさせるこの手足も、ぶらんぶらんと揺れる様がやけに愛らしく、身長2センチ程度のボディからは想像できない存在感があるんです。

きっとそのうちどこかへ失せてしまって、やがては失せてしまったことすら気付かないまま忘れ去るに違いなく、それも忍びないのでアップしときます。

ありがとヒロシ。

ちなみに我が父は、「宏」と書く「ひろし」なので、呼び捨てはどこか抵抗がありますが。









| 未分類 | 11:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

落ちこぼれ 「★つ・ぶ・や・き★(1280097)」

自慢できたもんじゃないことはわかりきってるし
ここでわざわざ披露するネタでもないんだけど
ココ数年来、パソコンやケータイの進歩にまったくついていけてない。

グレー画面にDos/Vのコマンドをチャカチャカ打ってるころは
今思えばいい時代だった。
やれることは限りがあったし、覚えることもタカが知れてて、
なにより頭はやわらかだった。

でも今は違う。
知っていればいとも簡単に出来てしまうことなのに、
積極的に情報を得て触れて行動を起こさなければ
あっという間に取り残される。
すべてが豊富で多種多様で簡単なようでいて複雑。

至る所で見聞きする言葉に付いて行けていないのは言うに及ばず、
ケータイの機能ですら使っているのは半分以下かも。

そのくせiPhone買っちゃうもんねと言ってる自分に
実は内心オイオイなのだ。

昨日昼からビールした親友のり平も、
ねぇ、Wi-Fiってあるじゃん?という私の問いに
うっ…、うん、聞いたことある。なんだっけ?レベルで。
それ持ってるとなんでも繋がるらしいのよという
まったく説明になってなくてむしろ単なる形容でしかない私の答えに
ふーんといったきり。

わかりもしないことをまったくわかってないヒトに説明できないワタシと
ワタシに聞かないでちょうだいよオーラ出しまくりののり平とでは
その会話をそれ以上続けることはできなかった。

そもそも一見では読めまい、Wi-Fi。
Wiiがウィーなら、Wi-Fiはウィフィと読むのが素直なヒトだ。
Wi-Fiの親戚くさいWi-Maxとかいうのはウィーマックスじゃあないのか。

曲がりなりにもなMac使い的には、次はiCloudなんてのもやってくる
Cloudだけにお天気情報?
ググってみたら
「Web上で音楽や動画の管理や再生(ストリーミング)を
ユーザーが行えるようにすると」のだそう。

…まぁいいか。




そして話は戻って昨日の京葉線内のふたり。
額面広告をみてまた悩む。

タブレットってさぁ…。
あれはケータイと同じ回線で繋がるわけ?
パソコン回線じゃないよねぇ。
電話はできないんでしょ?(笑)
電話はできそうにないよねぇ、タッチパネル汚れるし(笑)
docomoだけどねぇ(それはdocomoの広告)。
いいよねぇ、あれ。
うん、老眼にはいいよねぇ。

そういうオチかい!とクスクス笑いながら、
ちょっとだけわかったような気がしたふたりだった。



どうしていいかわからないことが多過ぎる昨今。
常に最先端情報に付いて行けるのはワタシ世代がリミットかと。

いい出会いと環境に恵まれた方々は
80近くになってスマホを楽しく使ってますーとなってるが
置いてけぼり感たっぷりなワタシは単なる勉強不足ってことか。
それだけ?ホントに。

| 私って | 16:50 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

昼からビールな二日間

連休初日にオイル交換をしたものの、
残り2日はいずれも女友達と電車でおでかけ。

9日は友人が谷中で開催中の猫展を見に行きがてら、
下町風情を満喫。

ギャラリーをゆるゆると見学し終えたお昼過ぎ、
猫のメッカとして有名な
夕やけだんだんを上がりきったところにある酒屋の店先で
ひからび寸前の喉に生ビールを注入。

ビール片手に夕やけだんだん方向をいい気分で眺めれば
いやはやしかしスゴい人出。
IMG_0437

だんだんを下りた先に続く谷中銀座でコロッケやら唐揚げを買って
今度はヱビス琥珀の生がある酒屋の店先でまた1杯。

よみせ通りにある延命地蔵でふらっとお参り。
長生きする気は毛頭ないつもりなのになんでまた?
ちょっと弱気になったのかな?ワタシ。
IMG_0444


千駄木駅に着いてさぁどうしよう?となって
以前雑誌でみた怪しい飲屋街に行ってみない?と
ゲリラ的に決まった行き先は京成線立石。

駅から伸びるアーケード街から路地へ入ると
確かに細く伸びた路地に昭和の香りが漂う間口の狭い店々が
軒を並べている。

コの字のカウンターを設えた一軒に入って
軽く呑んで軽くつまむ。

小一時間過ぎたころ勘定をして外へでれば
そろそろ夕暮れ。
IMG_0448

んじゃちょっと腰据えて呑みますかということで
今度はしっかりとした店構えの居酒屋へ。
泡盛をちびちびやってまたちょっとつまんで。
IMG_0450

たくさん歩いた割に、あちこちにあったお寺さんには
まったく寄りもしなかったという呆れた散策。
最初から最後までしゃべり尽くめだったからまぁいいか。



そして今日は、バイクなら20分程度の海浜幕張まで
これも女友達と電車でのんびりGO。
montbellやらFrancfrancをぶらぶら観て歩いて
またもやビールとランチ。

バイクに乗らないと、これができるからいいのだなぁ。


結局冬物の入れ替えも途中まで。
しかしこの陽気じゃもうしばらく秋本番はお預けかも。


| あるこほーる | 23:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ぶらり谷中へ

連休中日は谷中散策へでかけてきました。

知り合いが連休中に開いている猫写真展を見がてら
根津駅からギャラリー経由で谷中銀座をぶらついてきました。





猫が多いことで有名な谷中ですが、写真を撮らせてくれたのは、ギャラリー前で遭遇したこの猫さんのみ。
眼光鋭い黒猫ちゃん、さっそと行けやい!と言われているような気も。

お昼を過ぎた頃だったので、夕焼けだんだんを上がったところの酒屋さんの店先で、からからに乾いた喉および空きっ腹に生ビールを注入。谷中銀座へと下りてコロッケやら唐揚げを買い、そばのお酒屋さんの店先でまたまた生ビール。
お空の下で呑むビールって、なぜにこんなにもおいしいんでしょう。

お腹もハートも満腹になったはずが、よみせ通りから入った路地に見つけた和菓子屋さんで豆大福を買ってまた頬張って。もうカロリーは無視の方向で。

昼ビールでついた勢いはもう止まりません。いかにも昭和な居酒屋群があることで有名な立石に電車を乗り継いで移動して、まだ4時だというのに腰を据えて呑んじゃいます。日が暮れかけたころ場所を変えてもう一杯。


帰宅してもかなりお腹いっぱいだったけど、酔った勢いもあって豆大福と一緒に買った和菓子はぺろりと胃袋に収まりまして。久しぶりにたっぷりと歩いた分だけしっかり食べて呑んだ一日だったのでした。

| 未分類 | 17:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お互い熟年 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

26万キロの面構え。
26万キロの面構え

年季の入ったエンジンは燻し銀の域。
燻し銀



今朝は印西へふらっと走りに行った帰りに
オイル交換をしになおさんのところへ。

そこへやってきたのが多摩ナンバーのGPZ900。
私と同年代風のその方は、
十数年来のなおさんのお客さん。
赤城のさらに奥の単身赴任先から通ってくるらしく
今日はタイヤ交換に来たのだとか。

買ったときからなおさんが整備してきているというから
まさに上得意。
国産車でもそんなに走るものなのね。

タイヤやカウルなど、スペアを持ちたがる方らしく、
同モデルのGPZも新品で持っているのだとか。

左右のレバーとプラグ程度が精一杯のワタシとは
所詮格が違う。



さて。
26万キロに比べればピヨピヨなれど、
WOOさんもうじき4万キロ。
ここへきて、一気にいろんなパーツが
替え時を迎えつつあって。

一番急を要するフロントタイヤに始まって、
リアタイヤもそろそろ替えてもいいころ。
エアクリーナー、バッテリーもそろそろ危うい。

やれやれ。
またまたメットが遠ざかる。

でもタイヤは気分を変えて
3本続けてはいたダンロップから
ブリジストンに替えてみる予定。




今日は秋季革ジャンデビュー。

冬走りの感覚が蘇ってきたろころで、735円なりの冬支度。
冬支度
毎冬大活躍のZIPPOハンディーウォーマーの
エレメントを交換。

今年の冬は寒いんだろか。



| バイクメモ | 19:57 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大根餃子

新橋にある行きつけの居酒屋、雑魚。
お隣にある姉妹店ネヂ餃子食堂の餃子も“出前” でいただけるので、最近ほかで餃子をいただくことがめっきりとなくなってしまいました。
以前は皮まで自家製のオリジナル餃子を作るほど凝っていたのに、それもずいぶんとご無沙汰で…。





久しぶりにうちで作ってみようと思ったきっかけは、冷蔵庫で今日か明日かと出番を待ってる大根を片付づけるための苦肉の策。餃子の具はキャベツや白菜じゃなくたっておいしいはず!と思い立って、ニラを合わせて作ってみました。野菜だけではさすがに旨味成分が乏しいかと、コストコで買ったチキンの水煮缶を加えました。

千切り大根に軽く塩を振ってしばらく置いて。水気をきったらニラと小ネギ、チキンをを加えます。後は皮で包んでいつもと同じように焼くだけ。

具は軽い塩味とチキンの風味だけなので、付けダレくらいはパンチを効かせようと、チヂミのタレに黒酢を加えたピリ辛ダレを用意。皮はパリっと、噛めばシャキシャキ。ビールにもワインにもマッチして、なかなかイケるわよ、これ。

| 未分類 | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

iPhoneってヤツ

今日はiPhone 4S予約開始日。

3年使ってすでにぼろぼろのW61CAをエクスペリアに買い替える予定だったのに、
auからiPhoneが出ると知って急遽計画変更。家もオフィスもMac環境なので、こうなればはやりiPhoneが欲しくなります。

販売日も予約開始日も料金体系も立て続けに発表されて、購入前からiPhoneに翻弄されっぱなしです。聞けば取り扱いショップは予約開始の16時には大行列だったとか。そうなると一気に醒めるのが天の邪鬼の真骨頂。当分模様眺めを決め込むことに。

いったいぴかぴかのiPhoneを手にできるのはいつのことか…。





先日の誕生日に、フレームに入ったグリーンをいただきました。

フレームの中は、立てて置いておけるよう水が溜まる仕組み。取り説には、むしろ寝かせて置いてはいけないと書いてあります。壁にかけることもできるようになっているのでトイレにかけようかと思ったんですが、ある程度の日当りが必要とのことで、窓のないトイレは断念。
部屋に緑が増えると、生き返ったような気がします 。

| 未分類 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

香る秋 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

毎年この時期にバイクで里山を流したりしていると
ふわっとキンモクセイが香ることがある。

もうすっかり秋なんだなと思って
もう一度吸い込んだりする。


千葉は高速を走っていても肥やしの匂いがするエリアがあって
そのときばかりは顔をしかめたくなるけど、
夏草や杉、潮、港、イカ焼き、焼き畑…、
まだまだ他にもいろんな匂いを感じながら
走ってるはず。

季節ごとのにおい、町のにおい、そんないろいろ。

バイクは風を感じる乗り物だと、
なにかにつけて言われる所以。



オフィスの隣にある公園の整備に伴って
新たに植えられたキンモクセイ。
IMG_0399

条件反射なのか、
走りに行きたくなっちゃった。


| つぶやき | 14:46 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

唐辛子に陳謝

連休キャンプやら帰省やらで忙しかった9月の誕生日。

やっと予定が合ったなかよしA氏とMy. bro拓が、昨夜は行きつけの新橋雑魚さんで誕生祝いをしてくれました。感謝感謝。

気心が知れたいだけ知れている仲間とお店スタッフの目の前で、主役のワタシがやらかしたのは…。


唐辛子入れ転覆事故。


なにやってるの?どうしたらそうなるの?信じらんない。どうするのそれ。すくって戻してどーする。あーあ、カウンターの溝に入っちゃってるじゃん。バツとして皿洗え、皿と、それはもう周囲から非難囂々。
始末はすべて自分でつけて、少しだけ小さくなって飲み続けまして、その後は予定通りカラオケ2時間。喉よりお腹が痛くなる笑いっぱなしのひとときでした。




また三日と空けずに呑みにくるからさ。でもゴメンね、唐辛子。

| 未分類 | 10:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大目に見てね。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

ここのところめっきり立ちゴケもしなくなったけど、
バイクマターを除けばむしろ、
モノを倒したり落としたり壊したりは茶飯事で。

昨日はとうとう馴染みの雑魚さんで事故を起こした。
転覆

言い訳がましい成り行きは省くけど
いったいどうすればそんなことになるのかと
周囲からは非難囂々。


唐辛子分、お皿洗いますと言いたいところだけど、
そのお皿まで割っちゃってバンザイしちゃいそうな気も。

今後ともよろしくね、関係各署。




| 私って | 10:31 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Try&Error

なにごとも慣れないと時間がかかるわけですが、
ここの使い方も複雑怪奇。
理解できればなんのことはないはずなのに、
設定のバリエーションがあまりに豊富で、
こういうのに滅法疎いワタシにはオーバースペック。
少しずつ追加したり削ったりしていくしかない感じ。


ここはひとつ、長い目で。





バイクに乗り始めた頃も、出掛けて帰ってくるまでそれこそはじめてのおつかい並みに大変でした。


しかも、カタチから入ったワタシが選んだバイクはセルがなく、自分の足でキックしてエンジンに火を入れない限り動いてくれないYAMAHAのSR。走る以前に毎回大変なエネルギーを消耗していました。


意外と知られていないことのようですが、二輪車教習は四輪と違って公道での講習がありません。教習車以外のバイクに初めて乗るときが、“初公道走行”となります。なんの囲いもなく、まさに生身のまま鉄のかたまりが往来する車道へ出るあの恐怖。原チャリでもないのに車道の目一杯左端をコワゴワ走るもんだから、後ろの車には煽られるわ幅寄せを喰らうわでますます恐い。流れにやっと乗れたかと思えば、今度は信号や交差点の右折でエンスト。クラクションも鳴らさず待ってくれた後続車が神に見えたといっても過言じゃありません。
そんな想いまでしてよくぞ毎週末憑かれたようにでかけたものです。あの情熱があってこそ、上達もし、仲間も増え、走る喜びを味わえたわけです。


常にキケンと隣り合わせのバイクを人に薦めようとは思いませんが、この楽しさは乗った人だけが味わえる至福だと思ってます。


そう、ワタシは40をうんと過ぎて夢を叶えたバイク乗りです。

| 未分類 | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雨のスタート

久しぶりに昼前からしとしとと雨。
長かった残暑もようやく終わって、本格的な秋のにおいが。

そんな日に、10年続けた楽天ブログを経てお引っ越し。
年も年なので力を抜くべくこれまでとはスタイル一新。

ひとつ、リズムを気にすることなく改行を考えずに書く。
ひとつ、本人が老眼なんだもの、文字は大きめに。
ひとつ、ですます調でラフにいくわヨ。

そんなこんなではじまりはじまり。



今週初めから毎日、ユニクロのウルトラライトダウンを着ています。
月曜日は、タンクトップに極薄いウールカーデを合わせた上に、
火曜日は、赤とエンジの横ストライプコットンシャツの上に、
そして今日は、ロンTに黒ジャージを羽織った上に。
別段、今はひどい肩こり状態でもないんだけど、この軽さ、クセになります。




実は昨日、所用で銀座へ行ったおり、セール中のGAP へと足が勝手に向かいまして。
ワタシはなぜ「SALE」の文字にああも弱いんだろうと今さらながら不思議に思いつつ、でも安さに浮かれた勢いで買っちゃったけど着回しにくくてさして着てないワードローブもあったりするけどさ、でも買ってるときはそんなことは忘れて絶対に「お得」だと思ってるから行かずにはいられないのよね、とかなんとか自分に言い聞かせたりして。
そしてパンツやセーターなど6点を2万円からほんの数百円出た程度で買えてしまったのだから、どうあれ行くだけでも行ってみた方がいいわけですよね、「SALE」ってヤツは。


最近はネットで安物買いばかりしていたけれど、たまには街を歩いてアンテナ張り直すことも必要です。
平日昼間の銀座は人生の諸先輩がたを眺めるのもまた楽しくて、ゴージャスマダム風、年増の小悪魔風、小奇麗なeclat愛読者風といろいろ。新橋で飲む半分を、銀ブラ(死語か)に費やすのも必要かと。




今日の仕事上がり後は、記念すべき今年のバースデーを、弟らが祝ってくれる予定。
カラオケに行きたいという彼のリクエストで、恐らく9時過ぎあたりからは新橋のどこかで吼えているはず。


新譜はまったく追えてないので、中森明菜の「TANGO NOIR」なんて歌おかな。って、どう考えてもヒンシュク級の古さかな。いや、逆にヤンヤの喝采かも。

| 未分類 | 16:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。