なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2011-08- | ARCHIVE-SELECT | 2011-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おはぎとぼたもち 「★つ・ぶ・や・き★(1280097)」

先日帰省した折に、母がおはぎを作ると言い出した。
祖母直伝の5色おはぎだ。

白と黒のこしあんをそれぞれ、炊いて半殺しにした餅米で包み、
白あん入りで白ごまおはぎときな粉おはぎ、
黒あん入りで黒ごまおはぎと青のりおはぎを作る。
あんを入れずに丸めたものをつぶあんでぽってりと覆って
これで5種。

2日間に渡って4個まで食べたけどグロッキー。
あとは冷凍したらしい。

翌日になってもご飯が固くならないように
ほんの少し砂糖を加えた手水で餅米を丸めるのがコツなんだとか。
母と台所に立つと、未だに学ぶことが多い。


お酒も飲むし甘いものもそこそこいただくワタシは
「両刀」と分類されるんだろか。

おはぎや麩まんじゅうはかなりすきなジャンル。

札幌にいたころ家族がぞっこんだったのはサザエのおはぎ。
こう言うとみな、
「おはぎにサザエが入ってるの!?」とのけぞるのだけど、さにあらず。

サザエというのは会社の名前。
アニメのサザエさん一家のような家庭に憧れた創業者が付けたらしい。
「十勝おはぎのサザエ」といえば、北海道で知らない人はいないはず。

十勝の小豆を使ったほどよい甘さのあんこが美味で、
大振りだけどペロっと食べてしまえるおいしさ。

そのサザエのおはぎが、1年ほど前あたりから
船橋西武のデパ地下にお目見えしていて、
すでに何度かリピしてる。
みかけたらぜひトライを。



ところでこれも今回母に教わった
「おはぎ」と「ぼたもち」の違い。

「おはぎ」は秋に咲く萩にちなんで秋のお彼岸にいただくもの
「ぼたもち」は春の花、牡丹にちなんで春のお彼岸にいただくもの。
ものは同じでも、時期によって呼び方が違うのだそう。

そうかー、なるほどと思わず膝を打ったワタシ。
やはり日本語は奥深い。

粒あんがボタっとてんこ盛りに盛られた田舎風おはぎを
ぼたもちというのだと思ってたワタシは
やはり根拠のない自信で行きてるなぁ。



まったく話は変わるけど、
今回乗ったJAL便では到着時の電気機器使用許可が早まっていた。
飛行機が停止後、ドアが開いた頃を見計らって
「ただ今よりご使用いただけます」とのアナウンスが。
今までは、飛行機を降りるまで電源を入れられず、
ほんの数分の違いとはいえ気が急くことがあったけれど、
これはちょっとうれしいね。

その代り、セキュリティーチェックは厳しさを増していて
鬱陶しく感じてしまうけどこれは仕方なし。

乗る方も協力してるわけだから、
背面飛行なんていう度肝を抜くようなアクシデントは
どうか起こさないで欲しい。

好むと好まざるとにかかわらず、
この先も帰省のたびに利用せざるを得ないだけに
空の安全安心は切に願うばかり。





スポンサーサイト

| 知恵バッグ | 17:55 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

食べちゃった 「★つ・ぶ・や・き★(1280097)」

箸でつかみ損ねて床に落ちたカリカリ小梅を
おべんと箱のフタによけておいたのに、
食べ終わってみればその小梅はタネだけになっていた。

ネットサーフィンしながらご飯食べるなんて
お行儀の悪いことをしたバツだわさ。




林間キャンプから戻ったまま掃除もせず
翌々日にはあの尋常じゃない台風がきて。

いくらカバーをかけているとはいえ、
その裾を巻き上げんばかりだったはずの強風で
きっと相当な汚れ具合になってるはずのWOOさん。
この週末は磨いてやろうと思いきや雨予報だ。

外していたグリップのシールドも付けなきゃだし、
革ジャンも風にあててそろそろ秋の準備もしなくちゃ。


そういえば、
左の人差し指に空いた穴を
セルフリペアしたHitAirのメッシュグローブだけど、
今度は右指も同じところが同じことに。

手の甲や手の平のプロテクトは秀逸なのに、
親指以外の4本の指先が滅法ヤワなこのモデル。
HitAirにモノ申してみようかな。


| 私って | 16:03 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ただいま。 「★つ・ぶ・や・き★(1280097)」

5泊6日の福岡実家帰省から昨夜帰宅。

5月に帰った折りの
ゴーヤグリーンカーテン用ネット張りと
ガラス窓の紫外線防止シート貼りに続き、
今回は壁紙剥がれの補修、蝶番のがたつき直しのほか、
父のパソコン買い替えというミッションが下って。

高所作業はむしろお手の物なのでいくらでもこなせるんだけど、
父ほどではないにしても苦手なパソコンマター、
しかも慣れないWindows機の買い替えを言い渡されて
いきなしのプレッシャーに苛まれたのだった。


それでも相変わらず母の料理は…
ママごはん

来る日も来る日も脱帽もので。
ママごはん

同じ材料を使って同じ味付けをしても、
ワタシが作る料理よりも遥かにおいしく作ってしまう母は、
どうしたって越えられそうにない。

「お母ちゃんの料理って魔法みたい」

まだ幼かったワタシは料理をする母の傍らで
そうつぶやいたらしいけど、
今でもやっぱり彼女は魔法使いのよう。


もちろん今回も外でも食べた。
西新にある従兄弟の鉄板焼き屋では
ネギ焼きやらイベリコ豚のソテーやら椎茸ステーキを
白ワインでいただいて。
IMG_0312

中古パソコンやさんのあるトリアスのフードコートでは讃岐うどんを。
でも母が食べたネギとんこつのほうが正解だった。
IMG_0318


九州新幹線開通とタイミングを合わせて完成した
博多駅ビルは未だにまだ制覇しきれていないけど、
今回は屋上展望台へ。
IMG_0309

福岡空港が近く、建築物の高さに規制があるため
屋上からは360℃の眺望が効く。
でもこのビル自体もさして高くないため、
博多湾とその先にある海の中道がかろうじて見える程度なのが
ちょっと残念。


こちらは前回のエントリでアップしたグローバルアリーナ
一角。
帰りたくない
福岡離れ?というか、日本離れした佇まい。


実家では、ゴーヤのツルと競うように育った琉球朝顔が
朝から夕方まで美しく咲いていて。
庭の朝顔

母と散歩に出れば、重たげな稲穂を実らせた稲田が
収穫を待っていた。
頭を垂れて

自然に囲まれた暮らしを欲している自分に
改めて気付かされた想い。



ちなみにパソコンの方は
Win7搭載の中古富士通FMVを父がキャッシュで購入。
持ち帰って汗かきながら設定したものの無線LANがつながらず、
販売店に出張依頼の電話をしたところまででタイムアップ。


帰省も体力気力の勝負になってきた。



| | 13:08 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福岡でブルガリア料理

帰省二日目の昨日は、実家から車で30分ほどにある、スポーツ複合施設グローバルアリーナへ。
ここはラグビー場やサッカー、テニスコートのほか、大会や合宿のための宿泊施設、レストランなどを内包する広大な施設。
開催中のブルガリアフェアでランチをいただこうと行ってみた。
1500円なりのバイキングは、挽き肉料理が目立つブルガリア料理ほか、ヨーグルトデザートも美味。
場内は緑が多くて散策も楽しい。
一般客も宿泊可能なロッジはお泊まりツーによいかも。
ソロライダーもちらほらみかけた。
今夜は西新に繰り出して、従兄弟の店で鉄板焼。
バーニーズNYができた天神にも寄ってみようかな。
懸案は、先週ついにお手上げとなった父のVAIO代替え機購入。
母もネット用に一台ほしいというので、中古品巡りになりそう。
PCに疎い私が付き添っても意味をなさないんだけどな。

| 未分類 | 07:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

嵐の後の静けさ 「★つ・ぶ・や・き★(1280097)」

今朝は台風一過の清々しい秋の空。

昨夜、日付が変わる頃にはちぎれた雲の合間に星がみえて。
おぼろな三日月がぼんやりと光を放ってた。

嵐の前の静けさというけれど、
あれだけのゴージャスな台風だと、
去った後の静寂のほうが沁みる。


西の窓が妙に明るいと思ったら、
夏の初めに吊るした日除けスクリーンの一枚が
跡形もなく消えていた。
どこかのお庭あたりでご迷惑をかけてなきゃいいが。

昨日念のため確認はしたんだけれど。
今日から福岡なので探す暇もない。
あーぁ。
夏の終わりまでもってくれてよかったと思うしかない。



そんなこんなで出社すると、
昨夜の帰宅顛末披露があちこちで繰り広げられていて。
ワタシも何人かから声を掛けられた。
無事に帰れました?

すんなり帰れて雨にも濡れず、
百貨店でお買い物までしちゃって
ゆえになんのネタにもならないワタシの話。

まともに帰れたのってなおネィさんだけですよ。
さすが、絶妙なタイミングで出ましたよねぇ。


なにをもって“さすが”なのかは敢えて問わずに。
だから千葉方面は早く帰ろうって言ったじゃん。

あなたはどうだったの?と話を振ると、誰もがもう止まらない。
北千住のマルイで数メートル吹き飛んで
見知らぬ人たちに大丈夫かと介抱された女子とか、
雨がしたたるほど全身ずぶ濡れになった幹部とか、
激混みのバスに濡れた合羽を着たまま乗って来た連中に
ぶち切れ寸前だった男子とか、
部下を引き連れて呑みに行って2万円以上遣ったリーダーとか
当分は台風の想い出として刻まれそうな体験を
多くの社員がしていた様子。

ワタシよりも1時間半遅く大崎のオフィスを出た
津田沼に暮らす親友ののりちゃんは
山手線が浜松町で止まって待機の後、東京まで移動して
難民キャンプと化した東京駅地下街で総武快速線の復旧までまた待機。

空腹をスタバで満たしてさらに待って、
家に帰りついたとメールが来たのは23時半を過ぎていた。

所要時間は実に8時間。
お疲れさまだったね。



オフィスでは制限が掛けられているためアクセスできないTwitter。
昨日は家でずっと立ち上げていたけれど、
検索機能で運行情報をチェックしては、難民中の友人たちにメールし続けた。

どこの運行情報サイトよりも、ツイートから得る情報が一番早い。
「運転準備開始のアナウンスあった。もうじき動きそう」とか。
「京成線動き出しましたー」とか
「総武線、総武快速線、京成線、常磐線と千葉方面へ向かう路線は
全部止まってます」とかとか。


他に、ユニークな車内アナウンスのツイートも多くて。
「皆さん申し訳ございません。
私運転士はこの仕事を選んだプライドがございます。
みなさまを無事送り届けるまで頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします」なんていう小田急線の感動的なものから
浅草線の「行き先が決まっておりません」、
京王線の「4番線に雨風しのげる車両をご用意しております」とか
「帰れないのは私も同じです!」、
中央線の「 行けるところまで行きます!」、
井の頭線の「残念ながら悪いお知らせです」、
京成線の「皆様を目的地までお連れする事が出来ず大変心苦しいです」、
総武線「 止まってる理由は5つあります」とかとかとか。


確かに遅かった総武線復旧。
停電だとの噂はあったけど、5つも理由があっちゃあ
そうそう動くまい。



帰るタイミングを逸したら、腹をくくって呑むとか、
ジムで汗を流すとか、エステでひとときキレイになるとか、
そういう臨機応変さも必要なことなのかも。

大混乱の駅周辺や事故が起こりそうなホームの様子を知って
そんなことを思ったのだった。


相変わらず携帯のバッテリーが切れてお手上げになったアナタ、
311の教訓はどしたのさ。



| ココロのヒダ | 13:21 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

直撃目の当たり 「★つ・ぶ・や・き★(1280097)」

台風15号大暴れまっただ中。

いままで大抵はルートを外れてことなきを得てきたけれど、
久しぶりに首都圏直撃。

作業がほとんどないのをいいことに
朝からあちこちのサイトをみながら情報収集するうち、
千葉方面は運転取りやめ必至で、
しかもその後も終電まで復旧は難しいとのことで
半休扱いになる14時になるのを待って真っ先に退社。


外はなんだかやけに蒸し暑い。
朝は平気だったユニクロのウインドブレーカーがべたつく。
通勤時並みに混み合う電車に揺られて船橋着。
途中、川の様子がみられなくて残念。

雨はパラパラ。
実家へのみやげなどを買って家へ向かう。

時折吹き付ける強烈な突風に傘が持って行かれるので、
ウインドブレーカーのフードを被ってねずみ男風情で帰宅。
雨が酷かったらどうなっていたことか。



帰宅後1時間したあたりから風雨が強まる。
断続的な降りではなく、風も雨も強くなったり弱まったり。

鉄道や地下鉄は軒並み運転見合わせになって、
帰宅客が主要駅に溢れる様子がテレビで繰り返しながれる。



会社はワタシが退社後、
上がれる人は上がってモードになったらしく
しかし同僚のAさんは大混雑のため駅にも入れず
結局居酒屋で時間をつぶしているらしい。


案外それが正解だと思う。
外はすごい暴風雨。
道も鉄道も大混雑だもの。

飲み過ぎには注意だけど。


| 未分類 | 17:50 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ツーリングキャンプ 茎崎こもれび六斗の森1日目 「☆バイクでキャンプツーリング☆(25)」

雑魚のマスターのたまの三連休に合わせて
この週末はキャンプへ。

当初予定していた奥飛騨の平湯キャンプ場の天気予報が
芳しくなかったため、
唯一雨の心配がない茨城へルート変更。

バイクキャンパーさんのブログをサーフィンしながら
茎崎こもれび六斗の森に決定。

林間キャンプ
午前中のうちに木立に囲まれたサイトに設営完了。

この時期のキャンプには少々暑すぎるロケーション。
なにをしても汗だく。
IMG_0180
タープで遮りきれない強烈な西日をブルーシートでフォローして
虫の声しか聞こえない林間サイトでまったり。

3ステップ
それぞれが高さの違うテーブルを持ち寄ったので階段式宴卓に。

美味
昨日アップした白クマ塩ラーメンはあっさり超美味。
インスタントとしては上出来のコシのある麺もいい。
これは話題になるのもうなずける。オススメ。

この日は他にもソロキャンプを楽しむKTMアドベンチャーが1台。
どうもこのバイクとは縁が深いらしく、
枝豆を差し入れてくださったこのをきっかけにお話をしてみれば
ワタシと2日違いで北海道ツーへ行かれたのだとか。
でも、マサっくさんというこの方は北海道ツーのベテラン。
松原湖もお気に入りのようで、またお会いしそうな予感。

寝袋なんかいらない残暑の夜。
明日はさらなる猛暑。

| アウトドア | 21:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

キャンプツーリング  茎崎こもれび六斗の森3日目 「☆バイクでキャンプツーリング☆(25)」

結局3日とも雨の心配もなくキャンプ無事終了。

撤収中、フェンダーにKawasakiカラーのぴょん吉くんが。
フェンダーにぴょん吉

キャンプ最終日は道具の片付けをするため早帰りが鉄則。

水を加えて加熱するだけでリゾットになる
エスプレッソリゾットとコーヒーで朝ご飯終了。


常磐道最後のSA守谷で納豆を買って。
また大荷物
今回の荷積みは北海道ツーよりもボリュームアップ。
11時前には帰り着いて洗ったり干したりしたのちオヒルネ。

目が覚めたらエアコンがいらないくらいにぐんと気温が下がってた。

明日はもう雨。



ところで。
今日C2を走行中に何気なく下を向いて驚愕。
なんとキャンプ場にいたぴょん吉がワタシの股間の
シートの上にちょこんと座っているではないの。

ちらちらと観るたび少しずつ位置を変えて
やがてシートの裏の死角に入った。
落ちて轢かれやしないかとヒヤヒヤ。

自宅着後シートを外すとやっぱりついて来ていて。
エンジンのほうへいかなように
バイクから降ろそうとしたけれど逆効果。
出会ったばかりじゃ意思の疎通はできなかった。

せっかく60キロも冒険してきたのに
かわいそうな結末に。
放っておいてあげればよかった。

また生まれ変わって逢いにきてね。
合掌




3日間の総走行距離 698キロ




| 未分類 | 20:43 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

キャンプツーリング  茎崎こもれび六斗の森2日目

5時頃目覚めて、キャンプ恒例朝のお散歩。

朝日
キャンプ場入り口の先に朝日が昇る。

そう、ここは入り口から門をくぐるまでが砂利ダート。
画像の手前はさらにでこぼこが加わっていて、
ワタシ的にはギリギリ極限モード。
キャンプ場はこれが一番やっかい。



みんながもそもそと起きだして、
トーストとごぼうスープの朝ご飯を食べながら
今日の予定を思案。

走りたくて仕方がないマスターの提案を最小に押さえ込みつつ
しかし“とりあえず那須”へ向けて出発。

地図も確認せず言われるがまま走り出したものの
走れども走れども着かない那須まで実は高速200キロあまり。

やがてゲルマンのふたりは視界から失せて、
全開でいく東北道ひとり旅。
遅いバイクにペースを合わせる気配りなんぞない仲間たちのお陰で
逞しく育ったとはいえ、さすがにふてくされて矢板北PAで落ち合う。

西那須野塩原ICで下り湯の香ラインでもみじ谷大吊り橋へ。
ひと休みしてさぁくねくねに行きますかってところで
マスターのKにトラブル発生。
事件発生

入れたばかりのガソリンがぽたぽたと漏れていて、
あーのこーのとやるうちにジョイントが壊れて外れ、
ホースを押さえていないとガソリンが噴き出す一大事。

地元のディーラーさんに出張していただいてリカバリー。

レッカーにならずに済んでよかったねぇと出発して
日塩もみじラインで遠景に浸る。
空山緑

午後3時過ぎ、お腹ぺこぺこでランチしたのは日光炭焼村 渓流の館
入るなり、
入り口のいろりの猛烈な暑さで迎えられたのにはたまげたけど、
お蕎麦は1時間待ちと聞いて一同撃沈。
“じゃあ”と仕方なしに頼んだざるうどんはしかし美味で、
なにしろ揚げたての天ぷらも絶品だった。
うどんさん、申し訳なかった。
ざるうどんランチ

立寄り湯で汗を流して日光から帰途について、買い出しして。
キャンプ場に戻ったのは8時前。

昨日ソロで来てたマサっくさんから聞いてましてと、
ソロキャンパーのmonozukiさんが
待ってましたといわんばかりに山桜の薪を差し入れてくださった。
なんてステキなネットワーク&サプライズ。
こういうことができる人になりたいもの。

9時までだというかまどで、BBQをちゃちゃっと済ませて。
タープ下に移動したものの、
座ったままうたた寝してしまったのでテントイン。
暑さと全開巡航でヘトヘトな一日だった。

2リットルのペットボトルと戯れる巨大昆虫。
なにものじゃっ
恐ろしくてピント合わず。
アリやらクモやらコオロギやらミミズやらダンゴムシやら
そりゃもぉ昆虫好きにはたまらないサイト。
そしてワタシだけ10カ所以上蚊に刺されたのだった。

| アウトドア | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

オフして免許更新

今日は免許更新をしに、幕張の免許センターへ。

最後に来たのは違反者講習を受けた2年前
そうそうくるところでもないので
出る前にショートカットを頭にいれたはずが、
曲がべきところを、あらあららーといくつか通過

結局、海浜幕張駅付近まで戻ってリカバリー。
2時間かけて更新を終え、帰りもまた秋津あたりをさまよって
余計な時間とガソリンを使って帰着した。

二輪免許を立て続けに取ったせいで免許更新は久しぶり。
今回は申請時に暗証番号を設定したり、
免許書から本籍地表示が消えていたり
裏面が臓器提供の意思表示を記入するスペースになってたり。
免許更新


一旦おうちに戻ってお昼をチャチャッと済ませてお買い物へ。
西武をぶらついていたら、なんと北海道物産展開催中。
未だ北海道症候群が癒えないので、
すでにずっしりと肩に食い込む荷物があるのに行ってしまう。

北海道ツーではありつけなかった牛乳ソフトに
さっそくかぶりついて、
さすがは平日!山盛りに展示されているインカのめざめと、
旭山動物園プロデュースの白クマ塩ラーメンを購入。

どうやら話題の逸品らしい。
グッドチョイス。

フライが美味なインカのめざめはさっそく素揚げにして
ツーで買ってきたオホーツクの塩を振ってみる。
待ちきれず
なまらうまいべさ。

先日テレビで大泉洋が食べていたザンギを横目でみながら
買ってこなかったことを深く深く後悔しながら
本日2本目のビールと共に瞬食。



さて。
次はゴールド狙お。


| バイク | 04:58 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

half century 「★つ・ぶ・や・き★(1280097)」

平成21年簡易生命表によると、
男性の平均寿命は79.59年、女性の平均寿命は86.44年。


昔の人は早死にだったとはいえ、
日本人がこれほど長生きをするようになったのは
そんなに古い話じゃない。

「人生50年」になったのは
第二次世界大戦終了の2年後の、1947年。
ワタシが生まれたころに、
やっと女性の平均寿命が70歳を超えて、
1980年代半ばに世界一になってからは
ずっと独走状態を続けている。

徳川家康や毛利元就の75歳は、
生まれ持った身体の強さや運もさることながらアッパレ。
今でいえば、100歳をとっくに超えていた計算か。



それに引きかえ、だ。
健康状態はいいにしても、
ボケや物忘れ、視力、体力の低下を日々い痛感しているのに
この後そんなに長い間、この体と付き合っていかなきゃ
ならないのかと思うと
正直、この数字にはうろたえてしまうワタシ。

も少しわかい体と取りかえてくれないか。



あと何年続くか知れない自分の人生をどう生きるか、
考えようとしても答えがでないままになっているけれど、
最近は「そういうものだ」と思ってしまっている節もある。

年相応の、型にはまった生き方は向いてない(できない)と
悟った日から早20年。

抗い続けた日を迎えて
諸処不安は拭いきれないにしても
なにかひとつ、吹っ切れた想い。

自分を大切に生きていくべし。


昨夜から寄せていただいた
たくさんのメッセージやエールにホントに感謝。

ありがとうございます。





| ココロのヒダ | 14:44 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

名月と残暑とチャリティーの宴

岬再建のためのチャリティーステッカーお披露目と、
満月が重なったレアな中秋の名月を愛でつつ
残暑を乗り切る鋭気を養おうという趣旨で
新橋ネヂ餃子食堂に集った12名のバイク乗り。


がしかし、宴たけなわで流れてきたのは
大いなる大台への突入を目前に控えた
ワタシのバースディをお祝いいただく
バースデーソング。

サプライズの仕掛けは十八番だけど仕掛けられると
ちょっと照れちゃう。

しかもケーキはお月見にちなんでうさぎさん。
誕イブイブケーキ

さらに雑魚ネヂさんからは、お食事ご招待券をいただいて。
若かりし頃のマスターの顔がまた最高におもしろく。
誕プレby雑魚ネヂさん

ステッカーもみなさんにお買い上げいただいて
二次会はオーリンズの色男、塚本さん仕切り。
閉店間近のICEBAR TOKYOに連れて行っていただいた。

オーリンズといえば、スウェーデン。
スウェーデンといえば、あの有名なICEHOTEL
その雰囲気をほんのちょっと味わえる空間として
六本木にあったころから通算10年ほども続いていたICEBAR。

でもさすがに節電が強いられるこのご時世に
連日マイナス5℃の空間を維持するのも限界ということで
今月いっぱいでついに閉店となるのだそう。

やけに湿度が高く蒸し暑い中、
ネヂさんから10分ほどで銀座8丁目のICEBAR到着。
ICEBAR

入店すると受付で渡されるポンチョを着用後、
前室を経てバーに入店。

10分ほどは汗ばんだカラダをクールダウンできたものの
北極圏を流れるトルネ川の氷でできたグラスで
1杯目のカクテルを飲み干すころには
サンダルから出た足指が徐々に冷え出してきて
2杯目が空く頃にはなんだか痛みすら…。
氷のグラスで

寒い寒いと足踏みしたり、ぜーんぜん平気と余裕かましたり
まるで子供の様なメンツに混じってちょっと怪しげな人も。
コウコツ…

小一時間ほどを過ごして撤収、解散。
いつもの宴とはひと味違ったレア体験で
今朝は二日酔いの方が多かったようで…。

みなさん、お疲れさまでした&ありがとうございました。


| あるこほーる | 22:29 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

秋の陣に向けて。 「◆今日のお弁当画像~♪◆(118788)」

お弁当を作って持って行くにはキケンな気温になってからずっと
冷蔵庫に入れておけるサラダ系冷製ランチボックスを続けている。

最初の頃はおにぎりにした玄米ご飯を、
これは冷やさずに置いておいて、
おかずだけを冷蔵庫に入れていたんだけれど、
北海道ツーでの我を忘れたドカ喰いの反省もあって
以来久しぶりに炭水化物抜きのランチにしている。

レタスかなり多めの茄子&ひよこマメ&豚しゃぶランチとか、
相当に脱水した木綿豆腐とササミとわかめと枝豆ランチとか
切り干し大根と豆腐ハンバーグランチとかとか、
タンパク質は大事にしつつ、脂肪分はおさえて
いずれもドレッシングはノンオイル。

今日は掟を破って、早く消化したかったフィットチーネの
夏野菜のサラダ。
ヨールグとを加えたとはいえ、ツナとマヨネーズソースにしたので
いつもよりもハイカロリー。
昨日はランチにサーロインステーキなんかいただいちゃったし、
今日もまた酒盛りなのにどうする気だ。

でも、パンチに欠ける気がして慌てて作ったボイルドエッグは
やや茹で時間ショート気味だったせいで黄身がとろりと
理想的なあんばいだったことも手伝って嬉々として完食。
本日のランチ
おいしけりゃなんでも許してしまうから痩せないって証だ。

明日からはまたローカロリー&ローカーボ&ローアルコホールに戻りつつ、
食欲の秋の前に胃のダウンサイジングを完了しておかなくちゃ。





| ダイエット | 13:12 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ガタが来る 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

いつもはサイドバッグの陰に隠れて
ほとんど見ることのないWOOさんのリアステップ。

今日何の気なしにみたら、ゴムがかなり劣化した様子。
ちょいかわいそうなリアステップ

WOOさんがうちに来てすでに4年と4ヶ月。
あちこちガタがきてもちっともおかしくない。
ぼちぼちとお金がかかり始める頃。




久しぶりにお天気がよい週末なのに、
今日は生命保険屋さんとケーブルテレビやさんが
午前と午後に来宅。

保険屋さんとは玄関先で10分ほど、
ケーブルテレビやさんは上がっていただいての作業だった。


あちこちにガタが来るのはWOOさんだけじゃなく、
10年も暮らしている我が家も同様。
このところ内装屋さんやら水道屋さんやらに
うちに上がって作業していただくことが続いている。

作業をずっと眺めているのもなんだし、
かといって料理をするタイミングでもなく、
ソファに座って本を読むのもわざとらしくて、
なんとも落ち着かないので嫌いなのだ、
この手のシチュエーション。

今日はそのためにわざとツーリングの荷造りなどを
その時間に合わせて始めたので
気のせいか、作業もあっというまに終了。

業者さんを呼ぶときは、自分が没頭できるものを
用意しておけばいいのねと納得したのだった。



今日初対面だった保険屋さんのおばさんは
原チャリでやってきた。
ドアを開けて挨拶もそこそこに、
メットを被ってたので髪の毛がこんなことで
すみませんと頭を下げる。
ワタシも乗るから解りますというと
下のすごい大きなバイクはなおネィさんのですよね、と。

前任者から聞いてたんですよというけれど、
話したことがないのになにゆえバレているのか。



先週は、1階のお宅に配達にきた郵便局のおじさんが
バイクを磨いていたワタシに
おねーさん、こんなにおっきなのに乗るの?
ひとりじゃ起こせないでしょー?気をつけて、と。

わざわざ説明するのも面倒なのでお礼を言って見送ったけれど、
WOOさんごときで「大きい」と言われても。
起こせなきゃ教習所にも入れないんだってば、おじさん。



残暑にしてはやけにべたつく風だけれど、
夕方6時を過ぎるともう夕暮れ。

夏は終わったらしい。


| バイク | 18:40 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ワタシってこんなだそうな。 「★つ・ぶ・や・き★(1280097)」

友人Akiさんから「よくあたるらしい」と社内メールで送られてきたURL。
行ってみたら16類型性格判断ってヤツだった。

この手のものは大好き。
さっそくやってみる。


その診断結果は…、
題して
「今この瞬間が全ての現実主義者」だって。

私をよく知っているヒトほど、ウケそう。

アナタはどう?


----今この瞬間が全ての現実主義者----
現実と無関係なことは理解できない現実主義です。
精神世界などにはさほど興味はなく
五感で実感できるものを大切にしてに情報収集を行います。
ーこれはあたってる。

集めた情報は客観的に分析して受け入れる柔軟さが特徴です。
何事にも柔軟に対応出来ますので、どんな状況でも
すばやく的確な行動を取ることが出来ます。
ーいやいやいやいや、おたおたしますって、ことによっては。
 そんなスーパーマンみたいに書かれても…。

長所でもあり短所でもある『行動力』。
周囲からよく動く活発な人というイメージを与えます。
ーいらんことして恥かくことやら、ぐだぐだにしちゃうこともあるので、
 そこいらへんは短所なんだろな、と。

全ての事に理由(原因)を求める傾向にあります。

勉強・掃除・仕事・遊びなどを行うにも理由を考えて
それに対しての成果を求めます。
成果が出ない事や自分が必要としている成果が求められない場合は
時間の無駄だと考え行動することは少ないでしょう。
ー汚れたほうが掃除のしがいがあると思ってることとかそゆこと?
 毎週末の掃除が無駄だとは思わないけど…ぶつぶつ。


人間関係も円滑で人付き合いも得意ですので話の中心にいつもいます。
ユーモアもあり盛り上げ上手で慕われます。

怖いもの知らずで競争心が強いので
困難な問題も果敢に挑み頼りになる存在です。
ー意義あり。
 競争はキライ。負けるの嫌だから端から競争しない。
 困難な問題は放置が基本。

しかしルールに沿って仕事をするのが苦手で
決まったルーチンワークなどにはスグに興味がなくなり飽きてしまいます。
ー大当たり。
 一日一回は「もう飽きたー」と隣の部屋へダベりにいくもの。
 そもそも仕事が性格に合ってないってことか。

会社や組織だとルールやノルマに捕らわれず行動するため上司に睨まれます。
上司の存在や威権に対して興味がなく気に留めないので問題視しません。
ーそこまで肩で風切ってないなぁ。
 考課票は控えめに書くしぃ。

何事も『まず行動』。
本人は頑張って行動しているがルールや手順を無視してしまいがちなため
トラブルを招くことがあるでしょう。
しかし、そのトラブルで落ち込むこともなくサクッと切替え次へ進みます。
ーおいおいおいおい。デスペラードですかぃ、ワタシは。
 しかも「サクッ」ってどーなの。

いつもやる事が沢山あり時間が足りないと感じており、大変だと思っています。
しかし、手に付けたものは、大概やりかけの物が多く、溜まっていきます。
ー24時間以上あってももうスタミナが保たないので時間は足りてるし、
 でもやりかけのものを放置するのは最近の十八番。

しかし、あれこれやる事があって大変でも楽しいと感じています。
ーまぁね。

パーティーなど賑やかな事が好きで何かにつけて色々と企画します。
率先して準備をしますが、自分中心に進行して行き、理屈や説明を嫌い
行動優先で進行する為トラブルを招きやすいでしょう。
終始バタバタした慌しい状況になることも多いかも。
ー一番ウケます、この下り。
 汗だくで走り回って終わる場合と、泥酔する場合と、
 なにがどう作用しているのか不明。


さぁ、アナタもお試し&ご報告を。

| 私って | 22:05 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

衝撃の防災カルテ

防災マップ

タイミング的にあまりに遅過ぎてお恥ずかしいんだけど
船橋市が出している防災カルテをじっくり見てみた。

自宅から船橋港の一番手前の水際まで2キロとちょっと。
堤防から3キロも4キロも先の陸地まで
津波の被害にあった気仙沼を考えれば
いとも簡単に水没してしまっておかしくないところに
暮らしているというのに、
この危機意識の低さは我ながらどうかと思う。

しかも悪いことに、周囲に頼もしく思えるほどの高台はなく
500メートルほど歩けば
そこから先がゆるやかな登り坂にはなっているけど
いざというときに駆け上がっていくにはダンダラすぎる。


我が家は津波が襲う想定エリアに入っているのか否か…。
それは3.11直後から気にはなっていた。



果たしてカルテを見るぎり、
M7.3の東京湾北部地震を想定した場合、
我が家は津波被害にはあわずに済むことが判明。

だがしかし、
想定される地震動の強さは最強の6強エリアに入っている。

しかも想像だにしていなかった液状化の危険性マップで
「極めて高い」エリアにゾーニングされているではないの。

地震で揺れる前に、ワタシ自身が大きく動揺。




2階建て4世帯の我が家は震度6強の揺れと液状化の中、
いったいどう耐えてくれるのか。
階段下に停めているWOOは地下から噴出する泥に埋もれるのか。



いつまで経っても満足のいく防災対策は取れず、
手を拱いてたり、地震が来ることなど忘れている毎日。

いかんいかんと思いつつ、そうして今日が終わり明日になる。

首都圏にいたくない症候群はますます強くなってる。




| ココロのヒダ | 14:24 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

音楽と珈琲の店「岬」再建へ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

今年のはじめ。
友人からのメールで知ってショックを受けた
金谷の喫茶店、「岬」の焼失

足繁く通ったわけでもないのにひどく居心地がよくて、
都度のんびりとたおやかな時間を過ごせた「岬」は
そこにしかない不思議な魅力に満ちていた。


再建に向けてなにかできないか…。

そんな思いはそれぞれにあったものの、
実際に動き始めたのは単二さんmaniさん

現場へ足を運んだり、オーナーの節子さんと打ち合わせしつつ
Misaki Againと銘打ったサイトも立ち上がり、
このたび、具体的な支援の第一歩となる
オリジナルステッカーが完成。

売り上げは、制作実費と送料を除いた全額が
「岬」再建のための費用として節子さんに寄付される。


ジャック・マイヨールはじめ多くのダイバーや
バイク乗りから愛された「岬」をご存知の方はもちろん、
大海原を見下ろす崖っぷちの小さな癒しのスポット再建に
興味をお持ちの方は、ぜひご協力を。

また、「岬」名物だったBGMの素も火災ですべてが灰になったので、
CDの寄付も常時受付中。
「岬」でかかっていたらいいなと思う曲や、
「岬」で聴きたいなと思うシンガーやプレーヤーのCDを
お手持ちのストックなどからちょちょいと送っていただけると
奮闘中の節子さんにとっての励みにもなることと。

CDの送り先等お問い合わせについて、
また同じく募集中の「岬」での思い出や、画像投稿などは
Misaki Again皆さんからの声からどうぞ。

Misaki Again Project

| オススメ | 13:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カルボナーラ 「食べ物あれこれ(258089)」

カルボナーラはそこそこポピュラーと言っていい
イタリアンメニューではあるんだけど、
その名前の意味はあまり知られていなくて。

カルボナーラは「炭焼職人風」という意味があるそうで
炭焼き職人が仕事の合間にパスタを作ったら、
手に付いた炭の粉が落ちてこんな風になるのではないか
という感じの、黒胡椒をからませた味わいのあるパスタ…、
というのがネーミングの由来ということらしい。

つまり、欠かせないはずの卵とか生クリームとかベーコンは
ネーミングから想像するにあまり関係ないらしい。

そのくせ、本気で作ろうとすると思いの外難しくて
今日は瓶詰めのソースに頼っておいしく食べちゃった。
カルボナーラ
肝心の胡椒はちゃんとかけたよ。


昨日にも増してゲリラ的突然の雨は相も変わらず。
あまのじゃくなお空とのおふざけごっこは
今日までにしてほしいな。

| 未分類 | 20:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

川越効果 「食べ物あれこれ(258089)」

日が差していると思って洗濯物を干してバイクを磨いていたら
いきなしバチバチと雨が降り出して
バイクと洗濯物両方を仕舞うのに大わらわ。

そろそろお手伝いさんが欲しい。



そんな中、巷でちょいと話題のパンを見つけて。

みーつけた。

カリスマって言葉がもてはやされだしたころの料理人といえば
腕組みポーズにドヤ顔がお約束だったけど、
この川越さんはそのイメージを一気に払拭した感がある。

語り口も見た目もどこか中性的。
2ヶ月先まで予約で一杯のイタリアンレストランの
オーナーシェフなのに
人の料理でもおいししときはいとも簡単に褒めちぎるし、
嫌みがない。

パスコと組んで総菜パンを出すあたりも、
やたらと頑固ってことにこだわる料理人とは違ってて。

きっといい人なんだろう。

肝心のこのパンはというと、いたって普通。

ラタトゥイユと言う割にはズッキーニとかナスとかの
野菜ゴロゴロ感はなく
チーズパンという割にはトッピングされてるチーズも
あまり香らない。
ラタトゥイユだ

かるく温めたらふんわりと美味だったし、
おいしくなくはないので、
ベーカリーがもう閉店なんだけど
どうしても翌朝にそれらしいパンが食べたいときに
コンビニやスーパにあれば買っちゃいそうな気はする。
でもそれはパンの魅力よりも川越さんに惹かれて、かも。


ちなみに、常備している十勝チーズをはさんだら
俄然おいしくなった。

| つぶやき | 22:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

9月はじまる 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

今日からついに9月。

生まれ月なので
毎年いくらかテンションは上がるんだけど、
なにしろ今年は大きな節目。

人生を振り返り、そしてこれからを考える
大事な一ヶ月になる。

いや、そうしなくてはと思ってる。




そして今日は防災の日。

ラジオでは、ドライバーに向けて
緊急地震速報が流れた際の対処の仕方を啓蒙しているけれど
バイクもその方法は同じと思う。

「ハンドルをしっかりと握り、
ハザードランプを点滅させてゆっくり減速し、
大きな揺れを感じたら道路左側に停止する」

ハザードがないバイクは左ウインカーでいいと思う。

揺れが大きい場合は車でさえ
まるでパンクした時のようにハンドルが取られて
運転できなくなるのだそう。

バイクだったらあわや転倒ということもあるので、
間違っても急ブレーキなんかかけないで
落ち着くことが無事へつながる一歩かと。



ただ思うのはバイクを路上に停めて避難する場合。
道路が渋滞して身動きができなくなることは
バイクにだって起こりうる。

車の場合は具体的な対処方法も発信されているけれど、
さて二輪の場合はどうすればいいのか。

車のように、キーを指したまま連絡先のメモをつけて
その場を離れるのが正解か。
だとしても、
それを実行できる人が果たしてどれくらいいるだろう。

首都圏巨大地震に襲われるることが
もはや“万が一”ではなくなっているのに、
さして話題にもあがらないのがとても不思議。


| バイク | 19:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。