FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2011-07- | ARCHIVE-SELECT | 2011-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

箱根でチャージ 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

北海道ツーの疲れがどうにも抜けず、
実はドヨヨンとした日々を送っていたんだけど。

毒は毒をもって制すじゃないけれど、
走り疲れは走って解消するしかないと判断。
箱根に行ってきた。
夏休み最後の日曜だと重々承知で。


諸処の事情により集合は海老名に8時。
箱根行きとしてはちょっと遅め。
ゆえに首都高も東名初っぱなも混んでいて、
リノベが終わった海老名SAもマスツー族続々。

富士山が麓まで雲に覆われていたのもわかっていたけど、
とりあえず行ってみたパノラマ台はこの有様。
確かにパノラマ台
5メーター先さえ見えないコーナーが怖いのなんの。
後続車がいないのをいいことに
停まりそうな速度で走ってしまった。

予定ではこういうアングルで収めるはずだったんだけどな。

気球が上がって何やらイベント開催中でごった返す山中湖は
スルーして。
仙石原から芦ノ湖へ抜けてお昼ご飯。

お約束のわかさぎフライ。
芦ノ湖といえば
小振りながら、さっくり揚がって美味。

どこもところどころ渋滞気味な中、
15時半という理想的な時間に帰着。



やっぱりすれ違い様に挨拶したくなってしまう、
北海道ツー後遺症が残ってる。

走行距離364キロ


スポンサーサイト



| ツーリング | 19:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

北海道ツーリング番外篇 費用 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

北海道ツーリングレポ、最後は一番肝心な費用について。

レシートがなかったり割り勘だったりで
特に食費に関しては概算になっている部分も。

?フェリー…46,900円

残念なことに本州と北海道が陸路で繋がる予定はないので、
北海道へバイクと一緒にアクセスするには
フェリーが一番オーソドックスな方法。

大洗、仙台、新潟、大間、青森などから出港してるので
日程や予算、体力に寄って選択肢のバリエーションは
そこそこあると言えるのかも。

ワタシが利用したのは太平洋フェリーの仙台ー苫小牧。
運良く往復とも3月に就航したばかりのいしかりだった。

行きはS寝台、帰りはB寝台。
いずれもカードキーで入室する女性専用ルーム。
料金はバイク運賃含めた往復の料金。
ネットで申し込んだので1割引で購入できた。


?高速料金…11,700円
うち道内は650円。


?ガソリン代…11,354円(75.68L)


?宿…19,550円
道内4泊のうち、最終日はDocro邸に泊めていただいたため
3日分。


?食費…26,000円。
※“打ち合わせ費”、同窓会費含む


?お土産代…12,821円


?自分の旅の思い出用お買い物…4,300円


?宅配便…900円
お土産のTシャツが嵩張ったので、
釧路のホテルから汚れ物を自宅へ



Total=133,525円



10万で納まればいいなぁと思っていたけれど、
これだけ楽しかったからよしとしましょ。
お盆時期を外せば、フェリー代は安くなるし
キャンプを織り交ぜたりお土産を減らしたりで
次回はもう少しマネーダイエットを考えてみたい。


ちなみに、自分の旅の思い出はこちら。
旅の思い出
水どうTシャツとステッカー、引退しためんたいキティーの
代わりにとじゃがぽっくるの携帯ストラップ、
旭山動物園のマグネットカピバラ。以上。

富良野が晴れていたら、なにかアーティスティックなものでも
買いたかったんだけど、これは次回に。



さて、
今日から行くはずのキャンプが雨で流れたので、
明日はかなり久しぶりに箱根方面へ。
夏休み最終週末の混雑がちょっと気になる…。


| 2011北海道ツーリング | 17:19 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |