FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2011-07- | ARCHIVE-SELECT | 2011-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

地元の事故と次の地震

昨日の船橋駅からの帰り道。

見慣れた片側一車線の通りがなぜか大渋滞していて
先頭には車列の直進を右折へと誘導するパトカーが。

いつものルートを大回りして
通行止めされたあたりを進むと、
通りに不自然な向きで停まっている軽の手前に
チョークで丸囲みされたがサンダルが転がっていた。


でも。
明らかに事故車とおぼしきその軽は
見張りの警官が立つでもなくポツネンと取り残されていて、
5、6台にものぼろうかというパトカーや警官は
そこから更に先のほうで何やら処理をしているふう。

思いのほか野次馬も少なく、
想像する以外にことの顛末を知ることもできず
地元で起こった騒動にいくらか動揺を覚えながら
家路に付いたのだった。

今日になって行き当たったニュースによれば
女性がワゴン車に引きずられた挙げ句に、
犯人はその後逃走して他の車に衝突するという
映画のような光景が繰り広げられたようで
広範囲に渡った通行止めの不可解は解けたのだが。

引きずられた女性と犯人が
口論していたという目撃情報もあって
イラっとした挙げ句の故意の犯行だったらと思うと
ひどく嫌な感じだ。


お陰で19時には来るはずのゴミ収集車の
グワーっという音を聞いたのは21時過ぎ。
飛んだとばっちりで昨夜は大残業だったに違いない。




そんな中、何気に気になっているのは次の地震。
311以来、いわき市の震度6弱や茨城県北部、福島県沖の
最大震度4の地震は毎月11日前後に起こっている。

地震が暦に関係して起こるなんて説がない以上、
これは偶然以外の何モノでもないんだけれど、
北ツーの出発を来週11日に控えているワタシとしては
走行中に波打つ東北道…なんて絵面を思って総毛が立つ。

しかもその日は船中泊。
津波が起きてもどんぶらこと乗り越えるさと
ここは文字通り大船に乗ったつもりになりきるしかないんだけど。



大丈夫大丈夫と根拠のない自信で行きてきてるけど、
大丈夫大丈夫といっていては助かる命も助からない現実を知り
しかし未だ完璧な備えができているとは言い難い自分に
焦りを感じ始めている今日この頃。

ドキドキ要素が多すぎてたぶんドーパミン過剰放出ちう。
スポンサーサイト



| ココロのヒダ | 14:11 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |