FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2011-05- | ARCHIVE-SELECT | 2011-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

復興の薪 「★つ・ぶ・や・き★(1280096)」

大震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町吉里吉里地区。

ここで津波流失家屋の廃材を集めて、
燃料用の薪づくりをしていたボランティアの方が
積み上がっていく薪をみて、ふとこう言ったらしい。

「これ売れるんとちゃうかな」


ボランティアの方は大阪のNPOの方。
ひょっとしたら阪神淡路大震災を経験した方だったのかもしれない。


このひとことが現実となって、絶望の象徴だったガレキが
あたたかな火を灯す復興の薪となって販売されている。

そんなニュースを、今朝テレビで観た。


不自由な暮らしの中にあって、
ヒラメキをカタチにしてしまうパワーに心打たれた。


薪といえばキャンプ!
全国のキャンプ場から引き合いがあれば
それだけでも結構な売り上げになるはず。

ピザ用の竃があるイタリアンなどでも需要はあるはず。


今年の焚き火を、“復興の薪”で楽しめる巡り合わせに
期待したいな。


元気な吉里吉里国の復興にエールを。

スポンサーサイト



| オススメ | 14:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |