なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2011-02- | ARCHIVE-SELECT | 2011-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

遅ればせ。

毎週水曜日は注文しておいた商品が
生協さんから届く日。


昨日届いたのはヨーグルト1パック、トイレットペーパー12ロール、
ミネラルウォーター1L、ホットケーキミックス、泥付きニンジン。

泥付きニンジンはお漬け物用にいつも頼むんだけど、
その他の3品は動揺買い。

パンがこつ然と消えていた頃だったので、
せめてホットケーキでしのごうと思ったりしていたし、
今はもう正常に戻ったトイレットペーパーは
これで逆にだぶついたけど、
でもヨーグルトだけは未だに買えないのでうれしかった。

せっかちなワタシだけれど、でも意外とはなかった。




未だ温かいものどころか、
量的にも満足に食料が行き渡っていない避難所もあれば、
トラックの中で詰めたい缶詰の携帯食だけで奮闘する自衛隊員も。


でも。
節電以外は、今までと同じように生活して働いて消費して、
パワーを送ることしかできない今、
相変わらず毎朝の報道をみては胸が痛むし、
相変わらず続く余震に心細くてたまらない夜もあるけれど、
無事でいた私たちが日本を支えなくてはならないとうことを
遅ればせながら本当の意味で実感できるようになってきた。




今週末は十数年続けているお花見。
まだ満開には早いけれど予定通り開催する。
「今年は東北の地産品を中心に持ち寄ろうよ」
そうみんなに声かけた。

| ココロのヒダ | 10:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

風よけにしてしまえ。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

MotoGPのチャリティーTシャツに続き、
欲しいもの、また出現。

Kawasakiから出た帆前掛け
Kawasaki帆前掛け

船やらヘリやらもデザインされてるので
んーと一瞬ためらったけれど、
よく見るとセンターはディスクブレーキ。
しかも「跨がる単車専用」だって。

今年のキャンプは愛用中の神亀に代わって
コチラを積んでいこうかな。




こっちのほうがオススメだよっていわれそうだけど、
コレ着てコケたら目も当てられないので
コレはコケない人にお譲りするってことで。
こけへんでTシャツ

| オススメ | 10:05 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自給自足…? 「★つ・ぶ・や・き★(1280092)」

大根葉が大好きで。

お味噌汁に入れた時のあのシャキシャキとした歯ごたえとか、
おじゃこといっしょにごま油でちゃちゃっと炒めたときの
あの独特の香りとか、どうしても好きで。

葉付きの大根はなかなか店頭では手に入らないので、
大根を買ってくると切り落としたヘタを水に浸しておいて
伸びてくる茎と葉をしばらく楽しんだりするんだけど。


今回のはすごいよ、これ。
daikon

周囲の茎をちょいちょい抜いて食べてたら
真ん中の一番元気がいい茎があっというまに伸びて
もうじき花も咲こうかという勢い。
1週間でここまで伸びるなんてすごいパワー。


こんなところにも春らしい力強さを感じる。

がんばれ。がんばろ。


| オススメ | 10:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

心憎いね。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

「遅くなったけどWhiteDay…」

昨日出先から帰社したら、
デスクの上にそんなメッセージ付きの封筒がひとつ。

先月までいたチームのデザイナーからのお返しだった。


中に入っていたのはこちら。
マウス?

一見、マウスに見えちゃうこちらは防犯ブザー。

さっそく贈り主の君にお礼を言いにいったらば、
停電が増えるからあったほうがいいと思って、と。


彼の実家は仙台市内。
家の倒壊こそ免れたけれど、未だに水道は復旧していないらしい。




この時期、辛い想いをしている人ほど、
思いやりに溢れてる。





一方、最速の男子たちも、日本のために結束してくれている。
maniさんちで紹介されてるMotoGPチャリティーTシャツだ。

今や募金を募る団体や企業はゴマンとあるけど、
自分が好きなコトやモノやヒトが絡むと気持ちも弾む。

買いでしょう、コレは。




イケイケドンドン。



| オススメ | 13:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

なぜ、そこだったのか。 「★つ・ぶ・や・き★(1280092)」

震災直後にこつ然と消えたお米やらパンやらトイレットペーパーやらが
店頭に戻って来た。

ガソリンもぼちぼちと正常化しつつあるし、
つまりは例え店頭から消えたところで1週間や10日もすれば
商品は戻ってきてる。

落ち着いて模様眺めしていれば、誰にだったわかること。
なぜそれができないかな。

買いあさりがパニックにつながることがわかっているのに
自分だけは、我が家だけはと手を留めない人の多いこと。

飲料水は乳児を優先すべきなのに、
瞬間的に店頭から消えるのはさてなぜだろう。

方々で復興支援に立ち上がっているこのムードが
台無しになっていく気がしてならない。


まるで無限であるかのように湯水のごとくエネルギーを
消費してきたことへの懺悔はもちろん、
人としての根本を考え直すべきときじゃないかな。

それが今回の震災の啓示だとするならば、
泣けてくるほど思いやりの深い東北の方々に
大きな被害がいってしまたことが今さらながら切なくてたまらない。

浅ましい人間こそが被るべきだったのに。




| 未分類 | 10:30 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

揺れてる気がする症候群 「★つ・ぶ・や・き★(1280092)」

昼夜を問わず、あまりにも頻繁に起きている地震。

しかも心なしか揺れが長くなってきているように感じるんだけど
気のせい?



そのくせ、緊急地震速報は空振りに終わることが何度もあって。
有り難いことなのに、身構えてた分だけ脱力も大きく
勘弁してよと思う。

勝手なもんだ。




さて。
「揺れてる気がする症候群」にまで陥っているワタシは、
地震が起きてもいないのに日に何度も揺れてる感に苛まれている。

ので、先週からは家でも会社でも、こんな対策をしている。
CA3A0387

空き瓶やペットボトルに水を入れて、しっかりとフタをして
目につくところに置いておくのだ。

ん?と思ったときに目をやると、水面の揺れで判断できる。
ここ1週間ほどは、症状が悪化しているようで、
揺れた気がしても、水面はピタリと止まっていること多々。


自分の異常さを都度確認しているようなものなので
それはそれでまた不安っちゃ不安なんだけれど。

大丈夫かしらん、ワタシ…。

| ココロのヒダ | 11:46 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ポポポポ~ン症候群 「★つ・ぶ・や・き★(1280092)」

下田お泊まりツーリングも早々キャンセルしちゃったし、
初日に親友のり平とホルモン立ち呑み後うち呑みして、
中日にやっとオイル交換に行った以外は、
ろくな内需拡大にも募金にも貢献せず、
特筆すべきこともなかったもったいなさすぎる三連休。

金曜日は湯船で、昨日は入浴直前のまさにすっぽんぽん状態で
震度3の揺れが来たけど、例に寄ってフリーズしたまま祈るばかり。
祈っても揺れが治まらないことはもう体験済みなのに。

そこへ来ての原発問題。
一向に状況が好転しないばかりか、放射能被害は徐々に広まりつつあって
心許なさは強まるばかり。
お陰でmotoGP初戦を見逃してしまった。



そんな中、とある症候群に陥ってしまったらしい。

その原因がこちら。


震災以来、民放CMの代りに挿入されているADのCMは
はっきり言って垂れ流しといっていいレベル。
毎日毎日、しかも提供にもスポットにも流されるので、
さすがに脳が疲弊している。

かろうじて震災向けに2バージョンほどが追加されたけれど、
仁科親子の子宮がん検診やオシムの脳卒中、思いやりバージョンは
はっきりいってもうごちそうさま。

中でもそれらとはまったく毛色が違う、やけにユルいこのアニメ、
最後の「ポポポポ~ン」はひょっとしてサブリミナルか?
脳の襞の隅々にまで入り込んでしまったかのように
寝ても覚めても耳から離れないわ、口をついてでてくるわ、
完全に刷り込まれてしまったみたいなんだけど、
みなさんはいかが?



ヘタウマ風な動物たちはなかなかにしてかわいくて
フィギュアーが出たら売れそうだし、
お歌も高音の伸びがすばらしくて上手なんだれど、
つまるところ、
「たのしい仲間がポポポポ~ン」の意味がよくわからない。

友達が増えるイメージを擬音語に例えたら
「ポポポポ~ン」だったのか…。



これだけ国民を洗脳したんだからいっそのこと
逆手に取って復興支援の合い言葉として
「ポポポポ~ン」を採用してみちゃう手もありかと。
上の疑問が解けたらの話だけど。


ちなみにラフルローレンは
こんなポロシャツをアメリカ版ホームページで販売開始。
全売り上げを赤い羽共同募金へ寄付していただけるのだそう。
poloがやってくれました


デザインはさておき、本当にありがたい。

ラルフローレンも「ポポポポ~ン」だね。

…。

…やっぱり意味不明。




| どうなの? | 13:53 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

温故知新

実家からパンとお米が届いて少し安心した連休二日目。

昨日はオイル交換しになおさんのお店へ向かったけれど、
うちの路地を出たところで、ガソリンスタンド再開待ちの
大渋滞に行く手を阻まれた。

車列をかわしながら通りに出て、
普段なら1分でいけるところ
10分以上掛けて向かった交差点は
信号が変わっても通過しきれない車が残って
キケン極まりない。

すっかり脱力しつつ町内をぐるり。
目的も果たせず帰ってきたのだった。


さてと。
地震以来船橋駅周辺では軒並み売り切れが続き
買えずにいるトイレットペーパー。
かろうじて売れ残っていたものを買っておいたよと
友達が譲ってくれた。

それがこちら。
代替え品

30数年前、祖父の家で使って以来の「再会」。
でもこれ、表面がちりめん状になっていてとてもソフト。
使い心地抜群なのだ。
祖父の家のトイレで使ったそれとは印象が違う。

地震がなければきっと味わえなかった使い心地。
病み付きになりそう。。。


商品名なのかブランド名なのか
パッケージには「Homepaper」と書かれているだけ。
トイレットペーパーが手に入らない方は
試してみる価値ありかも。








| オススメ | 12:32 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

やるもんだ。 「★つ・ぶ・や・き★(1280092)」

GoogleとHONDAが手を組む
こんなにすんばらしいものができるのね。

でも、ブルーのラインがまったくない宮古や久慈、石巻あたり…。

早く全域に、文字通りのライフラインが青くつながりますように。


| 未分類 | 13:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ぼちぼちと。 「★つ・ぶ・や・き★(1280092)」

なおネィさんのキーボードはすごいことになってますね。

社長にそういわれてよくよくみれば
角度的につめが当たる「N」「M」「K」の削れっぷりは甚大で、
頻度が高いのか「D」「S」も危うい。
爪の衝撃ではなく、単純にタッチ頻度と圧が強くて
印字が薄れているキーもある。
削れゆくキーボード

爪は伸ばしていないし、ネイルすら塗ってないし。
でも機関銃のように打つねとはよく言われる。
仕方ないよ、こればかりは。

ただ、東北エリアが壊滅したことで発生した業務上のいろいろなトラブルで
今週アタマからずっと頭を抱えていた社長がちょっと笑ってた。




さて。
地震以降、家中のライトをとりあえず目のつくところに出していて。
キャンプグッズがこんなところで役に立つのが幸か不幸かわからないけど、
出してみてびっくり。すごい数。
電池もいっしょに収納してあるので、いつでも使える。
ライトだけは

自宅までの帰り道が停電になっている場合を考えて、
一番コンパクトなライトをバッグに常備。
備えは想像力を働かせないとできないものだと実感。




今回の地震で、食器棚から食器が落ちて割れたという声を
都内や船橋の友人からいくつも聞いた。

うちはかなりのボリュームの食器を納めた背の高い食器棚があるけれど、
ひとつも落ちずに済んだのは、ひょっとしたらこのシートのお陰かも。
お陰さま

棚板に傷がつかないようにと敷いたのがそもそもだし、
このシート自体、滑り止めをうたった商品ではかったはずだけど
今回は実にいい仕事をしてくれたのかもしれない。

食器満載の食器棚をお持ちの方にはオススメ。





| 未分類 | 12:27 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

緩み続ける涙腺 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

連日地震ネタしか書けないバイクブログ。
だけど身も心もそれ以外にアテンションできない昨今…。

家にいても自宅にいても、頻繁に揺れを感じる。
でもそのうち半分ほどは地震速報も流れず、
つまりこれは「また揺れてる症候群」的なやつ?

いつまでたっても揺れに慣れない。


そんな中、またしても延期決定、日本グランプリ。

去年はアイスランド火山噴火の余波で、
「やれやれ…」なんて気分だったけれど、
今年は先週末にぼんやりと予想してた。
「そんな場合じゃないわよ」と。


未だ最寄りのスタンドには行ってみていないけれど、
どうなんだろか、ガソリン供給事情。

もちろんロングツーリングは当分自粛のつもりで、
でももう前回のオイル交換時から
うっかり5000キロ走ってしまっているので、
早くなおさんのところへ行きたくて、
行くには給油しなくちゃで。

土日の計画停電は実施されないらしいから、
信号が停まることはないし、
なおさんのところの往復程度なら無問題…、
でもふと忘れていることに気付くのだ。

地元が巨大地震に見舞われない保証は
どこにもないということを。



バイク走行中に大型地震に見舞われたらどうするか。
家やオフィスで被災する場合と、状況はまったく違ってくる。

実際その通りにはいくはずもないけれど、
行き先に応じた策を多少なりともイメージしておかないと。
迂回ルート、防寒、防雨など、家に帰り着けないことも
想定しておいたほうが、当分はいいかもしれない。

先日の大地震で、3時間歩きながら思ったけれど、
あれだけの車と人間が同じ方向を目指して移動していると、
バイクとはいえ思うようには動けないはず。
歩道に溢れた人たちは車道の路肩を歩くので、
自転車はさらに最悪。
結局は押して歩く羽目になる。


3連休にツーリングを予定している方々は、
十分な備えと覚悟を。




そして今、日本中が成り行きを見守っている原発問題では
まるで映画のヒーローのような熱い方々が、
命を賭けた任務に就こうとしている。

本人の決意、そして送り出す家族の想いに
また涙腺が緩む。
地震発生以来、報道をみながらいったい何度泣いただろう。
心からの感謝と精一杯のエールを送りたい。
どうか作業が功を奏して、無事に帰還できますように。



せめて私たちは、
引き続きの節電と募金と、慎ましい日常を。


| ココロのヒダ | 11:04 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

知れば、できる。 「★つ・ぶ・や・き★(1280091)」

今日はJ-WAVEはやめて、UstreamでNHK総合をラジオ代わりに。

顔色がすっかり悪くなった枝野さんの頻繁な会見、思わず労いたくなる。
関係各所は恐らく寝ずの対応。

「あなたたちしかいない!覚悟をしてください」
菅さんの発言、実にごもっとも。




午前中の原発報道を聴いていた若いデザイナーが泣き出した。
彼女の実家はいわき市にある。
非難勧告地域に指定されてしまったのだ。

すでに東京でも、体に無害とはいえ微量の放射性物質が検出される中、
家族の成り行きを見守るしかない悲しさは想像に余りある。



そして宮城や岩手の被災者の状況は相変わらず悪い。
時間とともに、むしろ悪化している。

食料や物資輸送、緊急車両、暖房用のガソリン、灯油が大幅に不足し、
未だ一度も食料配給がなされていない避難所もある。

暖房もろくにない中、毛布一枚きりしか割り当てがないところ、
簡易トイレがすでにキャパを超えて使用不能になっているところ、
よって体調不良を訴える人が増えているところ、
まさかの食料の略奪が起こっているところ…。

知れば知るほど心が痛む。
相変わらず続いている余震だけが
そう遠くないところで起こっているということを
都度認識させてくれる。



でも、自衛隊の尽力によって瓦礫が除かれ、
平でだだっ広い荒れ野のような大地の上を、
救済車両が列をなして走る様は
少しずつでも確実に復興へ向かっている証。

結果、孤立していたエリアから、避難していた住民が見つかったり、
行方不明だった方々の遺体が発見され始めている。

空撮映像をみながら
がんばれがんばれと、願わずにはいられなかった。





今週末のキャンセルを連絡した下田の民宿のおかみさんは
むしろこちらの混乱を気遣ってくれた。

そう。
日本人は本来、心根が温かいのだ。

少しでもパワーを、物資を被災地へ。
被災者の方を思えば、多少のことは我慢できる。

そして復興したらきっと行こう、2回目の東北ツー。


| ココロのヒダ | 17:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

待機と徒労 「★つ・ぶ・や・き★(1280091)」

大震災に伴う計画停電中止を知ったのは今朝起きてから。

テレビで流される交通情報で、通勤で利用する総武線が
終日運休するのを知って、京成線で向かうことに。

でも、早めに京成線に乗って都心に向かった友人から
途中の都営新宿線乗り換え駅で入場制限になって進めないとの
連絡が入って断念。

会社からも無理せず自宅待機せよとの連絡が。


幸か不幸かのサプライズオフ。
トイレットペーパーが心もとなかったので、
銀行に立寄りつつ船橋駅前に出る。

JRが運休のため、駅ビル内商店街も、
西武も東武も休業しているのはわかるとしても、
付近の店もカフェやドラッグストア以外は軒並みクローズ。

そして度肝を抜かれたのは、行きつけのイトーヨーカドー。
11時にもなっていない時点で入場制限となり、
並んでも入れるのは夕方…?と思われる長蛇の列が
2方向からできていた。

ならばと歩いて15分ほどのマックルバリューへ
汗をかきつつ歩いてみれば、ここもクローズ。
げんなりしながら帰りしなに寄ったコンビにも
お酒類と乾きものが残るばかりで、
欲しいものはなにも残っていない。



どこか殺気立った買い物客。
なぜそんなに買い急ぐのか。
トイレットペーパーを3パックも抱えている人は
いったいどれだけの長期戦を想定しているんだか。

買い物に出たのに、結局は自販機でアクエリアスを買っただけで
帰ってきた。

モノがないことよりも、独りよがりな人たちの多さに失望。



去年、バイクで初めて訪れた東北エリア、福島。
その福島が今、放射能にまみれている。

あれだけの反対を押し切って建設した原発ゆえ、
いかに想定外の巨大地震であっても、
それは理由にはならないし、許されることじゃない。

この国の大罪を、いったいこれからどうする。






| どうなの? | 12:40 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

サバイバルはこれから。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

スタンドに行ったけど、
ハイオクと灯油しかなかったとか、
車は20リッターに制限されていたとか。

そんな周囲からの声が聞こえる。
ガソリンの供給がおぼつかないらしい。

オイル交換予約をしに
ナオさんのところへ行くのは諦めて
ヨーカドーへ行ってみれば
商品がすっからかんのの陳列棚に
東北沖大震災の影響だとのお詫びが掲げられている。



東北エリアで余震があるたび、
同様に揺れる千葉北西部。

それだけでも疲弊しているのに
現地被災者の方々の心的疲労はいかばかりか。


そんな状況の中、暢気にツーリングなど行く気になれず
今回の下田お泊まりツーは無期延期。


やっぱり行けばよかったねぇ?
なんて笑っていられるくらいに
一週間ですべてが好転するのなら
それは願ったり叶ったりだし。

余力のすべては、被災地の方々に向けて送りたい。

どうか、心尽きないように。




明日から始まる計画停電へ向けて、
心と態勢の準備を。















| ココロのヒダ | 00:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

心に刻む 「★つ・ぶ・や・き★(1280090)」

東北沖大地震による昨日からの顛末。
恐怖を忘れないために、撮った画像とレポをアップ。

まず地震発生後、6階のオフィスから隣の公園に
避難したときに撮った一枚。
避難場所へ集合
外に出よう!と一番先に階段を駆け下りたのはワタシだったけれど、
すでに周囲のビルから吐き出されたサラリーマンで公園は黒山。

次々襲う余震でゆさゆさと揺れるビルを見上げながら
まだ震えが止まらずにいた。

そのころ、大津波警報が発令されたけれど、
「小高いところ」など周囲にあるはずもなく
電通ビルが塞き止めてくれるよなんていう人もいたけれど、
みな呆然とするばかりだった。


30分ほど外にいた後、寒さもあってオフィスへ戻る。
ワタシのルームはこんな有様。
ワタシの席周辺
奥のスピーカーはかろうじて無事だったけれど、
CDプレーヤーは落下、シェルフの上段にあった書籍は
わらわらと半分近くが落ちていて、
見切れている手前左の書棚の上にあったブリーフケースやら
CD整理ボックスが落ちて散乱。


仕事のことなどもう誰も眼中になく、
ネヂさんで予定していた歓送迎会も急遽中止に。
早く帰りたい思いはみな同じで、方向が同じ同士で
タクシーを捕まえつつ帰ろうということに。

ドタキャンしたネヂさんに頭を下げに寄って
ついでにゆーこちゃんに予備のスニーカーをかりる。
昨日は宴会ということもあって、7センチヒールを履いていたからだ。
この思いつきは後々大正解となる。


新橋駅を抜け、銀座、東京、日本橋と歩くころには
終業時間を過ぎたせいか、
歩く人たちがものすごい数に増える。
永代橋はまるでアメ横のような人出。

タクシーは「回送」を掲げるものばかりで、
左車線を避けて走っている。
本当に船橋まで歩くことになるかも…と、不安が募る。

福岡の親戚から、安否を気遣う連絡が入る。
電話を掛けても繋がらないが、なぜか受けることはできる。
メールは「メール問い合わせ」をしないと受信できない。

吉野家大盛況。
公衆電話、コンビニのトイレに列ができ始める。

途中、ふたりのフタッフと別れ、
浦安を目指すスタッフとふたりになり、
人ごみに混じって黙々と歩く。

途中、雑魚のマスターから、
葛西橋の自宅に寄ってくれればバイクを貸すよと
電話が入る。
バイクは原チャリかNS。
大渋滞の道を慣れないバイクで帰れるか…。

とりあえず、葛西橋に寄ることにしてさらに歩く。
携帯のバッテリーが2本になったので、
後のことを考えてコンビニでバッテリーを買う。
在庫は残りひとつだった。
人が多くて自分のペースで歩けずイライラするわ、疲れるわ。

歩いている人の中には、
立ち止まって靴を脱いで休んでいる女性も。
スニーカーが借りられなかったら、
同じ目に遇うところだった。



新橋から歩き始めて3時間後の19時半、
葛西橋に着く。
スタッフと別れて、近くの居酒屋で暖をとりながら
雑魚のマスター夫婦を待つ。
新橋からバイクで通常20分のところを
渋滞にはまり1時間かけて帰ってきた。
バイクを借りることも、車で送ってもらうことも諦めて
お泊まりさせていただくことに決定。

余震と自宅の心配でほとんど眠れず朝になる。



明けて今日。
雑魚のおかみさんに送ってもらって
9時半前、東西線南砂町から乗車。
が、終点の西船橋のホームが乗り換え客でごった返し、
入線できないとのことで、葛西に着いたところで運転取りやめに。

結局、雑魚のマスターに迎え来てもらってタンデム。
357号を全線すり抜けて11時過ぎにやっとやっと自宅着。

ドキドキしながら玄関を開けたらば、
最初に感じたのは酒臭さ。
割れたもの
雑多なものがキッチンのテーブルから落下して、
そのうち焼酎「一刻者」が全損。
食器棚は奇跡的に無事で、上から空き箱が落ちただけ。

さらにリビングへ入って一瞬息をのむ。
RIMG1960
納戸の中のものが落ちたせいで扉が開き、
また、右の壁に立てかけておいたクリムトのジグソーが
落ちて倒れている。
見えていないがこのパネルの下には
ポトスの鉢がひっくり返って土が散乱。

でも寝室は被害なし。
予想に反して最小の被害で済んだと言っていい。

ガスがつかなかったけれど
マスターがメーターのボタンを押せば復帰することを
知っていたお陰でことなきを得る。
震度4以上で供給が止まると、以前聞いたことがあったのに。
ひとりだったら不動産やさんに電話してたな。


かくして部屋の整理も30分ほどで終わって、
のんびりと珈琲など飲んでマスターを見送った。

いつかはと思っていたことが突然起こる恐怖。
最悪の事態にならなかった分、
実にいい教訓だったと思う。
月曜にはさっそく、オフィスにスニーカーと水を
用意するつもり。



それにしても震源地に近いエリアの被害は
時間を追うごとに悲惨さを増し終わりが見えない。
こちらでも余震は相変わらず続いていて、不安は治まらない。

どうかこれ以上のことが起こらないようにと、
祈るばかり。








| 未分類 | 14:57 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

人心地

仕事にならないほどの地震のあと、
退社時間を待たずに船橋へ向けてあるきだした。

結果、現在葛西橋にある雑魚のマスターのおうちに身を寄せている。

渋滞ひどく、バイクで送ってもらうのも断念。

自宅の無惨な状況を目の当たりにするのは明日に持ち越し。

今夜も眠れそうにない。

| 未分類 | 23:09 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ワタシ昼だけサウスポー 「★つ・ぶ・や・き★(1280090)」

左手で箸をもってゆっくりと食事をするのが
ダイエットに効果があるなんてハナシ…、
かつてはバカにしていたんだけど。

実は異動でひとりきりのルームになって以来、
密かに実践していたりする。


左手で箸を持つ。
同じ脳から同じ指令を受けているにもかかわらず、
そのぎこちなさは甚だしい。
初めて日本に観光に来た欧米人のごとく
箸で挟むというよりも、箸に乗せてなんとか食べる。
口へ運ぶときの手首の返しもぎこちない。

人間の体は、使おうとしない限り
こうも機能しないものなのかと愕然とする。
つまり、
使わないでいればいずれ筋肉が衰えて
動いてた記憶を脳が忘れる。

そう思って少し怖くなる。



この毎昼の苦行が意外にも続いているのはなぜだろ。
ダイエット目当てというよりもむしろ、
左手もそれなりに使えるようになりたいとう
思っても見なかった願望が生まれてきたからかもしれない。

周りに何人かいる両効きの人は、そろってみな器用。
頭の回転の早いも多い。
逆も真なり…?ではないのでもちろん一概にはいえないけれど
昔からちょっと憧れていたところがあったような気もする。




と、ここで憧れていることがもうひとつあったことを思い出した。
それは、天地逆の文字を書くこと。

つまり向かい合って座っている人に正体に見えるように
上下逆の文字をすらすらと書けるようになりたいのだ。

そんなの無理だと思うなかれ。
以前いっしょに仕事をしたデザイナー氏が
向かい合った席にいるワタシが首を傾げる必要もなく
すらすらと読める文字をシャカシャカと書きながら
デザインの説明をしてくれたのだ。

驚くワタシに彼はいう。
別に練習したわけじゃない。
逆さの状態が頭に浮かぶのだ、と。



訓練すればできることではなく、
それは持って生まれた才能。

そう思ってその場は終わってしまったけれど、
才能はなくても、感覚を磨けばできるかも。



足でペダルを踏んでブレーキをかけるということに慣れず
都度バランスを崩してコケていたワタシが、
イッパシのバイク乗りになれてるんだからさ。




| 私って | 14:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ミラーインプレとナビ候補 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

ミラーを付け替えてやっとロングランが出来たのでインプレを。

おぬーのミラー

純正のスクエア型からオーバルに変えたので
当然視界の具合は違ってくるわけで、
それは単純に慣れれば平気なレベル。
以前からオーバルにしたかったのでこれはOK。

ただ、カタチ以前の肝心な問題がひとつ。

ブレるのです、これがかなり。
片側3,500円したのでそうそう安物でもないんだけれど。

純正の場合、後方数十メートル離れていても
連れのバイクはしっかりと見えていていたんだけれど、
今は2、30メートルも離れるとブレてしまって正体不明。
この差にはちょっとびっくり。

ゴムのワッシャーでも挟み込めばかなり解消するのかしらん。
安全に走行するには問題ないのでこれも慣れの問題なのかもだけど
見た目はともかく、性能は純正に勝るモノなしということね。



で、たまたま見つけたSONYのナビ。


自転車搭載を意識しての防滴設計、
最長約11時間のスタミナバッテリー、
8GBの内蔵メモリー…となかなか頼もしい。

高速道路でなければ音声は聞き取れるらしく、
まさか高速巡航中に道に迷うはずはないので
これは充分に使えそう。

別売り専用クレードルが

お値段のわりにショボいらしく
そこがクリアできれば3万切ってるしお買い得かも。

野生の勘が鈍いワタシには、ナビはどうあれ必需なのだ。

| バイクギヤ | 18:04 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

走行会へ向けて…。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

昨日、ネヂ餃子食堂でタモツさんとばったり遭遇。

一昨年のトミンサーキットで初級のインストラクターを
買って出ていただいたタモツさん。
「第2回開催」を強く奨励してくださっているおひとり…。


なわけで、今年はどうあっても開催しなくてはならない空気。
「わかりました」とお約束を交わす。

さて。
いつにするか。


前回開催したトミンサーキットでは、
その後バイク貸し出しが始まったようで、
今回はどなたでも鋭意ご検討していただけそう。



となればフルフェイス、買っておかないとね。
最近周囲で「悪くないみたい」との声が上がっている
これなんかどうなんだろ。


走行会で使うには充分…。
いや、ツーリングで使うことも考えて
AraiかSHOEIを買っておくべきか…。

また悶々の日々が始まりそう。



ジェットの買い替えもまだだというのに。


| バイクギヤ | 13:39 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

シワ注意報 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

昨日のツーリング途中のこと。

鼻先まで覆ったネックウォーマーの案配を確認するため
ミラーを覗き込んでちょっと慌てる。




目元の周りのといわず、頬のあたりも含め
シワがすごいことになってるじゃないの。

歳の割にシワはかなり少ないつもりでいるんだけど、
メットでぐっと寄せて上げられた肌には
ちりめんなシワがシャーシャーと走っているのだった。


この状態のまま、汚れて乾燥しきった風を
何時間もまともに浴びて走るのだ。
きゃーきゃー、たまらん。



昨夜、いつもより念入りに保湿液を塗りたくって
就寝したのはいうまでもない。




昨日は高速メインだったにも関わらず、
今日は左腕の筋がちょっと痛い。
右手は、スロットルロッカーを使っていても
昨日のうちにだるかった。

バイク筋がなまってる。



…にしても、
R1200Rが欲しすぎる。

今日から毎週BIG買お。

| バイク | 17:32 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

浜松弾丸ツー 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

あまりにもロングから遠ざかっていたので、
今日はいきなし浜松まで。
極端だ。

直線バカなので、高速走行はまったく飽きない。
1日に1,200キロ走ったラウンドアバウトも
九州までひとりで行けたのもそのお陰かと。

行きは飛ばしすぎて200キロ手前でリザーブ。
燃費が20キロを切ったのはこれで三度目。
120キロ巡航ならリッター28、29は当たり前なのに
ガソリンが上がっているのも忘れ
なんとも不経済なことをしてしまった。

反省しきりでたどり着いたのは
住宅街に忽然と佇む餃子屋さん喜慕里

開店11半の20分前についたのに
店前にはすでに10名以上の行列が。
シャッターが上がると同時に入店して
運良く席に着けたものの、
座りきれないお客さんに後ろに立たれるという
非常に落ちつかない状況で待つこと15分ほど。

浜松餃子
餃子定食が供された。
小10個、中15個、大20個。
小でいいかなぁ…と思ったんだけど、周囲の女性客が
軒並み「中!」といっているので「中」に。

具はほぼほぼキャベツとネギで、ニラもニンニクもなし。
おろしニンニクを入れた餃子のタレにつけてほおばると
具は甘く、カリッカリの皮が香ばしく、15個は軽い!と思いきや
餃子屋さんにしてはしっかりとしたわかめが入ったみそ汁や
かなり盛りがいいご飯や白菜のお漬け物や
なにより浜松餃子のお約束のもやしなんかをかまう間に
お腹の空きスペースはどんどん減ってたじろいだ。

のっぴきならないくらい満腹になって
次に向かったのは地元のスーパー、遠鉄ストア


以前生協で取り寄せたお菓子
がとてもおいしくて
それが浜松名物だと後から知るに至って、
あの味を再び!な気分で店内を探し回ったら
売り場に残っていたのはわずか2個!

ついでに、ひょっとして名古屋のお菓子もあったりして?
と思って探したものがちょっと雰囲気が違ってたけど
同じ名前で売られていて製造元も同じで、
なんだか嬉しくなっておやつ2種ゲット。
今日の戦利品
「あげ潮」と「しるこサンド」。
ほのぼのとした味わいがオススメ。
あげ潮は砕いてヨーグルトにトッピングするとすんごい美味。



お目当てが見つかって、
わーいわーいな気分で疲れも吹き飛び、
最後に向かったのはこちら
閑散…。

平さんのオリジナルグッズがちょこっとあって、
レンタルバイクがずどーっと並んでいて、
今年のMotoGPのポスターにわくわくして、
ダブハチを意外にもこんなところで初めて観られて
整備のお兄さんに明るく挨拶されてうれしくなって
なんとはなしに「なるほどぉ…」って気になって
帰途についた。


帰りは秦野中井から横浜町田の渋滞が
牧ノ原SAでは2キロと表示されてたのに
実際に行ってみたら30キロになっていて
ただでさえのロングランだってのに
ダメ押しのボディブローのように効いた。

帰宅は7時。
久しぶりのナイトラン。

富士山はくっきりとキレイだったけれど、
朝からずっと小さな傘をかぶってた。
明日は雨だね。


本日の走行距離 739キロ。



| ツーリング | 23:32 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

京都なランチ 「食べ物あれこれ(258089)」

船橋東武へ行ったついでに開催中の京都物産展へ。

タダでは帰ってこられないと思っていたけど、
やはりまんまと術中にはまる。

戦利品で遅いお昼。
とりまつのばらずしと、お花見と銘打たれたういろう。
とりまつのばらずし

京都のばらずしといえば、お祭りやお祝いごと、来客時に
欠かせないおもてなし料理。
聞いたことはあったけれどもちろん目の当たりにするのは
初めてで、まだほんのりとあたたかいところをいただいてみれば
甘い鯖のそぼろとすし飯の相性がなんとも絶妙。
どこか懐かしくほのぼのとしたやさしいおいしさが広がる。

名古屋でさんざん食べたけど、京都のういろうも美味だこと。


ちなみに最後まで後ろ髪を引かれたのは
「いづう」という名前の鯖ずし。
一本が2,500円もするので手が出ずに帰ってきた。

調べてみればいづうとは京の鯖寿司で有名なお店の名前だった。



たまにはのんびりと、はんなりと?
京都へ行っておいしいものをいただきたいもんだわ。






| オススメ | 18:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

リュクスでロハスな人はどこ? 「★つ・ぶ・や・き★(1280089)」

初めて意識して読んだのはVERY…だったかなぁ、
「リュクス」という言葉。

すでに2000年をちょっと過ぎた頃から「カタカナ」で使われていた「リュクス」。
「リュクスな質感」とか、「リュクスな通勤着」とか、
意味はわからなくてもなんとなく高級感を指す意味かと思っていたら
そもそもの意味はちょっと違ってた。

「リュクス」は贅沢、豪華、優雅、上品なを意味するフランス語「LUXE」。
今までの「ブランド志向」や「セレブ感覚」と違うのは
お金ありきの物質的な贅沢ではなく、
自分の目で見極めることによって心まで豊かになるような
モノやコトを選び、それらに囲まれた環境で暮らすことらしい。

モノについて例えれば、
流行のものを買いあさってとっかえ引っ替え使うのではなく、
商品の製法や質感、使い勝手などにこだわって
本当に気に入ったものだけを長く大切に使う、
そんな精神ってことだろか。

その割にはずいぶんと軽く使われ過ぎてやしないか。
読者はもちろん制作側だって、どれだけの人が
わかって使っているのやら。


最近ではエコリュクスなんて言葉も生まれていて。
「物や心の豊かさを楽しみながら、地球環境にも配慮する」ことだそう。

なんだか格好よすぎてピンとこない。
もっと普通に構えて、できること、気付いたことからやれば
いいんじゃないのかと思っちゃうのはアマノジャクだから?

スタイリッシュな言葉が生まれては独り歩き。
「ロハス」も「リュクス」もまだほど遠い。

| ココロのヒダ | 15:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

準備だけは万端。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

バイクに乗り出して以来、バッグの類いには目がなくて。

最近買ったのは、トップのrecomendにも上げてある大容量の
ウエストバッグ。

一見ゴムのようにみえてゴムじゃない薄く軽い素材のそれは
空のときはかなり薄くなってくれそうな感じで。
GERRYウエストバッグ

最大8リッター入る。
GERRYウエストバッグ

ファスナーはシール処理されていて防水性抜群。
GERRYウエストバッグ

腰にあたる部分は蒸れにくいメッシュ仕様。
GERRYウエストバッグ


早く使いたい。
というか、いい加減走れば?ワタシ。

| 未分類 | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |