FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2010-11- | ARCHIVE-SELECT | 2011-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

60歳の味覚…?

社内の女性陣の中で、ワタシは上から数えて3番目。
取締役の60歳を筆頭に次が59歳、そしてワタシ。

2番目とワタシの年齢差が恐ろしくあいているにも関わらず、
その2名がなし崩し的にワタシを交えて「三婆」と自称し、
月に一度ランチをしにいくようになった。

「サンババランチ」

サンバならいくらでも乗るけれど、
若く見えることだけが取り柄のなのに
いくらなんでも「ババ」の仲間入りは不本意。

でも、たまにはお弁当をサボって外メシしながら
お決まりの社内愚痴を聞いてあげるのも若いワタシの務めと
楽しむようにしている。



ヘヴィースモーカの女史のために、
食後のお茶付きランチを新橋で探すのはそこそこ至難で。
今日行ったのはオープンして日も浅いKawara cafe&Dining

おやぢの巣窟新橋にあってはレアなカフェランチの店とあって
広い店内は12時過ぎでも空いている。
三人揃ってオススメランチを頼んだら
恐らくは本物の屋根瓦に乗ったプレートが登場。
kawara_lunch

当然ホールのおねーさんはひとり分ずつしか運べない。
しかも狭いテーブル上では向かいの人の瓦と
端を重ねるしかなく実に不安定。
店名にちなんだ演出も、有り難みどころかマイナス。

お食事がおいしかったので余計にもったいないところ。


ところで。
今日のプレートはチキン胸肉のトマト煮と、
お魚のフライに青菜の和え物。
「鶏あげるね」という鶏肉嫌いの女史が、
気がつくと半分ほど食べている。

不思議に思って尋ねてみる。

「鶏肉食べてるじゃないですか?」

「えぇ!?鶏はこっちでしょっ?食べて食べて」

「違いますよ、それはお魚。食べちゃったのが鶏です」

「あら。キムチ味のお魚かと思って食べちゃった」

「…」



60近くもなると、キムチもトマトも鶏も魚もいっしょか。
鶏というだけで眉根にシワを寄せるほど嫌いなくせに。

いろんな感覚が緩くなるのは致し方ないにしても…、
あぁ、老いとはおそろしい。


明日は我が身と思いながら、しかしひとりで笑いを堪えた
三婆ランチだった。


スポンサーサイト



| そとめし | 18:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |