FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2010-08- | ARCHIVE-SELECT | 2010-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

松原湖連休キャンプツー Vol.1 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

7月末、チョイ不良Zさんたちと出掛けたキャンプツーから1ヶ月半。

連泊キャンプの行き先は、すったもんだ二転三転の結果
奇しくも再び松原湖オートキャンプ場。

高い立ち木に囲まれたこの大きな大きなキャンプ場は
日射しが燦々と降り注ぐ芝生のエリアと
木漏れ日が心地よいフカフカな落ち葉のエリアとが自由に選べて
予約もいらなきゃ出入り時間も自由だし、
ゴミもすべて出すことができて
しかも何がいいって区画もなしのフリーサイト。
空いていればどこまでも広いスペースを使って設営できるのだ。

しかもバイクならおひとり840円。
バイクで1分ほどのところには、源泉掛け流しの温泉が500円で利用できる
八峰の湯があるんだもの、リピしたくなるのも当然なわけ。

昼夜ご飯




出発はいつものツーリングよりも1時間ほど遅い5時半。
当然ながら中央道は高井戸あたりから混雑。
重い荷物を気にしながらも順調にすり抜けて、
双葉SAに8時に集合後、雑魚マスター、うっちーさん、あちゃさん、boxerさんとで
一路キャンプ場へ。

小淵沢ICから八ヶ岳高原道路へ出て、大きな空の下を走る。
八ヶ岳高原ライン



キャンプ場到着後受付を済ませ、テント設営したらさっそくビール。
福岡から持ち帰った五島のてんぷらを軽く炙って乾杯。
ー九州ではさつまあげを「てんぷら」というー
炙るよ、さつま揚げ

ちなみにこれは私のmontbellクン。
ファイヤープレイスから軽く5メートルは離れている。
ひろびろ
5人のテントをそれぞれ3、4メートルほど離して立てられるくらい
広い陣地をゲットして。
バイクはサイトに乗り入れ可能なんだけれど、
落ち葉フカフカゆえ不安定なので脇の通りに駐車。


ひと休みした後、昼食と買い出しがてらクネクネを満喫…。
ビーナスライン沿いのウッディーなレストランるぽのテラス席でお腹を満たして
牛がいる!と止まったこの道はまだまだ楽勝だったんだけど、
農道初期

先頭のうっちーさんのガーミンが導き出すルートはひどい農道で
この後は山の中やら土煙舞い上がる畑のど真ん中やら…。
タンクバッグの吸盤が付かないほどの埃まみれになっちゃった。


再び141号へと戻って、キャンプ場最寄りの食品館ピクシーで買い出し。
手前のホームセンターで鍋まで買って。
鍋ねぎ


炭を熾してさっそく焼き始めたのは、
141号沿いの肉専門店で買って来た信州牛。
絶品信州牛
あちゃさん持参のニンニク醤油でいただけば、
柔らかくて香がよくって料理のプロ、マスターも唸るうまさ。

引き続き、今季は高くてまだ食べていなかったさんまを焼き、
さんま焼きます

常夜鍋へと続くのだった。
水炊き

ダイエットしてたんだっけ…。
もうどーにでもなれ!な夜。


深夜、トイレに起きたうっちーさんが、あまりの星の美しさに
「起きてる方いますかー」と起こしてくれて。
鳥肌が立つほどにきれいな満点の星空を眺めたのだった。

星ってこんなにあったんだねぇ…。



思いのほか寒くもなく、ぐっすりたっぷり眠った夜だった。


つづく。
スポンサーサイト



| ツーリング | 20:54 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |