FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2010-06- | ARCHIVE-SELECT | 2010-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

メットがそこにない危機を妄想する。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」



置いたつもりのものがそこにない。
お金だけ払って品物を持たずに帰りそうになって呼び止められる。
持ってでるつもりでわざわざ前の晩から玄関に用意していたものを
あっさり家に置いて来てしまう。
家に持って帰ったものをバッグから出し忘れて翌日もまた
持って出掛けてしまう。
ケータイがどこにあるかわからず探しまわる。

などなど。
などなど。

元来のそそっかしさに、加齢に寄る?記憶力低下が加わって、
昨今の私のボケかましは半端じゃない。



そんな私のコト。
もしも出先でヘルメットをなくしてしまったら
どうすればいいんでしょ。

バイクに乗り始めて5年。
はじめてそんなことが頭をよぎった。




グローブは、レインウエアのバッグに雨用のものを入れてあるので、
万が一ひとつなくしてもなんとかなる。

スペアキーも常に携帯しているので、うっかり落としても事なきを得る。

でも困っちゃうのだメットだけは。
スペアを積んで走るわけにはいかないのだし。

そうそうなくすやつなんていないだろうが、
例に寄ってSAのカフェテリアなんかに置き忘れて、
親切な人がしかるべきところへ持っていってくれたにしても、
しかし担当者が適当な処理をしたりなんかして、
探しに行っても「届いてませんね」なんて言われたりして。

じゃあ盗られちゃったんだ?となって、
ここにいても仕方ないわよってことになって、
でも連れがいたにしてもタンデムも不可。

一般道ならまだしもSAじゃ徒歩もムリなら駅もない。
タクシー呼ぶしかないんじゃないの?もしかして。
バイクは無事なのに走れない不条理。
ある意味こういうときも動いて欲しいJAFさん、どうかね。




家にサブのメットを取りに行くのか、
適当なバイク用品店で新たに買うのか、
それは紛失した場所や時間帯にもよるんでしょうが、
いずれにしても明らかなのは、
楽しいはずのツーリングあるいはバイクお散歩が一転。
悲しくて面倒で、思い出したくもない一日になってしまうに違いない。




ヘルメットを紛失した場合の出費はざっと考えても
SAからどこかしらまでのタクシー代、迎車代、高速料金、
次に買うつもりでいたモデルなんかがうまいことあるはずなくって
きっと納得いかないモデルのしかも定価に近い額のヘルメット代、
ヘルメット片手にSAまで向かう交通費(たぶんほぼタクシー代)。

つまりお泊まりツーに2、3回、キャンプなら4、5回いけるくらいの
お金が吹っ飛ぶに違いない。


こんなにお粗末な銭失いハプニングは考えたくもないので、
脳みそに喝入れて気を引き締めなくては…。




ちなみに次のヘルメット候補はこれ、かな。

「フルフェイスの安心感を実現したオープンフェイス」Arai MZ。

F1用ヘルメットのテクノロジーから生まれたこのモデルは
帽体の軽さと、ホールド感の高さが売り。
評判の良さから当初狙っていたSZ-RAM3よりも30mmも長いチークガードが、
見た目や被り心地、脱着の具合にどう影響するかが気にならないでもないんだけど、
オープンフェイスでありながら、フルフェイスに近い安全性を備えているなんて
願ったり叶ったりでしょうに。


いつかはわからない納品の折には、またたっぷりとインプレを。





スポンサーサイト



| バイクギヤ | 17:48 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |