FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2010-05- | ARCHIVE-SELECT | 2010-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

バイク乗りにだって作って欲しい 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

トップのリコメンドにも貼っておいたんだけれど。
自転車用UVカットボレロなるもの。
言っておくけど、女性用。


どうしてバイク界には、こういうものを考えてくれるヒトがいないの?

アイデア買ってくれるなら、寝ずにいくらでも考えるのにっ。

ジャケットの下に着られるこういうものがあれば、
手首のブレスレット焼け(マルCマーク単二さん)や、
首の後ろのカッコ悪い日焼けが防げるでしょうに。

この商品でもよいのだけれど、メッシュジャケットの下に着るには
ちょいと暑そうな気がするわけで。
しかもピンクのステッチはいただけないし。

もう一歩。

負けるな自転車関連MD開発の目覚ましい進歩に。
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エサかゴハンか 「★つ・ぶ・や・き★(1280084)」

用事を済ませて炎天下を歩いてたランチタイム直前の銀座8丁目。

ガタイのいいお兄さんに声をかけられ入ったお店は
カウンター席と、テーブル代わりのドラム缶と
折り畳みの丸椅子がしつらえられたホルモン焼き肉や。

500円というホルモンカレーを頼んだら、
プラスチックの平たいお皿にノペっと盛られたご飯とキャベツ、
これもプラスチックのおつゆ茶碗に入ったホルモンカレーが出てきた。

これだけ…?

新橋ネヂ餃子さんの500円ランチに慣れてしまったせいか
そのお粗末さにあっけにとられる。
しかも器はオールプラスチック。

否応なく出てしまうカツカツというプラスチック食器独特の音。

コクがあってほの甘く、デミソの風情がただよう辛さ控えめのカレーは
とても美味なのに、
安っぽい食器ですべてが台無しに。

食器も「おいしさ」を感じる大事な要素なのにな。



食べ進むうち、飯場で「メシ」をかっ込んでいる気分になってきて、
寸胴のドラム缶テーブルに向かって左へよけてそろえていた脚を開き、
正面からドラム缶と対峙。
飯場のねーちゃんふうに5分もかからずにいただいて、
だけど笑顔でごちそうさまを伝え、店の外でため息ついた。


500円ランチはありがたいが
削っていいものと悪いものがあるんじゃないか。

おいしかったけど、もう行かない。


人間がものを食べるという行為には、そもそも情緒があるはず。
おいしく楽しく食べるか、単に食欲を満たすだけかで
それは「ごはん」にも「エサ」にもなる。

食事をないがしろにするヒトは食器にも気を遣えない。
ビールを飲むのと同じグラスで牛乳を飲み、
料理の嵩と器の容量を気にせず盛り、
スープを汁碗に注ぐ…。




500円がもったいなく思えた暑い銀座の昼だった。

| 未分類 | 12:18 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |