なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2010-05- | ARCHIVE-SELECT | 2010-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

夢のあと 「★つ・ぶ・や・き★(1280085)」

PKで勝敗が決まるサッカーってどうなのよと昨日から悶々。

しかもそれが4年に一度のW杯においてというのが切なすぎる。
拮抗したゲームの決着がPKであっさり決まってしまうと
それまでの120分に及ぶ激闘はいったいなんだったのかとさえ
思えてしまうのだ。

テニスだって、3日合計11時間5分という
ウインブルドン最長記録がつい先日作られたじゃないの。
…もっともサッカーとテニスを同じ土俵にあげるわけには
いかないけれど。



「オレがPK蹴ってたら負けなかった」
そんなことをいう男性の、今日はなんと多かったことか。


そんなことをいうヒトに限って、にわかサッカーファンなんだ。
まだW杯は終わっていないのに、水を打ったように日本中が
静かになってしまったことが、にわかファンの多さを物語っている。


サムライブルーおつかれさま。
その情熱と勇気と、歓喜と涙に感謝。

| どうなの? | 17:56 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2-1でサムライに勝ちを! 「★つ・ぶ・や・き★(1280085)」

はぅ…。

どうも落ち着かない。

落ち着かないので仕事の合間にぱらぱらとめくっていた
朝日新聞に全面広告発見。

会社のセンスゼロな受付に貼ってみた。
CA3A0052001.jpg


こういう遊び心のあること…というと聞こえはいいけど、
仕事以外のことに燃える人間はワタシくらいしかいないので、
ワタシの仕業とすぐにバレたけど。


サンタクルスのイケメン振りにはちょっと参ったけど
顔でサッカーするわけじゃない。

新たな歴史の扉が開きますように。

ささ、いざ家路へ。

| ココロのヒダ | 18:56 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今度はウエストポーチが危うい 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

レインウエアを着る直前でツーリング断念となった昨日、
軽くふて腐れて準備したアイテムをしまいかけていたときのこと、
愛用しているデグナーのウエストポーチにダメージ発見。
ウエストポーチの危機.jpg

ストラップの金具をかける部分が、糸がほつれて革が切れかかっている。
ここは腰に回したストラップの負荷が一番かかるところ。
この革が切れてしまったらストラップが外れ
ウエストポーチが脱落してしまうため、肝心要な箇所なのだ。

それにしては革自体がずいぶんとヤワで心もとなくはないか、と
今さらながらに思う。

以前、タンクバッグの吸盤が壊れたときも苦心惨憺を強いられたけど、
デグナー商品は“そこが壊れたらおしまい”な箇所に
いまひとつの配慮が足りていない。

適当な革を当てて手縫いで補強するしか今のところ考えが及ばないけど、
実は本体のフラップを留めるベルクロもやや弱ってきていて、
走行中にフラップが開いてばたばた暴れることも最近多い。

買い替え時なんだろか。

フィット感に劣るためかっこよくないんだけど、
容量がちょうどよくて手放せなくなっているだけに、
買い替えるとなるとまた悩みそう。

4、5年走るとバッグ類に一気にガタがくるものなのね。
走れない梅雨の間にもろもろ整えるのもよいのだけれど。
またまた思案のしどころだ。

| バイクギヤ | 11:23 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

朝ランは我が脚で。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

今日はこちらの収穫祭へ行くはずが、
降ってはやみ、晴れたかと思うとまた雨が落ちる上に
時折突風まで突きつけるという腹立たしい空模様のせいで
残念ながら断念。


登りかけた梯子を外されて、
持って行き場がなくなったモチベーションは収まらず
ならばと恐ろしく久しぶりに、自分の足で走ってみた。

自宅から、東海神あたりの裏道をでたらめに走り、
行列のできるパン屋さんピーターパンの繁盛振りを横目に
再び住宅街へと入り、迷路のような道を気の向くまま進み
現在地がまったくわからないまま電車の音を頼りに進むと
見覚えのある道に出た。

走っては止まりで30分も経ってないけど帰宅。
昔から長距離は苦手だったけれど、
こんなに走れなくていいんだろうか。

大地震や竜巻や大火災が起きて逃げなきゃならないとき、
脚がもつれて一番にダメになるタイプのような気がしてならない。
トム・クルーズやリチャード・ギアに手を引かれても
全力疾走は50メートルが限界だ。

走っている間はさしてかいていなかった汗が
クールダウンとともに吹き出した。
シャワーは最高に気持ちがよかったけれど、
さすがにビールには早すぎた。




今日のランニングには先日買った夏ツー用のキャップを
被ってでかけたんだけれど、これがなかなか快適。
MontBel ステンレスメッシュ フィールドキャップ

キャップ1.jpg
前頭部はメッシュと汗取り用の薄い布地のダブルで、
頭頂から後頭部にかけては透けるほど薄いメッシュ。
走っていると風が抜けて心地よい。

実はこのメッシュ地、なんとステンレス製なんだな。
紫外線や錆にも強く、生地の内側の温度を5度も下げるという
パッと見からは想像も付かないハイテクキャップなのだ。


ツバ以外は芯がないので携帯性も抜群。
くしゅくしゅっとこれっくらいになるわけ。
キャップ2.jpg

薄いのでぴたっとフィット感もよろし。
後ろのアジャスターでどんなアタマにもきれいにフィット。
ボンバーヘアでもご機嫌な被り心地だ。

さてさて、まだお昼。
何かしないと、時間がもったいない。

| バイクギヤ | 12:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

レザーウエアやっとお手入れ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

やらねばやらねばと思いながら先延ばしにしてきてしまった
革ジャン革パンのお手入れをやっと。
レザーケア.jpg

クリーナーで汚れを拭いて、オイル塗って
仕上げにプロテクターを。
去年はヤレて色が落ちたところに靴墨を塗ったけれど、
今年はそのせいか目立ったところはないのでそこんとこ省略。

革ジャンは5シーズン目を迎えてぼちぼちとヤレてきた。
裾と前立ては特に。
ファスナー.jpg

ファスナーは昨年破壊してしまったとき、
メーカーを問わずリペアしてくれるペアスロープに持ち込んで
YKKに買えてもらったのでこの先不安はなしだけど。



一番の問題はこの袖口。
袖口.jpg
以前のグローブの手首のベルクロがめくれて干渉していたようで
裏地がベロベロに。
穴があくのも時間の問題。
他は問題ないだけに悲しい。

パンツはもう少し長くすればよかったと後悔しているくらいなのに、
裾はかなり擦れてきている。
裾.jpg
やがては切れるんだろうなぁ。
それはそれでかっこいいけど、女子的にはほどほどにしたいところ。



昨日の記事に書いたヘアミルクを午後にポチットしたら
今朝もう届いた。
翌日配送OKと書いてあったけれど、この迅速さはちょっとすごい。

土日しか受け取れないので宅配便はいつも日時指定するんだけれど、
今日はまさかこんなに早く届くと思っていなかったので不意打ちのピンポン。
起きたままの、爆風ヘアで応対するしかなかった。

宅配さん、びっくりさせてすみません。。。

| バイクギヤ | 11:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

未明の熱狂~歓喜のデンマーク戦 「★つ・ぶ・や・き★(1280085)」

3時半起床。

すぐさま立ち上がって君が代斉唱。

寝酒に飲んだ芋ロックがまだ抜けきらず、
アクエリアスの水割り片手に迎えたW杯デンマーク戦。

立ち上がりは押されたものの運に恵まれ2点先取。
周囲に灯りがついている家はなかったけれど、
声を上げずにはいられない。
酔いも眠気も吹き飛ぶ快進撃だ。



しかし、運というのはおもしろい。
これはひとえに日本チームの勝ちたい気持ちが呼び込んだものに
違いない。


ピッチの上でも選手同士が盛んにコミュニケーションをとり、
ディフェンス陣が秀逸に守り、大きな相手に当たり負けず、
引き分けではなく勝ちをもぎ取るべく立ち向かったその気迫。

それこそが運を呼び込んだに違いない。

そして選手が切れたプレーをみせた一方、
感情的にキレまくっていたのはデンマークの監督。
髪を振り乱して檄を飛ばす様と、
冷静沈着な岡田監督のコントラストにも
試合の優越が見え隠れしていた。



ハーフタイムに開けたカーテンの向こうにみた感動的な朝焼け。
dawnforwin.jpg
なぜだかその瞬間、岡田ジャパンの勝利を確信。

一点返されても負ける気はしなかった。



ゲームセット後ひとねむり。
夏の日差しの中出掛けたけれど、
新橋なんかで降りずにそのまま鎌倉あたりの海まで
行ってしまいたいくらいに高揚した朝だった。


今朝の放映の最高瞬間視聴率は40%。
時間帯を考えれば尋常じゃない。
次、火曜22時過ぎのパラグアイ戦は未曾有の記録になりそう。



そして今日はもうひとつの記念日。
Michael Jacksonの一周忌だ。
存命中よりもこの一年の方が眼に耳にすることが多かった。
これからも、永遠に。


| 未分類 | 11:51 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

決戦の金朝前のヘア近況 「★つ・ぶ・や・き★(1280085)」

日本VSデンマーク戦。

デンマークって大きなヒトが多いのねと、改めて実感しそう。

負けるつもりはありません。
言い放った岡ちゃん、よろしく。


でも3時半のキックオフに合わせて起きられるかってことよりも、
その前に寝付けるのかってことのほうが問題。

ツーリング前日ってわけじゃないから
眠れるでしょうか。。。




さて。
みなさま方にはこれ以上どうでもよい話題はないかと思われるんだけど
くせ毛の暴れように耐えかねてかけたパーマのその後。

昨日は仕事の先輩であるN女史から
自分には合わなかったというサロン系ブランドのヘアミルクをいただく。

パーマをかけるとペタンコになるN女史とワタシの髪質は両極端。
ワタシのくせ毛にはオイルやクリームのような重たいものはNGなので
ヘアミルクだったら合うかもよ?と勧められたのだ。
一か八かで使ってみたらとてもとてもナイス。
乾いてもしっとりが続いて、バリバリボーボーにならない。
毛束感が出ていい感じ。

定価2,000円はお高いなぁと思って探してみたら4割引き発見。
仕上がりによって1と3があるようで。
私はメリハリ付けたいから3がよろし。今後はこれね。



で。
いったいどんな具合になっているのさとのお問い合わせにお応えして…。
サザエさんライクにしている前髪がまたネタにされそうだから
バックショットで失礼。
CA3A0044.jpg

一昔前のヒッピーというかフォークロア風というかロッカーというのか。
およそフツーの会社勤めのおねぃさんにはみえない。

いーの。ワタシ自身がフツーじゃないから。


さぁ。
明日は眠気など吹き飛ばすような
晴れ晴れとした気分に浸っていられますよに。
今日の夕食は豚でも牛でも鶏でも魚でも
“カツ!”にしていただきましょう。

| 私って | 18:26 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

あぁ、Macの無情 「★つ・ぶ・や・き★(1280085)」

今しがたMacがフリーズ。

午前中から時間が空くたび書き綴っていたブログ記事は
跡形もなく消滅。
後はタイトルをつけるだけのところまでいっていたのに、だ。

今再び同じ内容を書くガッツはもうない。


こういうとき、デジタルの非情さを感じないではいられない。
手書きしていたのなら、書いた用紙を燃やしてしまったり、
紙の上にお茶をぶちまけてインクが滲んで読めなくなったり
他の用紙と間違えてビリビリと細切れに破り捨てたりしない限り、
一言一句のすべてが消え失せることはないんだろうに。

明日からは、まず手書きで書いてからブラウザに向かおうかとまで
真剣に考えてしまうショッキングな事件だった。




さて、気を取り直して昨日いただいたネヂ餃子食堂さんの
新メニューをば。
…というか、また行ったのかい?というなかれ。
宴会打ち合わせをしてきたのだ…。

なんていうと格好はいいが、
実際は現在の参加人数を報告しにいっただけ。
単にヒト恋しかっただけ。
前日が休肝日だったので1杯ひっかけたかっただけ。
ただそれだけ。


そんな言い訳はいいとして、件のメニューはこちら。
ハチノス.jpg
大好物のハチノスー牛の第二の胃ーを、今回は洋風にしたてた一品。
実に柔らかく塩ゆでされたハチノスを、
その下に敷かれたオニオンスライスとともに、
バジルソースとトマトソースにからめていただくのだ。

質のいいハチノスだから叶うおいしさ。

ごちそうさまでした。




ネィさん、もう帰りたいくらい疲れちゃった。

| 未分類 | 15:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

梅雨はパーマだ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

蒸し暑い。

梅雨なのだから仕方はないが、どこもかしこも自分もじっとり。



梅雨になにが鬱陶しいかといえば、ワタシの場合は文句なしに髪の毛だ。
女性にはおわかりいただけると思うけれど、
ヘアスタイルが決まらない日は自分がやたらとブスに見える。
鏡を見るのが嫌になる。
これも立派なストレスだ。

くせ毛には2種類あるんだうか。
湿度が高いとペチャンコになるとよく聞くけれど、
ワタシは性格を反映してか暴発派。
好き勝手な方向へはねるうねる広がる。



というわけで、中途半端なウェーブが出るくらいなら
ぎゅるぎゅるにしてしまえとばかりにパーマをかけてきた。
しかも初めていくサロンで、だ。




パーマは20代のころにかけたソバージュが最後。
パーマは髪を痛めるというのが常識だった頃だ。
いまでは液も改良されて、
ワタシがかけたのはセラミドパーマとかいう、
トリートメント配合の液を使うもの。
コーティングとやらも勧められてやってみて…。

ヘアサロンでも終始浦島状態だったのはいうまでもない。



結果、かける前のような見苦しさはないものの、
手入れは楽にはならない。
普通に手ぐしで乾かしていくと本気でアフリカンボンバーなるので、
十分に濡れた状態でムースをもみ込み
広げないようにカールが伸びないように
さわさわとドライヤーの風で乾かさなければならない。

電車の中で、
水が滴りそうなウェットヘアの女性をときどきみるけど、
今になってその事情が飲み込めたりして。
やっぱり人生なにごとも経験なのだ。



オフィスでは、
そのヘアスタイルの方が好きとまでいう女子がいる一方、
ちゃんと乾かして来ないからそうなるんだという
勘違いなおじさんもいる。


ただひとつ、すごーく不安なことを挙げるならば
メットを被って脱いだとき、いったいどんな惨劇に
見舞われるのかってこと。


いずれ取れるとはいえ、これは大問題。
いい経験?いい教訓?
落ち着くまでは、バイク自粛が無難かも。


ところでパーマを「あてる」というヒトがいるけれど
あれは方言?それとも昭和ワード?

アイパーのように、コテを使ったパーマは確かに「あてる」が
しっくりくるけれど、
今の一般的なロットで巻くパーマには、「あてる」ニュアンスはない。

もっと不思議なのはパーマの語源。
パーマの正式名「パーマネント」は
英語で「永久、永遠」を意味する[parmanent]。

2、3ヶ月で取れちゃうのに。
自宅でカーラーで巻くよりも持つ、
洗っても取れないって理由からだろか。
それを「永久」と呼んじゃうなんて無茶だ。

ともあれ、梅雨の憂いをちょっぴりぬぐい去ってくれたパーマ。
ヘルメットを脱いだときの悲しいであろうおはなしはまたいつか。


| 未分類 | 13:27 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

魚金へ行ってみる 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

7月の頭に決まった一走一宴梅雨の宴。

でもちょっと先過ぎるよね…、
なんて思いの女子で集まって開いたのは
念願の女子会。

女子だけだからたまにはワインなんか飲みたいよね…、
そう首謀者のmaniさんと盛リ上がったので
新橋で人気の魚金バルへ予約。
?.jpg
開店の5時前から店前で待っていると、
後からどんどんと人がやってきてやがては行列に。
恐るべし!新橋破竹の呑みやチェーン魚金!!

一次会に参加のmaniさんとローズさんでまずはすっきりの
スペインの白で乾杯。
カルパッチョやプロシュート、舞茸のタジン鍋蒸しやら
プロシュート&カルパッチョ.jpg
アボカドとブロッコリーの歯ごたえがすてきな
ブルスケッタ風、ゴルゴンゾーラのペンネなどなどをいただきながら
コンフィなんちゃら.jpg
グータンヌーボ張りのシークレットトークを展開。

次に赤のボトルが半分以上減ったころには
時間制限2時間半の19時半が迫っていて。

なんて時間が立つのが早いんでしょう…?といいながら
仕事が終わってかけつけた三十路さんと
クローズのネヂ餃子食堂さんを無理矢理あけてもらって
オランダ戦観戦開始。

と、そこへふらりと現れたのは酔拳BoBさん。
サッカーにはまったく興味がなく
たまには都会で飲みたくて乱入しただけだったそうだけど、
思いのほか出来が良かったオランダ戦を後半だけ盛上がって
観戦した次第。

同じ頃、習志野の某所ではこんなに盛上がっていた方も
いたようで。
さぽ.jpg
まぁボロ負けせずに済んでよかったよかったと、
すでに体力を使い果たした肉体にむち打って帰ったのだった。



| 未分類 | 20:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

鰻パワーの向かう先 「今日のランチ(75270)」

今週のアタマだったか。

残業中にmaniさんとやり取りしていたメールの中に、
その日は夕方6時過ぎにうなぎの夕餉を召し上がったという
まさに垂涎な下りがあって。


以来連日口中や鼻腔がうなぎのタレフレーバーのイメージに
染まってしまったからさあ大変。

ゆっくり食べに行く暇もなければ、スーパーで買う暇もない。
アル中、薬中は知ってるが、うな中なんてやつもあるんだな。

こうなったらランチタイムにいただくしかあるまいと
通常の二倍の予算を確保して、今朝は朝からうなぎ狙い。



オフィスから半径5分以内にうなぎやさんは3カ所。
ひとつはワンコインうなぎが人気の宇奈とと
ふたつめは静岡産うなぎ問屋直営のうなぎのお宿
そして3つ目は手の字本丸
ここも問屋直営。

周辺においしいうなぎやさんがこれだけあるのはありがたいはなし。
もっと食べてもよさそうなもんだ。


で、12時10分前にこっそりオフィスを抜け出して向かったのは手の字さん。
創業文政十年のうなぎやなんて、東京以外にはないでしょう。

オフィスから慈恵医大方面へ5分歩くか歩かないか。
すでに二階の食事どころへ続く階段はスズナリ。
テイクアウトを買い求める数人に交じってしばし待って、
通常900円が800円に値引きされているうな丼をゲット。
手の字.jpg

じっとりとまとわりつく湿気も忘れ、
いそいそとオフィスへ戻って念願の甘く香ばしいタレの香と
ふわりと柔らかい身の旨味をじっくり堪能。


これにてスタミナチャージ完了!

明日の夜はブルーに燃えようではないかっ。



| オススメ | 14:43 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バンクセンサー受難 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

友人が、中型免許しか持っていないのに刀1100を購入。
こういうの大好き。
ぜひとも「一発」で合格して、この夏は“夢の庭園”へ参りましょう…。


三月の大洗キャンプ以降、立ちゴケしてないなーと
回想と満悦(たった3ヶ月なのに…)に浸ったのは
つい最近のことだったんだが、
あわやなことはときどきやってる。

そう、先週の土曜日のように。



それは館山道からハイウエイオアシス富楽里の
パーキングへアクセスする進入路でのこと。
そこは高速の出入り口のように大きなループコーナーになっている。

対面走行区間の渋滞で気持ちが焦っていたこともあって
コーナー手前での減速が甘く、
オーバースピードなままコーナリングに突入してしまったワタシ。

こりゃまずいと旋回し始めてから減速を試みた瞬間、
もうひとりのワタシが囁いた。

もっと倒してきれいに回転してみちゃいなよ?と。




幸い前後にクルマはなく独壇場。
シートのヘリからイン側にお尻を落とし込んで、
思いのほかあっさりと倒せたと思った瞬間、
しかし今まで経験したことのない衝撃と
今まで聞いたことのない音が緑豊かなとみやまの町に響いた。

ガガガガガガガガガァなんて具合に。



これまでにもセンサーを擦ったことは何度もあるんだけど、
カツっとか、ザザっといったそれはあくまで「擦る」程度であって、
今回のように、アスファルトを削る音をたてたのはお初。
峠ならいざしらず、あんなところで火花散らしてたらお笑いだ。

みなさんが待つパーキングへ、さも何事もなかったように
ススっと到着しはしたものの実は心臓バクバク。
ズタボロな様で参上することにならずにホッとしたのだった。


バンク角がないことで知られるダブロクゆえ、
倒したとはいえタカが知れているのだけれど、
そういえばあの飛んだ隼も倒し過ぎが災いして飛んでったんだよね。

心の乱れはライディングの乱れ。
ここでまたキュキュっと心のヒモを絞め直しておきたいろころだ。


| バイク | 17:54 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「走」がダメでも「宴」がある。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

とうとう梅雨入り。
わかっちゃいたけど、今朝の通勤電車内のじめじめ感は
ただでさえどんよりとした休み明けモードに
拍車をかけるには十分で。

うたた寝していたわけでもないのに、
ふと気付くと下車しなきゃらない新橋駅を電車はするすると
出発しており…。

ガッデムと自分に舌打ち。
品川から折り返しても遅刻せずに済むくらい早く家を出た自分を
舌打ち直後にもかかわらず軽く褒めて。

雨と鞭by myselfな朝だった。



さて。
どんよりとした気分は、目先に楽しい予定を入れることで払拭したい。

バイク乗りにとっては恨めしいことこの上ない梅雨だもの、
週末の天気予報に振り回されるよりは
開き直って他の予定を入れた方が遥かにメンタル上好ましい。

ので。
開催しますとも「一走一宴」半年ぶり宴の部~酒音を肴に酔いしれる宴」。

7月初旬開催を目指して鋭意企画進行中!

じゃんけんフリマ用バイクギアの見繕いや、じゃんけん特訓、
内蔵の鍛錬などのんびりと準備を進めていただければと…。

なお、参加条件はこれまでに「一走一宴」企画参加経験のある方と、
「一走一宴」メンバーの紹介があること以外、居住エリアや性別、血液型、
職業、年齢、バイクキャリア、保有車歴、愛車の排気量、ライテク技量、
累積総走行距離、転倒歴、立ちゴケ歴、ETC車載器の有無、ブロガーか否か、
アルコール許容量等々一切なし。
九州、近畿、東海、北海道方面(何気にピンポイント指名)
からのお泊まり参加もウェルカム(梅雨なのに)。
参加ご希望の方は「そんな感じ」をコメントいただければと。

ちなみに、「一走一宴」の成り立ちは、
過去のこちらの記事にチラと書いたけれど、
考えてみれば、走って飲む以外に、サーキット走行会もやったし、
オリジナルTシャツやステッカーやカレンダーも作ったし、
なによりすごいのは公式宴会会場まであったりすること。

将来的には公式カフェや公式B&B、公式サイトを運営したり、
オリジナルバイクギアやオリジナルカスタムバイクを販売したり、
オリジナル海外バイクツアーを催行したり…、
そんな夢たちは夢のまま、「はやぶさ」が飛んで行った3億キロよりも
遥か遠い宇宙の彼方まで広がるのであった。


宴詳細は決定し次第追って。



| 未分類 | 15:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

MJをボサノバで。 「きょう買ったCDやLPなど(12704)」

ここ数年、ほとんどCDってものを買っていなくて
去年買った「This is it」はいったい何年振りだったっけ?
なんてことになってしまっている。

で、昨日買ったのもMJがらみ。
数々の名曲をボサノバにアレンジしたコンピレーションだ。
bossa.jpg

ジャケットはThrillerの構図。
ピクチャ 2.png
タイトルは「This is it」にかけて?、
「Bossa」は「Bad」の書体に合わせるなど、
MJへのオマージュが感じられる。
ピクチャ 3.png

晴れた昼下がり。
ワインなど味わいながらのブランチにはぴったり。

まだまだ私たちを楽しませてくれそうなMJ。
これからも、ずっと。

| オススメ | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「チーム台形」シールをめざして 「バイクでお散歩(2339)」

某サイトで予告されていたイベントに参加するつもりが
なんだか前夜から鼻が喉がグスグスだし、
起き抜けに咳はでるしでウダウダしてて。

そんなテンションに輪をかけるように、
野菜室で進行中のらっきょう漬けの甘酢が
どういうわけかジプロックから漏れだして
キャベツやら蒟蒻畑などという、余計なものまでが
甘酢漬けになっちゃっていることに気付いたのをきっかけに
冷蔵庫の大掃除にまで至るしまつで
一段落したのはとっくに家をでていなくてはならない10時前。

であれば第二捜索場所でターゲットを待ち構えて
サプライズを仕掛けようと、某hideさんにかくかくしかじか、
ターゲット某シさんには内緒だよとメールをして出かける。

目指すは館山道のハイウエイオアシス富楽里。
一般道からも高速からも入れる道の駅だ。

お約束の宮野木手前から穴川先までの渋滞はいいとしても、
対面走行になる君津あたりから先が詰まっていて、
予定よりもちょい遅れで到着。

パーキングスペースに停めながらあたりを見回すと
ワタシがそこへ行くことなど知らないはずの某シさんが
ニコニコ顔でこちらへ来るし、
二年連続の北海道ツーを企てる某ぶさん、
内緒にしてねと頼んだワタシのメールを声を出して
読み上げるなどして裏切ったらしいhideさんも登場。
青見参.jpg
企てが全没した瞬間だったけれど、
馳せ参じることができてシアワセなり。

さっそく某シさんからいただいたのは
すからべおブランドのアイドル「らべたん」シールと、
タイヤが台形にしか減ってくれないバイク乗りに贈られる
「チーム台形」シール。
いずれもあのmaniさん作。
持っていることが名誉なのだ。
シール.jpg

からからの喉を潤して、家路へと向かうみなさんとお別れ。
ここまできたら枇杷倶楽部へいってびわソフトを食べずに
帰れるはずもなく、館山道終点の富浦まで行って
そこそこ並んでゲット。
今日の盛りの少なさはちょっといただけないが、お味は最高。
びわソフト.jpg

夕方からの用事に合わせて来た道をすっ飛ばして帰宅。
シャワー&ビール、そして朝から飲まず喰わずだったお腹を
おろし蕎麦で満たす。
おろしそば.jpg
これ、最近のお気に入りなんだけど、
茹でて氷水でしめたおそばに大根おろしと千切りキュウリと
紫蘇の千切りをトッピングして、
薄めた白だしに、叩いた梅干しを加えたおつゆをかけたぶっかけそば。

他に納豆や茗荷を足したり、鯖の水煮缶をほぐして乗せたりと
バリエーションは星の数なんだけど、さっぱりとして美味なのだ、
ひどく。

そんなことをしているうちに、それまで続いていた体調の悪さが
すべてすっ飛んだ。

やっぱり走るに限るのだ、ストレス発散には。

洗濯ものもパリパリに乾いて、梅雨前のオフにふさわしい
一日だったのだ。



| バイクでお散歩 | 16:04 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バイク乗りにだって作って欲しい 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

トップのリコメンドにも貼っておいたんだけれど。
自転車用UVカットボレロなるもの。
言っておくけど、女性用。


どうしてバイク界には、こういうものを考えてくれるヒトがいないの?

アイデア買ってくれるなら、寝ずにいくらでも考えるのにっ。

ジャケットの下に着られるこういうものがあれば、
手首のブレスレット焼け(マルCマーク単二さん)や、
首の後ろのカッコ悪い日焼けが防げるでしょうに。

この商品でもよいのだけれど、メッシュジャケットの下に着るには
ちょいと暑そうな気がするわけで。
しかもピンクのステッチはいただけないし。

もう一歩。

負けるな自転車関連MD開発の目覚ましい進歩に。

| 未分類 | 20:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エサかゴハンか 「★つ・ぶ・や・き★(1280084)」

用事を済ませて炎天下を歩いてたランチタイム直前の銀座8丁目。

ガタイのいいお兄さんに声をかけられ入ったお店は
カウンター席と、テーブル代わりのドラム缶と
折り畳みの丸椅子がしつらえられたホルモン焼き肉や。

500円というホルモンカレーを頼んだら、
プラスチックの平たいお皿にノペっと盛られたご飯とキャベツ、
これもプラスチックのおつゆ茶碗に入ったホルモンカレーが出てきた。

これだけ…?

新橋ネヂ餃子さんの500円ランチに慣れてしまったせいか
そのお粗末さにあっけにとられる。
しかも器はオールプラスチック。

否応なく出てしまうカツカツというプラスチック食器独特の音。

コクがあってほの甘く、デミソの風情がただよう辛さ控えめのカレーは
とても美味なのに、
安っぽい食器ですべてが台無しに。

食器も「おいしさ」を感じる大事な要素なのにな。



食べ進むうち、飯場で「メシ」をかっ込んでいる気分になってきて、
寸胴のドラム缶テーブルに向かって左へよけてそろえていた脚を開き、
正面からドラム缶と対峙。
飯場のねーちゃんふうに5分もかからずにいただいて、
だけど笑顔でごちそうさまを伝え、店の外でため息ついた。


500円ランチはありがたいが
削っていいものと悪いものがあるんじゃないか。

おいしかったけど、もう行かない。


人間がものを食べるという行為には、そもそも情緒があるはず。
おいしく楽しく食べるか、単に食欲を満たすだけかで
それは「ごはん」にも「エサ」にもなる。

食事をないがしろにするヒトは食器にも気を遣えない。
ビールを飲むのと同じグラスで牛乳を飲み、
料理の嵩と器の容量を気にせず盛り、
スープを汁碗に注ぐ…。




500円がもったいなく思えた暑い銀座の昼だった。

| 未分類 | 12:18 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

梅雨キャンインフォとヘアサロン難民 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

気象庁が出していた梅雨入り予定日は昨日だったけれど、
週間予報を見る限り、週明けが濃厚か。

今週末は両日とも降水確率40%だけれど
雨マークは現れていない。

Twitter経由で秩父の長瀞オートキャンプ場での
キャンプミーティングにお誘いいただいた。

誰でも自由に参加ができる上、予約も必要なし。
ひとりでもグループでもウェルカムといのこと。
万が一の雨でもへっちゃらという方は参加されてみては?
新たな出会いがきっとあるはず。

ワタシは?
雨確率40%以上の場合は敬遠が基本なのだ。



さて。
そんなわけで、梅雨入りカウントダウンとなった今、
ヘアサロン探しが急務になっている。

広尾のとあるヘアサロンにかれこれ10年以上通ったんだけれど、
休日に通うには不便なうえに、
担当のスタイリストが優秀ゆえ昇格するたび料金があがり、
ついには店長になっちゃって、いかがなものか的金額になったのだ。

下がる一方で上がらない身入り思えば「すみません…」といわれても、
背に腹は代えられない。
先月あたりから地元で物色中。


しかしこれが決まらない。
船橋もかなりの数の美容院があるんだけれど、
ホームページには、チャラチャラしたギャル風モデルが
上目遣いのショットでシナを作った画像が乗っていたり、
店長がどこか脂下がった雰囲気を醸してたり、
決め手に欠けるというよりは、どこも気に入らない。

鎌ヶ谷の手前に、店内にBMが陳列されたヘアサロンがあって、
これはいいぞと思ったんだけれど、しかし雨が降ったら
バイクに乗れない、行かれない。

このまま梅雨に入る訳にはいかない髪の状況ゆえ、
悠長なことは言っていられないんだが、
あー、由々しき問題。

バイクに乗らないんだったら、ショートカットにしてしまうんだが、
男性と間違えられたくないのでそこは抗いたい。


はぁ、めんどくさ。
でもその面倒くささにこだわることが、女でいることだと思うわけ。


なんて、いつになく自問自答モード…。
そんなことも、たまには必要。



| ココロのヒダ | 16:21 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

アチチアチ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

一昨日、ランチしたパスタやさんの駐車場で
WOOのホイールをみてびっくり。
チェーンオイルの飛沫がビシバシと付いていた。

車検前の整備における
整備士なおさんの丁寧な仕事の賜物なんだけれど、
サイドバッグの裏にまでとばっちりは至っており…。

帰宅後、シャワーを浴びる前に拭き取ってしまえと
ラスペネを吹き付けた布でフキフキしてたら
熱々のマフラーでやってしまった。

チリっと。
100608_0007~0001.jpg

その後のシャワーのつらかったことと言ったら…。


バイクに乗りたてのころは、この手のうっかりが甚だしくて
カチカチいってるピカピカのSRのマフラーにうっとりして
なんのためらいもなく触っては熱くて痛い思いをしたことも
2度、3度…。

出先だったのでろくに冷やすこともできず指の指紋が一時的に
消えてしまったこともあったっけ。

青かった。なにもかもが。





そもそもが低レベルだと、成長がめざましく思える。
こうして火傷しているにもかかわらず、そう思える。




| 未分類 | 11:39 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カに効くカ? 「★つ・ぶ・や・き★(1280084)」

土曜の朝方、ふくらはぎの痒みで目が覚めた。
今シーズン初の蚊の被害発生。


気をつけていてもどこからともなく部屋に侵入する憎いヤツ。

今年はぜひともベランダに吊るす蚊よけを使おうと思っていて。
春先からあれだけCMがヘビロテされれば
鼻歌でだって歌ってしまうわよ「虫こなぁ~ずぅ~♪」

でも人間っておかしなもので、イメージとパッケージが合致すると
メーカーや商品名が違っていても買ってしまうもの。

思いのほか値が張るので、機能が同じなら一円でも安いものをと思う
消費者心理も手伝って、買って来たのは「パポナ 虫よけネットW」。

しかしパッケージから取り出して、あん…と思う。
ド派手なカラーはいかがなものか。
90日もぶら下げておくなら、もっと控えめな色のものを選べばよかった。
100607_0831~0001.jpg

去年玄関の外に置いたゼリー状の蚊よけはほぼ効果がなかったし、
本家「虫コナーズ」の口コミもあまり芳しくない。
伏兵「バポナ」のパフォーマンスやいかに。


ちなみに寝ている間にぷ~んときたときは
アースノーマットのお世話になっている、もうかれこれ5年ほど。
死んではいないんでしょうが、稼働中は大人しくしてくれている。

以前は電気を煌煌と付けて退治するまで目を凝らして格闘してたけど、
これなら手探りでスイッチを入れるだけ。
こういう進歩は大歓迎。

嫌いなものほどよく目につくというように、
飛んでいるところをみつけて素手の一撃で仕留めるケースが
実は一番多いんだけど。

ミツバチや雀が減っているというけれど、
蚊は温暖化のせいで増えることはあっても減りはしないのか。



ちなみに蚊は、水分や熱、二酸化炭素を感じてヒトに寄ってくる。
お好みの血液型はO型。
また、汗ばんで、体温が高い肌がお好み。
部位としては手足、そして皮脂の多い顔が狙われやすいらしい。
脂ギッシュな酔っぱらいのO型は餌食になりやすいのでご用心。





| 未分類 | 18:01 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

相模原方面お散歩ツー 「バイクでお散歩(2339)」

そもそもが何週間も前からツーリングの予定など立てる質じゃなく、
2、3日前、下手すると前夜になって急に話がまとまるのが
当たり前になりつつある昨今。

バタバタと決めるので、グダグダになることも多々あって、
今日はまさにそのパターン。



それでもmontbellの夏用キャップを買うという目的だけは
ちゃんと果たして昼下がりの湾岸線を船橋へ戻る。


大黒ふ頭を過ぎてしばし、つばさ橋あたりでは
左後方にはランドマークタワーや
インターコンチネンタルホテルはじめ
高層ビルが立ち並ぶみなとみらいエリアが、
そして右へ視線を移せば東京湾の向こうに
アクアラインまでもが望めるパノラマビュー。

湿度が低く、風もさしてない絶好の晴天。
停まれば暑いけれど、高速を流すのは実に快感。

右へ左へと視線をやりながら、
のんびりとかなり心地のよいクルージングを満喫した。

その後の用事がなければアクアラインで木更津まで
行ってしまいたかった。


ぶらっと180キロほど。
グローブとジャケットから覗いてしまっていた手首が
うっすら日焼けをしてしまったのが唯一の失敗だった。

| バイクでお散歩 | 22:20 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ヘトヘトらら散歩 「★つ・ぶ・や・き★(1280084)」

時折にわか雨が降るという予報だった今日は、
運動不足解消のとっておきメニュー、船橋ららぽーとまでの
早歩きウォークを久々に実施。

15分ほど歩いて船橋港へ着く頃には心拍数が上がって
しかしがんばり過ぎたのか足がちょっともつれる始末。

休憩がてら東京湾方面へレンズを向ける。
このあとカラリと晴れたのが嘘のように
どんよりと曇っている。
らら遠景.jpg
左端のヘンテコな建物がららぽーと。
架かる橋は357号線と湾岸線。

ぐるりと180度反転すると、どーんと横たわるチューブ状の京葉道路が。
京葉道路.jpg

今日はとある案件の現地調査を兼ねていたんだけれど、
家を出てから30分後の11時前に到着してから
13時にTully'sでランチするまで座ることなくあちらこちらへ。
さすがにバスで船橋に戻り、駅前のダイソーでさらに歩き、
東武のデパ地下で父の日のスイーツを買い、
帰りついてお風呂に入ったら縦のものを横にすらできないほど
疲労で腑抜けに。

歩いただけなのに、ちょっとショック。
バイクで700キロ走ったってこんないは疲れない。
バイクは心拍数も上がらないし、
筋肉もさして使ってないのだと実感してしまった。


でも疲れたなりの意外な収穫もあって。
ららぽーと内の東急ハンズで見つけた携帯用のルーペ。
昨日の記事ネタからして実にタイムリー。
ツーリングマップルにははさんでおきましょ。
100605_1954~0001.jpg


毎日せめて早足で30分は歩きたいところなんだけど、
通勤では片道でトータル20分も歩かない。
歩く距離を伸ばす分早く家を出るには
ただでさえ連日睡眠不足なので厳しいし…。

運動不足と不規則な食事はサービス残業の賜物だわ。


| 未分類 | 20:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

進むローガン

ワタシの今の裸眼視力は右0.5に、左が1.0。
ここ20年ほど変化なし。

右は近視、左が遠視、そしてそれぞれに乱視入り。
「中の悪い夫婦が同居しているようなもの」と、
以前眼科医に形容された。
なかなかユニークな状況らしい。


それでも若い頃コンタクトも眼鏡も使わずにこれたのは
効き目の左目が右目をカバーしてくれていたせい。

40を過ぎたころからは
手元を見続けた後に急に遠くをみたときなど
ピントが合うのに時間がかかるようになって
さらには父からも眼鏡を掛けた姿をみてみたいなんて言われ、
たまたまオフィスの近くの眼鏡屋さんがセール中だったのをきっかけに
生まれて初めて眼鏡を作った。
3年ほど前のこと。

そしてここ1、2年、
老眼が加速度的に進んでいてる。
文庫本の文字は30センチ以上近いとボケるありさま。

縫い針に糸を通すのに難儀する。


薬剤師が退職するきっかけは、
錠剤に刻まれた文字が見えなくなることだと聞いたことがある。

とりあえず眼鏡に助けられて今はなんとか校正作業もできているけれど、
いずれ拡大鏡の世話になる日も遠くはなかろう。
そんなころまでやっていたくはないけれど。


でもそんなことよりも何よりも、
一番困るのはツーリングマップルの文字が読みにくくなってきたこと。
ただでさえ地図が読めないのに、文字まで読めなくなってきた。

信号待ちで前方の案内看板の文字が見えないのも腹立たしい。

免許更新が眼鏡なしでいけるのはいつまでだろ。

Macをみなくて済むようになればかなり違うような気もするが。



やっぱり元気じゃなきゃ乗れないのよね、バイクって。

| 私って | 13:04 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

漬け物えぶりでぃ 「食の楽しみとヘルシーライフ(13440)」

肺炎以降、未だに体調はいかが?と連絡をいただいたり
声をかけていただけたりする昨今…。

ありがたい限り。感謝なのだ。



まだ朝晩は咳がでることがあるので、
肺の影が完全には消えていないのでしょうし、
抗生剤の副作用があらぬところに出てしまって、
病院とはお付き合い続行中。

でも全身症状はまったくなし。
お酒もガッツリ飲めて翌日サッパリ。
元気な証。


ワタシは食欲が落ちることは滅多にない。
胃は丈夫だし、風邪で味がわからなくなっても食欲だけは旺盛。
男性並みとはいかないけれど、普通の女性の1.5倍は
いつも食べてる気がする。

だからこの前の肺炎で、食事の時間を過ぎても
食事をする気になれなかったときは、診察を受ける前から
ただ事じゃないことはわかってた。

一番ひどかった3日間は、バナナ、プリン、アイスの
ローテーションだったけど、
それ以降は、都度食事の準備をするのが億劫だったので
湯で豚や、鶏はむや半熟漬け卵をまとめて作って、
無理してでも少しずつ食べた。
半熟漬け卵のおいしさにはすっかり開眼してしまって、
そのままはもちろん、刻んでご飯に混ぜたりして…、
転んでもただでは起きない系の発見だった。

野菜は煮炊きするのさえ面倒だったので、
ほとんどがお漬け物。
浅漬けの素に穀物酢を足して新にんじんや大根、セロリ、
焼いた長ネギを漬けたり、蕪を塩昆布でもんだり。

結果、漬け物にすっかりはまる。

今は久しぶりに糠床を作って糠漬け三昧。
甘酢漬けにしたらっきょうの残りを試しにいくつか漬けてみたり、
旬の新ごぼうを漬けてそのおいしさににんまりしたり。

最近は帰りが遅いので、晩ご飯はもっぱらぬか漬けと発泡酒か、
休肝日はお取り寄せした沖縄もろみ酢のソーダ割り。
ヘルシー過ぎて、反動が起きなきゃいいが。



らっきょうといえば、糠漬けのほかに
味噌漬けも作ってみた。

八丁味噌と合わせ味噌に味醂、お酒をちょろっと加えて
下ごしらえしたらっきょうを漬け込むのだ。
甘酢漬けだと3ヶ月以上漬けないとつんつんするけれど、
味噌漬けなら2晩過ぎれば食べられる。
味噌を甘めに仕立てるのがミソ。

らっきょ.jpg
らっきょうは糠漬けより味噌漬けのほうが圧倒的に美味だと知った瞬間。

| うちめし | 16:50 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ブックマーク中バイクギア 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

SR紀から何度もポチっとしようとしてできていない
バイク用品がたんとある。

カーゴパンツを買う前にもブックマークを辿って久しぶりに「眺めた」
このフォースフィールドのリムチューブレッグはその筆頭。


買った以上は意地でも使いたい値段設定もあって、
インプレ検証を重ねないことにはポチれない。
ひょっとするとゴムがキツくて痒くならないかとか
逆に緩すぎて落ちてこないかとか、
実は画像以上にプロテクターが厚くて膝曲がらないよとか、
そんなことがあったらムダにしてしまう。

どなたか使用している方はいらっしゃらないだろか。
いつまでたっても見切れない商品なのだ。


昨年秋からずっとチェックしていたレザーチャップスは
このたびめでたく売り切れたのである種安心したんだけど、
その折に目に留まったのがこの過激なチャップス。


膝プロテクター付きのチャップスって発想はナイスだけど、
これを履きこなせる人は少なくとも周囲にはいないな。

Mは売り切れだがL~3Lまで在庫あり。
我こそはな方はぜひトライを!

その他、こんなダブロク専用ギアも眺めるだけで終わってる一品。

これがあれば、雨走り後のメンテが相当ラクちんになりそうで、
気になり続けている。
が、すでに3万キロ近く走ってしまったせいで「いまさら」感ヒシヒシ。


見かけに寄らず、思い切りが悪いことこの上なし。
買ったものを荷棚に置き忘れて紛失した平成の大失態含め、
これまでかなりムダな買い物をしてきてしまったことも
その原因になっているとはいえ…。

お買い物も「縁」なんだけどね。

| バイクギヤ | 16:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ハゲてもいーじゃん。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

暑い時期、ツーリング中の休憩でメットを脱ぐと
汗ばんだ地肌が、吹く風ですーっと生き返る。

でもペタンコにつぶれた髪隠したさで
間髪入れず帽子を被る。

蒸れはキューティクルにかなりのダメージを与えるらしい。
髪を洗ったらすぐに乾かすのが鉄則といれるのはそのせいだ。
雑菌が繁殖しやすい環境でもある。

髪のためにはメットを脱いだままでいるのが一番いいんだけど、
巫女さんのように分け目くっきり頭にぺったり張り付いた髪の毛は
一刻も早くなにものかで覆ってしまいたい。

夏はなるべく風通しのいいメッシュ素材の帽子を選びたい。
いや、選ばずにはいられない。
早くmontbellショップへ行きたくてうずうずだ。


でも、蒸れもさることながら、実は地肌の血管を圧迫することも、
脱毛や薄毛の大きな原因になるというから、
ヘルメットがmustなバイク乗りには悩ましい。

ヘルメットで頭皮を長時間圧迫していると、
毛根に充分な血流が行きわたらない。
特に、わずか10ミクロンのとても細い血管でできている
天頂部付近の頭皮の毛細血管は、
いとも簡単に血流が阻害されてしまうのだ。

蒸れるわ、頭皮の血管は圧迫されるわじゃあ
禿げない方がおかしくさえある劣悪なヘルメット内環境。

風通しの工夫と頭皮マッサージはバイク乗りである以上、
常に心がけたいポイントだ。



そういえば、昔CAになる夢を抱いていたころ、
パイロットはみな髪の毛が薄いという話が
学校の中でまことしやかに囁かれ、
じゃあ結婚相手としてはNGだねなんてタカピシャなことを
のたまっていたことがあったっけ。

あれはもちろん、常に帽子を被っている職業だから
髪が蒸れて抜け落ちやすいという発想が生んだ説なんだけれど。

やはりかぶりモノ職業=高禿げ率という図式は
昔からあったのだ。


髪が長い女性の場合は帽体の中の問題に加えて、
なびかせるには過酷すぎる風と排ガスと紫外線の問題もある。

縛ったり三つ編んだりメットに押し込んだりジャケットの中に
しまったりと、涙ぐましい手間で髪を守っている。
準備をしながら、「はぁーっ」と長いため息をつくことも。



でも、と思う。



一応気をつけはするけれど、それでも防げないものは
よいではないか。

明らかに5年前よりもシミが増えたけれど、
やっぱり日焼け止めをツーの途中で塗り直したりしないもの。



日焼けもシミもハゲもモーマンタイ。

傷がバイクの「勲章」なら、シミやハゲや切り傷擦り傷手術跡、
曲がらない指ポキポキいう肩…、そんなすべてが「勲章」だ。



備えても憂うことはあるけれど、
バイクに乗れてればいいではないか。

そゆことそゆこと。



| 未分類 | 16:59 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |