FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2010-04- | ARCHIVE-SELECT | 2010-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

止まらないラーの誘惑 「食の楽しみとヘルシーライフ(13440)」

バイクネタが枯渇してくると、愚痴と文句と飲み食いネタに
走ってしまう傾向があるなと我ながら失笑。

バイクネタができたときにだけ更新すればよいものを
もはや書かないままでは一日が終わらない気がする、
ほぼ毎日更新症候群に陥ってるのでたちが悪い。

作業している時間よりも待ち時間の方が長い仕事にも
その原因はあるのかも。


と、言い訳じみた前置きはいいとして、
肺炎からこちら、生ビールを飲んでいなかったことに気付いて
ざっと計算してもほぼ一ヶ月は飲んでいない計算に我ながらたまげて
いつもよりちょっと早く、20時半になる前に上がれたことで拍車がかかり、
生ビールを煽る、雑魚さんで。

ぷはーと言ってしまったが、そこは大目にみてほしい。



マスターとゆーこちゃんを話し相手に、次は純米のカップ酒に移行し、
最後はハイボールとドちゃんぽん。
100527_2053~0001.jpg


鶏ささみのたたきや焼き鳥をいただいた後の〆に
どうしても食べたくなってわがまま言って出していただいたのは
今や全国的に「TKG」で通じるようになってしまった「たまごかけご飯」。
100527_2205~0001.jpg


トッピングしているのはマスターお手製の「食べるラー油」。
ここにお醤油をちょろっとかけてまぜまぜしていただけば、
なんの未練もなく「ごちそうさまでした」が言えるってもの。

桃ラーもエスラーも食べていないのに、ワタシの食後感想だけをもとに
自作してしまった「雑魚ラー」はじっくり炒めたタマネギの甘さと
桃ラーよりはいくぶん強い辛みとがマッチして、すんごくおいしい。

油に浸っているにも関わらずずっと楽しめるにんにくのサクサク感…、
あれは桃ラーの極秘技術なのかなぁ。
それさえ真似られれば十分世に出ちゃえるおいしさなんだが。

ちなみに売り切れが原因で自作している方々もかなりいる様子。
この方のレシピは、かなりそそられる。



なーんて感心しつつ、流れで調べてみた食べるラー油事情。
調べてびっくり、ものすごいマーケットになっていた。


京都ホテルオークラの
「桃李」が作った食べる辣油
も圧巻だけど、
フレンチシェフがつくった「めっちゃ旨いラー油」があったり、


ホテル出身のシェフが厳選した高級素材をふんだんに使ったって…
ちょっと怪しいラー油とか、


唐辛子専門店が唐辛子にこだわり抜いて作った具入りラー油や、
岩塩にもこだわった食べる塩ラー油、


味噌の風味を生かしたそれもありかもね的食べるラー油とか、


やっぱり出たかと頷いた博多名物明太子入りラー油とか、


そう来たかと唸らせる桜海老入り食べるラー油とか、


その他ラーメン屋さんメイドのもから韓国、中国からの輸入品まで
それはそれはすごいラインナップになってきている。

あまり見かけたことがない
これも
密かに火がついてたりするんだろうか。
バイク出動がムリそうな今週末、のんびり市場調査にでかけよかな。


スポンサーサイト



| 未分類 | 17:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |