なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2010-04- | ARCHIVE-SELECT | 2010-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

増える「勲章」 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

購入から3年が経過した愛車W650のWOO。
現在エンジン周りはすこぶる快調。

でも相変わらずタコメーターはイカレたままで、
5000回転以上は針がブルブル震えるばかりで上がらない。
最近は相当なところまで回してやっているのでちょっと不便。
保証期間が終わったので、今更修理する気はないんだけど。


そして最近とっても気になっているのが右ミラーの不具合。
法廷速度程度で走っている分には問題ないんだけれど、
スロットルをゴキゲンな感じで開け始めると徐々にあらぬ方向を写し始め
挙げ句は自分の横顔が映し出されるという滑稽な展開に。

見えるはずのないものが、しかもそれがメットを被った
オカチメンコな自分の顔なんぞがふいにそこに「いる」状態…。
ぬぉっ!と思った次の瞬間、なんだかひどくおかしくて笑ってしまった。


以前は回ってきてもそのままぐるりと一周回してやると
固定できたんだけれど、ウインドスクリーンをつけたせいで
ぐるりと回せなくなってしまった。

都度スクリーンを外すのは大儀だし、ミラーを換えるのが正解かな。





それと、車検から帰宅後、整備士なおさんから報告されたことがひとつ…。


右のマフラーが内側に入っちゃってる…、んだそうだ。

えっ…と言ったきりショックで二の句が告げずにいると、
支障ないからこのままでもいいけどねぜんぜん、と。

左様ですか。
だったらいいんだけど。
でもやだな。
修理もやだな。

恐らくは、後にも先にも一度きり峠で転けた山梨ツーの自爆事故が
原因なんじゃないか。
なにしろコーナー脇の側溝に落ちたまま走った挙げ句に、
溝の終わりに積もっていた土砂に跳ね上がって車道に戻って
その土砂で滑って転けたんだもん。
マフラーが擦り傷だけで済んだなんて、奇跡だと思ってた。
ーワタシが足首捻挫と膝打撲で済んだことももっと奇跡ー



立ちゴケで済んでいればよいのでしょうが、
阿蘇のダートでも転けてるし、生傷耐えないのはWOOも同じ。

キレイに乗ってやれなくて、ごめんねWOOよぉー。
これも勲章と思って、よろしく頼みます。


石畳のWOO

スポンサーサイト

| 未分類 | 18:18 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

パンツとピーチ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

もう何シーズンも前からプロテクター入りの
ライディングジーンズを探していたことは
ちょっと前の記事で書いたけれど、
そこからさらに1ヶ月、
万が一のサイズ交換も可能なROUTE30でやっとネットでオーダー。
防寒や汗とり用アイテムなどを下に重ねる場合がほとんどなので
ワンサイズ大きめを買ってみる。


寒さにめげてカバーすら外さなかった週末ゆえ
脚を通してみただけのインプレをば。

ローライズだし生地は柔らかいし、
膝プロテクターのモゾモゾ感を除けば
普段はいているパンツとさして違わぬラクチンな履き心地。
GWパンツ1.jpgGWパンツ2.jpg
カーゴパンツなのでポケットは豊富。
右太ももにはファスナー付きのポッケもあって。
なにを入れると便利なのかまだイメージが湧かないけど。

ただネット買いならではの期待はずれなポイントも。
前身頃は防風のため二重の仕立てになっているものの
生地自体はやや薄く、転けたらボロボロ必至。
立ちゴケ時の膝保護くらいのつもりで履くべき。
ブーツカットとはいえ、バイク用にしては裾が広すぎなのも
ちょっと気になる。
足を付いたときに裾がステップにひっかかるに違いない。

ともあれ、
初めて「黒以外」のライディングパンツが買えたことと、
ちょい乗り時でもジーンズに勝る安心感に包まれて乗れるのは
なかなかのヨロコビ。

いつになるか予想もつかないライディング時のインプレは
また追って。




肺炎はほとんど癒えて、
咳き込むこともほとんどなくなってきたけれど、
遅くなりまして…と先週金夜の楽しいひとときに
とある方からいただいた
目にも舌にもやさしく麗しいお見舞い。
ピースなピーチ.jpg
ただものじゃないこの美味なる白桃は
熱湯のシャワーを浴びた桃を冷水の中で
まるでトマトの湯むきのように、
一個一個手で皮をはがして無添加のシロップに漬けたもの。

生の桃の歯ごたえはそのままに、
ほのかにレモンが香るシロップをたっぷりと纏った
恐れ入る代物だった。

逆に味覚が戻った今だからこそ感動に浸れた
まさにピースなピーチ。

ホントにごちそうさまでした、とある方。










| バイクギヤ | 21:26 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

止まらないラーの誘惑 「食の楽しみとヘルシーライフ(13440)」

バイクネタが枯渇してくると、愚痴と文句と飲み食いネタに
走ってしまう傾向があるなと我ながら失笑。

バイクネタができたときにだけ更新すればよいものを
もはや書かないままでは一日が終わらない気がする、
ほぼ毎日更新症候群に陥ってるのでたちが悪い。

作業している時間よりも待ち時間の方が長い仕事にも
その原因はあるのかも。


と、言い訳じみた前置きはいいとして、
肺炎からこちら、生ビールを飲んでいなかったことに気付いて
ざっと計算してもほぼ一ヶ月は飲んでいない計算に我ながらたまげて
いつもよりちょっと早く、20時半になる前に上がれたことで拍車がかかり、
生ビールを煽る、雑魚さんで。

ぷはーと言ってしまったが、そこは大目にみてほしい。



マスターとゆーこちゃんを話し相手に、次は純米のカップ酒に移行し、
最後はハイボールとドちゃんぽん。
100527_2053~0001.jpg


鶏ささみのたたきや焼き鳥をいただいた後の〆に
どうしても食べたくなってわがまま言って出していただいたのは
今や全国的に「TKG」で通じるようになってしまった「たまごかけご飯」。
100527_2205~0001.jpg


トッピングしているのはマスターお手製の「食べるラー油」。
ここにお醤油をちょろっとかけてまぜまぜしていただけば、
なんの未練もなく「ごちそうさまでした」が言えるってもの。

桃ラーもエスラーも食べていないのに、ワタシの食後感想だけをもとに
自作してしまった「雑魚ラー」はじっくり炒めたタマネギの甘さと
桃ラーよりはいくぶん強い辛みとがマッチして、すんごくおいしい。

油に浸っているにも関わらずずっと楽しめるにんにくのサクサク感…、
あれは桃ラーの極秘技術なのかなぁ。
それさえ真似られれば十分世に出ちゃえるおいしさなんだが。

ちなみに売り切れが原因で自作している方々もかなりいる様子。
この方のレシピは、かなりそそられる。



なーんて感心しつつ、流れで調べてみた食べるラー油事情。
調べてびっくり、ものすごいマーケットになっていた。


京都ホテルオークラの
「桃李」が作った食べる辣油
も圧巻だけど、
フレンチシェフがつくった「めっちゃ旨いラー油」があったり、


ホテル出身のシェフが厳選した高級素材をふんだんに使ったって…
ちょっと怪しいラー油とか、


唐辛子専門店が唐辛子にこだわり抜いて作った具入りラー油や、
岩塩にもこだわった食べる塩ラー油、


味噌の風味を生かしたそれもありかもね的食べるラー油とか、


やっぱり出たかと頷いた博多名物明太子入りラー油とか、


そう来たかと唸らせる桜海老入り食べるラー油とか、


その他ラーメン屋さんメイドのもから韓国、中国からの輸入品まで
それはそれはすごいラインナップになってきている。

あまり見かけたことがない
これも
密かに火がついてたりするんだろうか。
バイク出動がムリそうな今週末、のんびり市場調査にでかけよかな。


| 未分類 | 17:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

懐かしのおやつ 「★つ・ぶ・や・き★(1280084)」

子供の頃、どんなおやつを食べていたかしらんと昨日ふいに思ったのは
6月10日がミルクキャラメルの日だと知ったことから
その歴史を知るに至ったことがきかっけ。

創業当時は単なる「キャラメル」だったこの甘くやさしく栄養満点なお菓子が
頭に「ミルク」を冠して「森永ミルクキャラメル」として世に出たのが
1913年(大正2年)6月10日だったらしい。

当然ワタシが幼いころにも普通に手に入ったはずなんだけど、
なぜか記憶にあるのはグリコのキャラメル。

不二家のミルキーと、グリコのアーモンドキャラメル、
そしてなぜだか干しぶどうというラインアップが
おんもで遊ぶワタシのポッケには取っ替え引っ替え入ってた。



なにゆえグリコ派だったかは近々に母に確認してみることにして、
せっかくなので仕事を抜け出して最寄りのセブンへ。

肝心のミルクキャラメルは扱われてなかったけれど、
フェア直中を思わせる姉妹品をゲット。
100526_1436~0001.jpg

疲れた脳ミソに糖分を与える名目で食べちゃった。



ちなみに子供の頃のおやつの定番は母が作ってくれるまぁるい揚げドーナツ。
カロリーなんか気にしないあの頃は、グラニュー糖をあしらった
コロンと丸いドーナツが大好きだった。
お手軽ママプリンやフルーチェ、シャービッックも定番。

他に、
100%果汁なんてなかったあのころ、
よく洗ったマヨネーズの空き容器に
粉末を溶いて作るオレンジジュースを入れて
凍らせてチュウチュウ吸う「オレンジチューチュー」とか、
ハーフカットしたスイカを弟と一緒にスプーンでわしわしと食べて、
半分くらい食べたところにカルピスを注いでもらってストローで吸う
「スイカカルピス」といったオリジナルおやつも心躍ったっけ。

少し大きくなってからは、不二家ホームパイやチェルシーが台頭。
弟が生まれてからはおにりぎせんべいやカールも常連だった。

カロリーが気になるので
普段はお菓子や袋菓子はあまりいただかないんだけど、
昔からあるお菓子は時おりなんの躊躇もなく手が伸びる。

自分に取っての「別格」なお菓子が
今なお存在し続けていることだけでもありがたきシアワセ。
いつまでも絶版になることなくあり続けて欲しいな。

皆さんはどんなおやつで大きくなったのかしらん?






| ココロのヒダ | 13:10 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

つぶやきなう。 「★つ・ぶ・や・き★(1280084)」

もうじき東京は雷雨に見舞われるらしい。
Twitterでは、「早く帰れる方は早く帰りましょう」
なんてつぶやきが飛び交っているけれど、
今夜もそうは問屋が卸してくれなさそう。

ここ何年かで、雨降りのお出かけを楽しく!的なMDが
女性ものを中心にどんどん世に出て来ている。

中でも目覚ましいのはレインブーツのバリエーション。
いわゆる「長靴」とさして変わらないものまで
「レインブーツ」にくくられて売られている。



それこそ膝下ほどまである気の利いたレインブーツでさえ
5千円も出せば買える時代になったけれど、
ワタシは未だ買ってない。

雨が降っているときはこれ以上頼もしいものはないんだけれど、
きれいな夕陽まで出ちゃったような雨上がりの夕方には
その頼もしさはこの上ない恥ずかしさに取って代わるし、
間違って1杯引っ掛けに行った先が座敷だったりなんかしたら
周囲の視線に晒されながらおずおずと脱がねばならない。

ちなみにうちから船橋駅までは7分、
新橋駅からオフィスまでは5分ほど。
濡れてもタカが知れている。



レインブーツよりも、だ。
ワタシは断固カサにこだわりたい。
濡れてもタカが知れていると言ったはなからいうのも変だけれど
蛇の目傘の時代から数百年経っているのに、未だ変わらない傘の基本型。
これだけいろんなものが目覚ましい進歩を遂げているのに、
なぜ傘だけはいつまでたってもあの形状なんだかな。

もっと画期的な形で濡れなくて丈夫で水切れ抜群で持ちやすい傘、
できないかしらー。

ツーリング時の雨対策に関してはもう高機能のレインウエア以外に
望むべくもない…わよね。
暴雨ドーム的なものを被って走るわけいかないんだから。


今日は仕事しながら
UNIQLO HAPPY LINE

夢中になってしまった。

さて。
もうひとがんばり…。

…なんだかブログまでtwitter風になってきちゃった。




| 未分類 | 22:46 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

そんなワタシは狙われる。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

ツーリング先でシャッターチャンスに出会うと
思わず停まってデジカメに収めておきたくなるのが
ブロガーってもの。

どちらかというと、
マメに停まってファインダーを向けるより
走り抜ける方が好きだし、
ブロガーと走ることが少ないので
連れに気を遣ってスルーするケースも
少なくはないんだけれど、
先日のような絶景が次々と現れるコースでは
停まらずにはいられないシーンも多い。

でも一旦レンズを向け始めれば
試行錯誤していいショットを撮りたくなるのは当たり前。
反対車線へ行ったりバイクを移動したり
しゃがんだり這いつくばったりと
端から見れば異様とも思える情熱をかけたくなる。

ワタシは煽りぎみのアングルが好きなので、
自然とカメラは路面に近いところに構えがち。

撮ることで頭がいっぱいなそんなとき、
自分を客観視する余裕などあるはずもなく、
たびたびの停車に辟易しているアンチブロガーの相棒に
知らぬ間にこんな羞恥シーンを撮られてしまうのだ。


ブロガー魂.jpg



路肩に咲いたタンポポにピンを合わせて、
WOOを後ろボケで入れたかったのに
そもそもがタンポポとWOOが近すぎるうえに
タンポポがそっぽを向いていて思い通りに撮れなくて
徒労に終わった一部始終。

いい画像が撮れない代わりに、
お笑いネタを提供しちゃったってわけだ。

富士山とバイクをフレームに収めようとして
あわや後ろでんぐり返しをしそうになった
某○女ライダーもいるし…、
いい絵を狙っているブロガーが
実はいい餌食になっちゃう可能性大!

事実ワタシも
hideさんにヤラレタ
経験もあるし
なにごとも無我夢中は命取り。


| 私って | 11:06 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

積むものチョイスはイメージ力勝負 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

一昨日の志賀草津嬬恋ツー。

ウエアの装備にいくぶん悩んだのは、真夏日が予報されていた関東と
群馬や長野の山岳エリアのいずれにも対応できるアイテム選び。

横手山の気温を調べたら最高気温が22℃あったので
特に寒さ対策は必要なかろうと判断したものの、
予備のロンT一枚と、ゴアウインドストッパーインナーのボトムス用を
サイドバッグに積んで。
出発時のボトムスは、Hyodのメッシュパンツの下に
ユニクロのサラファインタイツレギンスを履いた。

ツーリング中にボトムスを着替えるのは非常に厄介。
ブーツを脱ぎ、ライディングパンツを脱ぎしなくてはならず、
しかもスペースはトイレ限定。
待つのも待たされるのも嫌いなワタシとしては
途中での脱ぎ着は極力避けたくて
ゴアウインドストッパーを履くか積むか最後の最後まで悩んで
結局は積んだ次第。
サラファインレギンスは夏用とはいえ、スースーする感じはない。

出がけに窓を開けたら外気が思いのほか冷えていたので、
トップスは綿100のロンTの上に、薄手のトレーナー、
ゴアウインドストッパーインナー、そしてインナーがないREV'ITの
メッシュジャケット。

首にはmonbellの冬用ネックゲイターを付け、
夏用をタンクバッグへ。
暑くなっても寒くても困らない装備をした。



果たして上信越道では、気温がぐんぐんと下がり
予備のTシャツを重ね着したし、
湯釜登山の後はゴアウインドストッパーインナーを脱ぎ、
午後の嬬恋ではトレーナーを脱ぎ、
ネックゲイターを冬用から夏用に替えて快適に。

狙い通り。


今回初めて試したユニクロのサラファインレギンスは
フィット感はあるもののネーミング通りサラっとしていて
べたつきはない。
今まで使っていたmontbellのジオラインライトウェイトの方が
機能的には上だけど、サラファインでも悪くはない。
ただ、真夏にはちょっと暑すぎるかも。


去年から、汗をかく季節のツーリングでは、
吸湿即乾性の高いスポーツ下着を着るようにした。
我ながら哀れなほど色気は失せるが、
これも疲労を防いでくれている要因かも。

また、疲労を感じたときのためにブドウ糖を携帯していて、
ツーリング中にポリポリと摂取もしている。


ところで。
ツーリングに持って出かけるお役立ちグッズは
それこそ人それぞれにこだわりがあって、
boxerさんが目薬まで持っているのに驚いたことも。
でもシールドを上げた途端に目にゴミが入ったなんて時には
実に役に立つわけだし、嵩張らないので持ってて吉。

バイクのスペアキーと左右のスペアレバーも基本。
プラグやグローブのスペアを積んでいる方もいるだろうか。

快適なツーリングには、起こりうる状況を想定する
イマジネーション力とそれに対処する機動力が必要ってこと。

ユニークな携帯品情報に興味津々につきぜひご披露を。





| 未分類 | 16:43 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

志賀草津嬬恋絶景ツー本編 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

肺炎の高熱に見舞われた日から2週間。
今週末は走りたいと漠然と思っていて。

行き先のイメージは
少し前に内輪で話題に出ていた陣馬形山か志賀草津道路。
いずれも山岳の絶景が楽しめるルートだ。

もうすこしおとなしくしていれば?なんてアドバイスなど
ワタシには不要だと思っているのかいないのか、
相棒たちに提案したら、案の定二つ返事。

陣馬形山は日帰りにはもったいない。
目指すは志賀草津道路と嬬恋パノラマラインに決定。
待ち合わせを関越三芳PAに5時半と決め、
給油の必要があったので
こんなサイト
で探して念のため電話で営業を確認。

初めての外環三郷南ICまでの道すがら無事にセルフ給油して
5時に三芳着。
外のベンチで相棒たちを待っていたら、背後に人の気配が。
うっちーさんかと思って振り向いた先にいたのは
この方

P1070016

まったくの偶然だということは自分が一番よくわかっているのに
思わず口をつく。
うそ。なんで。どして。
日光方面を目指すというhideさんと
しばしの歓談後お互いのGood Rideを祈ってバイバイしたのだった。


さて。
この日の相棒はR100RSのboxerさんと
boxerさん
神戸ナンバーK100のうっちーさん
うっちーさん

いわずと知れた2台のBWの旧車は
WOOの巡航速度より少なくとも20から40キロは早い。
自然、スロットルロッカーに乗せた手のひらをいつもよりも
下へ下へと押さえ込むこととなり、
ウインドスクリーンのお陰で首の後ろが痛だるくなることもないので
なにしろハイペースの関越クルージングを展開したのだった。

しかし、スペックに見合った適正速度というのがあるのは当たり前。
佐久の手前、給油からわずか190キロ走ったあたりで
あろうことかWOOがガクンとペースダウン、リザーブに。
速度と燃費の関係が改めて理解できたハプニングだった。

いきなりのスローダウンに気付いてくれたboxerさんと
東部湯の丸SAまでゆるゆる走り、とっくに松代PAで待っていた
うっちーさんに電話連絡。
碓氷軽井沢の先のトンネルを出るたび寒くなって来ていたので
Tシャツを重ね着してコーヒーで暖をとり給油。

そうして8時前に信州中野ICを降りて
前後にすっかり車がいなくなったころ志賀草津道路へ。
周囲の山々にはまだ残雪が。
平床WOO*

コーナーのすぐ向こうを春スキーヤーが滑走するワインディングを登り、
横手山のパーキングに到着。
そこからの眺めは未だかつてみたこともない絶景だった。
志賀草津パノラマ

遠くにうっすらと見える北アルプス、その手前の雲海に浮かぶ山々、
そして濃い緑の木々と山肌に残雪が残る山々。
それが180℃に渡って一望できるのだ。
さっそくいただいた「スカイ喫茶のぞき」のアイスは
図らずも3人とも北海道おぐら。
100522_0913~0001

アイス食べてても無意識に「海の男」ポーズ。ヘンだよ。
アイスも海の男

まだまだ続く山岳ルート。
とうとうやって来たのは日本の国道でもっとも標高が高い渋峠。
去年行った富士山五合目よりも高いという。
感無量。
日本国道最高地点

そうしてこの日のビックエベント、白根の湯釜をみるべく
100円でパーキングにバイクを停めて、湯釜が見られる山の上へ。
湯釜まで

途中足は上がらないわ、呼吸は苦しいわで、普段の運動不足を痛感。
でも登ったその先に広がるエメラルドグリーンの湖水をたたえた
湯釜の光景を見た途端、苦痛が吹き飛んだ。
湯釜

湖水に含まれる鉄イオンや硫黄などの微粒子が太陽光に反射して
このような色に見えるのだそう。
水自体に色がついてるわけじゃないのだから、まさにここでしか
見られない絶景。
ぜぇぜぇいいながら登った甲斐は、たっぷりあった。

さて下りますかと見下ろした駐車場は思いのほかずいぶんと下で。
バイク停めたあたり
登りとは一転、わしわしとごぼう抜きで下って
岩場
岩場が続くルートを下り、おいしいお蕎麦を求めて草津へ。
草津

バイク用無料駐車場の係員のおじさまがたの
無愛想ぶりはやはり「無料」ゆえなんだろねと愚痴りつつ
店先のお勧めメニューと、これもまた愛想のないネコくんに惹かれ
「一之澤」ののれんをくぐる。
一之澤

オーダーしたのはお勧めに従って冷やしぶっかけ蕎麦。
ぶっかけそば
コシのある細めの手打ち蕎麦にあしらわれたのは、
キュウリ、ゼンマイ、舞茸の天ぷら、甘めに炊かれたお揚げ、温卵、
かまぼこ、そしてネギ。
讃岐のぶっかけよろしく、レモンをしぼっていただく。
薄味のおつゆであっさり美味。
ボリュームたっぷりに思えたのは、まだ小さいままの胃袋のせいか。

ごちそうさまの後は、地方へ来たときのお約束の
酒屋チェックで地酒を買い、
土産物屋のあげまんじゅうで食後のデザートを。

その後は、59号から分岐する広域農道、嬬恋パノラマラインへ。
北海道のような景色が眺められるという評判どうり
いきなりの直線道路が迎える。
嬬恋パノラマライン1

丘陵地帯に広がるビックスケールの畑。
畝が美しい。
嬬恋パノラマ3

嬬恋パノラマライン2
ここも通行量はないに等しい。
休憩中はツーリングバイクが2、3台通っただけだった。

もう少し峠道を…というアグレッシブな相棒たちの希望で
114号から162号菅平高原線へ。
ここは今日一番道が悪くかつコーナーがきつかったけれど、
思い起こせばSRのマチルダ時代に走った道
よくもまぁあの頃ここを無事に走ったもんだわと、感慨ひとしお。
なせばなるのかも、なにごとも。

ダボススキー場が見えるテニスコートの脇でしばし休憩。
帰り道をどうしようと地図を眺めたりする相棒たちをよそに
ワタシはきついワインディングで一気に疲労。
お昼寝したい気分に。
菅平

日曜が雨じゃなければ泊まりたかった…。
そんな思いを引きずって、上田菅平ICから帰途へ。

すぐの東部湯の丸SAで、まるでミルキーのように濃厚な
ソフトクリームを堪能したのが15時半。
東部湯の丸PA
解散してもよかったんだけど、
今日、とある試験を受ける雑魚のカブちゃんを思い出し、
激励に行くことに急遽決定。

楽しいことのためならパワーがみなぎるあたり、
まだまだ若いよ、私たち。

怒濤の首都高渋滞をすり抜けて6時半頃新橋雑魚さん着。
この日はcloseのお隣りネヂさんをちょっと拝借して
いやいやお疲れさまでしたの乾杯でのんびり。
ネヂで一息

と、そこへまたまた思いがけないバイク乗りが参上。
先日琵琶湖ツーを満喫してきた三十路さんが、
ひょっこり顔出してくれた。
聞けばご友人と偶然飲みにきたのだとか。
楽しもうとすると、うれしい偶然に出会えるものね。

結局帰宅は午後9時。

山岳峠道あり、丘陵ダウンヒルあり、悪路クネクネあり、
しかもいずれも大自然の絶景がついてきた大満足ツー。
峠道を満喫した後の首都高は、初めて楽しいと思えるくらい
走れてた。

総走行距離:678キロ

Photo thanks! boxerさん、うっちーさん

| ツーリング | 10:44 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

絶景ツー無事帰還 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

ループコーナーをクリアするたび眼前に現れる
得も言われぬ絶景に
思わず声を上げ続けた志賀草津道路。

念願かなってのこのルートを
まさか病み上がりに制覇するとは。

久しぶりに700キロ近い距離を走った日帰りツーは、
まさに見どころ走りどころ満点。

詳しくは追ってってことで、
取り急ぎは無事の帰還報告。

今日も無事でありがと。

| ツーリング | 12:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

何処何時何度 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

あ。
今週末はお天気よさげじゃなくって…?
休日出勤の恐れもとりあえずなさげだし…?

なんて状況のとき、ついついつらつらとツーリングマップルの
ページをめくりまくってしまうのがバイク乗り。

未だ未踏のまま残っているたっくさんのルートを眺め回すときの
至福といったら…。



ところで。
ツーリングルートがある程度固まってきたとき、
みなさんはなにをどう駆使して所要時間やら渋滞予測をするのでしょう。

中にはハンドルの向くまま気の向くまま、勘だけを頼りに出かける方も
少なくはないのでしょうが、なにせ地図が上手に読めない上に、
暗くなったら走りたくない、満タンで出かけないことも多々なワタシ。

出発前の給油の要不要や起床時間を逆算するために必要な
待ち合わせスポットまでの距離、所要時間、渋滞情報、
全走行ルート、総走行距離、推定所要時間、道中の降水確率・気温などを
あらかじめ把握しておかないと気が済まない。


ので。
ICからICまでのルートと距離、所要時間、渋滞予測はドラぷらに頼る。
出発が10分違うだけで渋滞の度合いが大きく変化することが
ここを使えばよくわかるので、
待ち合わせ時間を決めるのに便利。

出発して帰ってくるまでの距離を調べるにはGgooleマップ
ルート・乗り換え案内。
あっちもここもと選んだルートの総走行距離がはじき出されて、
え、こんなにすごい距離になっちゃうわけ?
ってことで敢えなく目的地を手前に修正することも。

目的地のお天気はゴキゲンに楽観的な予報が気に入っている
ウェザーニュースのPinpoint天気検索。
観光地の名称などでもピンポイントに検索できるので
現地の天候や気温を考慮して防寒ウエアや着替えを積むことも。

その他、食事どころや観光地情報は都度ググって下調べ。
でかけてしまってからケータイでググってもまともに情報が取れることは
稀なので、事前のリサーチがなんてったってものを言う。

目的地名に「ツーリング」というキーワードを足してググると、
ライダーさんのブログがヒットする可能性が高くて、
そこから得られる情報も実は侮れない。
特に食事ネタは、味の善し悪しのほか、店が混んでいる時間帯や
駐車のこと、接客などがストレートに書かれていることが多いので、
下手なグルメサイトの情報よりもよほど信憑性が高い。

食べログなどでさらに調べるとなおよし。


ほかにツカエるサイトや裏技をご存知の方は教えてほし。

さてさて日曜に予定していたユーコちゃんの高速デビューツーは
軟弱なお日様のせいで中止に。
みなの予定が合わないのもあって、
晴れのデビューデーはいつになるやら…。

ワタシはひとりでデビューしたぞぃ!
カッパ着て行ってきなはれ!











| 未分類 | 17:16 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日帰り温泉ツーに行かない理由 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

ツー友うっちーさんから快気祝いのお誘いをいただいたので、
予定を大幅に前倒しして昨夜は雑魚さんでアルコール復帰。
Thanks!うっちーさん。


入ってるか入ってないかわかんないくらい薄くねっ!
ユーコちゃんにそう叫んで作ってもらったハイボールを
ほぼ1時間かけて1杯飲んで。

そんなんだからまったく酔った気がするはずもなく、
2杯目をジンジャエール割りにしてもらったら
いきなし通常の比率を超える濃さで作るユーコちゃん。
後頭部がクラっときたので薄めてもらったりして、
えらく手間のかかる客だった昨夜。

まぁ許して。
滅多にないんだから、こんなこと。



そんなひとときの話題で、うっちーさんやマスターに責められたのが
日帰りツーでは温泉に入らないワタシの主義。

温泉たるもの、心身のすべてを弛緩させて
後は飲んで食べて寝るだけって気分で入るもの。
湯上がりのツルツルすっぴんでビールも飲めないなんてあり得ない。

アイスかスポドリで茶を濁すのがせいぜいで、
せっかく緩んだココロを奮い立たせ、素に戻った顔やヘアをまた整えて
汗と排ガスで湿って汚れたウエアとメットを再び身に付けて、
すり抜け三昧して帰っては、またシャワーなりを浴びるわけだよ。

そんな思いまでして入る温泉はしかも有料。
お風呂セットを積む分、お土産搭載スペースも減ってしまう。

メリット不在。
日帰りツーに湯はいらぬ。
連れていきたきゃ、宿を取れ!宿を!!


じゃあ前日の夜行って温泉入って、駐車場でテント張りましょう!?
まんざら冗談でもなさそうなうっちーさんの笑顔に、
一瞬身構えた雑魚での夜だった。

| 私って | 16:19 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

かわいくなりたい男子 「★つ・ぶ・や・き★(1280084)」

肺炎療養中は、朝晩と病院に点滴を受けに行く以外は
ほとんど横になってたわけで。

できることといえば、ときどきMacを開いてみることと
あとは録り溜まっていた映画やテレビを観るくらい。
昼間のつまらんワイドショーをうつらうつらしながら
観るともなく観たりしていると、
しかし意外にもほぉーとかへぇーとか思うネタに
遭遇したりしたのだった。

そんな中で、ひどくびっくりしたのが今どきの男子の言葉使い。

メンズのクロップドパンツの流行を取り上げた番組で
街頭インタビューを受けた男子のコメントに驚いた。
自分が履いているクロップドパンツを指しながら
「これよくなくないですか?カワイイでしょー?」

オザケンとスチャダラパーが「よくなくない?」と歌って以来、
否定なんだか肯定なんだかとっさによくわからない日本語が
スタンダード化しちゃったのはもはや放置するとして、
日本はついに男が「カワイイ」を自称する時代になっちゃったのだ。


かつては男性を「かわいい」などと言おうものなら、
相手の男性は一瞬顔を赤らめながらも怒ったものだ。
女性から「かわいい」と言われるなんざ男の恥ってもの。
「うるせー」とか、「なめんなよ」なんて言葉が返ってくるのが
普通だった。
今はなき、肉食の証…。
草食系男子は、でれでれーっと、でへへぇーと喜ぶんだろうか。


がしかし、男子の気質が変わったのももちろんなんだけれど、
実は「かわいい」本来の意味合いが以前とは違うニュアンスで
多用されていることが、「かわいい」男子増殖の原因でもある。

「幼いものや小さいものに対する情愛や愛着」を意味する本来の「かわいい」は
今や「イケてる」とか「COOL!」な意味合いで使われていて、
つまり件の男子のようなコメントもアリってことになる。

でも。
それでいいのかね日本人。
本来はTPOによってしっかりと仕分けされているはずの日本語が、
なにしろ感覚優先でデタラメに使われている。

幼い子供と食事中の若いお母さんが、
子供に向かって
「うまい?」と尋ねているのをみてフリーズしちゃったけれど、
「喰っちゃえ」なんてことも平気でいうのだ、いまどきのママは。
女性が肉食化してるからって、子供への影響力の自覚はゼロか。


そんな言葉をかけられながら介護される老後だけは迎えたくないわ。



ちなみに老後を迎えるよりももっと早くに出会えるハーレーは
こんなカタチだったりするようよ。
ツルっと滑り落ちそうで長くは乗っていられなさそうだけど。

というか、そういう進化の仕方は好きじゃないなぁ。

| どうなの? | 14:42 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ネがジョウブ。 「★つ・ぶ・や・き★(1280084)」

撮った記憶がないのに
ケータイの画像フォルダに保存されていた体温計画像。
ファイル名からするに、
9日の夕方6時前、高熱に見舞われていた証。
これもブロガーの悲しい性ってやつ?
せっかくだからアップしとこ。



さて。
11日ぶりの病み上がり出社。
スタッフと顔を合わせるたび浴びせられる「大丈夫なの?」の質問に
「まぁぼちぼち」とか「すまなんだ」などと答えて
朝からしっかり通常業務をこなす。

毎年代休すら消化できず、有休をたっぷり残したまま
期が変わってしまっていたので、
今回も余裕をかましていたら大間違い。

有給が1日足りず、その分は給与からさっ引かれる始末だ。
さすがに7日も休んじゃ足りなかったか。

昨日の血液検査結果はほぼ正常。
外来だけでよくがんばったわねとドクターに褒められた。
咳がまだ出るし肺の影もあるのに
ワタシよりもうれしそうなドクターは「治癒よ、治癒!」と。
確かに呼吸は苦しいわ脈は恐ろしく早いわ、激しい咳のたびに
頭が割れんばかりに痛いわで、死んじゃうのかなと思ってから
一週間ほどで治癒するなんて、確かに根が丈夫なんでしょう。

一昨年交差点で立ちゴケして足指にヒビが入ったときも、
診察のお見立てに反して1週間で治っちゃったし、
昨日は診察結果の報告がてら、
丈夫に産み育ててくれてありがとうと母に電話したのだった。



今年の関東地方の梅雨入りは6月8日頃なんだとか。
メリハリの利いた梅雨だといいな。



と?
某シさんがブログ読者感謝祭開催中。
いつも足下救われるので慎重に考えたつもりなんだけど、
でもやっぱり自信ないなぁ、このクイズ。
ピンと来た方はLet's try!


| 未分類 | 15:14 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バイク日よりなんだもの。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

今日は午後から再検査。
通常の起床時間にピシャっと起きて明日からの出社のシミュレーション。

ゆっくり養生してね…なんて言葉が添えられた
ツー先からの楽しげな写メを送ってくるMなツー友のお陰か
走りたい思いが回復の源になっているのは明らか。

まだ咳はでるもののだるさもすっかり抜けたので
とりあえずおんもに出てWOOのカバーを外してみる。

朝出して夜には納品してくれたから
磨く暇はそんなになかったはずなのに
車検から帰って来たWOOは改めてみても普段よりピカピカ。
ワタシの手が届かないところもやはり磨いてくれたか、なおさん。
3年でこの輝きならまずまずかな。
ピカleft.jpgピカright.jpg


そうそう。
リアフェンダー上に乗せているツールバッグが踊って
ブレーキランプステーに傷がついているのが気になってたんだ。
で、うまく浮かせるべく試行錯誤。
アップ前.jpg

タイラップを駆使して干渉しないように固定してみた。
アップ後.jpg

タンクを拭いていたら、警告シールの端が
はがれ始めていることに気付いたので、
思い切ってはがしてしまうことに。
ラベル剥がし.jpg
「値札はがし」と中性洗剤でススっとジャブっとやって
おしまい。
SRのときは苦労した上に傷まで付けちゃったから大進歩ね。
が、「値札はがし」をお使いの際は、どうか自己責任でひとつ。

そういえば、ダブロクはウインカーを移設しないと
サイドバッグが付かないと思っている方が多いようだけど、
少なくともデグナーのものなら、グラブバー付け替えれば
問題なく装着可能。
サイドバッグ.jpg
荷がけフックは隠れて使い物にならなくなるので、
フレームなどにナイロン製のフックを付けて代用している。


ささ。
WOOは4年目突入準備万端。
ワタシはどーなんだー。


| 未分類 | 11:50 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

車検とピーターパンな朝 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

体調を崩してちょうど一週間が過ぎた。

月曜から3日間に及ぶ1日2回の抗生剤点滴をこなして
昨日はまたレントゲンと血液検査を受けて来た。

血液検査の結果はすこぶる良好で点滴は終了。
胸部レントゲンのモヤモヤはしっかり残っているけれど、
これは症状が回復してもすぐには消えないらしく
特に問題はないということ。

一向に止まらない咳は飲み薬と安静で治していくしかない。
週明け月曜に再検査を受けることで今日と土日は
やっと終日家でゆっくりできることに。

きっと今の自分は亡霊さながらの様相なんだろうなぁと
我ながら思えるほどドローっとしか足が運べない有様で
病院までの15分ほどを歩いて通ったけれど、
とりあえずよくがんばった。

無駄にがんばらずとも入院すればよかったんだろうけど
あの夜中の咳は同室の方々を不眠にしてただろうし…、
4日でここまでくれば結果オーライってことで。

月曜までを安静に、しかもどう退屈せずに過ごすかが
最大の課題だったりしている。



16日で車検が切れるWOO。
体調の悪いワタシを気遣ってぎりぎりまで待っててくれた
整備士なおさんが、今朝ピックアップにやってきた。
WOOの代わりに我が家の駐輪スペースに鎮座するのは
なおさんのHONDA Dominator。
domi.jpg
腰が恐ろしく高い。

なおさんを見送って放心。
もう寝るのも疲れたし、寝汗で濡れた布団も干さなきゃなので
行列のできるパン屋さんピーターパンまでお散歩。
外観.jpg
去年土曜の朝7時に行ったときの大行列とは打って変わって
さすがに平日、ガラガラのスカスカ。

店内に貼られているチラシによれば、今日の夜、
千葉テレビで店のことが放映されるんだとか。
観てみようかしらん。

収穫は、ほんのり甘いラウンド食パン、くるみパン、黒豆パン、
明太フォンデュ。
get.jpg
食欲がないと言ってる病人が買うボリュームじゃないが
目につくところにおいておけばちょこちょことでも
つまめそうな気がして。

帰りのampmでこれ買ってみた。
soltylime.jpg
やっと甘くないものを作ってくれた感あり。
ジンやウォッカを割ってもいいかも。


回復してくればしてくるほど一日が長く退屈になる。

死因の第4位に堂々挙げられる肺炎ゆえ侮っていられないし、
完治まで1ヶ月ほどは様子をみなければならないようだけど
じっとしていられないワタシにはとんだ初夏になりそう。

| バイク | 11:30 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

経過 「★つ・ぶ・や・き★(1280084)」

1日振りにMacを立ち上げて。

みなさんからのお見舞いコメに感激。

点滴から帰って来た後だったので、
気分もノリノリで返コメを。

数々のエールに感謝。
病院スタッフとしか言葉を交わせない毎日だけに、
これほど励みになることはないのだ。




今日はまだ火曜…だっけ。
昨日から始めた点滴と投薬のお影で
熱は一気に下がり6℃台に。
平熱が5℃台なので微熱レベル。

咳は日中は何回か軽く出る程度だけれど、
夜の方が頻度が高く、また一度出ると咳き込んで
仰向けに寝ていられない。
その激しさは吐くんじゃないかと思うほど。

でも一番辛いのは頭痛。
これだけは一向に治まらない。

気管から胸にかけて狭窄感があるので食欲は減退気味。
味もよくわからないので自炊モチベーションも低下。
プリンやアイスやバナナが主食になりつつある。
この変化には我ながらびっくり。


今日は肌寒かったけれど、今週後半もまた冷え込みが。
みなさんも体調を崩さないようご自愛を。




…なんて言ってる場合じゃあないか。



| 健康 | 21:56 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ただことではなかった。 「★つ・ぶ・や・き★(1280084)」



ただごとではなかった。
方々からご心配の連絡をいただいてしまい恐縮至極なのだけれど、
先週金曜日に行った船橋駅前花輪クリニックの見立てが雑だったのでしょう。
あれから喉の腫れは引かず咳はひどくなる一方で
土曜は37.3℃、昨日の午後はとうとう38.9℃まで熱があがった。

高温が出るのはカラダが若い証拠という。
やはりまだまだ捨てたもんじゃないんだわと思うには
昨日はカラダが辛すぎた。

昨日は日曜日。
近場の休日診療は当直が外科医。
市役所にある医療所は幼児こどものみ診療。
診たとしても応急処置のみでレントゲンなどは不可。

そんなんじゃ体力使って足を運ぶだけ無駄だわと、
朝まで熱と戦う覚悟を決めてとりあえず汗を出す。

一眠りして着替えたら37.8℃まで熱は下がったけれど
結局あさまでそれ以上の回復はなく、
9時受付の船橋総合病院へ8時過ぎに赴く。
が、内科はすでに15人待ち。遅かったか。

10時にやっと診察室へ。
問診の後、呼吸がし難いと訴えたのでレントゲンと、
熱が高いので血液検査をということに。
レントゲン後、血液検査の結果が出るまで1時間待ち。
再度診察室へ入ると、肺に気になる影があるうえに、
血液検査では体内で炎症が起きていることを示すC-反応性蛋白が
風邪のレベルを桁外れに超えていることが判明。
最終的な診断はCT結果にゆだねることになり
生まれて初めてのCTスキャンを受ける。

CTの結果が出て診察を受けるまで40分ほど。
診断結果は肺炎。
しかも胸側と背中側の2カ所に。

さらに悪化する可能性があるので…、
入院してもよいですがどうしますか?と。

いやいやそれはちょっと…と断ると、
入院まではしなくてよいが、朝晩の抗生剤点滴を
最低でも今日から3日間受け、その後回復を感じたら
再度血液検査とレントゲンで経過を診るというではないの。

それだったら入院した方がいいんじゃないのか?
が、経済逼迫状況にある今、それは無理と思い直し、
さっそく30分ほどかけて点滴を受ける。

会計時にまた待たされ、隣の薬局で待たされ、
家に帰り着いたのは13時半。
熱と咳でぐったり。

3日の西湖ツーリングの翌日、やけにカラダがだるくって、
5日弟を招いてうちで食事をしたときもあまりお酒が進まなくて
6日の休み明け出社ではすでに喉の奥が腫れて辛く咳も軽くでていて…。
いったいいつどのタイミングで菌を受け入れてしまったのか。

とりあえず少し休まねば。
19時までにまた点滴を受けに行かなくちゃだ。


なわけで、粛々と静養するため
今週はたぶんお仕事全休!

ゴージャスだ。

お見舞いの品は自宅宛で結構です。




うそです。冗談です





ウィンドウを閉じる


| 健康 | 15:34 | comments:40 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

撤去 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

7日に処方してもらった薬がまったく効かないまま
風邪は悪化の一途。
昨夜はとうとう8度近い熱が。

平熱が35.6℃しかないので一般的に微熱と言われる程度でも
関節が痛くだるくてきつい。

厚着をして布団を多めに掛けて寝て、
今朝はお約束通り解熱しているけれど喉の痛みと咳は変わらず。
効かない薬は飲むのをやめて
市販の咳止めと鎮痛解熱剤のみにして様子をみている。
夕方また熱が上がらなければ快方へ向かえそう。

トップの画像は、WOOから外したウインドスクリーン、サイドバッグと
ツールバッグ。

今週はいよいよ車検なのだ。
SRは1年半で売ってしまったので
バイクライフ始まって以来初の車検。
オーナー車検するわけじゃないんだけど
それなりのけじめというか、線引きというか…、
3年乗ったんだなという感慨がある。

遅配と減俸が続くなか、
ここ1、2ヶ月、切り詰めに切り詰めて準備をしてきたので、
なんとか切れるまでに出せて、安堵感とともに脱力。

ホッとしたせいもあったのかな、この風邪っぴき。



でも。
バイクを降りるのは体力の限界を感じたときだと思っていたけれど、
こんなご時世だ、経済的理由で降りることになる可能性のほうが
高い気がする今日この頃。
行きたいところは後先考えずに行っておくべき…?
そんな気も湧いてくるってもの。

どうなっちまうんでしょう…、この国、このワタシ。



| 未分類 | 09:52 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

風邪オフのハチの巣 「食の楽しみとヘルシーライフ(13440)」

久方ぶりに風邪モード。

昨日から喉の奥のほーの、どちらかというと
気管に近いあたりが腫れているような不快感があって
若干の咳と微熱が。

仕事へ行こうと思えば行たんだが、
気分的にふにゃっとしているせいかあっさり欠勤メールを打ち、
朝いちで船橋駅の向こう側のクリニックへ行けば
交通事情により先生の到着が遅れていて午前中の診療が
何時になるかどうかなどとウンヌンカンヌン。

今日は間違いなく厄日だ。

午後3時からは確実というのでそのまま踵を返して帰宅。
お昼に温かいものをいただこうと、ハチの巣を解凍して茹でる。
蜂の巣.jpg

これ、もちろんハチさんの巣なはずはなく、
その形状から別名がついた牛の第2番目の胃。
こうしてみるとグロいけれど、臭みもなく味が絡みやすく美味。
上野の韓国街へ行ったときくらいしか買えないんだけど、
イタリアでもトリッパと呼ばれよく食されている。
トスカーナ地方のトマト煮はイタめしやではよく目にする。

手に入りにくいハチの巣をゲットできたのには訳があって。
GW中に遊びに来てくれた友人がマッコリを持参するというので
ハチの巣の韓国風煮込みを作るべく、ネヂ餃子のカブちゃんにお願いして
お肉屋さんから仕入れてもらったのだ。

最低ロット1キロは、ご覧のハチの巣三枚分。
来客時には全部を使い切れず、
冷凍庫に残っていた最後の一枚を今日茹でたというわけだ。

圧力鍋で塩茹でして、コチュジャンや砂糖、酢、桃ラー、
粉唐辛子をまぜたソースでお刺身風にいただく。
蜂の巣刺身.jpg

粉唐辛子のせいで色だけは激辛に見えるけど
あれは色ばかり赤いけれど辛味はさして強くない。
よってこのソースも辛さは控えめ。
水菜といっしょにわしわしこりこりぷるぷるといただく。

こちらが温かいほうのハチの巣。
蜂の巣煮込み.jpg
韓国煮込みでよく使われるジャガイモとニンジン、ネギに
ショウガをたっぷり入れて味噌とチゲ鍋の素でさっと煮た。

かなり汗が出たのは微熱のせいか、カプサイシンのお陰か。

午後、病院への道すがらみつけた白いあじさいがトップの画像。
今年は春がやけに短かったことに気付かされた。


| うちめし | 21:12 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

学習しませう。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

暑い。

憂鬱な休み明けが雨に祟られずに済んだのは喜ばしいけれど、
刺すような日差しといきなりな暑さも甲乙付けがたいくらいにキツい。

ただいま東京は28℃。
東京一気温が高いといわれる新橋はもっと高いかも。
半袖でも汗ばむ陽気は、今年初だ。

でも来週は最低気温が11℃まで下がる日も。
相変わらず陽気が尋常じゃない。



長期予報では、6、7月は平年よりも晴れの日が少ないとのこと。

去年同様、雨で走れない日が増えるんだろか。



あっさりと終わってしまった5連休。
去年ほどの交通渋滞はなかったもののそれでも最高1000円前よりは
明らかに激しかった。

車に乗らない私は、大渋滞の直中でじっと車列が動き出すのを待つ
ドライバーの気が知れない。

かつてクルマでいくオートキャンプを楽しんでいた頃、
行きの中央道で未曾有の大渋滞にはまったことがあったけれど、
それは明らかに時間の読み違えに他ならず、
以降行き帰りのスケジュールは早め早めを心がけるようになった。

あの方々はそういう「調整」をしないのだろうか。

偶発的なトラブルが引き起こしたケースならいざ知らず、
あれほど渋滞予測が報道されているその時にその道に
なぜ敢えて真っ向勝負をかけるんだろう。

その日しか休めずその時間にしか出かけられず、
そのルートでしか目的地へ行けず、
さらにその目的地へその日そのときに
なにがなんでも行かねばならなかった人たちだけなら
50キロを超える渋滞など起きるはずはないのだ。

渋滞へっちゃらという方々ならばそれはそれでよいのだけれど。
年末年始やGWの大渋滞をみるにつけ、いつも不思議に思うのだった。

なんで学習しないだろって。

| 未分類 | 14:18 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

西湖キャンプ乱入ツー 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

GW中にローズさんと約束していた富津あさり飯ツー。

しかしながら調べれば調べるほど富津公園付近の渋滞は
朝も早よから相当にひどいようで、
あさり飯やさんが開く10時狙いでなんて行ってられない様子。

だったらウォッセ!とねだるローズさんのリクエストを
「同じことだってば」と却下して、
代替え案はかつてのオートキャンプ仲間がGW初日から
キャンプを張っている西湖自由キャンプ場へ乱入してみる?って案。

富士山ビギナーのローズさんにはきっと喜んでもらえること
請け合いだし、高速走行のいい練習になると思って
前夜にどたばたの企画修正。
ルートとローズさんケアが不安だったのでboxerさんを駆り出せば、
だったらワタシも!とローズさんが彼女曰く舎弟のゆーじさんを招集。

都合4人のユニークなメンツで東名中井PAを出発。
富士ICで降りて139号の白糸の滝狙いの渋滞にひやっとしたけれど
RIMG0588
71号に入ればがらっと空いて、ミルクランドでミルキーはママの味を
彷彿とさせるおいしいソフトクリームをいただき、
RIMG0589
菜の花と富士山の絶景を納めたりしながら、
RIMG0598
撮影に夢中になるうちに後ろでんぐり返ししそうになった
ローズさんを、一生仲間でいようねと指差して笑ったりして。
RIMG0604
いやはや、やっぱり富士山はブラボーだ。

11時過ぎ西湖着。
RIMG0614

常連の彼らは今回も大所帯。
RIMG0612

ダッチオーブで鶏料理がゆっくりと醸されている一方
なんと自家製手打ち蕎麦のお昼ご飯ができたばかりというタイミング。
RIMG0609
狙ったわけじゃなかったんだけど歓待を受け
打ちたて茹で立ての三七蕎麦のご相伴にあずかる。
RIMG0608

RIMG0607
もちろん美味。
ダッチオーブン料理はそこそこ極めたけれど、
さすがに蕎麦までは真似できないや。
あっぱれなアウトドアラーなのだ。

改めてちゃんとランチをいただきましょかと入ったのは
キャンプ場から3分ほど走った「岬」という名のお店。
ナポリタン、ミートソース、ピラフ、カレーという
それぞれにおこちゃまラインアップなオーダーをして
その前に全員一致でいただくのはやっぱりコレ。
RIMG0617

普段の週末程度の中央道渋滞をすり抜けて5時帰着。
無事帰着したらメールし合いましょーねーと言っていたローズさんは
ゆーじさんと地元で本日何度目かのおしゃべりの花を咲かたらしく
帰着連絡がきたのは午後7時。

まさかもしやと2時間やきもき。
恐るべし!ローズ時間。


ほんわりと淡い山々とパキっと雪をいただいた富士山と
南アルプスの山並み。
エンジンを停めると聞こえてくる
ピーチクパーチク、ホーホケキョ鳥の声。

春の癒しなあれやこれや、ごちそうさまでした。




走行距離:396km

| ツーリング | 12:30 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ワンコばんざい。 「★つ・ぶ・や・き★(1280083)」

かれこれ15年ほどの付き合いになるうちのハナちゃん。
今日はシャンプーしてお布団やらソファーカバーやらと
一緒にひなたぼっこ。
ハナ.jpg

きゅんと悲しかったり?寂しかったり?
そんなときはぐっと抱きしめちゃったりして癒されている。

これからも頼むよ!なんてことを思ってたら
今日はWOWWOWでギア様のハチon air。

いやはや。
泣いた泣いた。
ワンコの愛おしさはたまらないものがある。

タイミングを逸して劇場に観に行けなかった映画だったけど、
行かなくてよかった。
狸目になってるところだった。


| 未分類 | 20:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

出ちまった。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

4日もブログをサボったことに加えぶちぶちとブー垂れたせいで
方々からご心配およびエールをいただきひたすら多謝。

書くか書くまいか迷っていたけれど、
みなさんへの感謝を込めてひと笑いしていただくべく
下手すりゃ一生の汚点?的作り笑いと
海の男を彷彿とさせるポージングをさらけ出している
なおネィ雑誌掲載のお知らせをば。

img_vol27_cover.jpg

昨日売りの女性ライダー向け雑誌L+bikeに
先日のモタサイショーでの取材記事が載っちゃった。
赤面しきりの画像に加え赤入れしたい記事の内容だけれど
出てしまったものは仕方ない。
当日マネージャー顔負けのサポートをしてくれたhideさんは
すでに立ち読みで爆笑したとのこと。

笑えるってことにおいては、一見の価値はあるのかも。


| 未分類 | 23:13 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。