なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2010-03- | ARCHIVE-SELECT | 2010-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ゴブサタ富士山拝顔ツー 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

RIMG0569


なんだかモチベーションが上がらない自分に
富士山パワーを注入すべく3ヶ月振りに西へと走る。

今日の相棒は前夜オーランド出張から帰ったばかりの
K100のうっちー。
10日近くも走っていないフラストレーション解消のためなら
時差ボケもなんのそののスパルタンなツー参加。
ふたりだけのランデブーはお初だけど
雑魚で飲んでる回数も多いのですっかり気心知れてるツー。

そもそもソロで館山か伊豆か…ということしか決めていなかったので、
港北PAで落ち合ってからあーのこーのとルート決め。

結局去年のまご茶ツーで行った小田原港へ寄って、
RIMG0560
しかし時間が早すぎてドンはオープン前だったので
ならばと昭和ツーでランチした伊東のいちふじ
ブラボーな釜揚げしらす丼をいただき、
RIMG0562
ちょっと戻って亀石から通行料が上限200円になった伊豆スカを抜け
芦ノ湖、そして前回写真が撮れなかった仙石原へ。

ところが楽しみにしていた仙石原は野焼き直後で
見るも無惨なありさま。
撮る気にならず、そのまま乙女峠を経由して美華ガーデンへ。
RIMG0572
ここではどうしてもこのアングルで撮りたくなるんだけど、
富士山に雲がかかってきていまひとつ。
手前の伊豆スカで撮った今日イチはトップの画像。

ひさーしぶりの富士山にちょっと元気をもらってきた。


さて今日のお土産は、小田原港で買って来たマグロのノド肉。
朝9時に買って保冷剤をダブルで入れてもらったお陰で
家に帰り着いた4時前でもほとんど解けていなかった。
RIMG0574
刺身の試食はニンニク醤油だったけれど、
桃ラーで食べたら絶品、歯ごたえがよくてまるで牛肉のよう。
RIMG0576


それにしても雨後の筍のようにどこもかしこもバイクだらけの一日。
伊豆スカではワンボックスとREPSOLカラーのバイク事故に遭遇したし
そうかと思えばクラシックなハーレーやGSを駆る俳優さんのような
外国人ライダーを目の当たりにしてホレボレ…なんてことも。


さて。
明日からは飛び石な一週間。
乗り切ってみるさー。


走行距離382km
スポンサーサイト

| ツーリング | 19:14 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

しとしとぐんぐん

都内ではまた雪がちらついたなんてぶつやきが、
Macの向こうでとびかう今日はもう4月22日。
小糠雨どころか立派な氷雨はもういいよ。

マフラーやウールのカーディガンなど
すでに洗って丁寧に畳んで仕舞った冬物は
わざわざ引っ張り出せばまた洗わなくてはならない。
悔しいから重ね着でがんばってみたけれど
朝よりもどんどん寒くなってきているように思うのは
気のせいだろうか…。


それでも梅や桜は頃合いよく咲き、
木々は鮮烈な緑の若葉を生やしている。

健気だ。



ふと思い立って水栽培してみている無農薬の葉付き人参は
朝と晩と、そしてまた翌朝と晩とみるたびに
愛らしい葉をぐんぐん伸ばしていて。
100421_0844~0001.jpg
願わくば土に植えられるくらいにまで根が出てきて、
まさか人参ができるまでとはいかないまでも
伸びていく植物パワーを毎日拝んでみたい気分。

油断すると芽がぐんぐん伸びしてしまうにんにくも
どうにか「成長」させられるんじゃないだろうか?

普通にプチトマトやゴーヤあたりを作ってみるのもありなんだけど、
流行に乗るのもなんだか癪。



ちょっと反抗期気味の昨今。

走り足りないからか。




| 未分類 | 17:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

下半身もかまってやりたい。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

先日の雨の日、会社の入り口まで1メートルというところで
ブーツの底がズルっとすべって片膝と片手を付いたワタシ。
尻モチをつくような無様なスタイルではないにしろ、
立派に転んだといわれても反論できない図。

もう恥ずかしいとかみっともないとかいう感性はとっくになくて、
ーそれはバイクでコケまくっていることにも起因するんだろうけどー
膝がそこそこ痛かったのでしかめっ面に輪を掛けてしかし逃げるように
テンパーライトドアの奥に滑り込んでからジーンズの濡れ具合やら
手のひらの赤みの程度を確認したりしたのだった。


名誉のために付け加えておくけれど、歩いていてコケたのは意外にも久しぶり。
今年の雪の日に、これも駅ビルの入り口で同じようにズルっといきかけたが
持ち前のバランス感覚で持ち直して事なきを得ているし、
平らな舗装路を歩いていてもなぜかよく躓くけれどコケるとこまで及ばない。

しかしそんな具合に、どちらかといえば普段からコケやすい運命のモトに
生まれ落ちてしまったので、やはりバイクでもコケる回数は多い。
しかも峠道のコーナーの側溝にはまったことと、阿蘇のダートでコケたこと以外は
オットットの立ちゴケばかり。

なくせに。
下半身のプロテクトが甘い。

ずっと気になっていながらリスクヘッジが追いつかず、プロテクターが付いているのは
Hyodのメッシュパンツとヘンリービギンズのウインターパンツのみ。
革パンはノーガードだし、ジーンズはごく普通のリーバイスやエドウィンだ。

だめでしょー。だめよねぇ。
で、転ばぬ先の杖ならぬ、転ぶときのためのアーマードなパンツ探し。


ご存知、クシタニのカントリージーンズライド。
このクシタニがいいことは重々承知ではあるんだけれど、
5万超えは如何せん高すぎる。




クシタニとエドウィンのダブルネーム、 EザイロンジーンズTYPE3。
でも通常のコットンより2倍強いというが、2倍ごときでアスファルト摩擦に
抗おうってのは素人頭でイメージしてもあまり強そな気がしない。
しかもなぜかニープロテクターなし。意味わかんない。




デニムは諦めてGOLDWINレディースセボナーカーゴパンツ。
コットンに見えてセボナーナイロンオックスとかいう強度のある生地使用。
ローライズブーツカットなのでライディングパンツ然としてなくてよし。
着脱自在な膝プロテクター標準装備。いいじゃないの。




ROSSOのストレッチデニムライディングパンツ。
そもそもが普段からストレッチジーンズは嫌いな上に、
ウエストまでゴムで甘やかすのっていやかもしんない。
まだおばちゃん仕様じゃなくてもへーき。
腰にもパットが入っているけれど、生地の強度は不明。
本末転倒商品的な香りがする。
この商品画像を見る限り、スタイリッシュに履ける気がしない。




Free×Freeデニムライディングパンツ。
これは毎年すぐに売り切れるし、履いている人をよくみかける。
買うなら急げ!的アイテムだ。
「両腰部ウレタンパッド、膝部CE規格プロテクター標準装備で
セーフティライディングをバックアップします。」とのこと。
売れ続けているってことはそれなりに信用のおける商品なのかも。
お値段的にもイケそな一着。
でもイメージ画像のせいか、見た目「パーン」というか
「パツーン」というか、そんな感じ。




そしてZIM+BAのセミブーツカットデニムパンツ。
ニーパットはもちろん、太もも脇にベンチレーションがあるのはうれしい。
「大人の選択」ができる人が買いそうな、手堅さが漂う。
でも背中側の股上がやたらめったら高そうに見える。
そこまで前傾しませんが、ワタシ。



などなどとライディングパンツの検索をしていたら
見なきゃよかったと思わずため息がでちゃう逸品発見。
HYODのスマートレザーライドパンツだ。
柔らかく履きやすそうな上に、革のくせして撥水性が高い。
なのに不思議とウォッシャブル。
受けた衝撃を吸収・拡散する話題のd3oをニープロテクターに採用。
が、気になるお値段¥49,875ってところであわれ撃沈。


さてとどうするか…と思ったところで、
車検が終わらないことにはにっちもさっちもなことに気付く。

WOOがやってきて早3年。
車検費用捻出は憂鬱だけど、WOOとの歴史は感慨は深い。

| バイクギヤ | 17:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ETCゲートの先にドラえもん傾向 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

先週のお散歩ツーの帰りの湾岸千葉出口。
進入したゲートの先に前に見えたのはドラえもんの方々。
路肩には何台かの車が止められて警官が何かしら書き付けている様子。
減速しないと違反になるんだっけ?

このところ料金所のゲートの手前からはまったく見えないところで
たくみに待ち構えて取り締まりだか啓蒙だかを行っている警官によく遭遇する。
ワタシは後ろの車にビビりながらもかなり減速して通過するので
まず止められることなどないんだれど、あの制服をみただけで
胃のあたりにズドーンと衝撃が走るのは毎度のことで。

でもそんな暇があったら、なにがあろうと走行車線に戻らずに
追い越し車線をのんびり走る車両や、
合流してくる車が来ても右車線に避けることもしない連中も
何とかして欲しい。

みんながマナーを守ればもっと快適に走れるんだから。



GW目前。
高速道路は料金システムが変わる直前ということもあって、
大渋滞を巻き起こした去年を上回る大混雑になるだろうと踏んでいる。

まだ休めるかどうか定かじゃない状況ということもあるけれど、
連休はせいぜい近場をにょろっと走るか、
あるいは前日十分に睡眠を取って深夜から出かけるとか、
極力真っ向勝負は避けたほうが賢明じゃなかろうか。

秋の連休の朝ですら「渋谷から厚木まで渋滞20キロ」だったくらいだ。
考えただけでもまともな走行は不可能でしょう、今年のGWは。


ちなみにラウンドアバウトしたときは、
夜10時半に出て、かなり休憩を取りながら東名、北陸道とつなぎ、
朝7時には福井にいた…。

なんの参考にもならないか。

でも前後にも休みがあるGWこそ夜がけプランがアリだったりするのかも。

| 未分類 | 17:57 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

火山噴火で知るアイスランド 「★つ・ぶ・や・き★(1280083)」

アイスランドの火山噴火。

対岸の火事と無頓着でいたけれど、23日からもてぎで開催予定だった
日本GPがなんと10月に延期になったと知ってちょっと気になり出した。

ちょっと…というか、かなり苦手なミュージシャン、ビョークが
生まれ育った国だという以外、ほとんど知識なし。

そもそもアイスランドってどこだっけ。
日本と中国と東南アジア界隈と、オーストラリアとなぜかチリ…。
そんな程度にしか世界地図が頭に入っていないワタシにとって、
アイスランドは未だかつて地図上で認識したことすらないわけで
慌てて検索。
アイスランド.jpg
200を越す火山と国土の12%を氷河が占めることから
「火と氷の国」なんてショルダーがついているらしいけど、
イギリスから島ひとつぶんしか離れていなかった。


噴火した火山はエイヤフィヤトラ氷河の火山。
エンヤコラちっくな名前のこの火山が吹き上げた噴煙は地上11キロにまで及び、
視界もさることながら、粉塵がエンジンに入れば停止する可能性もあるとのことで
各航空会社が運行を見合わせたため、機材やマシン、選手、関係者の来日に支障が出て
GPが延期の憂き目に遭ったのだと、やっと事の次第を知るに至る。


自然界にも、経済にも、どんどん膨らむ負の連鎖。
想像すればするほど怖くなる。

火山の国に暮らす立場として、ひとごととばかり思っていちゃあバチがあたりそうだ。



| 未分類 | 18:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

酪農のさと自然薯丼お散歩ツー 「☆バイクでツーリングに行こう=3=3(4034)」

RIMG0535

先月、暴風のため途中で断念した自然薯丼を目指して、
今日はboxerさんと酪農のさとへ。

京葉道を鋸南富山ICで降りて、
そこから軽いワインディングのある89号を経て
410号へ左折するとすぐの酪農のさと。

日本の酪農発祥の地が千葉にあったという驚きとともに
濃厚でいてそのくせさっぱりとしたソフトクリームを
ここで初めて堪能したのは4年ほど前のことじゃなかったか。

以来ツーリングの帰り道に何度か立ち寄って
セブー種といわれる大きな白い牛を眺めながら
ソフトクリームを味わいに行ったんだけれど、
maniさんにここの自然薯丼がおいしい!と聞いて、
ランチの機会を狙っていたのだった。

自然薯はその名の通り、かつては栽培できず自生するものだったため
山芋や大和芋と区別してその名がついたのだそう。
「山菜の王様」とか「山鰻」などと呼ばれて、その粘りの強さと
強い強壮効果で知られている。
昔から峠の茶屋などでとろろ飯が供されたのは、
峠越えの栄養補給にと振る舞われたためなのだとか。

そんなありがたい自然薯丼はこんな見た目。
RIMG0510
白くもったりとした自然薯のとろろとそぼろ肉がご飯に乗せられ
そこに関東風のお汁、そしてわさびが添えられている。
よくかきまぜてというお店の方のアドバイスに従っていただけば
強く粘る自然薯の味わいと濃いめの味に炊かれた鶏そぼろが
お醤油ベースのおつゆとともにご飯に絡んでするすると進む。

これはおいしい。
まさに滋味あふれる素朴なおいしさだ。

さすがにソフトクリームはキャパオーバーだったので
これも初めての牛乳寒100円なりにトライ。
RIMG0514
濃厚な牛乳の香りと、気取りのない昔ながらの
寒天の食感がほのぼのと懐かしく、するっと完食。

入り口近くのワゴンには果物や野菜の地産品が。
小振りのさつまいも5つで100円なりを買って
腹ごなしにヤギが放牧されている丘へ登る。

明らかに芝生のほうが寝心地がよさそうなのに、
歩行者用のスロープをせき止めるようにお昼寝するヤギたち。
RIMG0522

普通にしていても笑っている表情はヤギならでは。
わかっていても、こちらの表情までふにゅっとなる。
RIMG0524

春はヤギさんらも眠たいのだ。
RIMG0525

この木なんの木?気になる木。
まるでヨーロッパの高原のような風情ではないの。
ティーバなのに。
RIMG0532


春の里山は薄く淡くやさしい色合い。
いつまでも眺めていたい癒しの風景だ。
RIMG0530


帰りに寄った君津PAで大きな茹で筍3つで300円などを買って
夜は筍ご飯やら焼き筍やら、蒸し芋やらを満喫。
100418_1739~0001.jpg

ご飯が一膳でやめられないけど、いいよね、春だけの贅沢ってことで。

今日の走行距離220キロ。
やっと春を感じたお散歩ツー。


| バイクでお散歩 | 21:01 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

二輪事故レポに思う。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

ツーレポをサーフィンしていてたまたま見つけたとあるブログ記事。

総勢9台で東名を走行中に起きた
仲間の事故のレポ
だ。

息を飲みながら一気読みしてしまったこの記事には
マスツーにおいてはもちろんのこと、
二輪走行における重要なお約束が山と盛り込まれている。

幸い「一走一宴」メンバーでのツーリングでは中止を余儀なくされるような
大事故は起きていないけれど、
いつなんどき起きるとも限らないのが事故ゆえ、
バイク乗りの方々にはこの記事をぜひとも一読していただきたくご紹介。



不幸中の幸いがいくつも重なって当事者はケガを負いながらも存命。
後処理を手伝った仲間にも二次災害はなく、
ただ当事者が乗っていたハーレーーFLHTだろうかーは、
後続車が激突したせいで大破。

パーツが無残に飛び散った現場写真に、背中がスッと寒くなる。


この方のケガの中で印象深いは腹部の擦過傷が一番重篤だったということ。
HD乗りに見受けられるTシャツにベストという軽装で転倒し路面を滑走したため、
シャツがめくれ上がって露出した腹部の皮膚がアスファルトでえぐられたのだ。

仲間内にもみられる夏場のTシャツ一枚の高速巡航。
たとえプロテクターシャツであろうとこの方と同じ事故に遭えば
間違いなく同じケガを負う。

また、負傷者の個人情報についても携帯番号以外周囲が全く把握していなかったため
家族への連絡や警察からの聴取に対応できなかったというのも気になるところ。
この方が勧めるように緊急連絡カードは各自で作って、
わかりやすいところに携帯しておくのがよいかと思う。

救命救急のノウハウ。
これも身につける必要を強く感じさせられる。
日本の大動脈である東名にも関わらず、緊急車両到着までに30分、
負傷者搬送に至るまで40分もかかるという現状。
命が尽きていく仲間を前になんの手立てもできないなんてシーンは、
死ぬまで経験したくはないもの。



もろもろインスパイアされたこの事故レポ。
これぞバイクブログ。
記事を書かれた方と、公開を承諾した事故当事者の方に感謝したい。



| バイク | 12:13 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ハマっちゃったアメーラルビンズ 「食の楽しみとヘルシーライフ(13440)」

昨日時間つぶしで立ち寄った銀座のハナマサでみつけた
プチトマトよりももっと小さくて赤いトマト。

アメーラルビンズという耳慣れない名前と
ヘタのない、まるでフルーツのような鮮やかな色味に魅了されて即買い。
地元のスーパーじゃトマトに390円も掛けないのに。
シチュエーションによって金銭感覚ってウソみたいに変わるもんねと
ちょっと呆れたりしながら。

が。
財布の紐を緩めて買った甲斐はみごとなヒットで。
洗って冷やしてランチでいただいて…、
そのおいしさに、んまぁ、びっくり。
アメーラルビンズ1.jpg
この恐ろしく甘くパキっと弾けるような食感を持つトマトは、
水やりをぎりぎりまで押さえて糖度を上げているので
一般的なプチトマトの糖度6を大きく上回る糖度10。

食べやすいサイズとデザート並みの甘さは
今までのトマトの概念を変えてしまいそうだ。



あまりのおいしさに、オフィスの女子に試食させたらこれがまた大騒ぎ。
口に含んで噛みしめた瞬間、みな一様にパッと表情を変え
「あまぁーい」、「あっまーい」のオンパレード。

結局今朝は30分も早く家を出てまた銀座ハナマサへ直行し、
大人買いしてきてしまった。
アメーラルビンズ2.jpg
濃厚な分、リコピンやポリフェノール、βカロチン、ビタミンC含有量も高いので、
おやつには持ってこい。

これから6月くらいまでが一番甘い時期。
朝の散歩兼ねて、しばらくは銀座ハナマサ通いが続きそうだ。

ちなみにオフィスから歩いて30秒の西新橋日比谷通りのハナマサには置いてないので
どこのハナマサでも扱っているというわけじゃないみたい。
でもネットでも購入可能。
築地直送鮮度バツグンお買い得のアメーラルビンズはこちらから。



| 未分類 | 10:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

おス。 「★つ・ぶ・や・き★(1280083)」

昔々のその昔…といっても昭和のころ、
定食屋さんや居酒屋のテーブルに置かれた調味料は
木目調のフタがついたガラス製の容器に入れられていることが多く、
そしてその中身がなにであるかが一目でわかるように
名前が書かれているのをよく目にした。

「ソース」とか「醤油」とか。

最近ではあまり見かけなくなったこの手の表示。

日曜日の反省会会場だった西葛西の居酒屋やさん「葛西橋」では
お酢にこの表記。
ひらがな&カタカナは「なおネィ」に通じるセンスかも。
100411_2119~0001.jpg


こういう調味料を目にするたび、
テーブル周りの洗練度だとかセンスだとかよりも
「お客さんが間違っちゃあ申し訳ない」というホスピタリティを
感じないではいられないのだ。
だってガラスの容器なんだもの、クリアーなものはお酢と決まってる。
でも醤油やソースとならんで「おス」も、書く。

諸外国の料理屋さんではお目にかかれないところをみると、
昭和の香り漂う立派な日本文化なのかもしれない。



| 未分類 | 12:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

北総桜MTGお見送り 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

今日はらーさん主催の「北総桜ミーティング」。

 

第一待ち合わせ場所の船橋インターそばの14号沿い

セブンイレブンへと向かう。

 

すでに集合していたらーさんやカンバックなじょにひさん、

そして青いモノサシの某シさんのバイクと並ぶ

ワタシの赤いスペシャライズド。

100410_0639~0001.jpg

それで十分着いてこられますよ!とらーさんに言われたものの

間違いなく今日のうちに帰ってこられはしまい。

 

 

お見送りの某シさんにご挨拶して出発して

三十路さんの二代目DSちゃんのお尻についたものの

秒殺で置いて行かれる。

人力の儚さを思い知る。

 

近所の桜を見て帰宅。

まぁ、そんな日(損な日?)もあるさ。

| 未分類 | 11:04 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ユーコ嬢ライテク特訓教室 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

中免合格からすでに半年が経過し、
愛車LAカスタムもすっかり調整が終わっているのに
ライディングの基本がおぼつかず、
公道デビューが果たせていなかった新橋雑魚のユーコ嬢。

先週末指導したマスターがサジを投げたので、
昨日は雑魚常連のうっちーさんとboxerさん、そしてワタシという
鉄壁のサポート隊が都内某所の秘密の特訓スポットへ潜入。

初級ライテク教習はセミプロ並みのboxerさんが、
体を張っての熱心な指導を3時間近くに渡って行った結果、
晴れてユーコ嬢は公道デビュー。
特訓スポットからライコ東雲まで15分ほどのちょい乗りを
一度のエンストのみで果たしたのだった。


ワタシはというと、時々口出しをしてはboxerさんにたしなめられ
必要以上に速いマスターのNSRで未曾有の加速とブレーキングを楽しみ、
その後は3時間の炎天下ステイで干上がった喉にとびきりうまい
ジョッキ生を流し込みつつ、反省会とは名ばかりの6時間呑喰いを
満喫したのだった。

とことん過保護になっちゃったユーコ嬢のツーデビューは
果たしていつになるのやら。



ツーリングとはひと味違ったバイク三昧。
これもまたなんだか楽し。





| バイク | 13:35 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

チャイニーズディマンド 「★つ・ぶ・や・き★(1280083)」

とある昼下がりの銀座通り。

新橋方面に向かってずずずいっと並んでいる観光バス。
中からは、一日で2、300万円を平気で使う中国人観光客が
続々とブランドショップへ入っていく。

かつての海外ブランドブームのときに、
パリのサントノーレに日本人が溢れ、
エルメス店内がごった返したあの状況が
今や世界中で中国人によって展開されているのだ。


若い女性は望遠を付けたニコンで仲間を激写。
かつてはモノトーンな装いのイメージが強かったのに、
銀座をそぞろ歩く彼彼女らはそばで会話を聞かない限り、
地方から観光にやってきた日本人と区別が付かない。

春節を狙っての対中国人観光客商戦の話はニュースネタにもなったし、
家電量販店あたりの中国語POPやアナウンスも目に耳にしたけれど、
休暇だろうがなんだろが、懐ホットなチャイニーズツアラーは
もはや自力では消費しきれなくなったニッポンにあふれかえる物品めがけて
わんさかわんさとおいでなさってる。

私たちに替わって、どうぞたっぷりとお金を落としてって。
あれだけ広いんだもの、なんならバイクも買ってけば?


そのうち日本の失業者が中国で下働きする時代が来るんじゃないか、
そんな気さえしてしまうチャイニーズパワー。
まさに天に昇る龍のような勢いに、日本はもはや甘えちゃうしかない。

| どうなの? | 13:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日比谷のチューリップ 「桜の季節・お花見の季節(7502)」

都内の桜はそろそろ花吹雪のころ。

満開もよいけれど、風に舞う桜もまた格別な味わいある。



で、今日の日比谷公園。
チューリップが見事。

開きすぎたチューリップはちょっとオバカっぽい様相になるけれど、
ここはぎりぎりセーフな赤からパープル、薄ピンクと
ガーリーなグラデーションが写メ族のハートを鷲づかんでた。



世の中忙しいのか。
閑散につき、記事もショートに。



| 未分類 | 18:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

タンクバッグ復活レポ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

去年の11月、ツーの最中に吸盤がポロリと取れて、
修理の手立てがなく放置していたタンクバッグ。

ここのツー画像や実際お会いしてお気づきの方も多いかと思うんだけれど、
自力で直して再び愛用している。

壊れた状況と発売元デグナーへの修理打診などなどはこちら
ご覧いただくとして、
直した方法とその仕上がりは我ながら呆れるほど情けない。
再利用後かれこれ2ヶ月以上もここで報告しなかったのが
なによりの証拠。

でも吸盤はやめちゃえと強力なマグネットをくださった方々にも
お礼の意味でご報告するのが筋ってもんだし、
ここはひとつ恥を忍んでお披露目することに。



壊れたのは4つある足のうちの左前部分の吸盤。
デグナーでこの部分だけを修理することは可能だけれど、
修理代と往復の送料などを入れると4千円ほどがかかるため、
自力でなんとかすることにしたはいいが、修理は一筋縄ではいかなかった。

第1回の修理では、中に別の吸盤を埋め込もうとすればサイズが合わず、
替わりに手持ちのマグネットを入れて大成功!と思いきや、
パワー不足でタンクに付きゃしない

その後、記事を読んだ何人かの方々から強力なマグネットをいただき、
ヨワヨワなマグネットをほじくり出して入れ替えて、
これならオッケーかも!!と思ったものの、マグネットの厚みにより
切開部分の伏せがうまくいかず仕上げで断念した第2回。

いっそ買い換えちゃっうのが賢明だよなぁと思いつつも、
まだまだ使える愛用のタンクバッグをゴミに出すにはどうにも忍びなく、
そうこうしているうちにポンと膝を打つひらめきが天から舞い降りたのがこの日

SR期にタンクバッグとして使った以降、
ウエストポーチとして愛用しているデグナーのポーチの、
今はもう無用の長物となっている吸盤部分を切り取って、
タンクバッグに移植しちゃうって方法を思いついたのだ。

それもいざやるとなるとサイズは合わないわ、縫いにくいわで
こんなんで保つのかねと半信半疑のまま作業を続け、
しかしできあがって使ってみればなんの支障もなく
修理したことをすっかり忘れている今日この頃だったりする。

泊まりでもない限り、
ツーの間にタンクから外して持ち歩くことはまずないし、
次に吸盤がダメになっても、ウエストポーチの吸盤はもうひとつ残ってる。

3つめがダメになるころは、もう本体がそこそこにヤレているだろうから、
引退させてもよかろうと、そんな青図だ。



全体.jpg
上から見ると、なんら遜色のないマイタンクバッグ。
オークションにだって出せそうだ。


100406_2155~0002.jpg
裏返すとボロが出る。
吸盤の基盤をほじくり出した足を、ウエストポーチの足の中に差し込んだんだが、
収まりがどうにも悪くて足の長さがかなり違う。


100406_2155~0001.jpg
寄ってみるとボロどころかアラ丸出し。
足の中にアロンアルファを流し込み、さらに糸でまつって留めたんだけど、
手作り手芸ふう修理の始末はどうにも拙い。

苦心惨憺。

使えていればいいか。

がんばれ手負いのタンクバッグ。






| バイクギヤ | 13:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

第2回サーキット走行会のあるやなしや 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

去年10月に開催したトミンサーキットの走行イベント

簡単に企画し始めたもののその開催までは山あり谷あり。

なかなか開催レベルにまで達しない参加者数。
いつまでたってもはっきりしないレギュレーション。
仕出しはどうなの、集金はどうすんの、騒音チェックがあるのー!?

だったらやめちゃおうぜだのオレは降りるだの、
主催レベルでのすったもんだもそれなりにあって。

それでもいろんな方々に助けられて当日を迎えてみれば
地団駄踏みたくなるような雨。
にもかかわらず、あれだけ盛況だったのは
今でもラッキーだったとしか思えない。

でもただただ嬉しかったのは、第二回をぜひやってという声や
あの会をきっかけに講習会や他サーキットでの走行会に
参加する方が増えたこと。

反省点はもろもろあれど、後悔がひとつもない開催だったのだ。



そんな事後興奮の中、確か終わった後に言ったような気がする。
「次は春にでもやりましょう!」なんて。

そんなこともあってか、熱心な前回参加の方からは催促も。
先日のモタサイショーで立ち話をしたオーリンズの塚○さんからも
ハッパを掛けられる始末で、見て見ぬ振り、聞いて聞かぬ振りが
できなくなりつつある状況にズゴっと陥っている。


さぁ、どうするか。
またみなさんにご参加いただけるんだろか。
走りたいかたはどれくらいいるだろか。

お泊まりコースを用意すれば、ちょっと離れた方にも
ご参加いただけたりするだろか。

どうなんだ、どうなんだとつぶやき続ける今日この頃なのだ。







| バイク | 12:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

唐揚げレシピ 「簡単レシピ(31159)」

一昨日の花見で持参した唐揚げの甘ぴり辛合え。
どうやって作るのー?との質問があったのでご紹介。

といっても数日前に母からアイデアを盗んだので、
実はワタシも初めて作ったメニュー。

材料
鶏肉2枚(胸肉がベターだけれどももでもOK)
片栗粉 適宜
レタスかサラダ菜かサニーレタス、大根
漬けダレ材料
 醤油、お酢、みりん、砂糖 すべて大さじ2
 豆板醤 小さじ1
 コチュジャン 大さじ1
 ラー油 香り付け程度
 にんにく、生姜 各一片をおろす

作り方
1.
漬けダレを全部混ぜる
豆板醤を控えて「辛そうで辛くない少し辛いラー油」に替えてもよいかと。
味見したときにちょっと甘過ぎ?くらいでちょうどよい。
砂糖が溶けにくかったら弱火で少し温める。

2.
鶏肉を1.5センチほどの棒状に切って片栗粉をまぶす。

3.
揚げたての唐揚げを1のタレに漬けて味を付けたら
白ごまを振りかけてできあがり。

4.
5センチほど長さの拍子切りにした大根を添え、
サニーレタスで巻いていただく。



お花見ではカット済みの鶏肉を使ったので棒状にできず。
鶏肉の切り方によって大根の形状も巻きやすく工夫を。

冷めてもおいしいので、ただ揚げるだけの唐揚げよりも
お弁当や宴会にはオススメ。

ご飯にはもちろん、ビールにもよく合う万能おかずかも。



基本的に、男子は唐揚げが好きらしい。
花見でもリピートしていたのはほぼ男子で、
肉じゃが、卵焼きに次いで、唐揚げはいつでもウェルカムな
王道メニューなんでしょう。

ちなみに肉じゃがも卵焼きも未だに納得いくレベルに達しないワタシ。
砂糖使いがいつまで経っても上達しないところに原因があると
わかっていても克服できない。

「理(ことわり)をはかる」のが料理。
ぼんやり作ってちゃうまくない。





| うちめし | 17:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ちょろり束の間お散歩ツー 「バイクでお散歩(2339)」

昨日のお花見でそんなに飲んだつもりはないんだけれど、

爽快な朝!…とはいかずグダグダな寝起き。

 

ソファーでぐったりしていたら

幕張のスポスタミーティングに参加しているhideさんから

お約束通りお散歩しましょうのメールが。

 

熱いシャワーで禊ぎのごとき喝を入れて、寒空の下いざ出発。

ランチは楽園レストラン パームスで!とのことで

成田街道の渋滞にイライラしながら、hideさんのほか、らーさん

Ozaちゃん、BoBさんが待つ目的地そばの待ち合わせ場所へダッシュ。

が、日曜だというのに無情にも定休。

 

それじゃあと向かった、16号沿いのおしゃれなハワイアンレストラン

ワイキキは改装中。

八千代の道の駅で作戦会議。

スポミお散歩.jpg

千葉に相手にされない憤懣をとうとうぶちまけ始めたOzaちゃんをなだめつつ、

最後の手段、464号沿いのやわら亭にやっと入店。

今日初めてのご飯、昔ながらな親子丼を完食してやっと復調。

親子丼.jpg

冬へ逆戻りしたような寒風を切って、

3時間ほどのお散歩ツーが終了。

 

464号沿いも海老川沿いも小滝不動も…、

通る道の至る所で桜が満開 。

桜と仲間.jpg

花吹雪の頃に伊豆あたりへ行きたいなぁ。

 

 

 

 

| バイクでお散歩 | 20:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

恒例!葛西臨海公園お花見 「桜の季節・お花見の季節(7502)」

かれこれ十数年続いているキャンプ仲間とのお花見。

図らずも2週続けて行くことになった葛西臨海公園だけれど、

今日は集合の11時よりも早くついたので、

ひとりで先に場所を取りに走る。

 

桜のトンネル付近はもはや空きはほとんどなくて、

並木がやや途切れたあたりにやっと確保。

メンバーが揃うころにはお日様も出始めて

日焼けしそうな陽気に恵まれての開催に。

 

桜は満開。桜のトンネルも見事。

桜のトンネル.jpg

 

お料理上手が多い今日のメンツ。

手作り料理がこれだけ揃うとなかなかゴージャス。

おいしいお皿.jpg

ワタシは鶏唐揚げのピリ辛和えとチリビーンスを持参。

ビールからワイン、まっこり、芋焼酎とあれこれ手を出して、

夕方6時を回るころまで飲んで食べて。

 

帰り着いたらどっと疲れて8時前就寝。

かつては公園を出た後カラオケで盛り上がって

延べ12時間以上遊ぶのが常の花見だったのに。

やっと人並みに落ち着いて来たってことかしらん。

 

また来年もおいしく楽しくみな元気で開催できますように。

 

 

 

| アウトドア | 10:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

車内缶詰めなう

今年の春の嵐は筋がね入り。

今朝も予報どおりすごい風だ。

市川の先から東京まで三本の河を越える総武快速線は大幅ダイヤ乱れで、
乗ったはいいけど自転車にさえ抜かれるのろのろ運行。

遅れた電車で東京まで満線らしい。

市川手前で運転見合わせ。
最初の江戸川が強風で越えられない。


もう船橋を出て一時間だ。
普段なら会社Macに向かっているタイミングなのに、まだ隣駅にもつかない有り様。

動かない車内で立っていると、なぜこんなにつかれるんだろう。
もう一日働いたような倦怠感が襲う。

停まった車両が暴風になぶられる。

台風を部屋からみるのは小さい頃から好きだけど、今日はちょっとばかり事情が違う。

暇に任せてケータイから記事投稿だ。
これを終えたらなにしよう…。

やれやれ。
朝から缶詰め。
雨風どんどん激化なう。

| どうなの? | 10:26 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。