FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2010-02- | ARCHIVE-SELECT | 2010-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

別れ得ぬ理由 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

先日タイヤ交換をしたときのこと。

古いタイヤが外れた隙をみて…、
そう、タイヤに刺さった釘に腰を抜かした後のことだけど、
リアフェンダーの裏側やら、左右のマフラーの内側やら、
なにしろ普段メンテが行き届かないところを
なおさんのケミカルを拝借して急ぎ磨いたんだけど、
グラスウールやらブラシやらネバダルやらのマイツールがないこともあって、
思うようにきれいにできなかった。

ひどく心残り。



そんなWOOをみながら、また思った。

あと何年乗るんだろう、と。


それはあくまで自分次第であって、
自分の指向、感性、気分、気力、体力、懐具合などなどで
いつでもどうにでもできることなのに、
今は皆目検討がつかないし、考えたくない決めたくない。

バイクもヒトと同じく「縁」で導かれて出会うもので、
ネットで中古を買おうと、ディーラーでコレくださーといおうと
次にワタシの相棒になるバイクとはもうすでに赤い糸で
結ばれてる気さえしてるから、かも。


なおさんの店では、お客さんが乗り換えで不要になったバイクを
別の常連さんが買うことがままあって。
乗り換えたお客さんが何年か後にまたかつての愛車が恋しくなって、
買い戻して乗ってまた他の常連さんに売って。
で、買った常連さんがやがてまた別の常連さんに売って…
なんてローテーションがぐるぐると続いているケースがあるのだとか。

別れた彼氏の近況がいつまでも聞こえてくるのは嫌だけど、
自分が愛したバイクの所在がいつまでもわかるなんて、
ちょっとうらやましい話だった。


ワタシがかつて手放したSR400のマチルダも、
売った後しばらくはなおさんが乗っていた。
買いたいという常連さんがいたんだけれど、結局は姿をみなくなった。
その後の消息は聞いてない。
どこかもう、誰だか知らない遠いところへ嫁に行った気がして。


昔からクラシカルなバイクにしか興味がなくて、
パワーなんかよりも乗りごこちよりも、その雰囲気や味わいが好きで
2台を乗り継いできたけれど、
ここ2年ほどで志向が変わってきた。

変わってきたんだけれど、いつかまたきっと本来好きだったものへと
戻っていく気がとても、する。
だから、自分の目が届くところにかつての相棒がいるのはステキ。

そんな贅沢なことをつらつらと考えてしまう。
決して買い換えが決まったわけでも、そんな環境に恵まれそうでもないのに。



きっと汚くなっちゃったら乗りたくなくなる。
だからせっせと磨く。
磨いて光ればかわいいし、3歩下がって眺めて悦に入る。

なんてバイクらしいバイクだろうと思う。
よくよくみれば妙なところが多々あるヤツだけれど、
やっと乗れたと心躍った納車のときの興奮が未だに蘇る。

走りにしても、ああみえて設計上180キロは出る。
もちろん馬力が知れているので瞬発力はないけれど、
SAから本線の合流などでリズミカルにシフトアップしてやれば、
ワタシごときには十分な加速が得られる。

違う世界へちょっと遊びに行ってみたいだけなんだけど…。



今どき、贅沢な悩み。
さ。
夢うつつはおいといて仕事しよ。


スポンサーサイト



| バイク | 16:06 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |