FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2010-01- | ARCHIVE-SELECT | 2010-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

風邪克服ワタシ流 「★つ・ぶ・や・き★(1280082)」

土曜の夕方から始まった風邪っぴきな症状は、
ツーリングをドタキャンして恐ろしく眠ったお陰か
ひどい炎症にも至らず熱も上がらず、土俵際で凌いだ感あり。

書き込みやメールでお見舞いをいただいた方々には、つくづく感謝。



風邪かも?と思ったときのセルフケア。
十人十色あるでしょうが、ワタシの場合はこんなふう。

1,鼻うがい、喉うがい
 鼻か喉からやられることが多いので必須。
 喉はアズレンで2時間置き程度に。鼻はハナノアで朝と晩。

 イソジンのような甘みがなく、すっとした清涼感があるのでワタシはぞっこん。

2.ドリンクタイプの葛根湯を服用
 すぐに病院にいけない場合は、粉末の葛根湯に切り替える。

3.医食同源療法
 おろしニンニクとショウガ、長ネギ、大根おろしを加えた味噌汁を
 ふうふういいながらいただく。

4.汁物メイン
 喉や鼻のあんばいがよくないときは汁物がいただきやすい。
 白菜やネギや溶き卵、つくねボールなどを使ったあっさりスープなら
 体が温まって一石二鳥。ニラは刻んでから15分ほど置いて、
 火を止めてから投入。熱に弱い有効成分をうまく摂取するのがコツ。
 
5.首にタオル、口に保湿マスクで就寝
 喉が冷えないようにカールおじさんライクに、首にタオルを巻きマスクをする。
 100年の恋も冷める様相だけれど、風邪なんだもの、色気も性欲もあったものじゃない。
 ぐっすり眠る、これが一番。

ここまでやって悪化するようだったら潔く耳鼻科か内科へ。
今期は秋口に鼻風邪が重症化して以来、病院のお世話にはならずに
済んでいる。
ひょっとしたら、ペットボトル湯たんぽのお陰もあるかもしれない。

ちなみにショウガは女性ホルモンアップも狙えるスグレもの。
最近はブームになっているけれど、ワタシは新ショウガ出回るころに
蜂蜜漬けと甘酢漬けをかなりの量つくり置くことにしている。

ショウガは胃腸を温めるので、食後3時間ほどは温め効果が持続するらしい。
一度に摂る量は親指の先程度を目安に。
寒い夜はホットワインに入れて飲むのもおすすめ。
朝食で摂れば出勤の寒さとも戦える。



でももう明日からは気温が10度を切ることもないようで
待ちかねた春ももうすぐそこ。

そろそろお花見の日取りも決めなくては。






スポンサーサイト



| 未分類 | 14:50 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |