FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2010-01- | ARCHIVE-SELECT | 2010-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

家電の出る幕 「★つ・ぶ・や・き★(1280082)」

家電。
正式には加入電話。
これがこの期に及んで必要なのかと思いはじめて早何年経つだろう。

かつてのように「携帯電話では登録できません」などという
扱いをされることもほとんどなくなった今、
電話番号記入を求められる場合は100%携帯番号を書いているし、
掛けるときも携帯から。

強いて言えば、ひどく繋がりにくいカスタマーサービス系の
番号にかけるときに、リダイヤルしやすいからという理由で
使うのがせいぜいな家電。

しかも掛かってくるのはセールスの電話ばかり。
「お忙しいところ…」だの「このたび船橋駅前に…」と聞こえて来た瞬間に
「食事中なので失礼します」と切る。
一方的に切れるので文句はないが、掛かってこないに
越したことはない。

そうこうするうち、家電にはほとんど出なくなった。

ナンバーディスプレーで見知った番号かどうかを一応確認はするけれど、
覚えている番号などほとんどあるはずもなく、これは単なる気休め。
フリーダイヤルや知り合いがいそうもない市外局番、
船橋の市外局番は間違いなくセールスなので出ない。

時折、宅配のお兄さんから在宅確認がくることもあるので、
携帯番号だけは気分で出る。
でも、気分で。


そんなわけだから、必要性は限りなく低い。
NTTに毎月二千円あまりを払うのが口惜しい。

でも、携帯一本で生きている人は意外と少ない。
使わないいけど、ある。
ネットの回線の都合で、まだある。
FAXがあるからやめられない、などなど。

ネットの回線のためだけに、必要なんだろうか。
プロバイダーがNTT以外なら問題ないんじゃないのか。
どうなんだそこんとこ。

ところでひとり暮らしをはじめたときに
電話加入権ってやつを買って電話をつけたはずだけど、
これはいまでも売れる権利なんだろか。
最近そんなはなしをトンと聞かなくなったということは
例え売れても二束三文なんだろね。

かつてはレースのカバーまでかけられて
どこのおうちのリビングにも鎮座していた加入電話。

今のようにお飾りになっちゃった時代のほうが
逆に必要だよね、カバーが。








スポンサーサイト



| 未分類 | 17:21 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |