FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-12- | ARCHIVE-SELECT | 2010-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

鹿児島旅企画 「九州 旅と食(5561)」

3月の初めに、鹿児島へ旅することになった。


バイクで!?

3人に話たところ、2人にそう言われたけれど、
今回は母を含む熟女4人旅。
残念ながら空路と陸路と海路を駆使しての道中となる。



そもそもは一昨年あたりから
久しぶりにどこかへ行きたいわねぇと
母と話していたのが発端で、
風の盆を観てみたいとか、
冬の京都もいいわよねぇといくつかの候補地が挙がっては消え、
昨年末あたりにようやく、母が高校時代を過ごした鹿児島にする?
なんてことになってきて、龍馬ブームで混むんじゃない?なんて懸念も
なきにしもあらず…なまま、年を越したのだった。

そんな折、親友のり平が九州へ行きたいとポツリ。

かれこれ10何年か前、帰省ついでに連れて帰って
阿蘇を満喫して以来、彼女も九州のトリコになったのだ。

じゃあオンナ3人で鹿児島行こうよとざっくり決まったある日、
仕事が生き甲斐の某姉御に声をかけてみたところ、
母とも数年前の杭州の旅で面識があることもあって即決。

かくして40代、50代、70代の熟女カルテットツアー企画が
始まったのだ。



が。
日程決めでいきなり頓挫。
仕事に追われるオンナ3名の予定がなにしろ噛み合わない。
毎月末はのり平が無理、2月の半ば過ぎまでは姉御がダメ、
3月にはいるとワタシが危うい…。

死んだ気になればなんとかなるさとワタシが腹を括り、
やっとやっと日程が決まる。

でも、本当に大変なのはここからだった。
鹿児島へ行くという目的は一致していても、
4人4様に思いは違う。

黒酢の里と桜島と、黒豚と九州新幹線乗車はぜひ!とワタシ。
仙厳園と長崎鼻だけは!とのり平。
部屋と食事はいいけど、温泉だけは贅沢に!と某姉御。
もうすっかり変わってるからオマカセするわーと母…。


状況からしてワタシが取りまとめる以外に話が進むはずもなく、
ガイドブックを買いの、GoogleMapとにらめっこしの、
観光ルートを作りの、グルメ情報を探しまくりの、
旅行関連の仕事をしていた友人に相談しの…で、
実はここ1週間ほどは仕事がヒマなのをいいことに
薩摩路どっぷりな日々を送ってたのだ。

最南端の佐多岬は行くだけ時間のムダだとか、
桜島は3時間はみておいたほうがいいだとか、
ネット上の口コミも参考にしつつ思案の結果…
1日目は空港からレンタカーで一気に南下して
指宿泊。
池田湖や長崎鼻を舐めて海っぺりの宿にチェックイン後、
うまくすれば夕陽を眺めながら天然砂むし温泉堪能。

2日目はレンタカーで知覧武家屋敷跡観光後、フェリーで桜島へ。
鹿児島市内のホテルへチェックイン後は、鹿児島屈指の商店街
天文館をぶらり&夕食。

3日目は九州新幹線を時間の都合で断念して、
姉御は友人が待つ長崎へ飛び、残り3名は空路福岡へ。
帰宅する母と別れて、
ワタシとのり平は夕暮れの中洲か天神で屋台満喫。
のり平はその足で東京行き最終便の人となり、
ワタシは実家でその後3泊。

駆け足ではあっても、それぞれに貴重な非日常が
満喫できることは間違いなく、
お日様のご機嫌取りはワタシがこなせそうだし、
後は桜島がおとなしくしていてくれることを願うのみ。

実家では、買ってきた芋焼酎を薩摩切り子でチビチビやりつつ、
黒豚や薩摩揚げをウマウマと頬張りながら、
クッタリのんびりしてしまえ…と、そんな妄想。


ワタシ的には10何年かぶりの4輪運転も、
楽しみというにはヘヴィー過ぎる懸案事項だったりしてる。


なわけで。
鹿児島とっておき情報、広く募集中!






スポンサーサイト



| 未分類 | 15:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |