FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-09- | ARCHIVE-SELECT | 2009-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

夢の代償 「★つ・ぶ・や・き★(1280082)」

結婚詐欺をはたらいた相手が軒並み不審死を遂げているとして
このところメディアで連日取りざたされている34歳の女性。

自称、ピアノとお菓子作りの講師だった彼女は、
北海道の別海町で教育熱心な両親の元、なに不自由なく育てられ
しかしセレブになりたいばっかりに、鬼畜の道を選んでしまったようだ。


現在わかっているだけでも6人の男性が
彼女との結婚を真剣に考え、
言われるがままに金銭を差し出している。

未だ取れないモザイクの奥の顔写真には
どんな美女っぷりが映し出されているんだろう。

お金のない男性とはさっさと手を切っていた彼女。
金で身を滅ぼすとはよくいうけれど、
お金がなかったことで命拾いするってこともあるのだ。



人の人生を、命を踏み台にして夢を叶えていった女性。

その先の顛末までは、計算できなかったのか。


苦労からは逃げる。
面倒は避ける。
ダメなら別にいい。
がんばるのはダサい。

そんな今の若ものたちよりも少し先輩な分だけ、
夢があり知恵もあった。

ただ、一番大切な、人の心ってものが欠落してた。

そんな女性に、幸せな家庭の夢を託して
お金を貸した挙げ句に命を取られたのが事実ならば、
男性たちがあまりに哀れでしかたない。

夢を叶えるために人を殺めた女と、
夢が叶うと信じて命を落とした男たち。


夢みることって、そんなに危ういこと?



常々思うけど、
男は余計なお金を持つもんじゃない。
欲しいだけだろうけど持っちゃいけない。
ため息つきつつでも、そこそこで我慢してるくらいが
ちょうどいい。


スポンサーサイト



| どうなの? | 18:49 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |