なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-09- | ARCHIVE-SELECT | 2009-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

寒そで冷えそな霜月 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

あれよのうちに、明日でもう10月も終わり。
週明けからぐっと冷え込むなんて予報が聞こえてきた。

ウエザーニューズをみてみたら
週中に最低気温8℃の表示。
今季最低かも。

これまで、最低気温5℃までなら走ってきた。
たぶん2月なんかに。

霜の月とはいえ、
11月初旬の8℃ってかなり低いほうなんじゃないか。

Docroさん方面では週に3つも雪マーク
冬はまだ先と思いきや、今年は案外早そう。




去年のビーナスラインツー。
31bf.jpg
ムカデ大量発生注意報が電光掲示板に表示される中、
果敢に挑んだこの日、すでにワタシはネックウォーマーまでして
立派に冬装備。

これで10月半ばだったか。


夏ツーは、熱さまシートや凍らせたスポーツドリンク、
替えのTシャツなどが嵩張るけれど
今の時期はそうは言っても暑かったり、
予想以上に冷えたりするので、
もしものためのダウンインナーやハンドウォーマー、
防寒用グローブを携帯するから格段に荷が増える。

レインウエアを加えたら、サイドバッグがほぼほぼfullに。

お土産は概ね潰れて帰り着くのが常なのだ。


レインウエアが、もう少し積載しやすい形状にならないものかと
よく思う。

例えばシートクッションにも使える平たい形状とか、
ハンドル周りに固定できる仕組みになっているとか。
必ず携帯するものなんだから、
嵩張らない工夫をしてくれてもよかろう。

ワタシはキャンプなど荷が多いときは
グラブバーに固定してしまうんだけど、
レインウエアの収納バッグにそのためのベルトとか
Dリングを付けてくれるだけでも
とってもありがたいんだけどな。



そんなこんなを考えてたら、
キンと冷えて澄んだ空気を切り裂きたくなってきた。

スポンサーサイト

| バイク | 14:44 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

夢の代償 「★つ・ぶ・や・き★(1280082)」

結婚詐欺をはたらいた相手が軒並み不審死を遂げているとして
このところメディアで連日取りざたされている34歳の女性。

自称、ピアノとお菓子作りの講師だった彼女は、
北海道の別海町で教育熱心な両親の元、なに不自由なく育てられ
しかしセレブになりたいばっかりに、鬼畜の道を選んでしまったようだ。


現在わかっているだけでも6人の男性が
彼女との結婚を真剣に考え、
言われるがままに金銭を差し出している。

未だ取れないモザイクの奥の顔写真には
どんな美女っぷりが映し出されているんだろう。

お金のない男性とはさっさと手を切っていた彼女。
金で身を滅ぼすとはよくいうけれど、
お金がなかったことで命拾いするってこともあるのだ。



人の人生を、命を踏み台にして夢を叶えていった女性。

その先の顛末までは、計算できなかったのか。


苦労からは逃げる。
面倒は避ける。
ダメなら別にいい。
がんばるのはダサい。

そんな今の若ものたちよりも少し先輩な分だけ、
夢があり知恵もあった。

ただ、一番大切な、人の心ってものが欠落してた。

そんな女性に、幸せな家庭の夢を託して
お金を貸した挙げ句に命を取られたのが事実ならば、
男性たちがあまりに哀れでしかたない。

夢を叶えるために人を殺めた女と、
夢が叶うと信じて命を落とした男たち。


夢みることって、そんなに危ういこと?



常々思うけど、
男は余計なお金を持つもんじゃない。
欲しいだけだろうけど持っちゃいけない。
ため息つきつつでも、そこそこで我慢してるくらいが
ちょうどいい。


| どうなの? | 18:49 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バイク乗りになったからには 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

今週に入って、朝がずいぶんと寒い。

起き抜けに、フローリングに素足で立つと冷たくて、
温度計をみてみたら13度。

外気だってそんなには冷えてないはず。
我が家の気密性が最低なのか、
懐かしくて実家から譲り受けてきた
ワタシの年齢と同じくらいの温度計がいかんのか。

週末にはオイルヒーターも引っ張り出したし、
ソファーには暖かなボアの膝掛けも。

さぁ来い木枯らし。



アフリカツインを駆る戸井十月さんと
ユーラシア大陸横断にでかけている友人のYUJIさん一向が、
来月4日の午後に青山のHonda目がけて帰還する。

出掛けていったのは7月あたま。
40℃を越す真夏のヨーロッパから氷点下15℃のロシアを経て、
ハプニング満載の大冒険ももうじきフィニッシュ。

モニターと原稿だけが話し相手のような日々を送っていると、
彼らのような人生が、お腹の底からうらやましい。
ただただ、ただただ手放しで応援してしまうし、
なにより友人として誇り。

絶対務まらないに決まってるし、
途中棄権間違いないし、
暑いだの寒いだの眠たいだの腹減っただのと、
しこたま文句いいそうだけど、
人生一度でいいから大冒険と名の付くヤツに
参加してみたいなぁ。

また夢が広がっちゃったよ。



夢は願えば叶う。
想いは現実を作る。
…って?

ワタシの場合、願うパワーがちと弱いらしい。
ちっとも叶わないことばかり。


さて。
帰還記念初っ端は宴かな。走かな。



| バイク | 20:43 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

冬走り三種の神器 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

ワタシの冬走りの三種の神器は
ゴアウインドストッパー上下とダウンインナー、
発熱する下着ブレスサーモだ。


05年の3月にめでたく中免を取り5月にSR納車。
冬はレザージャケット以外に考えていなかったので、
迎えた最初の秋に購入。

付き添ってくれた友人が
えっ?もう買うの?と呆れたくらい
試着した2着のうちの一着をさらっと買った。


さらっと買ったのはいいんだけど、
秋風が厳しくなるにつれて寒さが身にしみるようになる。
取り外し可能のまたぎ風なベストだけではどうにもならず、
ネットで調べるうちにゴアウインドストッパーの存在を知り
上下で手に入れる。

次に悩んだのがアンダーウエア。
なにしろジーンズしか持っていないころ。
手持ちのタイツなんかじゃ話にならず、
ユニクロやワコールのスパッツやらを駆使。
そんなころ見付けたのが
ミズノの「発熱する肌着ブレスサーモ」だった。

スポーツメーカーだから間違いなかろうと上下で即買い。
早朝、鳥肌が立つほど寒い部屋の中でも、
これを一枚着るだけで、くつろげるくらい暖かい。


その後レザーパンツやヘンリービギンズのウインターパンツにより
ワタシの下半身は圧倒的に快適になっていくんだけど、
そうはいかなかったのが風をまともに喰らう上半身。

ブレスサーモにヒートテック、フリースにゴアウインドストッパーを
重ねて、
首にはゴア入りフリースのネックウォーマー。
それでも1時間も高速巡行を続けると歯の根が合わなくなる。

風防シールドを付けるしかないんだろか…?
そう諦めたころモンベルショップで見付けたのがダウンインナー。

革ジャンの下にダウンはちょっと…?
そんな懸念をふっとばしてくれたその薄さと軽さ。
そして驚くほどの暖かさと、小さく畳めるコンパクト性。

以来、滅多なことでは震えなくなた。

ハイテクばんざいなのだ。


三種の神器たちご紹介。

montbell ゴアウインドストッパー ジャケット



montbell ゴアウインドストッパー パンツ

以上どちらもコンパクトなポーチ入り。


montbell ULダウンインナージャケット

09秋は前がファスナー使いになってモデルチェンジしている。


ミズノ ブレスサーモ ミドルウェイトハイネック

型落ちで激安になってる!


と?
たまたま見付けちゃったアウトレット
速攻ポチっとやってしまった。

今月いっぱいですと。


ちなみに4つ目はTOPにアップ中のZIPPOかしらん。

| バイクギヤ | 15:22 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

それは怠惰か達観か。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

週が明けたころは晴れ予報じゃなかったっけ?この週末は。

台風の影響だったのか、直前になって急に崩れだして
両日とも雨がちなお天気だった。

日曜は任意保険の更新をしに、
なおさんのところへ行こうと思っていたけれど、
雨を見越したなおさんが土夜にわざわざ来宅してくれたので
その必要もなくなり、
結局2週続けてWOOは1ミリも動かさず仕舞い。

メタボになるじゃなし、まぁいいやね、WOOさん。



かつては、
走れずにいると、それがストレスになる時期があった。

ちょっとでも走りたい。
いや、走らなきゃって。
雨が降りそうな日は、レーダーと地図首っ引きで
どこまでなら降りだしまでに戻ってこられるかなんて算段をして
走りにいったこともあったっけ。

今でももちろん、走れていないこと自体は不甲斐なく、
ああ、来週こそはと思うんだけど。

でもだからといって、空いていれば10数分で行けちゃう茜浜や
ネズミ取りにさえ気をつけていれば
海風と眺めが心地よい幕張大橋あたりへ行くためだけに
アンダーウエアから仕度をして重たいブーツを履いて、
地球ロックを解除してカバーを外して、
よいしょよいしょと取り回しをして
近隣を気遣いながらアイドリングして出ていくガッツが
以前より、失せている、確実に。

それはなんなんだろなと思う。

バイクに対して横着になってきたのか?
無駄に距離を延ばしてもねという思いの現れ?
ひょっとして老化?
B型はなるはずないといわれているまさかの鬱病?

やだねぇ。
やだよぉ。

いっそお泊まりツーならシッポ振って行くのになぁ。




どこまでもどこまでも走り続けて、
ふと路肩によってエンジンを止めると、
やわらなかな風の音と、
カチカチと鳴るエキパイの音だけが聞こえていて。

コツコツとブーツの踵を慣らしながら少し歩いて、
大きな空と秋の山々をバックに
WOOをファインダーに納めてはまた走りだす。


ご無沙汰じゃないかね、そういうオフに。

| ココロのヒダ | 14:37 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

飛行機をみていた午後 「★つ・ぶ・や・き★(1280082)」

一週間の滞在を終えて福岡へ帰る母を見送りに羽田へ。

手荷物検査の列に並ぶ母の脇で、
便を間違えちゃだめよだの、
ケータイはトレーに入れてゲートをくぐるのよだのと
声を掛けていたせいか、
検査を終えたらすぐ後ろに並んでいた40代くらいの男性が
自分も福岡便だからと出発搭乗口まで連れて行ってくれたと
帰宅後うれしそうに電話をかけてきた。

そんなに優しい方がまだいるなんて、
今の世の中もまだ捨てたものじゃないわね。

どなたか存じませんが、ご親切にありがとうございました。



母がそんな心温まる親切を受けていたことなど知る由もなく、
小腹が空いたという弟に付き合って第2空港ビルまで移動して
ドンサバティーニでBeer&Pizza。
don.jpg

ほろ酔いで送迎デッキに上がって
大きな旅客機のひっきりなしのテイクオフにしばし見惚れる。

夕暮れの秋の空に、シルエットの管制塔。
haneda.jpg
こんなにのんびりと羽田で過ごすなんて、
こんなことにすら非日常を感じちゃうな。

仕事に縛られ過ぎていて、
本当ならもっと楽しめることとか
見ておきたいものとか、経験しておきたいこととか、
会いたい人とか、一緒にいたい人のために
時間を割けずにいるのかもしれない。

母のために休んだ三日間は、
母との時間を過ごせたからというだけじゃなく
なんだかとても濃い時間だったように思える。

ありがとね、かあさん。





| ココロのヒダ | 23:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新宿で天ぷらランチ 「今日のランチ(75270)」

今日は上京中の母と弟と新宿ランチ。
東京で暮らしている頃、父と何度か食事をしたという
新宿つな八へ。

昼となく夜となく、行列ができる飲食店はあちこちあるけれど、
天ぷらやさんで人が並ぶのはここくらいのものじゃないかしら。
平日の1時過ぎともなればさすがに店先に行列はなく、
それでも暖簾をくぐると店内は混雑気味。
さすがは天ぷらの老舗だ。

太白胡麻油でからっと揚がった極上の天ぷらが
その場でいただけるうえに、
ランチは千円前後と敷居が低いのが人気の秘密。

いい出汁がでたしじみのお味噌汁も味わい深く、
おいしく炊きあがったご飯も美味なら、
添えられた九州風な高菜のおつけものも
実家でいつもいただく味で。

きすや海老、桜海老のかき揚げなどをいただいて、
三人して超満悦。

カウンターを占める客層の手前、
写真を撮るのがはばかられたので今日は画像なし。
ちょい残念。


見違えるように様変わりした伊勢丹デパ地下を“見物”して
平日だとは思えない混みっぷりにまたびっくり。

ホントに不況はまだ続いているの?

そんな新宿でのひとときだった。


もー、母のお陰で食べ過ぎスパイラルにハマりはくり。
親孝行ってカラダを張るものだったりもするのね。

| 未分類 | 17:57 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

'09版CB1100の意外 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

今週末からモーターショー。

晴海で開催されているころから結構行っていたんだけど、
モタサイショー(なおネィ的「モーターサイクルショー」の端折り)に
行くようになってからは…というか、
バイクに乗るようになってからは数えるほどしか行ってない。

今年行くとしたらみてみたいのが上のCB1100
いや、CB1100を見るついでに行ってもいいかな。

近年のCBとはまったく路線の違う懐古風なデザインがよいじゃないの。
どことなくBMの旧車ふうなタンクもいい。
でもサイドケースの質感やデザインはいいのかな、これで。
リッターバイク風情じゃないけど、もちろん速いんでしょう。

決して嫌いなタイプではないので、軽く興味をそそられる。
あくまで、軽く、ね。



明日の最低気温は14℃。
オリオン座流星群の見頃らしいし。
秋の夜長をたんと満喫できる方々が、
うらやましい限り…。


| バイク | 22:27 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雪うさぎ萌え 「スイーツ♪スイーツ♪(148218)」

子どもの頃から大好きだった博多のお菓子、
風月の雪うさぎ。

マシュマロの中に白あんが入っていて、
ふわんふわんの手触りとほんのり甘い白あんが、
赤い目をしたあいらしいフォルムと相まって
子供ゴコロに至福に浸れる逸品だったのだ。

土曜日に母が買ってきてくれた5個入りの雪うさぎは、
なんとうさぎのマスコット付き

テーブルの上にチョコンと置いておくと、
都度目が合っちゃうからたまらない。

目下愛おしさNO.1。

ケータイにつけようかとも思ったけれど、
3日もしないうちにグレーうさぎになるのは必至。

大事に取っとこ。



それにしても、この雪うさぎ。
食べるたびにサイズ小さくなってく気がしてたけど、
子どものころに比べて私が大きくなった分を差し引いても、
明らかにどんどんサイズダウンしている。

そのうち子うさぎになっちゃわなきゃいいけど…。

| 未分類 | 21:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

母との週末 「★つ・ぶ・や・き★(1280081)」

出勤を大ひんしゅくの内に免れた昨日の土曜日。
新空港ターミナル工事が進む羽田へ母を迎えにいく。

伊東屋へ行きたいというので浜松町から浅草線で
東銀座まで。
大混雑の歌舞伎座前から地上に上がり歩行者天国の
中央通りをぶらぶら。

目的のお買い物を済ませてお気に入りの松屋も寄って、
新橋まで銀ブラを楽しむ。

両親が東京から福岡に戻ってすでに10数年。
何年かおきに遊びにくるたび訪れる銀座は
都度様相を変えてはいても、母にはやはりスノッブで
エレガントなスポットらしい。

ワタシもずいぶんとご無沙汰している銀座。
有名どころの海外ブランドビルが立ち並び、
時勢とのあまりに激しいギャップを思う。
あそこで日常的に買い物ができる人たちが
果たしてどれほどいるんだか。

一方で賑わいをみせるユニクロやH&M。
行きたいのはどっちさ。
いや、行けるのはどっち?というべきか。


新橋烏森口でのり平と落ち合う。
福岡の実家にも行った事のあるのり平と母は、
会うなり抱擁せんばかりのはしゃぎよう。

三人で向かったのはお馴染みの新橋雑魚さん。
ここで母は蜂の巣やぼんぢりといいったホルモンを初体験。
さっと皮を炙った鰤や大振りなしめじの炭火炙りなどを
焼酎の酢橘絞り2ハイで堪能。

よかったよかった。

きどった食事処なんかいくよりも、
自分の行きつけに連れて行ってやはり正解。

今日は地元でお買い物やらなんやらと。
いつもはひとりであるく店々を母とぶらり。
なんの変哲もない母と娘のツーショットも
本人達はどこか特別な感覚。

ランチは普段いただけないものをとベトナムランチ。
母は海鮮ピリ辛フォーを完食。
よかったよかった。

明日はもう仕事だ。
引き続き、ハードなデイズ&ナイツは続くのだ。

| 未分類 | 21:33 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

トミンイベントプロショット 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

昨日、満師匠からお待ちかねのトミンイベント画像販売開始の連絡が。

今まで何度も撮ってもらってはいるけれど、
今回はいつも以上にカッチョよいショット目白押し。

巻頭の一枚は敢えて顔が見えないバージョン。
角度が違うショットを年賀状に仕立てようかしらん。
ややリーンアウト気味に見えるけれど、
送付先はバイクに乗らない人がほとんど。

気にしない。


約270枚の中には、こんな芸術的ショットも。

寄るだけ寄って。
tetsu.jpg
体調不良とは思えないてつさん
決まってる。


コニミノのゆきさん
Mryuki.jpg
背景は流れ、マシンはまるで静止しているかのよう。
ちなみにこんなにキレイなフォームなのに、
初心者グループで走っていたのはなにゆえか。



圧巻はアライさんのハングオフシーン。
Mrarai.jpg
前後のタイヤがほぼドンピシャでフレームイン。
これでノートリ。
まさにプロの仕事。


他のも見たい!と言う方は、ご連絡を。

| バイク | 00:49 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

09夏ツーメモライズ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

もう今年も残り2ヶ月と半分。
春先からこちら、週末といえば天候不順。
特に夏場はひどかった。

いったいどれだけ走れたの?と振り返ってみれば、
整備士なおさんたちと行った山王林道ツー
一走一宴メンバーとの房総オフツー以下、
ヤビツ峠ツー 房総お散歩ツーベイエリアナイトツー
富士山五合目ツー那須キャンプツーと、
6月から8月までの間、ツーと呼べそうなおでかけはこれっぽっち。


9月、10月はさらに減ってる。

そうしてベストシーズンたる晩夏から初秋の頃は過ぎ、
もうじき冬装備の頃になる。

気持ちよく走れる時期なんて、ほんの束の間だ。



昨夜。
オフィスのあるビルが自動施錠される20時をずいぶんと過ぎて
おいで願ったバイク便サン。

一緒に乗ったエレベーターの中で
もうぼちぼち冬装備ですね?なんて会話を。

時速50キロを超えるともう寒いですよ。
昨日と今日でもぜんぜん冷え方が違うし、と。

なるほどね。

毎日生身で都内をかけずり回るバイク便ライダーさんは、
私たち以上に陽気に敏感。

荷を渡して送り出す。
「気をつけてお願いしますね」

いつもそう言って見送ってしまう。
自分がバイクに乗っていなかったら、
まずそんな気遣いはしなかったはず。

人生、何ごとも経験というけれど、
その積み重ねがすなわち人としての厚みを作ってくのね。




カラダの厚みはもう欲しくないけどサ。

| 未分類 | 13:17 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ワタシがふたり欲しいとき 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

ブログ更新すらままならない忙しさが続いているのだけど、
そんな中、今週土曜から一週間の予定で母が福岡から上京する。

第一目的の中学時代の同窓会は、
高齢化により存命者および参加者が減り続けているため、
開催を今年を最後にするらしく、
ここはどうしても参加したいと、
料理の「り」の字もできない父に作り置き料理を山と作って
やってるのだ。

一週間のうち、うちへ3泊、お友達宅に1泊、弟宅へ2泊。

平日に無理矢理休んで、はとバス紅葉ツーでもいく?と聞けば、
一日中予定が空いているのはうちへ泊まる日曜のみという。

日曜の日光…。
紅葉渋滞で、はとバスはにっちもさっちも必至。

のんびり過ごすことに。


それにしても、70歳をずいぶん前に越えているのに、
パワフル極まりない。
一週間、毎日友達と会ったり出掛けたりでは
疲れてしまうと思うんだけど。

楽しくって疲れを省みずに予定を入れちゃうあたり、
ワタシにしっかりと遺伝してるなぁと思う。



ただ。
クルマがないことを悔やむのはこういうとき。
日曜といえども、早めにでれば館山あたりまでスルっといって、
帰りに海っぺりでお魚でも食べて帰ってこられるのに。

阿蘇でのダートごけを目の当たりにしている母が、
まさかワタシの後ろに乗るはずもなく、
乗せられるはずもなく。。。

レンタカー…。
何年運転してないんだっけ、ワタシ。
これも危険極まりないので却下。



のんびりうちで料理指南でもしてもらお。


…休めなかったら?は考えないことに。

| 未分類 | 12:16 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

トミン総集編 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

まともなレポを書かないまま一週間以上が過ぎてしまった
トミンイベント。

イベントたるもの“記録”が肝心。
次の成功の布石にもなる…なんてわけで、
やっぱり書いておくことに。

三歩歩かないうちに抜け落ちていく衰えまくりの
記憶力に鞭打ちながらいってみるかな。
多少の前後、抜けは大目にひとつ。



当日朝のピーカン振りは周知のごとくで。
これで晴れ女の面目躍如とばかりにウキウキで、
しかしそうはいっても万が一のために、
前夜用意しておいたままのドライコンテナをリアに乗せ
いざ常磐道を目指したわけだ。

荷物はといえば、帰りに寒くなったら困っちゃうので、
モンベルのソフトシェルと、濡れた場合のタオル、
替えのTシャツ。
てつさんにようやく納品する「一走一宴」Tシャツ、
ジャンケンフリマ出品アイテム…なんてところ。

給油で立ち寄った守谷SAはそれはもういいお天気。
雑魚チーム、とらぞうさん、ババロアさん、yasbeeさん、
naomiさんらとばったばったと遭遇して、
まるで合言葉のように交わす言葉は「晴れましたね~」。
もう雨なんか降りっこないわよな気分。


土浦北ICからトミンモーターランドまではものの20分程度。
ただしこのサイトに張ってある地図が後半怪しくて、
迷走中の雑魚チームワゴン及びNSRのマスターと
途中のコンビニでまた遭遇。

下見の時の記憶を辿って先導しつつ無事現地到着。

守谷を出てしばらくしてから青空が一気に見えなくなってきて、
到着した現地はこんな空。
晴れてたのに.jpg

それでもみなさんミラーを外し、ライトにテーピングをして、
トランポ組はマシンを降ろすなどして準備着々。

全員が揃ったところで主催者挨拶と講師陣の紹介。
本来行うハズだった自己紹介とくじびきは後回しに。

「さてそれでは半々に分かれて慣熟走行いきますかー」

…なんて。
まさにその途端だったのだ。
ポツリポツリと雨が落ちてきたのは。

合羽を着る人着ないままの人。
それぞれが意気揚々とコースへ出陣。
雨の具合を気にしつつ、ちょっとドキドキしつつ、
おずおずと走ってみる。
雨でも.jpg

その後、雨だというのにブレーキ講習。
いや、雨だからこそというべきか。
目標位置で停まる場合、ブレーキかけ始め位置を決めた場合、
コーナリング途中で停まる場合と、バリエーションを変えて。
ブレーキ練習.jpg
おっかなびっくり、半分くらいの意気込みでやってみる。
意外とスリップしないのは、路面のグリップがよいせいか?

雨がいよいよ激しくなってきたので、
OHLINSの立派な黄色いテントの下で保センセの講習開始。
説明のし方、段取り、わかりやすさ、すべてにおいて抜群。
日常のバイク点検やウエアなどの基本情報を伺う。
その後、
OHLINSのステキな塚本さんによるフォーム指導も。

イケメンによるレクチャーに萌えたイッコさん。
イッコさん.jpg


その後、初心者…?いや初心者プラス自信がないクラスと、
サーキット常連さんプラス自信は結構ある上級者組とに分かれて
バターになるタイム開始。

雨なんておかまいマシ。

11時ごろからすでに腹ぺこだったワタシは、
お昼ご飯まだ?まだだっけ?を主催者と雑魚チームに連呼。
ランチまでには止む…、いや、止め!と願っていたのに叶わず、
濡れたベンチやらテーブルを拭いて回ってやっとランチだ。

冷えが甘いノンアルコールビールでも、
走った後は美味だったのだ。
グビグビ。
ごはん1.jpg
あったかい豚汁と炊き込みご飯でさすがに緊張が緩む。

午後。
徐々に雨上がる。

コース上の、特に上級者クラスは芋のコ状態なうえに、
熟練者にひっぱられ一時はオーバーヒートな一幕も。
芋の子.jpg
転倒者5名。
なぜかすべての転倒シーンを目の当たりにしてしまい、
飛んだ「隼」以来の衝撃を喰らう。

結局ちっとも晴れ間が見えない空の下、
午後3時を迎えて走行終了。

お開き前に協賛のOHLINS、ワコーズ、スナップオンからの
協賛品福引き大会。
ワコーズのオイル缶型貯金箱やデジタル置き時計、ボールペン、
OHLINSのTシャツやキャップなどなどが次々渡される。

次に「一走一宴」恒例のジャンケンフリマ。
家に眠っているバイク関連グッズをもちより、
希望者と出品者がジャンケンで競り合うもの。
ジャンケンフリマ.jpg
ワタシの出品は以前某さんからいただいてあまりに似合わなかった
ゴーグルと、サイズが大きすぎた「一走一宴」Tシャツ。
他にはデグナーのバッグや、タイムリーなのりピーシビックの
プラモデルなど、なかなかの盛況だったのだ。

そして最後は自己紹介。
総勢約40数名がひとりずつ前に出て
バイク歴やイベントの感想などをちょこちょこっと。

そして4時前、無事に全プログラムが終了。
ミラーを戻し、テーピングを外してみな家路へ。

朝もそうだったんだけど、
広いサーキットなのにわざわざご挨拶に来てくれる方、多々。
こちらこそありがとうございましたな気持ちでいっぱい

第二回開催のあるやなしやは、神のみぞ知る状況だけれど、
これだけの反響があったことには我ながら感動。

次回はもう少しサーキットっちいヤツでもって
コケてもかなり大丈夫な出で立ちで走りたいなぁと思ったり、
そんなことを言っていたらいつになるやらとため息ついたり。

バイクに乗ったことでこんなにステキな体験ができたことで、
今回は二重丸ってことにしておきますか。


ちなみに。
当日の朝、ミラーを外したせいで、
ミラーの根っこにステーをかましていたETCが
ぶらんぶらん状態になっちゃって困ってたら、
持参のネジを貸してくださった方、どなたでしたでしょう。

帰り際にお探ししたのですが、わからず持ち帰っております。
何よりロクにお礼もせずに誠に失礼しました。

お心当たりの方、ご一報くださいませ。


Photo by てつさん。
Thanks again!

| 未分類 | 20:37 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ぼんやり過ぎた三連休 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

連休中、更新がないからきっとお泊まりツーですね?

なんて連絡をいただいたりしてるのだが、
家で飲んだり野暮用を片付けづけたりで
終わってしまった。

それでもさすがに最終日の今日は
空気が澄んでることだし富士山でも見に行くかなーと
らうんどあばうと以来久しぶりに
東名のヒトになってみた。

しかーし。
訳あって沼津に寄り道しちゃったもんだから、
取って返して日帰り湯目指す山中湖へ向かう138号は大渋滞。
紅葉にもまだ間があるというのに、
いったいみなさんどちらへ?
断続半クラッチで左腕の筋が痛くなってきたので、
あっけなくUターン。

そもそも今日の富士山は雲に隠れてて。
御殿場IC手前でウダウダとランチなんぞしていたら、
すーっと雲が晴れてはきたものの、
そのころにはもういろんな間の悪さに疲弊してて
東名から湾岸線でとっとと帰宅。

明日からの忙殺に備えたお買い物やら
夏物バイクウエアの洗濯大会やらを済ませ
あっけなくおしまいに。

去年は中日にビーナスライン行って
翌日は九十九里に行ってるのに。

そんなふうだから画像、一枚もなし。
もっとも、ここの画像容量が残り2メガを切ってしまっているので、
めったやたらと画像を乗せる訳にはいかないのも理由のひとつ。
フルになったらしばらくお休みしてみるのもよいのかも。



それにしても、今日は家から東名に乗るまでの間に
カラダはかなり冷えていた。
上は今シーズン初のレザージャケットに、
モンベルのソフトシェル、その下に薄いヒートテックハイネックシャツ。
下はレザ-パンツとスパッツ。

風防シールドのない状態で風になぶられ続けると
もうカラダが冷えきる季節。
気温15℃とはいえなかなかにして厳しい。

沿道に植えられた金木犀の香りもまた
深まった秋ならでは。

メッシュジャケットで汗をかいてたのは
一ヶ月も前じゃなかったのに。
めまぐるしいぞ、日本の四季。
冬走りのシーズンがもうそこまできてる。

| バイク | 19:12 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

もっと。 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

トミンでのひとコマ第二弾。

ぜんぜん倒し込めてないコーナリング中のなおネィ。



レインウエアを着てないし、路面もウェットじゃない。
つまり午後もいい時間になってた頃のアタシ。

しかもちょいと背中が反ってる。

アゴが出てたら完全なる“女の子乗り”。

写真は如実だ。



トミンやら、昨日の検査やらで心“先”にあらずだったこともあり、
さらには例によっての忙殺やらで、まともに休めるんだろかも含め
三連休の予定はアヤフヤ。

秋のナイスなシーズンなのに。

あぅあぅ。



Photo by yasbeeさん
Thanks!!


| バイク | 01:47 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

イレギュラーな日のイレギュラー 「★つ・ぶ・や・き★(1280081)」

生まれてこの方、そんなにツイてる方だと思ったことも
メチャメチャ運が悪いと思ったこともなくここまできてるけど、
生まれて初めての“検査”の日に台風直撃を受けるなんて、
これにはさすがのワタシも呆れた朝だった。

検査予約を1ヶ月半も待たされて向かったのは
八丁堀のとあるクリニック。
予約は朝の8時半。
普段なら40分でつくところ、
ダイヤ乱れを見越して7時過ぎに家を出て、
東西線が動いているのを確認して西船橋から乗り替えたのに、
車内アナウンスは、風の具合によっては
運転見合わせもあるなんてことを告げている。

ご存知のように、千葉方面から都内に向かうには
橋を4つも越える。
かつて陸橋の上で強風に煽られて転覆事故を起こした東西線、
そして毎日使っている総武快速及び緩行線は
風に対する警戒がひどく高い。

お願いだから、地下に潜る東陽町までなんとか這うようにでも
進んでと、ひたすら願ったのだけれど、
あろうことか東陽町のひとつ手前の西葛西駅で、
東西線全線が敢え無く運行見合わになったというアナウンス。

とうとうやられたか。
今までそんな憂き目にあったことなかったのに。

ホームに電車がついても誰も降りる気配なし。
どうするの?みなさん。
タクシー?
東陽町から中野までは折り返し運転するって言ってるし。
でもタクシー乗り場はきっともう長蛇の列では?
いかん…、もう8時過ぎちゃってる…。

人で溢れるホームに降りて病院へ電話。
どれくらい遅れますか?と尋ねられ「風次第」と、
かなり間抜けな返答しかできない自分が情けなく、でも仕方なく。
しかし間もなく「東陽町まで動きます」と言うアナウンスに、
慌てて電車に駆け込む。

運転見合わせってどこの話?
この便だけ動いていいの?なんていらん心配をしながら
無事に東陽町へ。

風さえなければ電車は動く。
ノロノロながらも一駅ずつ、しかし確実に電車は進み、
“乗客の混雑で危険な状態になっている”とアナウンスされた
茅場町駅へ電車は無事滑り込む。

八丁堀まで日比谷線をひと駅乗るのも時間がもったいなくて、
暴風雨の中走って向かうことを決心!いざ地上へ。




あら?
日が照ってる…。

風こそ強いけれどお日様燦々。

キツネにつままれたような気分でクリニックまでダッシュ。
早く出たのが功を奏して10分程度の遅れで到着。

どうやらワタシの一本後の電車から後は、
完全なる運行見合わせで何時間も動かなかったらしい。
ツイてるのか、ツイてないのかよくわからないけど、
結果的にツイてたのかも?




そこから検査の準備に約3時間。
検査自体は15分。
充分休んで帰ってくださいねと言われて、
ベッドに横になってうっかり熟睡。
ハッっと目覚めて一瞬ココはどこ?状態に。
大丈夫か、なおネィ。

歩いて向かった東京駅では、総武快速線はまだ運休中。
総武線各駅停車でのんびりうとうとしながら帰ったのだった。

いつもの出勤時間に家を出ていたら
恐らく出社できていたのは昼くらいかな。

忙しい中休んで迷惑かけたスタッフすまぬ。
ちっとも問題ないらしい。
なんだかなぁ。

| どうなの? | 15:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ちっちゃいの所望 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

台風大接近。

普段の雨降りと変わらない夜だけど、
これはまさに、嵐の前の静けさってやつ。

WOOはきっとカバーの下から雨風が吹き込むんだろなぁ。
ガレージでもない限り、多かれ少なかれ濡れちゃいそう。
飛んでかなきゃよしとするか。

外に止めている方々はきっと心配な夜になるんじゃないかな。


きっとこんなバイクだったら風で倒れちゃうわよねってくらい
軽くてキュートなバイクにトミンで乗った。
久しぶりにキックで始動。
オーナーのたもPさんに
「いじり倒してるのでヘンですよ」と言われたけど、
WOOでは怪しい八の字をやろうと、
フラットバーンをビンビン走ってみた。

が。
やっぱりサークルをキレイにトレースできなかった。

大丈夫か、なおネィ。

ちっちゃいバイクで毎日練習したい気分。


photo by てつさん
Thanks!!

| バイク | 21:49 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

トミンイベント動画ご案内 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

仕事がテンパりまくりでござる。

トミンの画像を加工してかっこよい記事に仕立てる意気込みは
いまいずこ。。。

本当に小出しになってしまって申し訳ない限り。




といいつつ、本日は主催者の倉田氏から上がってきた
ムービーのご案内。

参加者の方々には倉田氏よりメールにてお知らせしてますが、
みなさんのカッチョよいライディングをコチラからどうぞ。

倉田氏は映像クリエイター。
オーリンズのPVを以前から制作している経緯もあって、
今回はオーリンズのスペシャリストにインストラクターを
お願いできたわけ。
モタサイショーのオーリンズブースで流れている
デモVも毎年彼が作っているのだ。
すばらしいCGテクの持ち主でもある。

今回は現場の切り盛りをしながらの
アシスタントもなしの撮影で、
かつ悪天候ということもあり、
本人的には納得のいくものが撮れなかったらしく
編集せず素のままなのであしからずとのこと。





トミンイベントが終わって以来、
湯船の中や眠りにつく前だとか、電車の中で放心モード中に、
頭に浮かぶのはあのコース。

直線でもせいぜい80キロ。
コーナーにいたっては40キロも出せてなかったはずなんだけど、
思い出しては陶酔しちゃうのだ。


ささ。
ムービーも画像もちっともゆっくり見るヒマがないのだけれど、
とりあえずは仕事のヤマを乗り越えるのじゃ。

| バイク | 15:18 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

トミン集合写真 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

本当はトミンイベント開催の3日は出勤すべきだったんだと
今日の気が狂わんばかりの忙しさの中、ふと思った。

だけど、この期に及んでの欠席なんてあり得ない話しだし、
事実雨の確率があれだけ高いにも関わらず
ひとりのドタキャンもでずにみなさんビシっと集まったわけで、
休めるはずがないではないか!と強行に休んだわけだ。

そのツケは当然のように今日のアタシに降り掛かり、
お昼食べたっけ?食べたものはどこに収まったんだっけ?なんてくらいに
慌ただしくって食べた気のしないランチを食べ、
やばいやばいやばいやばいとココロの中で連呼しながら、
スタッフが焦らないように超余裕のニュアンスをみせて
疲れ切ったのだ、月曜から。

トミン参加の方々から寄せられた画像で
なにかしようと思ったんだけれど、
もう眠たくてどうにもパワーが消えかけなので、
ここはひとつ集合写真でも。

小さいから顔隠さず。
問題あればご連絡を。
なんやかんやで47人くらいになっちゃったのだな。
みんなとっても楽しそうな表情で、
よかったよかった。

ちなみに右端の拡声器を持っているのが今回の主催、倉田氏。
永チャン命であることはその風貌から明らかで、
彼が作ってきた今回の抽選箱は、思いっきり“矢沢入って”るデザインで、
しかもランチタイムにはかなり控えめに永チャンのナンバーが流れてたし…。

早くリターンしてね、これを機に。
ダイエットしても高が知れてるから、
今のサイズでツナギ作った方がいいと思うぞ。




| バイク | 00:25 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

トミンの名残り疲れ 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

うっすらと覚醒し始めたころから
カラダのあちこちに痛みが。

起き上がるとやはり筋肉痛。
特に下半身、そして肩甲骨あたりに。

コーナリングしながらお尻をずらすには、
体重のほとんどを下半身で支えるしかなく、
ゆえに太ももがパンパンになるわけで、
普段はもっと腕に力がかかってるわけよね…
なんて思いながら腕にも体重掛けてシミュレーションしたりして
フォームや体重の掛け方によるコーナリングの違いを
あれやこれややってたせいもあって余計にかも。

でもいまごろなにゆーてんねんな次元だけど、
上半身から力を抜くとバイクは本当によく動いてくれる。

hideさんから船橋オートレース場で開催の
HD走行イベントのお誘いを受けているものの、
しかしこの筋肉痛ではニーグリップが辛いのは明らかだし、
バイクは雨でドロドロだし。
で、残念ながら辞退。
トミンの土産話がたんとあったのになぁ。。。

カラダを動かさないことに徹することにして、
酸っぱ過ぎて触手が伸びずにいた紅玉で
アッパルパイを焼き…、
あー、バイクも洗わなきゃとか、
お洗濯と掃除と片付けでアッいうまにお昼過ぎ。
茹で落花生とビールでひといき。


慌ただしいな、日曜日。

そんな中届いた、
ババロアさんイッコさんによる昨日の画像をほんのすこし。
これは朝。
ヘッドライトやウインカーなどの万が一の飛散を防ぐ
テーピングを施したWOO。
woo準備.jpg

30年振りのオンロードサーキットでノリノリのなおさん。
なおさん.jpg
脚上げはオフサーキットで馴らした名残りだね?

上級者クラスの熱い走り。
芋の子.jpg
一周550mのサーキットが結構な芋洗い状態に。

もう転倒しないでねと、見守るなおネィ。
心配.jpg
いや本当はみなさんのかっこよい走りに見惚れていたのだ。


さて最後はくじびきで残ったスポンサー提供のお土産を
ジャンケンで勝ち取ったワコーズの貯金箱。
去年、帰省ツーの軍資金11万円を貯めたカールおじさんを
遥かに凌ぐ容量!
貯金箱.jpg
これで500円貯金したら50万以上行きそう?

ただネックは途中で取り出すには缶切りで開けるしかないこと。
我慢なるかなぁ。。。

トミン画像、今後もぼちぼちと掲載予定。


| バイク | 22:47 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

トミンイベント大成功 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

とりあえず.jpg

レクチャー.jpg

ランチ.jpg

すでにお開き前から下半身がダルくてしかたなく、
帰りの常磐道は眠くてしかたなく、
それを差し引いたとしても今日のトミンイベント。



そりゃもう楽しかった。
雨じゃなかったらよかったのにねなんてことすら
誰の口からも出て来ないくらい
なんだか大盛り上がり。



ご参加くださったみなさま、
主催、協賛、インストラクターの方々、
そしてお店をクローズしてまで
スタッフ総出でおいしいランチを作ってくださった
新橋雑魚&ネヂ餃子のみなさま、
本当に今日はありがとうございました。

コケちゃった方々、
バイクとお体のメンテをどうぞゆっくりと。


楽し過ぎてほとんど写真を撮っていないので、
みなさんからいただけたら後日アップすることに。
…ブロガー失格だわね。

| バイク | 21:40 | comments:38 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

よくない?コノT 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

明日はこんなTシャツを着ていく予定。
長袖1.jpg
プリントは左の二の腕から袖に向かってのみ。

上下の「1」に挟まれて、
「TOUR」と「PARTY」が両矢印で繋がってる。

なおネィが何を着てこようと関係ないし…?
そりゃあそうさ。
そうなんだけどわざわざネタにするにはワケがある。


この上に、あの「一走一宴」Tシャツをレイヤードしてみると…。
長袖2.jpg
ね?

半袖Tシャツを重ねても隠れない部分に
プリントが入れられているわけ。


だからそれがどうしたんだよ。
なんだってんだい!…って?



ん。
まだ気付かぬか。



実はこの腕のプリント、
「一走一宴」英語バージョンなんだな。

「走」を「TOUR」、「宴」を「PARTY」と訳してるわけだ。

7オンスのしっかりとした半袖Tシャツよりも薄い仕立てで、
肌触りがよくレイヤードしてもごわつかない。

まさに計算し尽くされた「一走一宴」ロングスリーブTシャツなのだ。



こんな心憎いことをしてくれるのはもちろんこのアニキ
明日はお仕事の都合で残念ながら雨のサーキットを楽しんで
いただけなくなっちゃんだけれど、
ちゃんとトミンに間に合うように届けてくださった。

しかも、
“こんなにたくさんの方々に買っていただけるとは
予想だにしてなかった”
くらい売れた半袖Tシャツ同様、
今回も希望があれば作っていただけるとのこと。

明日はワタシが拙いモデルちゃんを勤めますゆえ、
じっくりとご覧あそばせ。

もちろん明日おいでにならない方々も、
もっとちゃんとした画像乗せろとか
サイズや価格はどうなってんねんとか
もろもろご質問がありましたら
例によって書き込みやらメッセージをば。

------------追 記-------------
このTシャツのメイキングレポは
コチラから。
-------------------------------

さて。
明日は開催中ずっと雨予報。
講師陣はバリバリ張り切っている模様なので、
RAINYDAYのNICEなRIDINGを身につけられることうけあい。

もう雨なんて恐くないサーなライダーになって
雨上がりの常磐道を帰りましょう。

ご参加の方は
トップページに諸注意を表記したのでご一読を。




| オススメ | 14:14 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

HoppyでHappy? 「たのしいお酒飲んでますか。(89950)」

なんでしょう、今日の晴れ間は。

そんな甲斐性があるんなら、土曜も晴れてみろ!と
毒づいちゃうわよね、思わず。


昨夜は帰りがけにMy Bro.から電話が入り、
ご飯を食べようと言うのでネヂ餃子さんへ。

鮃の薄造りやマグロぶつ、鶏のネギソースがけ、
ワタシのイチオシ!鰺と納豆のフライ、
ラム餃子、トドメのそーめんチャンプルーを
つまむというよりは豪快に片っ端から平らげてって、
飲まず嫌いだったというホッピーを
これまたどんどこ飲み干して、
お会計はふたりで7千円超え。

ネヂさんではいつもひとり2,000円をメドにしているのに。
彼の破格な食欲&ペースは40を過ぎても相変わらず。
3回分以上の飲み代が一晩で消える憂き目にあったけど、
おいしそうにうれしそうにたのしそうにしてたからよしとしよう。



ホッピーって。
未体験な方、多いみたい。
ここ1、2年は女性向けプロモーションも盛んだけど、
市民権を得るまでには至っていない。
ごく当たり前に飲んでるのは新橋に代表される
おやぢシティーだけなのかも知れない。

飲んだことはあっても、
ホッピーを「外(そと)」、お代わりする焼酎を「中(なか)」と
呼ぶのは知らないとか、
ホッピー自体はノンアルコールだってことすら知らずに飲んでいる人も。

正直、ビールチックな麦芽飲料なわけだから、
うまいうまいと言って飲めるシロモノじゃない。
お財布に負担がかからない程度に、サクっと飲んで帰りますか!?
なんて日々のお助け飲料に他ならない。

せめて最初の一杯目は生ビールで贅沢を味わって
それ以降はホッピーにして飲み代を抑えつつ止まり木で憩う…と。

不況の時代の救世主なんだがな。

さすがの新橋も居酒屋に空きが目立つ今日このごろ。
ホッピー人気だけは伸びてそうな気がしてる。





| あるこほーる | 16:17 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。