FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-08- | ARCHIVE-SELECT | 2009-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

その厳罰化にヒトコトよろしくって? 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

高速道路を走行していて一番ストレスに感じるのは、
追い越し車線に張り付いたまま動かないのんびり走行の
クルマだったりしないだろうか。

よく見かけるのは、走行車線と追い越し車線で
二台の車が同じ調子で併走しているシーン。
双方とも前にクルマが詰まっているわけでもないのに
並んで走行を続けているのだ。
うっかり追いついてしまうと、
どちらの車線からも抜けず延々と追随するしかない。

この場合、結果的に走行車線のクルマの方が
速度を上げる場合が多いのも実に興味深い。
つまりは追い越し車線を自己中心的速度で走っているクルマの
どうにもこうにも無神経な感性を如実に物語っているってこと。



10月から始まるいわゆる「あおり運転」厳罰化にあたり、
煽らざるを得ない状況を作る追い越し車線独占チンタラ車に対しても
指導なり啓蒙なりが必要だろうとした某ブログ
激論が交わされていたけれど、
ブログオーナーさんの言い分は実にごもっとも。
先日のらうんどあばうとでも、追い越し車線を塞ぐ
無神経な車両に何度苛ついたことか。

高齢者車両の保護という名目の厳罰化らしいけれど、
もじみマーク車両は端から左レーンを走っているのだ。
追い越し車線をのうのうと占領しているのは
単なる無神経なドライバー連中。

前のクルマとずいぶんと距離を空けて走るクルマは
「流れに乗れてない」と気付くべきだし、
即刻1レーンずつ左に寄るべきだ。


追い越し車線とは、走行車線から一時的(←ココ重要)に車線変更し、
走行車線の車両を追い抜くために走るレーン。
コレ、知らないドライバーが多いんじゃないかしら?

悪質な煽りがあることは事実で、
法定速度をかなり上回る速度で首都高を走っていても、
煽られることは多々経験している。
狭くて曲がりくねっててアップダウンまである
超スリリングな首都高は未だにヒヤヒヤだったりするんだもん。
そのヒヤヒヤの原因の半分は「煽られるかもしれない恐怖」。

取り締まりは大いにお願いしたい次第。

でもスムーズな走行のネックを作っている人達がいることも事実。
こんな人達のせいで、「あおり運転」と見なされたり、
左からの追い越しをとがめられたりしないよう
警察側はしっかりと見極めて欲しいと願うばかり。

木よりも森を見よ!

ぷりぷり。




スポンサーサイト



| どうなの? | 17:44 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |