FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-06- | ARCHIVE-SELECT | 2009-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

帰省トピックス 「食の楽しみとヘルシーライフ(13440)」

帰省から帰って二日目だ。
もう先週のことのような気さえする。

一昨日のことが数日前のように思えたり、
一月前のことが先週のことのように感じられたり、
時間の感覚は、年を追うごとにどんどん曖昧になっていく気が。




実家では父のVAIOを借りてのブログ更新だった上に
雨で外出もできなかったので、ろくな記事を書いてない。
期間中唯一の外出、雨の合間を縫ってでかけた
実家近くの宗像大社と道の駅むなかたについてちょっとご紹介。


実家があるのは福岡市と北九州市の間にある福津市。
2005年にふたつの町が合併してできた。

十数年前に両親が東京から帰って家を建てた地であって、
ワタシが生まれ育った西区の長住というところとは距離がある。

両親が住んでいるので、一応「故郷」ではあるんだろうけど、
年に2、3回帰省で訪れるうちにやっと慣れてきた感があるだけで、
決して勝手知ったるエリアではない。

サーフィンのメッカや漁港まではクルマで10分ほど。
近くに「勝浦」や「玄海」など、海に因んだ地名があるかと思えば、
猪や猿が時折り出てきてはニュースになる山もある。

そんなところ。

さて。
宗像大社はお正月に帰省しても混雑するため敬遠するので、
ゆっくり参ったのは何年かぶり。

お参りに行くは午前中が常識でしょうと
鉛色の空のもと、父のクルマで出掛けたはいいけれど、
途中から突然の土砂降りに。

ハンドルを取られるだの、視界が悪いだの
動揺を隠せない父をなだめ励ます。

オマエがくると、いつもなにか起こって楽しいぞと、
最後は余裕に。

実はあの阿部さんが突然の辞意を発表したのも、
ワタシが帰省しているときだったけど。
あれと土砂降りはレベルがぜんぜん別じゃない?


そんなこんなででかけた宗像大社
正面にデンと構える祈願殿が大きけりゃ、
その前にある第一駐車場も恐ろしく広い。

それもそのはず。
ここは年間200万人以上の参拝者が訪れる
皇室ゆかりの神社なのだもの。

日本書紀にも記録のある神様のお告げで、
3つの神様が玄界灘沖に浮かぶ沖ノ島と大島、
そしてこの社のある田島に分散して奉られていて、
その三宮を総称して宗像大社と言うのだそうだ。

中でも沖ノ島では鏡やまが玉、金製の指輪ほか、
約十万点もの貴重なお供え物が見つかっていて、
「海の正倉院」なんて呼ばれている。

でもここ、女性は入島できない。
男性でも身を清めてからでないと近づけない。
古代からの風習をそのまま守り続けるこの「神の島」は現在、
世界遺産候補になっている。

先日は麻生知事が世界遺産登録を目指す活動の一環で
沖ノ島を視察中、熱中症で倒れる
なんてこともあったらしい。
そんなことで名が知れてもなぁ…。


と、能書きはこれくらいにして。
宗像大社2.jpg
参道をずずずいと奥へと進むと、
大きな鯉が泳ぐ池を配した庭があり、
手どころか水浴びでもできそうに大きな手水舎がある。
手水舎.jpg

その先の本殿。
賽銭箱には、なるほど菊のご紋。
宗像大社1.jpg
いつもよりも念入りにお参りした後は、
お守りを買わずにはいられず、「交通安全」をひとついただく。



御利益はいつどのように現れるのだろ…。
と、今回も労もせずして期待ばかり。

雨もすっかり止んだので、
早めのランチをしに道の駅むなかたへ。

「オバチャンたちが作ったお総菜しかないよ」
などと気の乗らない父を急かして
飲食施設
はまゆうへ入ってみる。

ズラリとならんだお総菜の中から好きなものをトレーに取る
カフェテリア形式。

ワタシが選んだのは、鯛のお刺身に濃厚なすり胡麻のタレがかかった
「鯛茶漬け」-ご飯に乗せてお茶をかけても美味らしい-、
胡麻豆腐、蟹の味噌汁、茄子の煮浸し。
むなかたのランチ.jpg
ご飯にトッピングされているのは、
母が取ったさわらの塩焼きと、
父が選んだ、スズメダイをこんがり焼いた
「あぶってかも」という博多名物。
その昔、父が中洲でよく呑んでいた頃、小料理屋でよく食べたそうで、
それ以来久しぶりだと懐かしがることしきり。
頭までバリバリと香ばしくいただける。

来てよかったではないの。

こちらは母のチョイス、エイの煮付け。
エイ煮付け.jpg
甘めの味付けだけど、身はもっちりとしたコラーゲン質で
病みつきになりそう。

いつも、母の手料理に飽きたら行きつけのおうどん屋さん
「英ちゃんうどん」に行く程度だったけれど、
たまには外の料理もよいじゃなの。



さて、今回の帰省のお土産なこんなラインアップ。
福岡みやげ.jpg
まずスーパーで釘付けになった
あの豚骨棒ラーメンの定番「マルタイ」の冷し中華。
お初だ。
まだ食べていない。

そして本家本元の棒ラーメン風味のプリッツ。
これもまだたべてみていない。

スーパーで見付けて思わずカゴにいれちゃったのは
マスヤのおにぎりせんべい。
懐かしすぎて笑えちゃう。
弟とよく食べた記憶が。

そしてお約束の「博多とおりもん」。
近年、会社スタッフからのリクエストが強く、
これが定番になっている。


リクエストがあれば、次回仕入れて参るぞ。



さて、トップでもご紹介しているように
今日の新橋は、夏の恒例イベント
「こいち祭り」の真っ只中。

ビール片手に楽しんでいるうちに、
ゲリラ豪雨に遭いそうでちょっとコワイな。




スポンサーサイト



| オススメ | 16:18 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |