FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-06- | ARCHIVE-SELECT | 2009-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ポジティブでいたいとき 「★つ・ぶ・や・き★(1280072)」

ワタシは決して愛想がいいほうじゃない。

黙っていると、「なにか怒ってる?」と言われるほど
仏頂面なオンナだ。

なのに、見ず知らずの人に尋ねられることがよくある。

もちろん、オフィスのある新橋や、そこへ至る車内の場合が多いけれど、
自分だってよくわからない不慣れな街で聞かれることもある。

車内では外人に尋ねられることが多く、
このオンナの人、ちゃんと英語で応えてあげられるわけ?的な
周囲の視線を浴びながらも、最後は“Have nice day!”を忘れない。

我ながら笑ったのは香港でのこと。
白人のマダムに地下鉄の切符の買い方を英語で聞かれ、
地元のお兄ちゃんに、「今何時?」と広東語で聞かれた。


だから外を歩いているときに、見知らぬ人が近寄ってきても
あまり警戒しないのかも知れないし
必要以上のホスピタリティーを披露しちゃうのかも知れない。

でも。
それがデメリットになりかねないこともあるのかも…と
思わせる出来事が起きた。



昨日のお昼休みのこと。
ランチへ向かおうとひとりで西新橋日比谷通り沿いの歩道を歩いていたら、
進行方向からやってきた70歳を過ぎたくらいのご老人が
ワタシの少し前で立ち止まって声をかけてきた。

「あのぉ…。ちょっと道があれなんだけど。
田町までは歩くと結構ありますかねぇ」

山手線だって、新橋から田町までは、間に浜松町と品川を挟む距離。
歩くのはとても無理。

「地下鉄であれしようと思ってたんだけど。
財布を落としちゃってねぇ。お見舞いにいかないとならないんだけど」

新橋駅から山手線で行ってはどうか?と提案すると
「電車は分かっているんだけど、お金がないから。千葉から来てるんだけどね。」

電車代はお貸ししますよと言って財布から千円札を渡す。
千円でとりあえず足りますよね?

「1,470円必要なんですよね。あなたこの近く?」

会社が近いことを伝え、1万円札をすぐ目の前のセブンで崩し
500円玉を加えた、都合1,500円を渡す。

「あの。住所をここに。お手紙書きますから」

どうなんだろう。
1,500円を現金書留で送るのも手間だろうし、
住所を教えるのは、一抹の不安が残る。
個人情報云々の時勢で、何も被害に遭っていなくても
無意識のうちに警戒心が強くなっている。

いえ、結構ですから。
結果、ワタシの口をついて出たのはこんな言葉。

気をつけてくださいね、
まで付けて。

「結構です」と行った瞬間、手に持っていたチラシの裏のような
メモ用紙をすっと下げ、安堵したような表情が見えたのは気のせいか。



ランチ中、一連の流れをずっと反芻する。

やられたのか?

実はまんまと引っかかったのか、ワタシ。

あの手で日比谷通りを半日歩けば、一万円やそこらは
すぐに稼げる。

でも、お財布云々は別として、本当にお金に困っていたのかも。
スラックスにジャケットに帽子を被って、
かつてはホワイトカラーだった風情だけど。

もしあの1,500円を断っていたら、
あの後、あのご老人が犯罪に手を染めていたかも知れない。

いや、ワタシが断ってもきっと他の人が貸してあげていたさ。

でも、財布を落としたんだから警察を教えればよかったのよ。
電車賃だって貸してくれるわけだし。

貸すのは病院までの電車賃だけでよかったかも。
入院しているお知り合いから帰りの電車賃を貸してもらえばいい。
…でも、入院してる人にお金貸してって言える?
見ず知らずのワタシに言えてんだから言えるさ。

どうするベキだたのか。
どれがワタシらしかったのか。

彼は悪人か否か。
信じたいけど疑問も湧く。
地下鉄で田町へ向かうのになぜ新橋にいるのか。
1,470円という具体的な数字は最初から借りるつもりで計算していたのか。
「結構です」と行った瞬間、安堵の表情をみせたでしょ…。


どうか無事にお見舞いに行かれていますように。
まだまだ日本も捨てたもんじゃないやねぇと
思ってくれていますように。

願うはそれだけ。

実は大富豪で、「あのときのお礼に財産の一部を…」
なんてことがあったりしてもそれはそれでうれしいけど
連絡先、教えてないもの。

人助けだと思えば気にもならない1,500円だけど
もしもダマされていたとしたら
ネヂランチ3日分に匹敵するだけにすごく惜しい。


こういうときは、いい方に考えるさ。

さて。
餃子食べてくるかな。


スポンサーサイト



| どうなの? | 12:18 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |