FC2ブログ

なおねおなおん -naoneonaon-

いつか振り返る日のためのワタシメモ

<< 2009-06- | ARCHIVE-SELECT | 2009-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

炎天下のアチチなシート対策 「ξバイク好きの交流所ξ(9570)」

去年9月の帰省ツーでも、
残暑どころか立派に真夏の太陽が照りつける西日本で、
カンカン日照りの下ワタシを待つWOOに跨るごとに
何度アチチな思いをしただろう。

先日の激しく晴れた房総ちょいとツーの折り、
某高速タンデマーさんが駆るKTMのシートは
見るからに暑くなりにくい加工が施してある風に見え、
実際手のひらを置いてみても、ずっとそのままの状態を
保っていられる程度の“温かさ”だったけれど。

真夏の太陽光線下に停めたままのWOOのシートは、
目玉焼きが焼けるほどはさすがにいわないまでも、
手のひらをジッと置いておくのが無理な程度にまで
容赦なく温度が上がる。

メッシュパンツを履いているからいいようなものの、
ジーンズ一枚ではかなり泣けるはず。

車のフロントガラスに広げてあるような
日よけシートがないんだろかと探したこともあったけれど、
都度広げるのも面倒なら、畳んで収納するのも厄介。


そんな中、やっぱりやってくれたのはラフ&ロード。
夏の間、かなりいい仕事をしてくれそうな
シートカバー がお目見えしている。


放熱暖衝素材をメッシュに仕立てたシートカバーは
長時間のライディングでも蒸れずに快適そう。
シート側はノンスリップ加工が施されているので、
Stop&Goを繰り返してもズレ知らず。
メッシュの層が水気を逃がしてくれるので、
雨中走行時でも雨がシートに溜まらない。
シートを外してゴムコードで装着できるので、
車種も選ばない。

今のところデメリットは見えてこないので、
後は座り心地と耐久性、そして見目ってところか。

ちなみにシート厚は6mm。
少しでもローダウンしたいワタシの場合、
その6mmが命取りにならなきゃいいが(ひとごとふう)

そういえば、これも先日の房総ツーでのこと。
ツーオーナーだった某シさんと某でさんが色違いで
お召しになっていたのが
カッププロテクター付きオールメッシュスケスケジャケット。

流行ってるふうだ。

このところバイクショップに足を向けていなかったせいか
商品情報に疎くなってて知らなかった。

生地部分が9割方目の粗いメッシュなので、
涼しいことこの上ない(はず)。

もちろん女性用など作られているはずもなく
Mサイズじゃさすがに大きいことを
帰りに寄ったライコで確認しているだけに、
いつまで経っても“数に入れてもらえていない”感が
払拭されないレディースバイク乗り事情に
釈然としないものを感じる今日この頃なのだ。


それはそれとして、暑さ対策関連商品の締め…といっても
ふたつしか載せてないけど、最後はこちらだ。


タイチが考えたクールライドアームカバーなるもの。

メッシュジャケットを着るのはいいんだけれど、
半袖Tシャツから露出している腕の部分のベトつきが
ジャケット内で不快に思えたことはないだろうか。

特にジャケットを脱ぐときに、汗ばんだ腕部分が袖から抜けず
イライラするした経験はみなさんお持ちのハズ。

このアームカバーを装着すれば、そんなイライラが
サラッサラの快感に変わりますよ的な商品らしい。

素でいるよりなんぼも涼しいらしい逸品。
片腕1,000円と思えばお安いのかも。

ジャケット下はロンTしか着ないって方はスルーして…と
最後に言ってみる。

2品とも、今売りのBikejinに詳細掲載中。
スポンサーサイト



| バイクギヤ | 14:44 | comments:28 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |